桑原三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桑原 三郎(くわばら さぶろう、1926年12月20日 - 2009年1月21日[1])は日本の教育者、児童文学者、文学博士。日本児童文芸家協会顧問、慶應義塾福澤研究センター顧問。

人形劇『きかんしゃトーマス』の原作となった絵本『汽車のえほん』の翻訳者のひとり。

経歴[編集]

群馬県利根郡池田村大字奈良(現沼田市奈良町)に桑原武一郎、志げの3男として生まれる。父は誕生4ヶ月前に腹膜炎で急死、母も生後8ヶ月足らずで脳溢血で死亡、祖母そめとともに乳母杉野そうのもとで育った。12歳年上の兄真一郎を父親代わりに、5歳年上の姉富子が教育係になって幼少期を過ごした。その姉も18歳の時災害死して兄1人ともう1人の姉朝子が記憶に残る兄弟となったためか、兄弟愛は強かった。旧制沼田中学校を経て、1948年昭和23年)、慶應義塾大学文学部心理学科を卒業。慶應義塾幼稚舎教諭、慶應義塾大学文学部講師、日本児童文芸家協会理事。1990年平成2年)、白百合女子大学児童文学学科教授。1995年松井千恵と監修を務めた『巖谷小波「十亭叢書」の註解』で日本児童文学学会賞特別賞受賞。1998年白百合女子大を退職。1998年日本児童文学学会賞特別賞受賞。2009年死去。「戒名はいらない、葬式はしなくてよい、何も頂くなくてよい」。

代表的な著訳書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

その他[編集]

翻訳書[編集]

  • 汽車のえほん

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]