婦人倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
婦人倶楽部
Fujin club
ジャンル 月刊婦人雑誌
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本の旗 日本語
出版社 講談社
刊行期間 1920年10月(第1巻第1号) - 1988年3月(第69巻第4号)
姉妹誌 『別冊婦人倶楽部』
特記事項 旧誌名『婦人くらぶ』(第1巻第1号 - 同第3号、1920年)

婦人倶楽部』(ふじんクラブ)は、かつて存在した日本の雑誌である[1][2][3][4]東京都文京区の出版社講談社が編集出版した[1][2][3][4]1920年(大正9年)10月創刊、1988年(昭和63年)4月休刊[1][3]。戦前・戦後を通じて「四大婦人雑誌」に数えられた[5]。旧誌名『婦人くらぶ[1][2]。キャッチコピーは「女のよろこび 妻のしあわせ」。

略歴・概要[編集]

1920年(大正9年)10月1日、大日本雄辯會(のちの大日本雄弁会講談社、現在の講談社)が創刊した[1][2][3][4]。当初の誌名は『婦人くらぶ』であったが、それも同年内の第1巻第3号(12月号)までで、翌1921年(大正10年)の1月号(第2巻第1号)からは、『婦人倶楽部』に変更している[1][2][3]。当初の執筆者は、三宅雪嶺有島武郎芥川龍之介吉岡弥生[6]。『主婦の友』『婦人公論』『婦人画報』と並ぶ「戦前の四大婦人雑誌」とされた[5]

1933年(昭和8年)、初めて「家計簿」を付録にした[7]。1937年(昭和12年)2月号から翌1938年(昭和13年)5月号まで、川口松太郎の小説『愛染かつら』を同誌に連載、同作を原作に松竹大船撮影所が製作、野村浩将が監督、上原謙田中絹代が主演して映画化され、同年9月15日に前篇・後篇ともに公開され、大ヒットしている[8]

1945年(昭和20年)8月15日、第二次世界大戦が終結し、同月、全32ページであるが第26巻第5号を発行、大森洪太『新しき時代に處する 再建日本の女性』、山脇百代『原野を拓く妻の手記 鍬もちて盡くさむ』、山本實『秋から冬へかけての 家庭菜園心得帳』、小林完『冬にそなへて乾燥野菜、野草の作り方・貯へ方・頂き方』、下村湖人『食糧難を知らぬ 完全咀嚼の有難み』、山本周五郎『日本婦道記 文鎭』、そして、筒井政行『おいしくて消化しやすい大豆、たうもろこしの節米料理』『どんぐりの榮養と頂き方 - どんぐりを盛んに食べませう』を掲載した[9]

同誌は、1952年(昭和27年)には、『主婦の友』『主婦と生活』『婦人生活』と並ぶ「戦後の四大婦人雑誌」と呼ばれ、発行部数も50万部を超えている。『婦人公論』『婦人画報』は現在も存続しているが、この時点で戦前からつづいてメインストリームにあるとされたのは『主婦の友』と同誌のみである。「戦後の四大婦人雑誌」の時代は、以降40年つづく[10]

1973年(昭和48年)、同年夏号から『別冊婦人倶楽部』を創刊する[11]

1987年(昭和62年)、同年夏号をもって、『別冊婦人倶楽部』を休刊する[11]

1988年(昭和63年)3月17日、同月発売された第69巻第4号(4月号)をもって、休刊する[1][3]。68年に満たぬ歴史の幕を下ろした[1][3]。同号では、「終刊特別企画」として、『祖母・母・娘三代の主婦に支えられて婦人倶楽部の六十八年をふり返る』、『いつの時代もリード役は主婦の知恵だった』、『愛惜「婦人倶楽部とわたし」』の記事を掲載している[12]。編集後記は『最終刊号の編集を終えて』[12]

おもな連載小説・エッセイ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 婦人倶楽部国立国会図書館、2012年6月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e 婦人くらぶ国立情報学研究所、2012年6月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 婦人倶楽部、国立情報学研究所、2012年6月26日閲覧。
  4. ^ a b c 講談社の歴史講談社、2012年6月26日閲覧。
  5. ^ a b 戦前期四大婦人雑誌目次集成 全36巻ゆまに書房、2012年6月26日閲覧。
  6. ^ 大正編 収録雑誌一覧大宅壮一文庫、2012年6月26日閲覧。
  7. ^ 講談社100周年Amazon.co.jp、2012年6月26日閲覧。
  8. ^ 愛染かつら 前篇後篇日本映画データベース、2012年6月26日閲覧。
  9. ^ 26(5)、国立国会図書館、2012年6月26日閲覧。
  10. ^ 女性雑誌『VERY』にみる幸福な専業主婦像石崎裕子国立女性教育会館、2012年6月26日閲覧。
  11. ^ a b 別冊婦人倶楽部、国立国会図書館、2012年6月26日閲覧。
  12. ^ a b 婦人倶楽部 69(4)、国立国会図書館、2012年6月26日閲覧。

参考文献[編集]

参考ウェブサイト[編集]

関連項目[編集]