金子みすゞ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金子かねこ みす
Kaneko Misuzu.jpg
写真館にて撮影(20歳)
誕生 金子 テル(かねこ テル)
(1903-04-11) 1903年4月11日
山口県大津郡仙崎村
(現:長門市仙崎)
死没 (1930-03-10) 1930年3月10日(26歳没)
墓地

遍照寺

(山口県長門市)
職業 詩人
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 郡立深川高等女学校
ジャンル 童謡
代表作 『私と小鳥と鈴と』
『大漁』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

金子 みすゞ(かねこ みすず、本名:金子 テル〈かねこ テル〉、1903年明治36年〉4月11日 - 1930年昭和5年〉3月10日)は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本童謡詩人。26歳で夭逝するまで約500編の詩を遺した[1]。没後半世紀はほぼ忘却されていたが、1980年代以降に脚光を浴び、再評価が進んだ[1]

生涯[編集]

山口県大津郡仙崎村(現:長門市仙崎)の生まれ。郡立深川高等女学校(現:山口県立大津緑洋高等学校)卒業。父は、妻(みすゞの母)の妹の嫁ぎ先である下関書店「上山文英堂」の清国営口支店長だったが、1906年(明治39年)2月10日、みすゞが3歳のときに清国で不慮の死[注 1]を遂げる。劇団若草の創始者である上山雅輔(本名:上山正祐)は彼女の実弟であるが、幼くして母の妹(みすゞにとっては叔母)の嫁ぎ先である上山家に養子に出されている。叔母の死後、正祐の養父とみすゞの母が再婚したため、みすゞも下関に移り住む。

1926年(大正15年)に叔父(義父)の経営する上山文英堂の番頭格で、女癖のある宮本啓喜と結婚し、娘を1人もうける。しかし、夫は正祐との不仲から、次第に叔父に冷遇されるようになり、女性問題を原因に上山文英堂を追われることとなる。みすゞは夫に従ったものの、自暴自棄になった夫の放蕩は収まらず、後ろめたさからか、みすゞに詩の投稿、詩人仲間との文通を禁じた。こうしたこなどから1930年(昭和5年)2月に正式な離婚が決まった(手続き上は成立していない)。みすゞは、せめて娘を手元で育てたいと要求し、夫も一度は受け入れたが、すぐに考えを翻し、娘の親権を強硬に要求。同年3月10日、みすゞは服毒自殺を遂げ[注 2]享年28(数え年)、26年の短い生涯を閉じた。遺書を3通残しており、そのうちの1通は娘を自分の母に託すことを懇願する遺書だった。法名は釈妙春信尼[3]

作品[編集]

代表作には「私と小鳥と鈴と」や「大漁」などがある。

仙崎は古くから捕鯨で成り立っていた漁師の村であった。に対する畏敬の念から鯨墓が存在する。金子みすゞは鯨の供養のために、鯨法会をする地域の慣わしに感銘し「鯨法会」という作品を書いている[要出典]。自然とともに生き、小さないのちを慈しむ思い、いのちなきものへの優しいまなざしが、金子みすゞの詩集の原点ともいわれ[要出典]、「お魚」「大漁」などに繋がっている。

「私と小鳥と鈴と」

   私が両手をひろげても、

   お空はちっとも飛べないが

   飛べる小鳥は私のように、

   地面を速くは走れない。

   私がからだをゆすっても、

   きれいな音は出ないけど、

   あの鳴る鈴は私のように

   たくさんな唄は知らないよ。

   鈴と、小鳥と、それから私、

   みんなちがって、みんないい。

忘却と再発見[編集]

生家跡に建てられた金子みすゞ記念館

金子みすゞの詩は長らく忘れられていた。童謡詩人の矢崎節夫が大学1年生だった1966年、岩波文庫『日本童謡集』所収のうちの唯一の金子みすゞ作品「大漁」を読んで感動し、以後16年、作品探しなど金子みすゞの足跡を探した[1]。金子みすゞの実弟と巡り会って保管されていた遺稿集3冊を委ねられ、1984年に『金子みすゞ全集』(JULA出版局)として刊行した[1]

東京大学の入試問題(1985年国語第二問)には「積もった雪」「大漁」が採用されている。現在では代表作「わたしと小鳥とすずと」が小学校の国語教科書に採用されることも多い[要検証]

また、このことをきっかけに地元長門でもみすゞの再評価が行われることとなり[要検証]、みすゞの生誕100年目にあたる2003年4月11日には生家跡に金子みすゞ記念館が開館。矢崎は館長に就任した[1]

一方、『長周新聞』によると、かつて同紙の主幹であった福田正義が矢崎をはるかに遡る1937年、雑誌『話の関門』の中で金子みすゞの生涯と作品を紹介したとしている[4]。ただし、当時の福田の紹介は地元(下関)の雑誌で掲載されたものであり、後の矢崎の紹介ほど広く知らしめるには至らなかった[要検証]

現在では下関市下関市立文関小学校下関市立名池小学校長門市長門市立通小学校長門市立仙崎小学校との間で『金子みすゞ交流会』が交互に場所を移して開催されるなど、学校教育の中にも金子みすゞの詩を取り入れる動きがある。

音楽化と詩の広まり[編集]

みすゞの詩は元々曲をつけられることを想定したものではなかったが、詩作への評価の広まりとともに、童謡歌曲合唱曲として中田喜直池辺晋一郎吉岡しげ美、李政美、沢知恵野田淳子石若雅弥、弓削田健介、童謡ポップス調のファンタジックな世界観が特徴のシンガーソングライターちひろをはじめとする作曲家や歌手によって広く作曲されている[要出典]西村直記大西進のように、全ての詩に付曲した者もいる。2006年12月には「私と小鳥と鈴と」の詩に、作曲家の杉本竜一が曲を作り、テノール歌手新垣勉がアルバム「日本を歌う」内で発表している。この楽曲は、その年のNHK「みんなのうた」でも放送された[要出典]。またピアニスト・作曲家の小原孝は、2006年、第17回奏楽堂日本歌曲コンクールにおいて「こぶとり〜おはなしのうたの一」に作曲し、中田喜直賞を受賞。作曲家である浜圭介は、盟友大津あきらの墓所を訪れたことをきっかけにみすゞを知り、その壮大な世界観をフルオーケストラで表現したいと、8編に作曲[要出典]。編曲:服部隆之、指揮:佐渡裕、演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団、テノール:佐野成宏、ソプラノ:佐藤しのぶというメンバーでのレコーディングを経て、CD『みすゞのうた-金子みすゞmeets浜圭介』(avex-CLASSICS) をリリースしている。

小中学生のクラス合唱曲を中心に作品を発表している弓削田健介が作曲した「わたしと小鳥とすずと」「こだまでしょうか」「大漁」「星とたんぽぽ」「明るいほうへ」「不思議」は、従来にない「大人の合唱団や声楽家が歌うことを想定していない」が特徴で、教室の普通の子どもたちが楽しく歌える「とにかく明るい金子みすゞ」シリーズとして、歌って踊れる曲調となっている。

みすゞと同郷のシンガーソングライターちひろは、金子みすゞの詩の50編近くに作曲し歌っており、2004年から2010年の間に、1stCDアルバム『わたしと小鳥とすずと』、2nd『星とたんぽぽ』、3rd『大漁』、4th『花のたましい』、ベストアルバム『私と小鳥と鈴と』と『明るい方へ』をリリースしている。また2016年には、セルフカヴァーとして自身の11作品目のアルバムとなる「RE*BORN -リボーン 金子みすゞ-」を発売し、金子みすゞの詩14編と矢崎節夫(童謡詩人・金子みすゞ記念館館長)の2編を収録、編曲には西本明や小西輝男などのミュージシャンも参加している。

ちひろ作曲の「私と小鳥と鈴と」「星とたんぽぽ」の2曲は、正進社発刊の歌集「さあ歌おう(山口県版)」にも掲載されており、帝国書院発刊『歌がつむぐ日本の地図』の山口県ページには『鯨法会』が紹介、『金子みすゞの110年』(JULA出版局)には、ちひろCD『私と小鳥と鈴と』が画像付きで掲載されている。

2011年、パーソナリティをちひろが務めたエフエム山口制作特別番組『こだまでしょうか〜今、金子みすゞの心を聴きたい〜』では矢崎節夫らのインタビューを交え、長門市通地区にある向岸寺の「鯨法会」(鯨回向)の様子も紹介したもので、第7回日本放送文化大賞ラジオ部門の準グランプリを受賞し全国放送された。

2022年、日本民間放送連盟賞 中国四国地区ラジオ番組部門エンターテインメント番組にて「ちひろDEブレイク特別番組ー金子みすゞがつなぐ人と人ー」(パーソナリティ:ちひろ 制作:KRY山口放送)が優秀賞を受賞。

また、金子みすゞの故郷、山口県長門市では、正午を知らせる防災無線の音楽として、ちひろが作曲した金子みすゞの詩「一寸法師」の曲が市内全域に流れている。

2005年から6年間、tysテレビ山口週末ちぐまや家族」のエンディングソングに『星とたんぽぽ』(作曲・歌/ちひろ)が起用された。

NHK Eテレの子供向け番組『にほんごであそぼ』では、狂言として野村萬斎がアレンジした「大漁」が、番組内での歌として「私と小鳥と鈴と」が使用されているほか[要出典]みすゞの詩のフレーズを題材にした回も複数製作されている[要検証]

みすゞの作品の一つ「こだまでしょうか」(原題「こだまでせうか」)を取り上げたACジャパンCM(歌手・UAによる朗読)が、東北地方太平洋沖地震に伴うCM差し替えにより多く露出したことにより「金子みすゞ全集」の売り上げが伸び、地震の影響で重版が困難なことから『金子みすゞ童謡集「こだまでしょうか」』として急遽電子書籍化されるなどの広まりが見られる。また、「こだまでしょうか」独特の語調をパロディにした作品がインターネット上で広まるなどの話題を呼んでいる[5]。この影響もあって、金子みすゞ記念館の入場者数が急増、2015年11月17日には150万人を突破した[6]

また、フレーベル館の公式YouTubeチャンネルでは「金子みすゞこどもうたプロジェクト」と銘打ち、第一弾として「」「子供の時計」それぞれの詩にメロディをつけ、現代的なポップスに仕上げた楽曲のショートバージョンが公開され[7]フレーベル館提供のテレビ東京系列、朝の幼児番組きんだーてれび内にてエンディングテーマとして放送された。

著作権について[編集]

金子みすゞの作品そのものの著作権は作者であるみすゞの死後50年を過ぎており消滅している(「著作権の保護期間」参照)。しかし、「金子みすゞ著作保存会」(保存会設立の主旨については『文藝別冊 総特集 金子みすゞ 没後70年』〈河出書房、2000年〉所収の、みすゞの実娘へのインタビュー記事「母のこと、そして詩人みすゞのこと」〈聞き手:矢崎節夫〉に詳しい)は、みすゞ作品を利用する際には同会の許可を得るよう求めている。その理由としてJULA出版局は、著作の大半が生前未発表であったこと、ならびに未発表作品を一般に広めるきっかけとなった『金子みすゞ全集』(JULA出版局)による二次的著作権の存続を挙げている。このこともあり、みすゞ作品は青空文庫にも収録されていない[注 3]

この点には、矢崎らの「金子みすゞ著作保存会」の姿勢に対して疑念を持つ者も存在し、福田による紹介を取り上げた『長周新聞』も、著作を独占しているとして矢崎を記事内で批判している[注 4]

関連作品[編集]

また、みすゞの数奇な人生は後に映画・テレビドラマ・舞台などで演じられており、劇中で詩作が紹介されることも少なくない。

伝記小説
イラスト
映画
ドラマ
舞台
  • 空のかあさま(作:大薮郁子、演出:石井ふく子、主演:斉藤由貴)、2001年。
  • 私の金子みすゞ(演劇集団 円、演出:小森美巳、主演:高橋理恵子)、2002年、2004年。
  • 空のかあさま(作:大薮郁子、演出:石井ふく子、主演:藤田朋子)、2003年。
  • 金子みすゞ 最期の写真館(作・演出:早坂暁、主演:小野山千鶴)、2005年
  • みすゞとテルと母さまと(台本・総合演出:鈴木理雄、演出:小笠原響、主演:純名りさ)、2007年。
  • 金子みすゞ いのちへのまなざし〜詩と歌と物語〜(主演:保谷果菜子)
  • 空のハモニカ -わたしがみすゞだった頃のこと-(てがみ座、作:長田育恵、演出:扇田拓也、主演:石村みか)、2011年、2013年。
漫画
  • ゼロ THE MAN OF THE CREATION 第263話(単行本第41巻収録)「薄幸の童謡詩人・金子みすゞ」にてかなり詳しい心情・実情等も取り上げられている。
  • 花もて語れ 第21話(単行本第5巻収録)「麦藁編む子の唄」の朗読を通して2通りの解釈が紹介されている。
  • 風を抱く人 幻の童謡詩人金子みすゞ世紀の女たち第2回(集英社 YOU、1999年収録)原作/高田郁、作画/高瀬理恵
講談
  • 金子みすゞの伝(作:一龍斎春水、口演:一龍斎春水)、2007年より継続。
テレビ番組
ラジオ番組
  • みすゞさんと明るいほうへ(パーソナリティ:シンガーソングライター ちひろ)コミュニティFM全国8局放送、2021年4月-
TVCM

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 以前は中国人に殺されたと他殺説が通説だったが、近年は急性脳溢血説が有力である[2]
  2. ^ 矢崎節夫著の『金子みすゞ童謡集』によればカルモチンを服用したとされる。
  3. ^ 青空文庫公式サイトでは、「作者の死後、関係者の努力によって発掘された経緯を踏まえ、現時点では、入力を控えている」としている。
  4. ^ 長周新聞の記事“『話の関門』を探し出そう”[4]に記述がある。矢崎ではなく福田を第一発見者と主張する趣旨の記事だが、矢崎の姿勢そのものに対して「大きなもうけのため」としている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 【ようこそ!偉人館へ】金子みすゞ記念館 やさしさあふれる詩/青年の情熱で再び光『東京新聞』夕刊2022年5月28日3面
  2. ^ 読売新聞2006年(平成18年)4月20日「薄幸の詩人・金子みすゞ 父の他殺説覆す記事」
  3. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)70頁
  4. ^ a b 金子みすゞ 『話の関門』を探し出そう 昭和12年、本紙・福田正義主幹が評論 全部の遺稿読み、詩と人生を紹介”. 長周新聞. 2022年4月5日閲覧。
  5. ^ “こだまでしょうか、いいえ…”. MSN産経ニュース. (2011年4月4日). オリジナルの2011年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110407101550/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110404/its11040415050000-n1.htm 2013年5月22日閲覧。 
  6. ^ “金子みすゞ記念館の入館者数が150万人を突破!”. 山口県長門市観光サイト ななび. (2015年11月17日). https://nanavi.jp/news/2210/ 2022年4月5日閲覧。 
  7. ^ “【YouTube】金子みすゞ子どもうたプロジェクト『子供の時計』『桃』のショートver.を公開中!”. https://www.froebel-kan.co.jp/top_info/info13474.html 2021年7月5日閲覧。 
  8. ^ “劇映画「みすゞ」公式サイト”. https://web.archive.org/web/20010802025241/http://www.kinokuniya.co.jp/01f/misuzu/index.html 2021年11月3日閲覧。 

関連項目[編集]

  • 捕鯨文化 - 実際の鯨墓と鯨法会について記載。
  • みすゞこれくしょん - みすゞをモチーフとしたキャラクター。
  • みすゞ潮彩 - みすゞの住んでいた下関と仙崎を結ぶ観光列車。愛称はみすゞに因んだもの。
  • 金子みすゞ (小惑星) - 1995年に発見された小惑星。みすゞに因んで命名された。
  • 仙崎郵便局 - 金子みすゞ記念館の斜め向かいに位置する。2代目局舎が「郵便局の椿[リンク切れ]」に詠われた。現在の局舎は3代目。
  • とっておきの音楽祭 - 『私と小鳥と鈴と』の一節「みんなちがって みんないい」をキャッチコピーとする、音楽を媒介としてバリアフリーを目指す音楽祭。

外部リンク[編集]