自殺・自決・自害した日本の著名人物一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

自殺・自決・自害した日本の著名人物一覧(じさつ・じけつ・じがいしたにっぽんのちょめいじんぶついちらん)では、自ら命を絶った日本の著名な人物または自ら命を絶ったとされる著名な人物を一覧する。

自殺した著名人一覧[編集]

本節の一覧には明治時代から現在までの人物を収載する。それ以前の人物については「#近代以前」を参照。

その自殺について強い疑義のある者に関しては「#その自殺に強い疑義のある者」を参照。

本節の一覧および本項の一覧は、その人物本人、あるいはその業績、作品など、いずれかがマスメディアまたは歴史書の記述に広く採り上げられ、その自殺の事実自体も広く知られている、著名な人物を収載している。基本的にはCategory:自殺した人物に対応する。

凡例
  • デフォルトでは没年月日の降順に配列。
  • 没年齢満年齢で表記。ただし、正確な生年月日が不明な一部の人物については便宜的に数え年で表記した(アスタリスク付きの年齢は数え年)。
  • 没年月日の欄のアスタリスク付き (**) の日付は遺体発見日である。
  • 軍人の階級については、死後の昇進・特進後の最終階級ではなく、死亡時の階級に統一した。
氏名 職業/肩書き/地位 手段 没年齢 没年月日 備考/補足/関連
さくらだ まこと/櫻田真人 60政治家、現職市長 首吊り 52歳 2015年08/06-8月6日 現職の北海道北見市長。
こだま ひろし/児玉広志 49競輪選手 46歳 2015年08/05-8月5日 2000年にKEIRINグランプリKEIRINグランプリ2000)優勝、賞金王。2015年8月5日、香川県小豆郡土庄町の自宅の浴槽内で死亡しているところを発見される。同年7月にストーカー規制法違反の疑いで逮捕され罰金刑が下っていた[1][2]
よしかわ とおる/吉川徹 20演出家 54歳 2015年07/29-7月29日 かつて文学座に所属し、その後フリーとして活動した演出家。2015年1月に死去した妻の死亡時刻(午前3時)に自身の54歳の誕生日(2015年7月29日)午前3時に自殺したとされている[3]
ごとう ひろき/後藤浩輝 49騎手 首吊り 40歳 2015年02/27-2月27日 日本中央競馬会所属の騎手。中央GI競走5勝を含む通算1,447勝を挙げた。2015年2月27日、茨城県稲敷郡阿見町の自宅で首を吊っているところを発見される[4]。2012年と2014年に頸椎骨折の大怪我を負うも復帰。順調に騎乗していたが、前週に再度落馬したばかりだった。
てん/TENN 06ミュージシャン 首吊り 35歳 2014年09/25-9月25日 J-POPグループ「ET-KING」のメンバーで、MCを担当。2014年9月25日午前7時半頃、大阪市天王寺区国分町のマンション駐車場の車内で首を吊って心肺停止となっているところを発見され間もなく死亡した[5]。歌手・女優で元SPEEDメンバーの上原多香子は妻。
ささい よしき/笹井芳樹 74生物学者医師 首吊り 52歳 2014年08/05-8月5日 理化学研究所CDB副センター長。部下の小保方晴子によるSTAP細胞問題の渦中、複数の遺書を残し[6]、発生再生科学総合研究センター内の先端医療センター研究棟で首吊り[7]
さかもと しんいち/坂本眞一 51鉄道実業家 入水 73歳 2014年01/14-1月14日 2014年1月15日8時20分ごろ、北海道後志管内余市町の余市港100mの沖合にて死体が浮いているところを海上自衛隊に発見された[8][9]。坂本相談役の自家用車が余市港の岸壁で発見されており[9]、自殺とみられる[10]。JR北海道の社長経験者では、2011年9月に当時社長だった中島尚俊相談役が自殺をしている[11]
ふじ けいこ/藤圭子 05歌手 飛び降り 62歳 2013年08/22-8月22日 女のブルース』『圭子の夢は夜ひらく』などのヒット曲がある。東京都新宿区のマンション13階[12]から飛び降り[13]。シンガーソングライター・宇多田ヒカルは長女。
さどがわ じゅん/佐渡川準 31漫画家 首吊り 34歳 2013年08/13-8月13日 週刊少年チャンピオンに『あまねあたためる』を連載中だった。茨城県利根町の利根親水公園で首吊り自殺。
ひらめ たかゆき/平目孝志 49騎手調教厩務員 首吊り 53歳 2013年08/09-8月9日 函館競馬場の出張厩舎内で首吊り[14]
まき しんじ/牧伸二 16芸人ウクレレ漫談家 入水 78歳 2013年04/29-4月29日 4月29日午前0時15分頃、東京都大田区多摩川丸子橋付近で投身し、病院に搬送されたが死亡が確認された[15]。会長を務めている東京演芸協会での金銭トラブルが動機の一つであったと見られている[16]
あおき よしゆき/青木芳之 49騎手 35歳 2012年12/25-12月25日 日本中央競馬会所属の騎手。主に海外遠征などで活躍した。神奈川県横浜市金沢区内の自宅で自殺[17]
げんや/玄也 01俳優スタントマン 23歳 2012年11/22-11月22日 前日に俳優の早乙女太一を含む友人と食事をしていた際に予告、翌朝自宅で自殺。
いちご みるく/苺みるく 18AV女優 31歳 2012年10/00-10月 東京・中野の自宅で自殺。
まつした ただひろ/松下忠洋 60政治家/国政//閣僚/現職金融相 首吊り 73歳 2012年09/10-9月10日 現職の金融担当特命大臣。東京都江東区の自宅マンションで首吊り。
つかこし たかし/塚越孝 17フジテレビ社員
同社元アナウンサー
首吊り 57歳 2012年06/26-6月26日 ニッポン放送とフジテレビでアナウンサーを歴任。東京都港区のフジテレビ社内男子トイレの個室でスカーフで首を吊って死亡しているのを警備員が発見した[18]
こじま さだひろ/小島貞博 49騎手調教師 首吊り 60歳 2012年01/23-1月23日 騎手時代に日本ダービーを2度制覇。厩舎経営に悩み、「先に行くから」と夫人に電話で伝えた後、滋賀県栗東市の栗東トレセン内の自厩舎2階で首吊り[19][20][21]
ながせ ひろき/長瀬弘樹 07作詞家作曲家
編曲家歌手
首吊り 36歳 2012年01/04-1月4日 東京都調布市の自宅マンションで首吊り[22]
まつもと れいじ/松本礼児 07作詞家 焼身 68歳 2011年12/19-12月19日 12月19日午前4時40分頃[23]世田谷区祖師谷の自宅玄関先で焼身[23][24]
あおやま けい/青山景 31漫画家 首吊り 32歳 2011年10/09-10月9日** 東京都狛江市の自宅マンション浴室で首を吊っているところを発見された[25]。『よいこの黙示録』を連載中だった[25]
なかじま なおとし/中島尚俊 51会社社長 入水 64歳 2011年09/18-9月18日** 北海道旅客鉄道(JR北海道)社長。2011年9月12日朝、遺書を残し失踪。同日午後に石狩市の海岸近くで車が見つかり捜索活動が続いていたが[26]、9月18日に小樽市沖合約1kmの海上で遺体が発見された[27][28]
しばの たいぞう/柴野たいぞう 60政治家/国政/衆院議員 首吊り 60歳 2011年09/05-9月5日 日本中油をめぐる架空増資・未公開株販売事件で詐欺などの罪に問われ裁判中だった。東京地検特捜部への抗議文を報道各社に送り、判決の当日に首吊り[29][30]
いらぶ ひでき/伊良部秀輝 47プロ野球選手 首吊り 42歳 2011年07/27-7月27日** ロッテ・米ヤンキース阪神でプレーし、豪速球投手として名を馳せた[31]。現地時間の7月27日午後[32]ロサンゼルス近郊の自宅で首を吊って死亡しているのを発見された[32][33]
なかむら とうよう/中村とうよう 24音楽評論家 飛び降り 79歳 2011年07/21-7月21日 株式会社ミュージック・マガジン元会長・編集長、武蔵野美大客員研究員。本名は中村東洋。一人暮らしの自宅マンション8階から飛び降り[34]
さわだ たいじ/沢田泰司 06ミュージシャン 首吊り 45歳 2011年07/17-7月17日 X(現・X JAPAN)の元ベーシスト暴行罪勾留中に首を吊る。
たに てつじろう/谷哲二郎 51実業家 首吊り 61歳 2011年05/24-5月24日 ルミネ社長。元東日本旅客鉄道(JR東日本)副社長。
うえはら みゆ/上原美優 01アイドルタレント 首吊り 24歳 2011年05/12-5月12日 種子島出身の貧乏アイドル」として売り出し、テレビのバラエティ番組を中心に活躍していた。死後にウェルテル効果の発生が指摘された[35]
たなか みのる/田中実 01俳優 首吊り 44歳 2011年04/25-4月25日 1990年の連続テレビ小説凛凛と』で主演。無名塾出身。
おくやま えいし/奥山英志 19事件リポーター 首吊り 61歳 2011年04/10-4月10日** 2011年4月から失踪していたことが2011年9月に報じられ、2011年12月に、東京都調布市の神代植物公園で4月10日に発見された身元不明遺体が奥山のものであることが確認された[36]
いけだ としはる/池田敏春 20映画監督 入水 59歳 2010年12/26-12月26日** 日活ディレクターズ・カンパニーを経て、1991年以後はフリーランスの映画監督として活動していた。
まつもと ゆり/松本友里 04女優、元歌手 首吊り 42歳 2010年11/15-11月15日 俳優松平健の当時の妻。母親の介護疲れや死別の影響があったとされる。
まきのだ あや/牧野田彩 18AV女優、元歌手 飛び降り 30歳 2010年10/23-10月23日 1996年にオーディション番組『ASAYAN』からデビューしたユニットL☆ISの元メンバー。2009年にAYAとしてAVデビュー。元小室ファミリー。
かげやま ひでお/影山日出夫 25ジャーナリスト 首吊り 56歳 2010年08/12-8月12日 NHK解説委員で、日曜討論の司会。渋谷区NHK放送センター内で首吊り自殺を図り、搬送されたが翌日に死去。
こんの ゆうじ/今野雄二 24評論家 首吊り 66歳 2010年08/02-8月2日** 深夜番組『11PM』への出演で知られる。映画評論音楽評論の他にも翻訳家・作詞家として活動していた。
やまもと ますみ/山本真純 17アナウンサー 飛び降り 34歳 2010年07/27-7月27日 日本テレビアナウンサー。産後うつを患っていたとされる。
だいすけ/大佑 06ミュージシャン 服毒/薬物過剰摂取 31歳 2010年07/15-7月15日** ヴィジュアル系バンド蜉蝣の元ボーカル。ソロプロジェクトのセカンドシングル発売直前、自宅で死亡しているのが見つかる。
ひらの ようこ/平野洋子 22作家 首吊り 47歳 2010年02/07-2月7日 俳優船越英一郎の妹。死亡時まで実家の旅館で女将を務めていた。
ごうり だいすけ/郷里大輔 02声優 自刃/手首 57歳 2010年01/17-1月17日 アニメ『キン肉マン』でロビンマスクアシュラマン、『ドラゴンボールZ』でミスター・サタンなどを演じた。
こじま ひでつぐ/小嶋英嗣 60政治家、現職町長 首吊り 55歳 2009年11/28-11月28日 現職の和歌山県那智勝浦町長。2009年9月18日に初当選、その2カ月後に自宅で首吊り。
かとう かずひこ/加藤和彦 07作曲家
音楽プロデューサー
首吊り 62歳 2009年10/17-10月17日 フォーク・クルセダーズ元メンバー。『あの素晴しい愛をもう一度』『悲しくてやりきれない』『白い色は恋人の色』『ドゥー・ユー・リメンバー・ミー』などの作曲者。
しみず ゆきこ/清水由貴子 05歌手、元女優 硫化水素 49歳 2009年04/20-4月20日 アイドル歌手として人気を集めたが、欽ちゃんファミリーの一員としてバラエティ番組などでも活躍。後年は実母の介護のため、芸能活動を引退していた。
いとう たかひろ/伊藤隆大 01俳優声優 練炭 21歳 2009年03/08-3月8日 俳優伊藤淳史の実弟。
ながた ひさやす/永田寿康 60政治家/国政/衆院議員 飛び降り 39歳 2009年01/03-1月3日 民主党に所属していた元衆議院議員。堀江メール問題において渦中の人物となった。
ささき かずお/佐々木一夫 49騎手調教師 自刃/手首 58歳 2008年09/28-9月28日 北海道競馬騎手。1994年に騎手を引退後調教師となったが、2008年に門別競馬場にて自殺。
くさやなぎ ふみえ/草柳文惠 17ニュースキャスター 首吊り 54歳 2008年09/09-9月9日 評論家草柳大蔵の娘。
かわだ あこ/川田亜子 17アナウンサー 練炭 29歳 2008年05/25-5月25日 TBSアナウンサー。死亡前日に、司会を務めるテレビ朝日サタデースクランブル』に出演していた。
あそう みゆき/麻生美由樹 18AV女優 硫化水素 20歳 2008年04/18-4月18日
よこた あきお/横田昭夫 60政治家、元市長 首吊り 66歳 2008年02/12-2月12日 埼玉県行田市長。
たけだ よしたか/竹田吉孝 49騎手 練炭 21歳 2007年12/24-12月24日 金沢市内の駐車場で発見され、搬送されたが死亡。
まちい ひろし/待井寛 48スキー選手 首吊り 41歳 2007年11/15-11月15日 1994年のリレハンメルオリンピック日本代表選手。
さとう まこと/佐藤真 20映画監督 飛び降り 49歳 2007年09/04-9月4日
みさき さや/美咲沙耶 18AV女優 首吊り 21歳 2007年07/06-7月6日 ただし異説あり
やまざき しんいち/山崎進一 70森林開発公団元理事 飛び降り 76歳 2007年05/29-5月29日 緑資源機構談合疑惑のさなか、松岡利勝農水大臣が自殺した翌日に自殺。
まつおか としかつ/松岡利勝 60政治家/国政//閣僚/現職農水相 首吊り 62歳 2007年05/28-5月28日 現職農水相。現職閣僚の自殺は第2次大戦終戦時の阿南惟幾以来2人目。
あちは しんすけ/阿知波信介 51実業家、元俳優 入水 67歳 2007年05/04-5月4日 芸能事務所アクターズエージェンシー社長。元俳優で、『ウルトラセブン』のソガ隊員役で知られた。鹿児島県霧島市犬飼滝で遺体発見。
かとう ぜんぱく/加藤善博 01俳優 首吊り 48歳 2007年04/27-4月27日
そのだ ひでひろ/園田英弘 74社会学者 首吊り 60歳 2007年04/06-4月6日 国際日本文化研究センター教授
くどう かずよし/工藤和義 99ヤクザ 銃/拳銃 70歳 2007年02/15-2月15日 六代目山口組最高顧問 四代目國粹会会長。
おおすぎ きみえ/大杉君枝 17アナウンサー 飛び降り 43歳 2007年02/02-2月2日 日本テレビアナウンサー。出産後、全身の疼痛を伴う原因不明の難病線維筋痛症を患っていた[37]
すずき けいいち/鈴木啓一 25ジャーナリスト 入水 48歳 2006年12/17-12月17日 朝日新聞論説委員。東京湾で水死体で発見された。
たけなか しょうご/竹中省吾 68裁判官 首吊り 64歳 2006年12/03-12月3日 大阪高等裁判所判事(第22期)
たかだ まり/高田真理 06ミュージシャン 飛び降り 59歳 2006年09/26-9月26日 フォークグループ青い三角定規の元メンバー。自死する15日前に酒気帯び運転で人身事故を起こし、逮捕(処分保留)されていた。
いぬまる りん/犬丸りん 31漫画家エッセイスト 飛び降り 48歳 2006年09/10-9月10日 NHKアニメ『おじゃる丸』の原案者。
だん ゆうた/団優太 01俳優 飛び降り 38歳 2006年08/08-8月8日
かい ちえみ/甲斐智枝美 04アイドル 首吊り 43歳 2006年07/10-7月10日
すはら かずひで/須原一秀 74哲学者 首吊り 65歳 2006年04/00-4月
みさわ ちれん/見沢知廉 22作家 飛び降り 46歳 2005年09/07-9月7日 右翼活動家。
ながおか ようじ/永岡洋治 60政治家/国政/現職衆院議員 首吊り 54歳 2005年08/01-8月1日
ぽーる まき/ポール牧 16芸人タレント 飛び降り 63歳 2005年04/22-4月22日 「指パッチン芸」で有名。自殺前は僧侶を務めていた。
きぬた だいぞう/砧大蔵 22作家 42歳 2005年04/06-4月6日
としみつ まつお/利光松男 51実業家 首吊り 80歳 2004年11/22-11月22日 日本航空社長。
もりむら かつら/森村桂 22作家 64歳 2004年09/27-9月27日
くらさわ ななみ/倉沢七海 18AV女優 飛び降り 28歳 2004年08/19-8月19日
のざわ ひさし/野沢尚 21脚本家作家 首吊り 44歳 2004年06/28-6月28日
さぎさわ めぐむ/鷺沢萠 22作家 首吊り 35歳 2004年04/11-4月11日
またの せいじ/又野誠治 01俳優 首吊り 43歳 2004年03/23-3月23日 テレビドラマ『太陽にほえろ!』でブルース刑事を演じた。
しみず としたか/清水敏孝 02声優 34歳 2003年11/01-11月1日
ふるおや まさと/古尾谷雅人 01俳優 首吊り 45歳 2003年03/25-3月25日
もりした なおと/森下直人 51実業家 首吊り 42歳 2003年01/09-1月9日 総合格闘技イベントPRIDEを主催するDSE元社長。
とがわ きょうこ/戸川京子 01女優 首吊り 37歳 2002年07/18-7月18日 女優戸川純の実妹。子役から活躍。死去の3カ月後に彼女の遺作『どっちがどっち!』が放送された。
やがわ すみこ/矢川澄子 22作家詩人翻訳家 首吊り 71歳 2002年05/29-5月29日
あらい しょういち/荒井昌一 51実業家 首吊り 36歳 2002年05/16-5月16日 プロレス団体FMW元社長。同年2月に団体が倒産していた。
しおたに しょうご/塩谷庄吾 01俳優 飛び降り 35歳 2002年05/05-5月5日 電脳警察サイバーコップ』『ウルトラマンガイア』などに出演。
いのくま いさお/猪熊功 41柔道家 自刃/切腹 63歳 2001年09/28-9月28日 1964年東京オリンピック柔道競技重量級金メダリスト。東海建設社長として業績不振の責任を取る形で自らの生命を絶ったと言われる。
たけち せいじ/竹地盛治 41プロボクサー 首吊り 24歳 2001年08/10-8月10日 2001年5月13日、後に世界王者(暫定)となる石田順裕を下し、OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座を獲得するが、3か月後に突然の自殺。生涯戦績は10勝(2KO)3敗2分
あおやま まさあき/青山正明 29編集者、ライター 首吊り 41歳 2001年06/17-6月17日
かがわ みつお/賀川光夫 74考古学者 首吊り 78歳 2001年03/09-3月9日 週刊文春聖嶽洞窟遺跡における出土品捏造疑惑を報じられ抗議の自殺。その後遺族は週刊文春に対して名誉毀損裁判を起こした。2004年7月に週刊文春の敗訴が確定し、2004年9月2日号にて謝罪文[38]を掲載した[39][40][41]
かどう しゅうぞう/加堂秀三 22作家 首吊り 60歳 2001年02/02-2月2日
なかじま ようじろう/中島洋次郎 60政治家/国政/衆院議員 首吊り 41歳 2001年01/06-1月6日 政党助成法違反・公職選挙法違反・受託収賄などで一・二審で懲役2年6カ月・追徴金1000万円の実刑判決を受けたあと精神不安定となり、最高裁に上告するも最終結審前に自殺。
かつら みきすけ/桂三木助 16落語家 首吊り 43歳 2001年01/03-1月3日 父は3代目桂三木助
さきさか まつひこ/向坂松彦 17アナウンサー 自刃/手首 66歳 2000年11/08-11月8日 NHKアナウンサー。フジテレビの向坂樹興アナウンサーの叔父。
たかの ひかる/高野光 47プロ野球選手 飛び降り 39歳 2000年11/05-11月5日 ヤクルト等で活躍した投手。
かづき/華月 06ミュージシャン 服毒/睡眠薬 19歳 2000年10/31-10月31日** ヴィジュアル系バンドRaphaelのギタリスト。
いいじま はるこ/飯島晴子 23俳人 79歳 2000年06/06-6月6日
いのうえ だいすけ/井上大輔 07作曲家
ミュージシャン
首吊り 58歳 2000年05/30-5月30日 ブルーコメッツ元メンバー。本名および旧芸名・井上忠夫。『ブルー・シャトウ』『2億4千万の瞳』『恋のダイヤル6700』『学園天国』の作曲者。網膜剥離の手術を受けた年に自殺。20年以上妻の介護を続けていた。2カ月後に妻も自殺。
いとう きょうこ/伊藤京子 01女優 鉄道 40歳 2000年02/21-2月21日 旧芸名は辻今日子。かつて石坂浩二と愛人関係にあった。相模原駅で飛び込み。
てるくはのる/てるくはのる 91京都小学生殺害事件の犯人 飛び降り 21歳 2000年02/05-2月5日 1999年12月に発生した京都小学生殺害事件の犯人。「てるくはのる」は犯行声明文に書かれていた犯人の自称。任意同行を拒み逃走、14階建ての団地の屋上から飛び降り[42]
まつみや かずひこ/松宮一彦 17アナウンサー 首吊り 45歳 1999年09/27-9月27日 TBSアナウンサー。『ザ・ベストテン』の“追っかけマン”で有名。
えとう じゅん/江藤淳 24文芸評論家 自刃/手首 66歳 1999年07/21-7月21日 遺書には「形骸を断ず」と。
あおき たつゆき/青木達之 06ミュージシャン 鉄道 33歳 1999年05/02-5月2日 東京スカパラダイスオーケストラのドラマ―。小田急電鉄豪徳寺駅西約70メートルから飛び込む。
かつら しじゃく/桂枝雀 16落語家 首吊り 59歳 1999年04/19-4月19日 自宅で首を吊り搬送されたが、回復することなく1カ月後に死去。
にしおか きょうぞう/西岡恭蔵 06ミュージシャン 首吊り 50歳 1999年04/03-4月3日 フォークグループのザ・ディランの元メンバー
なんじょう あや/南条あや 29ネットアイドル
フリーライター
服毒/薬物過剰摂取 18歳 1999年03/30-3月30日 向精神薬の大量服用によって意識不明となり病院に搬送されるが死亡。明確な自殺の意思があったかどうか不明。死後『卒業式まで死にません』という本が出版された。
おきた ひろゆき/沖田浩之 01俳優、元アイドル 首吊り 36歳 1999年03/27-3月27日 テレビドラマ『3年B組金八先生』(第2シリーズ)の生徒役で人気を集め、1981年に歌手デビュー、その後は俳優として活躍。沖田家(置鮎家)では沖田浩之だけでなく沖田の祖父・父・兄も自殺で死去している。沖田の父は1996年9月に71歳で首吊り、沖田の兄は2002年4月に43歳でやはり首を吊っている[43]
くさかべ りゅうじ/草壁竜次 91ドクター・キリコ事件の主犯 服毒/青酸カリ 27歳 1998年12/15-12月15日 1998年12月に起こったドクター・キリコ事件の主犯。「草壁竜次」は事件以前に自殺掲示板で使用されていたハンドルネーム
みわた かつとし/三輪田勝利 47プロ野球選手 飛び降り 53歳 1998年11/27-11月27日 オリックス編成部長在職中の1998年、ドラフト会議後の沖縄水産高校新垣渚選手との獲得交渉が紛糾。これを球団上層部が激しく指弾し、その結果三輪田は投身自殺を遂げた。イチローを担当したスカウトとして知られる。
わたなべ しょうぞう/渡辺省三 47プロ野球選手 飛び降り 65歳 1998年08/31-8月31日
たなか ゆうじ/田中融二 22翻訳家 ガス/排ガス 73歳* 1998年05/12-5月12日 癌で闘病中、親友内田庶に予告の上小樽で自殺。
ねこぢる/ねこぢる 31漫画家 首吊り 31歳 1998年05/10-5月10日 東京都町田市の自宅で縊死。その数日前に急逝したX JAPANhideの後を追ったのではないか、との憶測報道が流れたが、夫の山野一はこれをまっこう否定している。詳細はねこぢる#自殺についてを参照。
こばやし まさあき/小林正明 51実業家 首吊り 51歳 1998年02/25-2月25日 カー用品量販店スポット社長。第57回日本ダービーで勝利したアイネスフウジンの馬主。
あらい しょうけい/新井将敬 60政治家/国政/現職衆院議員 首吊り 50歳 1998年02/19-2月19日 日興証券スキャンダルの渦中、衆院議運委員会で逮捕許諾請求が可決された直後に自殺。
みやざき くにじ/宮崎邦次 51銀行家 首吊り 67歳 1997年06/29-6月29日 第一勧銀頭取、総会屋利益供与事件への対応中に縊死。
かわい かずみ/可愛かずみ 01女優 飛び降り 32歳 1997年05/09-5月9日 にっかつロマンポルノの専属女優を経て、テレビドラマやバラエティ番組などで活躍。かつての交際相手だった川崎憲次郎(当時プロ野球選手)の自宅マンションから飛び降り。
はせ ありひろ/長谷有洋 02声優俳優 飛び降り 31歳 1996年07/30-7月30日 声優はせさん治の長男
わかいずみ けい/若泉敬 74国際政治学者 服毒/青酸カリ 66歳 1996年07/27-7月27日 1960年代後半の沖縄返還交渉において、当時の佐藤栄作首相の密使として重要な役割を果たしたとされる人物。
ほりぐち あやこ/堀口綾子 01アイドル 首吊り 22歳 1995年04/19-4月19日 アイドルグループみるくの元メンバー。
はだに もりゆき/波谷守之 99ヤクザ 銃/拳銃 64歳 1994年11/02-11月2日
くわた たえこ/桑田妙子 08ピアニスト 首吊り 49歳* 1994年07/14-7月14日 1974年に夫パトリック・クロムランクと共にデュオ・クロムランクを結成し、クラシックの演奏家として幅広く活動していたが、夫婦関係のもつれから夫が自宅で首吊り自殺し、妙子も後を追った[44]
かいこう みちこ/開高道子 29随筆家 鉄道 41歳 1994年06/22-6月22日 作家開高健の娘。健の急逝から2年後、神奈川県茅ケ崎駅付近の踏切から飛び込む。
おおわだ なつき/大和田夏希 31漫画家 41歳 1994年02/20-2月20日 『タフネス大地』『虹色town』などの作者。小林まこと小野新二と親しく、小林まことの自伝作品『青春少年マガジン1978〜1983』には、大和田・小野・小林の最後の交流が描かれている。
ふじた ごろう/藤田五郎 22作家 窒息自殺 62歳 1993年12/13-12月13日 映画『仁義の墓場』の原作者。ビニール袋による窒息自殺。
にしむら きよし/西村潔 20映画監督 入水 61歳 1993年11/17-11月17日 TVドラマでは『西部警察』『探偵物語』『ザ・ハングマン』などにも監督・演出として参加している。
のむら しゅうすけ/野村秋介 67右翼活動家 銃/拳銃 58歳 1993年10/20-10月20日 政治団体「風の会」代表。週刊朝日に掲載された山藤章二の風刺イラストで「風の会」を「虱(シラミ)の会」と揶揄されたことで発行元の朝日新聞社東京本社)に抗議、同社の社屋内で自決。
こじま よしお/小島義雄 48陸上選手 ガス/排ガス 61歳 1993年03/03-3月3日 1952年のヘルシンキオリンピックと1956年のメルボルンオリンピックハンマー投げ日本代表として出場。かつてのハンマー投げ日本記録保持者。
やまだ はなこ/山田花子 31漫画家 飛び降り 24歳 1992年05/24-5月24日 当初は無職(自称漫画家)A子さんと新聞で報じられたが、後に週刊現代が実名で報じた。
ささき こうじ/佐々木康治 60政治家、現職村長 首吊り 1991年12/13-12月13日 現職の岩手県宮守村長。
なお りょうこう/名尾良孝 60政治家/国政/現職参院議員 飛び降り 74歳 1991年05/06-5月6日 議員宿舎から飛び降り自殺
ただ ゆうこう/多田雄幸 99ヨットマン 首吊り 60歳 1991年03/08-3月8日 世界一周レースの途中、シドニーにて客死。
ふしみ せんたろう/伏見扇太郎 01俳優 55歳? 1991年00/00-? かつての東映時代劇のスター。死去年については1991年との説があるが詳細不明。
みずき じょう/水木襄 01俳優歌手 53歳 1991年00/00- 東映のスター。『忍者部隊月光』『魔人ハンター ミツルギ』『特別機動捜査隊』『緊急指令10-4・10-10』などに出演。引退後はスナックなどを経営。
やまのうち とよのり/山内豊徳 68官僚(環境庁 首吊り 53歳 1990年12/05-12月5日 環境庁企画調整局の現職局長。関連:水俣病訴訟[45][46]
さとう やすし/佐藤泰志 22作家 首吊り 41歳 1990年10/10-10月10日
わたなべ ひろゆき/渡辺博之 47プロ野球選手 首吊り 69歳 1990年10/02-10月2日 妻と共に首吊り
かわい よしたか/河合義隆 20映画監督演出家 首吊り 43歳 1990年04/30-4月30日 不倫関係にあった女優荻野目慶子(当時25歳)の自宅にて首吊り
ながおか ひろよし/長岡弘芳 24評論家詩人 首吊り 57歳 1989年08/14-8月14日
あおき いへい/青木伊平 60政治家秘書 首吊り 58歳 1989年04/26-4月26日 竹下登の元秘書リクルート事件により竹下が退陣表明した翌日、自宅にて手首を切った上首吊り。
こまつばら しげお/小松原茂雄 74文学者英文学者 鉄道 60歳 1988年11/30-11月30日 東京大学教養学部教授、ディケンズの研究者。五反田駅にて飛び込み。
なかや よしあき/仲谷義明 60政治家、元知事 首吊り 63歳 1988年11/18-11月18日 愛知県知事。知事を引退した5年後に自殺。
ありま けい/有馬啓 74生物学者 飛び降り 60歳 1988年08/23-8月23日 東京大学名誉教授。元国際微生物学会連合会長。日本学士院賞等受賞。文京区小石川の自宅マンションから飛び降り。
いしざわ えいたろう/石沢英太郎 22作家 首吊り 72歳 1988年06/16-6月16日
たみや とらひこ/田宮虎彦 22作家 飛び降り 76歳 1988年04/09-4月9日
みやぎ むねのり/宮城宗典 06ミュージシャン 飛び降り 23歳 1988年03/29-3月29日 ロカビリーグループヒルビリー・バップスのボーカル
なかしま いつこ/中島伊津子 99ファッションデザイナー 首吊り 36歳 1988年03/14-3月14日 ファッションブランドニコルのデザイナー
あめみや だいじ/雨宮第二 99 ガス 37歳 1987年12/11-12月11日 ヨガ行者ダンテス・ダイジとしての著書『ニルヴァーナのプロセスとテクニック』が、オウム真理教の教義に影響を与えたとされる[47]睡眠薬服用の上ガス自殺。
さとう すけお/佐藤助雄 33彫刻家 鉄道 68歳 1987年10/19-10月19日 元日本彫刻会委員長。日本芸術院賞文部大臣賞等受賞。
みくに れいこ/三国玲子 23歌人 飛び降り 63歳 1987年08/05-8月5日
まんば よしはる/万場世志冶 67右翼活動家 自刃/切腹 22歳 1986年12/20-12月20日 昭和天皇御在位60年奉祝運動を終えた2日後、割腹の上頸動脈を左右から切って自決。
ひだか とみあき/日高富明 06ミュージシャン 飛び降り 36歳 1986年09/20-9月20日 フォークグループガロの元メンバー
おかだ ゆきこ/岡田有希子 01アイドル 飛び降り 18歳 1986年04/08-4月8日 アイドルとしての人気絶頂期にサンミュージック事務所屋上から投身。大きく報じられ、ウェルテル効果が発生したとされる。
えんどう やすこ/遠藤康子 01アイドル 飛び降り 17歳 1986年03/29-3月29日 レコードデビュー直前、交友関係の清算を(特に恋人と別れるように)指示され悩んでいたとされる。
すずき いづみ/鈴木いづみ 22作家 首吊り 36歳 1986年02/17-2月17日
いなだ ゆう/稲田裕 68官僚(建設省 1985年12/10-12月10日 建設事務次官
おおとも りゅうたろう/大友柳太朗 01俳優 飛び降り 73歳 1985年09/27-9月27日
かもい れい/鴨居玲 32画家 ガス 57歳 1985年09/07-9月7日
わかやま せつこ/若山セツ子 01女優 首吊り 55歳 1985年05/09-5月9日 躁鬱症状による奇行の末一度入院、一旦退院するが、姉と母を亡くしたあと再入院し、入院先で首吊り。
きん かくえい/金鶴泳 22作家 ガス 46歳 1985年01/04-1月4日
ちば あきお/ちばあきお 31漫画家 41歳 1984年09/13-9月13日 漫画家ちばてつやの実弟。アニメにもなった野球漫画『キャプテン』『プレイボール』の作者。
うなやま ひろし/宇南山宏 05俳優 心中/鉄道 48歳 1984年06/16-6月16日
なかやま さんきち/中山三吉 16芸人 首吊り 47歳* 1984年06/03-6月3日
やまふじ ひろみ/山藤浩三 49競輪選手 心中/一家心中 39歳 1984年05/00-5月 1964年の東京オリンピック日本代表選手
よだ いくこ/依田郁子 48陸上選手 首吊り 45歳 1983年10/14-10月14日 1964年の東京オリンピック日本代表選手
おき まさや/沖雅也 01俳優 飛び降り 31歳 1983年06/28-6月28日 テレビドラマ『太陽にほえろ!』のスコッチ刑事役や『俺たちは天使だ!』のキャップ役で知られた。京王プラザホテルの最上階から養父の日景忠男に宛てた遺書を残して投身自殺。
まつもと ゆきお/松本幸男 60政治家/国政/現職衆院議員 首吊り 56歳 1983年01/28-1月28日 社会党衆議院議員。前年にも入院中に自殺未遂[48]
すぎはら ただし/杉原正 68官僚(警察庁 首吊り 51歳 1982年11/12-11月12日 大阪府警察で現職警察官多数が懲戒処分された賭博ゲーム台汚職事件が自分の警察本部長在任中に起きていたことに対する引責
えなつ みよし/江夏美好 22作家 首吊り 59歳 1982年07/17-7月17日
あきもと ちかし/秋元近史 19TVディレクター 飛び降り 49歳 1982年04/00-4月 バラエティ番組『シャボン玉ホリデー』のディレクター
やまもと ひろし/山本弘 32画家 首吊り 51歳 1981年07/15-7月15日
しゅんぷうてい いちりゅう/春風亭一柳 16落語家 飛び降り 45歳 1981年07/09-7月9日
なかた ぐんじ/中田軍治 16芸人 飛び降り 41歳 1979年10/25-10月25日 漫才コンビWヤングのメンバー
やまぎし しょうじ/山岸章二 29編集者写真評論家 首吊り 50歳* 1979年07/20-7月20日
かげやま まさはる/影山正治 67右翼活動家、歌人 銃/散弾銃 68歳 1979年05/25-5月25日 割腹の上、散弾銃により自決。
おおした ひろし/大下弘 47プロ野球選手 服毒/睡眠薬 56歳 1979年05/23-5月23日
えぐち しんいち/江口榛一 23詩人作家 首吊り 65歳 1979年04/18-4月18日
つしま ただゆき/対馬忠行 72マルクス主義思想家 入水 77歳 1979年04/11-4月11日 播磨灘を航行中のフェリーから入水
たみや じろう/田宮二郎 01俳優 銃/猟銃 43歳 1978年12/28-12月28日 テレビドラマ『白い巨塔』の財前五郎役やクイズ番組クイズタイムショック』の初代司会などで知られた。
はたけやま ばく/畠山麦 01俳優 首吊り 34歳 1978年07/13-7月13日 秘密戦隊ゴレンジャー』のキレンジャー
せき りょういち/関良一 74文学者(日本文学) 60歳 1978年03/10-3月10日
とみどころ しょういち/富所正一 06ミュージシャン 入水 25歳 1977年03/20-3月20日 新潟県三条市の三条大橋から信濃川に投身。
たけざわ やしち/竹沢弥七 38義太夫節三味線方
人間国宝
入水 66歳 1976年10/24-10月24日
ひだか としひこ/日高敏彦 67左/新左翼活動家 首吊り 31歳 1976年10/02-10月2日 日本赤軍メンバー。1975年8月に発生したクアラルンプール事件の実行犯。事件の翌年ヨルダンで拘束され、取り調べ中に獄中自殺。
むらかみ ともゆき/村上知行 22翻訳家 自刃/頸部 77歳 1976年03/23-3月23日 中国および中国文学の研究者で、三国志水滸伝西遊記など四大奇書の現代語訳で知られた[49]。自宅にて鉛筆削り用の小型ナイフで自刃[50]
こぼり やすざぶろう/小堀保三郎 51実業家
自動車技術者
心中/ガス 76歳 1975年08/30-8月30日 エアバッグの発明者。研究開発に私財を投じ特許も取得したが、発明当初はすぐに実用化されるに至らず、借金苦・生活苦から妻と共にガス心中した(エアバッグの実用化は1980年代で、普及は1990年代中盤以降である)。
おか まさふみ/岡真史 29作家高史明の子息 飛び降り 12歳 1975年07/17-7月17日 遺稿集として詩集『ぼくは12歳』が出版され、NHKでドラマ化された。
やすくら さちえ/保倉幸恵 01女優モデル 鉄道 22歳 1975年07/08-7月8日
さいとう のどか/齋藤和 67左/新左翼活動家 服毒/青酸カリ 27歳 1975年05/19-5月19日 東アジア反日武装戦線「大地の牙」メンバー。部隊の事実上のリーダーとして連続企業爆破事件に関与したとされる。逮捕直後、隠し持っていた青酸カリで取り調べ中に自殺。
とみなが みさこ/富永美沙子 01女優 心中/ガス/排ガス 41歳 1975年05/02-5月2日** 支笏湖畔にて排ガス心中、5月2日に遺体発見[51][52]
なかむら えいこ/中村英子 01女優 ガス 24歳 1975年03/30-3月30日
むらかみ いちろう/村上一郎 24文芸評論家 自刃/頸部 54歳 1975年03/29-3月29日 三島事件から5年後の自刃。
すぎやま とし/杉山登志 19CMディレクター 首吊り 37歳 1973年12/12-12月12日
おおば ひろよし/大場啓仁 74文学者(英米文学) 心中/一家心中 38歳 1973年09/06-9月6日 立教大学助教授。殺人を犯し、自首の直前に家族を巻き込んで自殺。
こばやし みよこ/小林美代子 22作家 服毒/睡眠薬 56歳 1973年08/18-8月18日
わだ つるいち/和田鶴一 60政治家/国政/参院議員 ガス 61歳 1973年06/01-6月1日
おおつじ しろう/大辻伺郎 01俳優 首吊り 38歳 1973年05/21-5月21日 ホテルオークラ東京本館の客室にて自殺。晩年は趣味への投資で抱えた多額の借金で悩んでおり、自殺前日には交通事故を起こして事故相手から暴行を受けていた。
まつもと きんしろう/松本錦四郎 01俳優 ガス 39歳 1973年01/20-1月20日
もり つねお/森恒夫 67左/新左翼活動家 首吊り 28歳 1973年01/01-1月1日 連合赤軍委員長。山岳ベース事件の首謀者。東京拘置所にて獄中自殺。
ゆげ たろう/弓削太郎 20映画監督 首吊り 51歳* 1973年05/20-5月20日** 1972年に行方不明となり、1973年5月20日にミイラ化した状態で発見された。
せごえ けんさく/瀬越憲作 99囲碁棋士 83歳 1972年07/27-7月27日
かわばた やすなり/川端康成 22作家 ガス 72歳 1972年04/16-4月16日 ノーベル文学賞受賞者。逗子マリーナマンション407号室でガス自殺。事故死説あり。
けんもち いさむ/剣持勇 99インテリアデザイナー ガス 59歳 1971年06/03-6月3日
もりた まさかつ/森田必勝 67右翼活動家 自刃/切腹 25歳 1970年11/25-11月25日-2 楯の会メンバー。三島由紀夫と共に自刃(三島事件)。
みしま ゆきお/三島由紀夫 22作家 自刃/切腹 45歳 1970年11/25-11月25日-1 市ヶ谷駐屯地にて自衛隊決起を呼び掛ける演説をしたのち割腹(三島事件)。
やまむら まさあき/山村政明 79学生 焼身 25歳 1970年10/06-10月6日 日本に帰化した在日2世早稲田大学大隈講堂前で焼身。遺稿集『いのち燃えつきるとも』[53]
はんだ よしゆき/半田義之 22作家 59歳 1970年08/02-8月2日 芥川賞作家(1939年受賞)
かわつ けんたろう/河津憲太郎 48水泳選手 焼身 55歳 1970年03/24-3月24日 1932年のロサンゼルスオリンピック男子100M背泳ぎの銅メダリスト
おおた やえこ/太田八重子 18ヌードモデル 入水 25歳 1969年12/10-12月10日 シンナーを用いた窒息自殺という説もある
たかの えつこ/高野悦子 79学生 鉄道 20歳 1969年06/24-6月24日 死後に出版された遺稿集『二十歳の原点』がベストセラーになる
えとう こさぶろう/江藤小三郎 67右翼活動家
陸上自衛官
焼身 23歳 1969年02/11-2月11日 江藤新平の曾孫。「覚醒書」を遺し国会議事堂前で焼身。その1年9カ月後に楯の会事件で自決する三島由紀夫に影響を与えたといわれる。詳細は三島由紀夫#決起に至った理由を参照。
つぶらや こうきち/円谷幸吉 41マラソン選手 自刃/頸部 27歳 1968年01/09-1月9日 1964年の東京オリンピック男子マラソン銅メダリスト
「父上様 母上様 三日とろゝ美味しうございました」で始まる遺書を記している。
あさくさ しろう/浅草四郎 16芸人 首吊り 40歳? 1968年 病院で入院中に自殺。
ゆい ちゅうのしん/由比忠之進 99エスペランティスト 焼身 73歳 1967年11/12-11月12日 ベトナム戦争に賛同する日本政界への抗議として、首相官邸前で焼身自殺。由比の自殺は1963年6月のティック・クアン・ドック師の焼身を範としている。ドック師の焼身はその写真と共に広く報道され、アメリカではアリス・ハーズ(1965年3月)ら8人が、フランスではフランシーヌ・ルコント(1969年3月)が、ドック師や由比と同じく抗議の焼身を遂げている。
まるい たろう/丸井太郎 01俳優 ガス 31歳 1967年09/06-9月6日
やすひら しかいち/安平鹿一 60政治家/国政/衆院議員 65歳 1967年01/17-1月17日 日本社会党の元衆議院議員。1960年に病気で政界を退いたあと自宅療養していたが、1967年1月17日に自宅で死亡しているところを発見された。検死の結果、自殺と判明した。
たに あきら/谷晃 01俳優演出家 首吊り 55歳 1966年08/11-8月11日
いちかわ だんぞう/市川團蔵 03歌舞伎役者 入水 84歳 1966年06/04-6月4日
やなぎや きんぺい/柳家きん平 16落語家 鉄道 44歳 1966年04/24-4月24日
きよむら こうじ/清村耕次 01俳優 首吊り 40歳 1966年02/01-2月1日
こいずみ ぐんじ/小泉軍治 41柔道家 窒息自殺 69歳 1965年04/15-4月15日 柔道をイギリスに紹介し「イギリス柔道の父」と呼ばれた人物。
おく こうへい/奥浩平 79学生 服毒/睡眠薬 21歳 1965年03/06-3月6日 学生運動活動家。死後、遺稿集『青春の墓標』が出版された。
おかわ きくまつ/小川菊松 51実業家 銃/猟銃 75歳* 1962年07/03-7月3日 誠文堂新光社創業者・社長。
ながとし ゆうきち/永利勇吉 47プロ野球選手 鉄道 41歳 1962年06/27-6月27日
きしがみ だいさく/岸上大作 23歌人 首吊り 21歳 1960年12/05-12月5日
やまぐち おとや/山口二矢 67右翼テロリスト 首吊り 17歳 1960年11/02-11月2日 浅沼稲次郎暗殺事件の実行犯。東京少年鑑別所にて首吊り。
うきよてい ゆめわか/浮世亭夢若 16芸人 服毒/睡眠薬 45歳 1960年10/05-10月5日 漫才コンビ・松鶴家光晴・浮世亭夢若のメンバー。一部関係者が自殺を否定している。
なとり しゅんせん/名取春仙 32画家浮世絵師 服毒 74歳 1960年03/30-3月30日 青山にある高徳寺の先祖の墓前にて妻と共に服毒[54]
ひの あしへい/火野葦平 22作家 服毒/睡眠薬 53歳 1960年01/24-1月24日 当初は病死と思われたが、後に自殺の経緯を記したノートが発見される。13回忌で公表された。
たけわき しょうさく/竹脇昌作 17アナウンサー 首吊り 49歳 1959年11/09-11月9日 NHKアナウンサー。俳優竹脇無我の父。
たにやま とよ/谷山豊 74数学者 ガス 31歳 1958年11/17-11月17日
さかもと むつこ/坂本睦子 29 服毒/睡眠薬 44歳 1958年04/15-4月15日 大岡昇平の小説『花影』のモデル。戦前文壇のミューズ。長く大岡と愛人関係にあったが、別離の1年後に自殺。
くぼ さかえ/久保栄 21劇作家演出家 首吊り 57歳 1958年03/15-3月15日
あいしんかくら えいせい/愛新覚羅慧生 79学生 心中/拳銃 19歳 1957年12/10-12月10日 愛新覚羅溥儀の姪。同級生男性と情死。※ただし異説もあり。天城山心中事件参照。
くすのき しげお/楠木繁夫 05歌手 首吊り 51歳 1956年12/14-12月14日 流行歌歌手。戦前の歌謡界をリードした歌手の一人。
いしかわ りきお/石川力夫 99ヤクザ 飛び降り 30歳 1956年02/02-2月2日 藤田五郎の小説『仁義の墓場』のモデル。服役中に自殺。
はっとり たつ/服部達 24文芸評論家 凍死 33歳 1956年01/01-1月1日 睡眠薬服用のうえ真冬の八ヶ岳に分け入り凍死。遺体は半年のあいだ発見されなかった。
もりやす しょうたろう/守安祥太郎 08ピアニスト 鉄道 31歳 1955年09/28-9月28日
かとう みちお/加藤道夫 21劇作家 首吊り 35歳 1953年12/22-12月22日 女優・加藤治子の最初の夫(未亡人となった治子は後に俳優の高橋昌也と再婚したが、高橋とは1973年に離婚した)。
くさか ようこ/久坂葉子 22作家 鉄道 21歳 1952年12/31-12月31日
はら たみき/原民喜 22作家 鉄道 45歳 1951年03/13-3月13日
はらだ けいきち/原田慶吉 74法学者 首吊り 47歳 1950年09/01-9月1日 東京大学法学部教授。ローマ法学者。
きむら そうた/木村荘太 22作家翻訳家 首吊り 61歳 1950年04/15-4月15日 成田山公園にて縊死。
かん すえはる/菅季治 74哲学者 鉄道 32歳 1950年04/06-4月6日 徳田要請問題で追及され、証人喚問の翌日に自殺。
やまざき あきつぐ/山崎晃嗣 51会社社長 服毒/青酸カリ 26歳 1949年11/24-11月24日 光クラブ社長。光クラブ事件で自殺。
たなか ひでみつ/田中英光 22作家 自刃/手首 36歳 1949年11/03-11月3日 太宰治の墓前で睡眠薬服用の上手首を切って自殺
ひがしうら しょうじ/東浦庄治 60政治家/国政/現職参院議員 首吊り 51歳 1949年09/02-9月2日 緑風会所属、東大講師、農業共済保険協会会長。[55]
ながさわ のぶこ/長沢延子 23詩人 服毒 17歳 1949年06/01-6月1日 1946年に入水を遂げた原口統三に強い影響を受けたとされる。遺稿集『友よ私が死んだからとて』
たかぎ まさなり/高木正得 81華族、元貴族院議員
74昆虫学者
首吊り 54歳 1948年11/01-11月1日** 1948年7月8日青酸カリを携えて遺書を残し失踪。その4カ月後、奥多摩の山中で白骨となって発見された。
だざい おさむ/太宰治 22作家 心中/入水 38歳 1948年06/13-6月13日 山崎富栄と共に玉川上水へ入水。富栄による無理心中説あり。
やまがみ みつじ/山上光治 99ヤクザ 銃/拳銃 25歳* 1948年03/23-3月23日 映画『仁義なき戦い 広島死闘篇』のモデル。
しみず とおる/清水澄 74法学者
最後の枢密院議長
入水 78歳 1947年09/25-9月25日 新憲法施行に際し、「幽界より国体を護持し今上陛下の御在位を見守らんと欲する」がゆえに自決した。明治憲法に殉じたとも言われる。遺言の全文と詳細は清水澄を参照。
あだち はたぞう/安達二十三 61軍人、陸軍中将 自刃/切腹 57歳 1947年09/10-9月10日 ニューギニア方面司令官。終戦後、すべての部下が解放されるのを待って自決。のちに作家山田風太郎は、その著書の中で、安達の身の処し方を極めて肯定的に評価している。
はらぐち とうぞう/原口統三 79学生、詩人 入水 19歳 1946年10/25-10月25日 『二十歳のエチュード』の作者
くさば たつみ/草場辰巳 61軍人、陸軍中将 服毒/青酸カリ 58歳 1946年09/17-9月17日 山崎豊子の小説『不毛地帯』に登場する秋津中将(秋津紀武)のモデルといわれる。
あんどう りきち/安藤利吉 61軍人、陸軍大将 服毒 62歳 1946年06/19-6月19日
みのだ むねき/蓑田胸喜 72右翼思想家
慶大教授
首吊り 52歳 1946年01/30-1月30日 戦中右翼の理論的指導者の一人だったが、終戦後に自殺。発狂による横死との説もある。
このえ ふみまろ/近衛文麿 60政治家/国政//閣僚/首相 服毒/青酸カリ 54歳 1945年12/16-12月16日
のうみ としろう/納見敏郎 61軍人、陸軍中将 服毒 51歳 1945年12/13-12月13日
ほんじょう しげる/本庄繁 61軍人、陸軍大将 自刃/切腹 79歳 1945年11/30-11月30日 終戦時すでに現役を退いていたが、GHQからの戦犯指定を受け、陸軍大学校の理事長室にて割腹。
よしもと ていいち/吉本貞一 61軍人、陸軍大将 自刃/切腹 58歳 1945年09/14-9月14日
はしだ くにひこ/橋田邦彦 71医学者、元文部大臣 服毒/青酸カリ 63歳 1945年09/14-9月14日 第2次第3次近衛内閣東條内閣で文部大臣
こいずみ ちかひこ/小泉親彦 61軍人、陸軍軍医総監 自刃/切腹 61歳 1945年09/13-9月13日 第3次近衛内閣東條内閣厚生大臣
すぎやま はじめ/杉山元 61軍人、陸軍大将 銃/拳銃 65歳 1945年09/12-9月12日 大戦期の指導部で陸軍大臣参謀総長など要職を歴任。夫自決の報を聞いた妻啓子も後を追って自決した。
みうら じょう/三浦襄 51実業家 銃/拳銃 57歳 1945年09/07-9月7日 大東亜戦争の大義を信じインドネシアの独立のために活動した実業家。日本の敗戦によってバリ島の人々との約束を果たせなくなったため、彼らに詫び、「日本人皆の責任を負って」自決した。
くらば とみさぶろう/倉場富三郎 51実業家水産学者 首吊り 74歳 1945年08/26-8月26日 トーマス・グラバーの息子
たなか しずいち/田中静壱 61軍人、陸軍大将 銃/拳銃 57歳 1945年08/24-8月24日
あまかす まさひこ/甘粕正彦 61軍人、陸軍/満映理事長
元陸軍憲兵大尉
服毒/青酸カリ 54歳 1945年08/20-8月20日
はすだ ぜんめい/蓮田善明 24文芸評論家、軍人 銃/拳銃 41歳 1945年08/19-8月19日 三島由紀夫の思想形成に大きな影響を与えた人物
はるき まこと/晴気誠 61軍人、陸軍少佐
大本営参謀
自刃/切腹 32歳 1945年08/17-8月17日
おおにし たきじろう/大西瀧治郎 61軍人、海軍中将 自刃/切腹 54歳 1945年08/16-8月16日 特攻の父と呼ばれた軍人。手当てを拒否し、介錯を付けずに割腹、15時間余り苦しんで死んだという。
てらもと くまいち/寺本熊市 61軍人、陸軍中将 自刃/切腹 56歳 1945年08/15-8月15日
あなみ これちか/阿南惟幾 61軍人、陸軍大将 自刃/切腹 58歳 1945年08/15-8月15日 鈴木貫太郎内閣で陸軍大臣だった時に終戦を迎え、自決。内閣制度発足以来、現職閣僚として自殺した最初の人物となった(2人目はその62年後の松岡利勝)。
こが ひでまさ/古賀秀正 61軍人、陸軍少佐 自刃/切腹 26歳 1945年08/15-8月15日12時過ぎ 玉音放送直前に発生したクーデター未遂事件(宮城事件)の首謀者の一人。割腹の上、口内に拳銃を用いた。
しいざき じろう/椎崎二郎 61軍人、陸軍中佐 自刃/切腹 33歳 1945年08/15-8月15日11時過ぎ 玉音放送直前に発生したクーデター未遂事件(宮城事件)の首謀者の一人。畑中健二と共に皇居前で自決。割腹の上、頭部に拳銃を用いた。
はたなか けんじ/畑中健二 61軍人、陸軍少佐 銃/拳銃 33歳 1945年08/15-8月15日11時過ぎ 玉音放送直前に発生したクーデター未遂事件(宮城事件)の首謀者の一人。椎崎二郎と共に皇居前で自決。
うしじま みつる/牛島満 61軍人、陸軍中将 自刃/切腹 57歳 1945年06/23-6月23日 沖縄守備軍司令官。参謀長長勇中将らと共に自決、これをもって沖縄戦は終結した。
おおた みのる/大田実 61軍人、海軍少将 銃/拳銃 54歳 1945年06/13-6月13日 沖縄戦の指揮官の一人で、根拠地隊司令官。自決直前の打電には「沖縄県民かく戦へり  県民に対し後世特別の御高配を賜らんことを」と。全文と現代語訳は大田実#海軍次官宛の電報参照。
みなかみ げんぞう/水上源蔵 61軍人、陸軍少将 銃/拳銃 55歳 1944年08/04-8月4日 ミイトキーナの戦いにおいて、残存将兵らの命を救うため、玉砕命令に背いて撤退命令を発する。部下らの脱出を見届けた後、ひとり陣地に留まり、命令違反の責任を取って拳銃自決した[56][57][58]
なかの せいごう/中野正剛 67右翼政治家 自刃/切腹 57歳 1943年10/26-10月26日 ジャーナリスト出身の右翼運動家、政治家。東方会総裁。
かん げんざぶろう/菅源三郎 99船長 自刃/切腹 60歳 1942年05/20-5月20日 1942年5月17日に発生した長崎丸沈没事故において船長として責任を取って自殺。
せきや としこ/関屋敏子 08声楽家作曲家 服毒/睡眠薬 37歳 1941年11/23-11月23日
にしかわ よしのすけ/西川吉之助 78教育者 / 67歳* 1940年07/18-7月18日 ろう教育において口話法教育の普及を推進した教育者。病苦により自殺。
はやし ちゅうじろう/林忠次郎 71臼井霊気療法師範 自刃/切腹 62歳* 1940年05/11-5月11日 臼井霊気療法の創始者臼井甕男から霊気療法の施術を伝授されたうちの一人で、霊気療法を西洋社会に紹介した高田ハワヨに施術技術を伝授した人物。戦時下、予備役将校として軍への復帰を求められていたが、戦争への加担を是とせず自決。
えぐち きち/江口きち 23歌人 服毒 25歳 1938年12/02-12月2日 兄と共に服毒
かつら ざこば/初代桂ざこば 16落語家 72歳 1938年09/19-9月19日
とい むつお/都井睦雄 91津山事件の犯人 銃/猟銃 21歳 1938年05/21-5月21日 前代未聞の大量殺戮事件を起こしたあと、当日に自殺。
たなか わたる/田中弥 61軍人、陸軍大尉 銃/拳銃 36歳 1936年10/18-10月18日
つつみ まさゆき/堤正之 61軍人、海軍少佐 銃/拳銃 33歳 1936年06/17-6月17日 遺書を残さず自決したが、二・二六事件に何らかの関わりがあったとされる。
まきの しんいち/牧野信一 22作家 首吊り 39歳 1936年03/24-3月24日
こうの ひさし/河野寿 61軍人、陸軍大尉 自刃/切腹 28歳 1936年03/06-3月6日 二・二六事件牧野伸顕を襲撃した部隊の指揮官。牧野殺害を果たせず負傷して捕縛され、入院先の病院にて果物ナイフで自刃。
のなか しろう/野中四郎 61軍人、陸軍大尉 銃/拳銃 32歳 1936年02/29-2月29日 二・二六事件で警視庁を襲撃。事件収束の29日、陸相官邸で自決。
べっしょ さきち/別所佐吉 99 銃/猟銃 73歳* 1935年10/24-10月24日 千島列島開拓を試みた千島報效義会の会員の一人。報效義会が解散したのちも最後まで占守島に残った。死後、占守島には「別所翁之碑」が建立されている[59]
やまだ ちょうざぶろう/山田長三郎 61軍人、陸軍大佐
陸軍兵務課長
自刃/切腹 48歳 1935年10/05-10月5日 永田鉄山軍務局長殺害事件(相沢事件)において現場におり、上官を見捨てて逃げたと批判される。事件から2カ月後に自宅にて自決。
みどりかわ あきこ/翠川秋子 17アナウンサー 心中/入水 45歳 1935年08/20-8月20日 日本初の女性アナウンサー。29歳の男性と房総沖にて入水
かたた とくろう/片多徳郎 32画家 首吊り 44歳 1934年04/28-4月28日
さとう じろう/佐藤次郎 41テニス選手 入水 26歳 1934年04/05-4月5日 デビスカップ欧州遠征からの帰途、マラッカ海峡にて投身。
たかくら とくたろう/高倉徳太郎 82牧師神学者 首吊り 48歳 1934年04/03-4月3日 植村正久の後継者。牧会に悩み自殺。
かつ くわし/勝精 81華族実業家 心中/服毒/睡眠薬 43歳 1932年07/11-7月11日 徳川慶喜の十男。妾宅にてカルモチンによる心中。
くが のぼる/空閑昇 61軍人、陸軍少佐 銃/拳銃 44歳 1932年03/28-3月28日 第一次上海事変において中国国民党軍の捕虜となった大隊長。捕虜となったことを恥じ、捕虜交換によって帰還した後、自らの部隊が戦った戦地に戻り割腹の上拳銃自決した[56]
もうり てるお/毛利輝夫 01俳優 心中/鉄道 23歳 1931年03/20-3月20日 新人女優の大町弘子と共に鉄道心中[60]
にしのうみ かじろう/西ノ海 48力士横綱 首吊り 50歳 1931年01/27-1月27日
たかね よしひと/高根義人 74法学者 首吊り 62歳 1930年07/14-7月14日 京都帝国大学教授。京都法政学校(現在の立命館大学の前身)の講師も勤めた。病気を苦に自殺[61]
くさかり えいじ/草刈英治 61軍人、海軍少佐 自刃/切腹 38歳 1930年05/20-5月20日 国際水路会議から帰国後、東京へ向かう東海道線寝台車の車内で割腹[62]ロンドン海軍軍縮条約を巡る政府上層部の弱腰と統帥権干犯に憤り、財部彪海軍大臣の暗殺を企図したが果たせず、死をもって条約批准に抗議したとも[63]
いくた しゅんげつ/生田春月 23詩人 入水 38歳 1930年05/19-5月19日 神戸を出港し今治を経て別府に向かっていた船から投身[62]
かねこ みすず/金子みすゞ 23詩人 服毒/睡眠薬 26歳 1930年03/10-3月10日
えぎ きんきん/江木欣々 99芸者 首吊り 53歳 1930年02/20-2月20日 大正三美人の一人
さぶり さだお/佐分利貞男 68官僚(外交官 銃/拳銃 50歳 1929年11/29-11月29日 駐華公使。中国情勢が雲行き怪しい時期であり、他殺説も囁かれた。
はぶと えいじ/羽太鋭治 71医師性科学者 服毒/睡眠薬 52歳* 1929年08/31-8月31日 前年に脳溢血に倒れた上、薬の開発と著書を巡るトラブルを抱え込んでいた。カルモチン300錠を飲み2日後に死去[64]
わたなべ まさのすけ/渡辺政之輔 67左/労働運動家 銃/拳銃 29歳 1928年10/06-10月6日 非合法時代の共産党書記長。台湾の基隆市にて官憲に包囲され自決、客死。
いせのはま けいたろう/伊勢ノ濱 48力士、大関 服毒 44歳 1928年05/17-5月17日 大量の酒と猫いらずを飲み自殺
わだ きゅうたろう/和田久太郎 91福田雅太郎狙撃犯 首吊り 35歳 1928年02/20-2月20日 無期懲役での服役中に秋田刑務所で首吊り
みずしろ けいじ/水城圭次 61軍人、海軍大佐 自刃/頸部 44歳 1927年12/26-12月26日 美保関事件時の軽巡洋艦神通」艦長。軍法会議判決前日、事故の責任を一身に負い自宅にて自決。
あくたがわ りゅうのすけ/芥川龍之介 22作家 服毒/睡眠薬 35歳 1927年07/24-7月24日
いけだ まさすけ/池田政佑 61軍人、陸軍少佐 銃/拳銃 43歳 1926年12/30-12月30日 大正天皇崩御の5日後に殉死
いわぶち くまじろう/岩淵熊次郎 91鬼熊事件の犯人 自刃/頸部 35歳* 1926年09/30-9月30日
もり うしのすけ/森丑之助 74人類学者 入水 49歳 1926年07/04-7月4日 台湾先住民の研究者。台湾博物館主事[65]関東大震災による研究資料・未刊原稿の焼失を悲観していたとも言われるが確証はないという[66]
くの ひさ/久野久 08ピアニスト 飛び降り 40歳* 1925年04/20-4月20日 日本初のピアニスト。ウィーンにて客死。事故説あり。
ありしま たけお/有島武郎 22作家 心中/首吊り 45歳 1923年06/09-6月9日 不倫関係にあった波多野秋子と共に軽井沢の別荘で首吊り。7月7日に発見される。決行から1カ月経過していたため、2人の遺体には壮絶な量のが湧いていたという。
あさひ へいご/朝日平吾 91安田善次郎殺害犯 自刃/頸部 31歳 1921年09/28-9月28日 安田善次郎を刺殺した後、その場で自刃。
にしかわ かぎ/西川嘉儀 74西川流舞踊家 58歳 1921年03/21-3月21日 長女の早い死去や流派争いに悲観し自殺。
さの ともさぶろう/佐野友三郎 74図書館学者教育者 首吊り 56歳 1920年05/13-5月13日 日本における近代図書館の黎明期を支えた人物。
まつい すまこ/松井須磨子 01女優 首吊り 32歳 1919年01/05-1月5日 島村抱月の後を追い、2カ月後に自殺。
いわもと えいのすけ/岩本栄之助 51実業家、株式仲買人 銃/拳銃 39歳 1916年10/27-10月27日 大阪の中之島公会堂を建設した人物
たかぎ けんみょう/高木顕明 85僧侶大逆事件被告 首吊り 50歳 1914年06/24-6月24日 無期懲役の服役中に秋田刑務所にて首吊り
せき かんさい/関寛斎 71医師蘭方医 服毒 82歳 1912年10/15-10月15日
のぎ まれすけ/乃木希典 61軍人、陸軍大将 自刃/切腹 62歳 1912年09/13-9月13日-1 明治天皇の大葬が終わった夜、妻静子と共に殉死。
のぎ しずこ/乃木静子 84軍人乃木希典の妻 自刃/胸部 52歳 1912年09/13-9月13日-2 夫と共に殉死。
みふね ちづこ/御船千鶴子 99千里眼騒動の超能力者 服毒 24歳 1911年01/18-1月18日 重クロム酸カリウムによる服毒自殺
とくのう せきしろう/得能関四郎 41剣術家警察官 自刃/咽喉部 66歳 1908年07/17-7月17日 直心影流の剣客、大日本武徳会範士。病気を苦にしての自殺といわれる。
かわかみ びざん/川上眉山 22作家 自刃/頸部 39歳 1908年06/15-6月15日
ふじむら みさお/藤村操 79学生 飛び降り 16歳 1903年05/22-5月22日 華厳滝に投身。大きく報じられ、以来、華厳滝は自殺の名所となった。
もりかわ せいじろう/森川清治郎 70警察官 銃/拳銃 42歳* 1902年04/07-4月7日 日清戦争直後の台湾に勤務した警察官。任務のかたわら教育の普及・環境衛生の改善に尽力し現地の人々にも慕われたという[67]。新たに定められた漁業税に関し台湾総督府に免減を訴えるも訓戒処分を受け、失意のうちに自決した[67][68]
ふじの こはく/藤野古白 23俳人劇作家 銃/拳銃 23歳 1895年04/12-4月12日 正岡子規の従弟[69]
きたむら とうこく/北村透谷 23詩人 首吊り 25歳 1894年05/16-5月16日
かとう なおや/加藤直矢 99治水家 自刃 42歳 1892年02/13-2月13日 赤川の治水事業に尽力した。竣工の翌年に自刃[70]
はたけやま ゆうこ/畠山勇子 99 自刃/頸部 25歳 1891年05/20-5月20日 ロシア皇太子ニコライ暗殺未遂事件(大津事件)に際し、多くの国民が大国ロシアの報復を恐れる中、死をもってロシア皇太子に謝罪するために自刃した女性。その行いはその後国家主義者らによって祭り上げられ、憂国の烈女と呼ばれた。
とうじんおきち/唐人お吉 99芸者 入水 49歳 1891年03/25-3月25日
くるしま つねき/来島恒喜 67右翼活動家 自刃/咽喉部 29歳 1889年10/18-10月18日 政治結社玄洋社社員で、大隈重信外務大臣襲撃事件の実行犯。爆裂弾による暗殺を狙ったが果たせず、その場で自決。大隈は右足切断の重傷を負った。
やまもと ちくうん/山本竹雲 37篆刻家 入水 69歳 1888年04/27-4月27日 京都東山の稚児ヶ池にて入水。茶人としても知られた人物で、入水した池の畔には丁寧にたたまれた羽織と揃えられた下駄、そして茶道具が並べられていた。
はこだ ろくすけ/箱田六輔 67右翼/自由民権運動運動家 自刃/切腹 37歳 1888年01/19-1月19日 政治結社玄洋社の指導者の一人
たまの よふみ/玉乃世履 68裁判官、初代大審院 60歳 1886年08/08-8月8日 その公正な裁きから「明治の大岡」と呼ばれた人物。
かわかみ とうがい/川上冬崖 32画家 首吊り 52歳 1881年05/03-5月3日 清国公使館への地図漏洩疑惑(地図密売事件)に巻き込まれ、熱海にて客死。詳細不明。

近代以前[編集]

ここでは近代以前の人物、具体的には幕末の動乱期より以前の人物について一覧する。なお、近世における処刑の一様式としての切腹賜死といった例については収載していない。

凡例
  • 没年齢満年齢ではなく数え年で統一した(正確な生年月日が不明の者が多いため。没年月日は太陽暦に換算した日付である)。
  • 補足欄が† グレーになっている人物は、戦乱において自害した人物である。補足欄のソートボタンで年代順に再配列される。
名前 職業/肩書き/地位 手段 没年齢 没年月日 備考/補足/関連
さいごう たかもり/西郷隆盛 85武士、薩摩藩
政治家、軍人
自刃 50歳* 1877年09/24-9月24日 0-戦-1877/09/24西南戦争城山決戦において、「もう、ここらでよか」と自決。介錯した別府晋介もその場で自決した。
たまき ぶんのしん/玉木文之進 85武士、長州藩
兵学者教育者
自刃/切腹 67歳* 1876年11/06-11月6日 松下村塾の創立者で吉田松陰の叔父。松陰の死後も藩政に関わり、明治2年に引退。その後ふたたび松下村塾を開いて後進の指導に当たったが、1876年(明治9年)の萩の乱に多くの門下生が参加、その責任を取り自刃した。
そうま かずえ/相馬主計 85武士、新選組隊長 自刃/切腹 41歳* 1875年 生年は1843年とも。新選組最後の隊長。
やましろや わすけ/山城屋和助 51御用商人 自刃/切腹 37歳* 1872年12/29-12月29日 山城屋事件
しまづ ひさはる/島津久治 85武士、薩摩藩家老 銃/拳銃 32歳* 1872年02/12-2月12日 島津久光の子で宮之城家当主。島津家系図では急病が原因とされているが、西郷隆盛大久保利通に宛てた書簡ではピストル自殺と明言されている。
かわじ としあきら/川路聖謨 85武士、旗本 銃/拳銃 68歳* 1868年04/07-4月7日 幕末の名官吏と謳われた人物。引退後、江戸城開城の報を聞き、割腹の上拳銃を用いた。
さわむら そうのじょう/沢村惣之丞 85武士、土佐藩 自刃/切腹 26歳* 1868年02/18-2月18日 海援隊隊士。長崎の町を警備中、薩摩藩士を誤って殺してしまい、薩摩との軋轢を恐れ割腹。
ほり なおとら/堀直虎 83大名江戸期 33歳* 1868年02/10-2月10日 須坂藩主。諌死とも言われる。
やまなみ けいすけ/山南敬助 85武士、新選組隊士 自刃/切腹 33歳* 1865年03/20-3月20日 異説あり。詳細は山南敬助を参照。
まき いずみ/真木和泉 82神職久留米藩 自刃 52歳* 1864年08/22-8月22日 0-戦-1864/08/22禁門の変に敗れ自刃
くさか げんずい/久坂玄瑞 85武士、長州藩 自刃 25歳* 1864年08/20-8月20日 0-戦-1864/08/20禁門の変に敗れ寺島忠三郎と共に自刃
てらしま ちゅうざぶろう/寺島忠三郎 85武士、長州藩 自刃 21歳* 1864年08/20-8月20日 0-戦-1864/08/20禁門の変に敗れ久坂玄瑞と共に自刃
いりえ くいち/入江九一 85武士、長州藩 自刃/切腹 28歳* 1864年08/20-8月20日 0-戦-1864/08/20禁門の変に敗れ自刃
いけだ なかたつ/池田仲建 83大名江戸期 24歳* 1864年07/30-7月30日 鹿奴藩主。本家の池田慶徳への諌死。
みやべ ていぞう/宮部鼎蔵 85武士、熊本藩 自刃 45歳* 1864年07/08-7月8日 0-戦-1864/07/08池田屋事件。応戦するも負傷し自刃。
よしだ としまろ/吉田稔麿 85武士、長州藩 自刃 24歳* 1864年07/08-7月8日 0-戦-1864/07/08池田屋事件。討ち死とも。
もちづき かめやた/望月亀弥太 85武士、土佐藩 自刃 27歳* 1864年07/08-7月8日 0-戦-1864/07/08池田屋事件。脱出するも長州藩邸前で自刃。
たなか しんべえ/田中新兵衛 85武士、薩摩藩 自刃 32歳* 1863年07/11-7月11日 朔平門外の変における姉小路公知暗殺の実行犯として捕縛され自刃。
たかはし たいちろう/高橋多一郎 85武士、水戸藩 自刃 47歳* 1860年04/13-4月13日 0-戦-1860/04/13桜田門外の変の首謀者の一人。井伊暗殺の報を大坂にて受け取るも、幕吏に追い詰められ息子と共に自刃。
ありむら じざえもん/有村次左衛門 85武士、薩摩藩 自刃 22歳* 1860年03/24-3月24日 0-戦-1860/03/24桜田門外の変において井伊直弼の首級を取るも追い詰められ自刃。桜田門外の変では山口辰之介らをはじめ有村の他にも多くの者が自刃・獄死した。
げっしょう/月照 82僧侶 入水 46歳* 1858年12/20-12月20日 錦江湾西郷隆盛と共に入水。月照はこの時亡くなったが、西郷は一命を取り留めた。
おおはら ゆうがく/大原幽学 74農政学者 自刃/切腹 62歳* 1858年04/21-4月21日 二宮尊徳大蔵永常と同時代の農民指導者。下総国長部村を拠点に農業技術の指導・農民の教化・村落改革に尽力した人物で、1838年(天保9年)に先祖株組合という世界初の農業協同組合を創設した人物。
みなもと きよまろ/源清麿 39刀工 自刃/切腹 43歳* 1855年01/02-1月2日 山浦清麿とも。江戸三作と呼ばれた名工[71]
いちかわ だんじゅうろう/市川團十郎 03歌舞伎役者 32歳* 1854年09/27-9月27日 八代目市川團十郎。面長の美貌で人気を博した二枚目だったが、突如自殺。動機不明。
たかの ちょうえい/高野長英 74蘭学者医師 自刃/咽喉部 47歳* 1850年12/03-12月3日 蛮社の獄のあと薬品で顔を変え長く追手を逃れていたが捕縛される。その際に応戦、喉を突いて自害したとされるが、踏み込んだ幾人もの役人に殴打されたことで死亡したとする説がある。
わたなべ かざん/渡辺崋山 32画家田原藩家老 自刃/切腹 49歳* 1841年11/23-11月23日 蛮社の獄
こせき さんえい/小関三英 74蘭学者医師 自刃 53歳* 1839年06/27-6月27日 蛮社の獄
おおしお へいはちろう/大塩平八郎 74儒学者陽明学者 火薬 45歳* 1837年05/01-5月1日 0-戦-1837/05/01大塩平八郎の乱を主導。逃亡の後、養子と共に自害。
いちかわ だんのすけ/市川團之助 03歌舞伎役者 32歳* 1817年12/09-12月9日 三代目市川團之助。病と興行元の経営不振を苦にして自殺。
まつだいら やすひで/松平康英 85武士、長崎奉行 自刃/切腹 41歳* 1808年10/06-10月6日 フェートン号事件の責任を取り自害。
たかやま ひこくろう/高山彦九郎 72尊王思想家 自刃/切腹 47歳* 1793年08/04-8月4日 寛政の三奇人の一人
ひらた ゆきえ/平田靱負 85薩摩藩家老 自刃/切腹 50歳* 1755年07/04-7月4日 宝暦治水の責任をとって自害。
いたみ かつもり/伊丹勝守 83大名江戸期 26歳* 1698年10/18-10月18日 徳美藩主。発狂し厠で自害。
おだ のぶたけ/織田信武 83大名江戸期 40歳* 1694年12/16-12月16日 宇陀松山藩
ほった まさのぶ/堀田正信 83大名江戸期 自刃/咽喉部 50歳* 1680年06/26-6月26日 佐倉藩主。徳川家綱の死去後に殉死
まつだいら みつみち/松平光通 83大名江戸期 39歳* 1674年04/29-4月29日 福井藩
すずき しげなり/鈴木重成 83幕臣江戸期 自刃/切腹 66歳* 1653年12/04-12月4日 天草代官。租税半減を幕府から棄却され、抗議の為に切腹。これに驚いた幕府は慌てて減免を前向きに検討し、遂に実現した。このために、天草の郡内には重成を祀った鈴木神社が建立され、名代官として長く追慕される存在となった。
うちだ まさのぶ/内田正信 83大名江戸期 39歳* 1651年06/08-6月8日 鹿沼藩主。徳川家光の死去後に殉死
ほった まさもり/堀田正盛 83大名江戸期 44歳* 1651年06/08-6月8日 佐倉藩主。徳川家光の死去後に殉死
あべ しげつぐ/阿部重次 83大名江戸期 54歳* 1651年06/08-6月8日 岩槻藩主。徳川家光の死去後に殉死
いなば のりみち/稲葉紀通 83大名江戸期 銃/鉄砲 46歳* 1648年10/06-10月6日 福知山藩
てらざわ かたたか/寺沢堅高 83大名江戸期 39歳* 1647年12/14-12月14日 唐津藩
もりかわ しげとし/森川重俊 83大名江戸期 49歳* 1632年03/15-3月15日 生実藩主。徳川秀忠の死去後に殉死
おおの はるなが/大野治長 83武将戦国期 自刃 47歳* 1615年06/04-6月4日 0-戦-1615/06/04大坂夏の陣
もうり かつなが/毛利勝永 83武将戦国期 自刃 39歳* 1615年06/04-6月4日 0-戦-1615/06/04† 豊臣氏家臣。大坂夏の陣において秀頼を介錯。
とよとみ ひでより/豊臣秀頼 83大名戦国期 自刃 23歳* 1615年06/04-6月4日 0-戦-1615/06/04大坂夏の陣
よどどの/淀殿 84豊臣秀吉の妻 自刃 47歳* 1615年06/04-6月4日 0-戦-1615/06/04大坂夏の陣。秀頼と共に落ち延びたという説がある。
くき よしたか/九鬼嘉隆 83武将戦国期 59歳* 1600年11/17-11月17日 0-戦-1600/11/17関ヶ原の戦いで西軍に与する。西軍の壊滅後、東軍に与した息子九鬼守隆により助命嘆願がなされ、徳川家康もそれを認めたが間に合わず。
なつか まさいえ/長束正家 83大名戦国期 39歳* 1600年11/08-11月8日 0-戦-1600/11/08関ヶ原の戦いで東軍に敗れ、弟の長束直吉と共に自害。五奉行の一人。
おおたに よしつぐ/大谷吉継 83大名戦国期 42歳* 1600年10/21-10月21日 0-戦-1600/10/21関ヶ原の戦い
しばた かついえ/柴田勝家 83武将戦国期 62歳* 1583年06/14-6月14日 0-戦-1583/06/14賤ヶ岳の戦い豊臣秀吉に敗れ、お市の方と共に自害。
しみず むねはる/清水宗治 83武将戦国期 自刃/切腹 46歳* 1582年06/23-6月23日 0-戦-1582/06/23† 毛利氏家臣
おだ のぶただ/織田信忠 83大名戦国期 自刃/切腹 26歳* 1582年06/21-6月21日 0-戦-1582/06/21本能寺の変織田信長の嫡男。
おだ のぶなが/織田信長 83大名戦国期 48歳* 1582年06/21-6月21日 0-戦-1582/06/21本能寺の変。ただし、遺体や遺骨は発見されていないため、異説あり。
たけだ かつより/武田勝頼 83大名戦国期 37歳* 1582年04/03-4月3日 0-戦-1582/04/03天目山の戦いに敗れ、妻北条夫人、息子武田信勝と共に自害。
やすだ あきもと/安田顕元 83武将戦国期 1580年 上杉氏家臣
まつなが ひさひで/松永久秀 83大名戦国期 火薬 68歳* 1577年11/19-11月19日 0-戦-1577/11/19織田信長から離反して信貴山城に籠城、織田軍の総攻撃を受け、天守閣で爆死。
あざい ながまさ/浅井長政 83大名戦国期 29歳* 1573年09/01-9月1日 0-戦-1573/09/01小谷城の戦い織田信長に敗れ、父浅井久政と共に自害。
すえ はるかた/陶晴賢 83武将戦国期 自刃 35歳* 1555年10/16-10月16日 0-戦-1555/10/16† 周防大内氏家臣。厳島の戦い
ひらて まさひで/平手政秀 83武将戦国期 62歳* 1553年02/25-2月25日 織田氏家臣。若き信長への諌死とされるが、諸説ある。
おおうち よしたか/大内義隆 83大名戦国期 自刃 45歳* 1551年09/30-9月30日 0-戦-1551/09/30大寧寺の変陶晴賢の謀反に遭い自害。その陶晴賢もまた、のちの戦に破れて自害している。
いちじょう ふさもと/一条房基 83大名戦国期 28歳* 1549年05/09-5月9日 発狂による自害とも言われるが詳細は不明
あしかが もちうじ/足利持氏 83鎌倉公方 51歳* 1439年03/24-3月24日 0-戦-1439/03/24永享の乱。嫡男足利義久も自害。
たけだ のぶみつ/武田信満 83武将室町期 1417年02/22-2月22日 0-戦-1417/02/22上杉禅秀の乱
あしかが もちなか/足利持仲 83武将室町期 1417年01/27-1月27日 0-戦-1417/01/27上杉禅秀の乱
あしかが みつたか/足利満隆 83武将室町期 26歳* 1417年01/27-1月27日 0-戦-1417/01/27上杉禅秀の乱
うえすぎ ぜんしゅう/上杉禅秀 83武将室町期 1417年01/27-1月27日 0-戦-1417/01/27上杉禅秀の乱
うえすぎ のりはる/上杉憲春 83武将南北朝期 1379年03/25-3月25日 足利氏満への諌死
ほうじょう もととき/北条基時 83鎌倉幕府第13代執権 48歳* 1333年07/04-7月4日 0-戦-1333/07/04東勝寺合戦
ほうじょう たかとき/北条高時 83鎌倉幕府第14代執権 自刃/切腹 31歳* 1333年07/04-7月4日 0-戦-1333/07/04東勝寺合戦新田義貞に破れ、安達時顕長崎高重ら家臣・北条一門と共に自刃。東勝寺跡には「腹切り郭」と称される空間が残っている。
ほうじょう さだあき/北条貞顕 83鎌倉幕府第15代執権 自刃 56歳* 1333年07/04-7月4日 0-戦-1333/07/04東勝寺合戦
ほうじょう もりとき/北条守時 83鎌倉幕府第16代執権 自刃 39歳* 1333年06/30-6月30日 0-戦-1333/06/30† 最後の執権。赤橋守時ともいう。新田義貞率いる倒幕軍を鎌倉小袋坂に迎え撃つが敗れ自刃。
あしかが いえとき/足利家時 85武士(鎌倉期
足利氏当主
25歳* 1284年08/07-8月7日 1402年完成の『難太平記』によると、家時は3代後の子孫に天下を取らせよと八幡大菩薩に祈念して自害したとされる(詳細は足利家時#置文伝説を参照)。家時の3代孫は足利尊氏1338年に征夷大将軍に任じられている。
あんとく てんのう/安徳天皇 81皇族/第81代天皇 入水 08歳* 1185年04/25-4月25日 0-戦-1185/04/25壇ノ浦の戦い
たいら の ありもり/平有盛 83武将(源平期) 入水 22歳* 1185年04/25-4月25日 0-戦-1185/04/25壇ノ浦の戦い
たいら の ゆきもり/平行盛 83武将(源平期) 入水 22歳* 1185年04/25-4月25日 0-戦-1185/04/25壇ノ浦の戦い
たいら の すけもり/平資盛 83武将(源平期) 入水 28歳* 1185年04/25-4月25日 0-戦-1185/04/25壇ノ浦の戦い(生年は1161年とも)
たいら の のりつね/平教経 83武将(源平期) 入水 26歳* 1185年04/25-4月25日 0-戦-1185/04/25壇ノ浦の戦い
たいら の とももり/平知盛 83武将(源平期) 入水 34歳* 1185年04/25-4月25日 0-戦-1185/04/25壇ノ浦の戦い
たいら の のりもり/平教盛 83武将(源平期) 入水 58歳* 1185年04/25-4月25日 0-戦-1185/04/25壇ノ浦の戦い
たいら の ときこ/平時子 84平清盛の妻 入水 60歳* 1185年04/25-4月25日 0-戦-1185/04/25壇ノ浦の戦いで8歳の安徳天皇と共に入水
たいら の つねもり/平経盛 83武将(源平期) 入水 62歳* 1185年04/25-4月25日 0-戦-1185/04/25壇ノ浦の戦い
たいら の これもり/平維盛 83武将(源平期) 入水 27歳* 1184年05/10-5月10日 0-戦-1184/05/10倶利伽羅峠の戦い源義仲に敗れ、各地を敗走ののち入水。
いまい かねひら/今井兼平 83武将(源平期) 自刃 33歳* 1184年03/04-3月4日 0-戦-1184/03/04源義仲が討ち取られた後、太刀の先を口に含んで馬から飛び降りて自害。
たいら の きよつね/平清経 83武将(源平期) 入水 21歳* 1183年04/04-4月4日 0-戦-1183/04/04† 平家一門都落ちののち入水。清経の入水は、平家物語では平家一門の「心憂きことのはじめ」として語られている。
みなもと の ためとも/源為朝 83武将(源平期) 自刃/切腹 32歳* 1170年04/23-4月23日? 0-戦-1170/04/23?/保元の乱伊豆大島に流され、追討を受け自害。最古の切腹とも。
にんかん/仁寛 82僧侶 飛び降り 1114年04/29-4月29日 真言立川流の始祖とされる僧
ふじわら の やすすけ/藤原保輔 81貴族 自刃 0988年08/07-8月7日 平安中期の官人にして盗賊。捕縛された際に自らの腹部に刃した。
さわらしんのう/早良親王 81皇族 絶食 26歳* 0785年11/08-11月8日 藤原種継暗殺事件に連座して捕らえられ、淡路国配流される途上で憤死。
ながやのおおきみ/長屋王 81皇族 服毒 46歳* 0729年03/20-3月20日 0-戦-0729/03/20長屋王の変
やまのべのひめみこ/山辺皇女 81皇族 24歳* 0686年10/25-10月25日 大津皇子の正妃。大津皇子の賜死のあと殉死
こうぶんてんのう/弘文天皇 81皇族/第39代天皇 25歳* 0672年08/21-8月21日 0-戦-0672/08/21壬申の乱。叔父大海人皇子 (第40代・天武天皇) に敗れ自害。
そが の えみし/蘇我蝦夷 81貴族 60歳* 0645年07/11-7月11日 0-戦-0645/07/11大化の改新乙巳の変
やましろのおおえのおう/山背大兄王 81皇族 0643年12/30-12月30日 0-戦-0643/12/30蘇我入鹿との争いの中、一族もろとも自害。
うじのわきいらつこ/菟道稚郎子 81皇族 0312年 記紀に伝えられる古墳時代の人物。応神天皇崩御のあと、異母兄の大鷦鷯尊(おおさざきのみこと)に皇位を譲るために自ら果てたという。大鷦鷯尊は即位して仁徳天皇となった。

その自殺に強い疑義のある者[編集]

ここでは、自殺とされているが強い疑義のある者、またその疑義が広く知られている者について一覧する。

名前 職業/肩書き/地位 手段 没年齢 没年月日 備考/補足/関連
くろき あきお/黒木昭雄 25ジャーナリスト
警察官
練炭 52歳 2010年11/02-11月2日** 遺体発見当日のテレビ・新聞等では自殺と報じられ[72][73][74]千葉県警市原署も自殺と断定したが[75]、その後、かねてより黒木が追跡していた岩手17歳女性殺害事件をめぐって何者かに消された可能性も、と報じられた[75][76][77]。その一方で、黒木の親族は黒木の死を自殺と断定する声明をウェブ上で発表している[78]。詳細は黒木昭雄を参照。
みうら かずよし/三浦和義 51実業家ロス疑惑 首吊り 61歳 2008年10/10-10月10日 旅行先のサイパンで米当局に逮捕され、その後ロサンゼルスに移送。到着した当日、留置所内で首を吊って死亡したとされる。その後三浦の弁護人が「検死の結果自殺ではなく他殺だった」と発表したが、真相は不明のまま。詳細は三浦和義#死亡を参照。
ひで/hide 06ミュージシャン 首吊り 33歳 1998年05/02-5月2日 X JAPANギタリスト。自宅寝室のドアノブにタオルを掛けて首を吊っている状態で発見された。警察は状況証拠から自殺と断定したが、その後の関係者の証言などから不慮の事故ではないかとみなされている。詳細はhide#急逝を参照。
いたみ じゅうぞう/伊丹十三 01俳優映画監督 飛び降り 64歳 1997年12/20-12月20日 週刊誌の不倫疑惑程度で自殺するのはあまりにも不自然で、当時準備していた次回作の内容に絡み、暗殺されたのではないか、などと取り沙汰された。真相不明。詳細は伊丹十三#突然の死参照。
あさき あきよ/朝木明代 60政治家市議会議員 飛び降り 50歳 1995年9/1-9月1日 警察は最終的に自殺と判断して捜査を終了したが今でも根強く他殺説がある。詳細は朝木明代市議転落死事件を参照
なかがわ いちろう/中川一郎 60政治家/国政/現職衆院議員 首吊り 57歳 1983年01/09-1月9日 農林水産大臣で自民党中川派領袖。中川昭一の父。死の状況に疑義があり、根強い他殺説あり。詳細は中川一郎#自殺説と他殺説を参照。
しもやま さだのり/下山定則 68官僚(国鉄総裁) 鉄道 47歳 1949年07/06-7月6日** 出勤途中に失踪、翌日轢死体となって発見された。他殺とも言われるが捜査が打ち切られ迷宮入り。今もって真相不明。詳細は下山事件を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 競輪の児玉広志選手が急死 自殺か デイリースポーツ 2015年8月6日
  2. ^ “競輪・児玉広志選手が自宅で急死 自殺か”. スポーツ報知. (2015年8月6日). http://www.hochi.co.jp/topics/20150806-OHT1T50147.html 2015年8月7日閲覧。 
  3. ^ 「シカゴ」演出吉川徹さん妻が亡くなった時間に自殺 日刊スポーツ 2015年8月3日
  4. ^ “現役トップジョッキー後藤浩輝騎手が自殺”. サンケイスポーツ. (2015年2月27日). http://race.sanspo.com/keiba/news/20150227/etc15022710540007-n1.html 2015年2月27日閲覧。 
  5. ^ “上原多香子さんの夫、TENNさん自殺か”. 読売新聞. (2014年9月25日). http://www.yomiuri.co.jp/culture/20140925-OYT1T50107.html 2014年9月25日閲覧。 
  6. ^ “【理研・笹井氏自殺】遺書で小保方氏気遣う「あなたのせいではない」”. 産経新聞. (2014年8月5日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140805/crm14080521100033-n1.htm 2014年8月5日閲覧。 
  7. ^ “【理研・笹井氏自殺】机などに複数の遺書、5階部分の手すりにひも”. 産経新聞. (2014年8月5日). http://sankei.jp.msn.com/science/news/140805/scn14080513420010-n1.htm 2014年8月5日閲覧。 
  8. ^ “JR北海道の坂本元社長、自殺か 余市港に遺体、付近に車”. 北海道新聞. (2014-1-15 16:46). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/515379.html 2014年1月16日閲覧。 
  9. ^ a b 港に男性遺体、JR北海道・坂本相談役と判明 - 読売新聞 2014年1月15日21:49(JST)
  10. ^ “元JR北海道社長が自殺か 現相談役、余市港で発見”. 共同通信. (2014年1月15日). http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011501001603.html 2014年1月15日閲覧。 
  11. ^ JR北海道の相談役、遺体で発見 北海道・余市港 - 朝日新聞デジタル2014年1月15日21:19(JST)
  12. ^ “寂しすぎる別れ…藤圭子さん 葬儀なし、火葬のみ (2/2)”. 産経新聞. (2013年8月24日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130824/ent13082411310009-n2.htm 2013年8月25日閲覧。 
  13. ^ FNNニュース: 歌手・藤 圭子さん、東京・新宿区のマンションから飛び降り自殺 2013年8月22日
  14. ^ “重賞勝ちの元JRA騎手が首つり自殺”. 東スポWeb. (2013年8月9日). http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/171554/ 2013年8月10日閲覧。 
  15. ^ “ウクレレ漫談の牧伸二さん飛び込み自殺か”. 日刊スポーツ. (2013年4月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130429-1119673.html 2013年4月29日閲覧。 
  16. ^ “牧伸二さん自殺、使途不明金の責任が原因か”. 産経新聞. (2013年5月1日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130501/ent13050107170001-n1.htm 2013年5月10日閲覧。 
  17. ^ “青木芳之騎手が自殺か 95年デビュー35歳”. 日刊スポーツ. (2012年12月27日). http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20121227-1064710.html 2013年8月15日閲覧。 
  18. ^ “塚越元アナウンサー、自殺か”. 産経新聞. (2012年6月27日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120627/crm12062710410005-n1.htm 2012年6月27日閲覧。 
  19. ^ “小島貞博調教師、首つりか 栗東トレセン内で発見”. スポニチAnnex. (2012年1月24日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/01/24/kiji/K20120124002495160.html 2012年1月27日閲覧。 
  20. ^ “小島貞調教師、自殺の真相…プレッシャーと経済的苦境”. 週刊Gallop. (2012年1月24日). http://gallop.sanspo.com/gallop/headline/news/120124/tpc12012415340006-n1.html 2012年1月27日閲覧。 
  21. ^ “競馬:調教師で元騎手の小島貞博さん死亡 自殺か”. 毎日新聞. (2012年1月24日). http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120124k0000m040098000c.html 2011年1月24日閲覧。 
  22. ^ “長瀬弘樹さん自殺か…中島美嘉さんらの歌作曲”. 読売新聞. (2012年1月7日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120107-OYT1T00103.htm?from=main2 2011年1月10日閲覧。 
  23. ^ a b “作詞家の松本礼児さん、自宅で自殺か 全身やけどで死亡、妻がうめき声に気づく”. 産経新聞. (2011年12月19日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111219/crm11121911490005-n1.htm 2011年12月21日閲覧。 
  24. ^ “焼身自殺か…作詞家・松本礼児さん死亡 アイドルに歌詞 作詩大賞で受賞”. スポニチAnnex. (2011年12月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/12/19/kiji/K20111219002274760.html 2011年12月21日閲覧。 
  25. ^ a b “「よいこの黙示録」漫画家の青山景さんが首つり死亡 ツイッターに自殺ほのめかす”. 産経新聞. (2011年10月12日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111012/crm11101212410010-n1.htm 2011年10月12日閲覧。 
  26. ^ “小樽沖の男性遺体、JR北海道社長と確認”. 朝日新聞. (2011年9月18日). http://www.asahi.com/national/update/0918/TKY201109180091.html 2011年9月18日閲覧。 
  27. ^ “JR北海道社長、遺体で発見 社員に残した文書公表”. 日経新聞. (2011年9月18日). http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E3EAE2E3EB8DE3EAE2EBE0E2E3E39191E3E2E2E2 2011年9月18日閲覧。 
  28. ^ “JR北海道社長の遺体発見 小樽市沖、自殺か”. 47NEWS/共同通信. (2011年9月18日). http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091801000275.html 2011年9月18日閲覧。 
  29. ^ “柴野元衆院議員が自殺=詐欺事件の判決当日-自社ビル内で首つる-東京”. 時事通信. (2011年9月5日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201109/2011090500249&rel=j&g=soc 2011年9月5日閲覧。 
  30. ^ “「命をかけて告発」「特捜部のデッチ上げ」…自殺の柴野元衆院議員、本紙に手紙”. 産経新聞. (2011年9月5日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110905/crm11090512200006-n1.htm 2011年9月5日閲覧。 
  31. ^ “孤高の豪腕…伊良部氏自殺の真相”. ZAKZAK/夕刊フジ. (2011年7月29日). http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20110729/bbl1107291235006-n1.htm 2011年7月29日閲覧。 
  32. ^ a b “元ヤンキース投手の伊良部さん死亡、首つり自殺か”. ロイター. (2011年7月29日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22429820110729 2011年7月29日閲覧。 
  33. ^ “伊良部秀輝さん死去 42歳 元阪神、ロス自宅で自殺か”. 産経関西. (2011年7月29日). http://www.sankei-kansai.com/2011/07/29/20110729-055910.php 2011年7月29日閲覧。 
  34. ^ “音楽評論家の中村とうようさん、飛び降り自殺か”. 産経新聞. (2011年7月21日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110721/crm11072118040019-n1.htm 2011年7月21日閲覧。 
  35. ^ 内閣府 参与(ライフリンク代表)清水康之 (2011年7月4日). “政府が取り組むべき自殺対策 〜東日本大震災と5月の自殺者増を踏まえて〜 (PDF)”. 2014年5月6日閲覧。
  36. ^ “リポーター奥山英志さんと確認、公園で自殺か”. 読売新聞. (2011年12月12日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111212-OYT1T00538.htm 2011年12月14日閲覧。 
  37. ^ “日テレ衝撃 病気に耐えきれず…大杉君枝アナ自殺背景”. ZAKZAK/夕刊フジ. (2007年2月3日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_02/g2007020301.html 2011年7月29日閲覧。 
  38. ^ 聖嶽洞穴遺跡問題について / 2004年12月1日発行 会報No.153,p.8掲載 - 週刊文春が掲載した謝罪文の全文が参照可能(日本考古学協会
  39. ^ 捏造証明できず 聖嶽洞穴遺跡で考古学協会 - 共同通信 (2003年10月25日) 2010-02-26 閲覧
  40. ^ 福岡高等裁判所 2004年(平成16年)2月23日 謝罪広告等請求控訴事件 平成15(ネ)534 - 福岡高裁での判決主文。週刊文春はこの判決を不服とし上告したが、最高裁はこれを棄却し週刊文春の敗訴が確定した
  41. ^ 週刊文春謝罪広告 - 判決文全文と詳細
  42. ^ 黒木昭雄 (2000年3月10日). “特集 京都事件現場リポートファイル (log18/25)”. 2010年8月5日閲覧。
    当初警察は、「犯人は13階から飛び降りた」と発表していた。しかしその後の警察発表では「屋上から飛び降りた」に変更された。元警察官でジャーナリストの黒木昭雄は、警察発表に辻褄の合わない点があることを指摘し、犯人自殺に疑義を呈している。
  43. ^ ZAKZAK 新潮45 2002年9月号
  44. ^ 夫の亡骸は床に降ろされた状態で発見された。司法警察は、夫の自殺を発見した妻が彼を床に降ろし、そのあと自らも命を絶ったと推定した[1]
  45. ^ JANJAN 永田町ローバー(14)山崎拓氏が向かい合う歴史
  46. ^ 西日本新聞 岐路・役人たちの水俣病<7>苦悩 良心と職責のはざまで
  47. ^ 実話ナックルズ2004年5月号 - 苫米地英人へのインタビュー記事
  48. ^ 誰か昭和を想わざる 昭和ラプソディ(昭和58年・上)
  49. ^ コトバンク 村上知行
  50. ^ 誰か昭和を想わざる 昭和ラプソディ(昭和51年・上)
  51. ^ 松戸よみうり新聞 私の昭和史
  52. ^ 日本の娯楽史 昭和の娯楽 50年(1975年)
  53. ^ 山村政明遺稿集『いのち燃えつきるとも』大和書房、1971年、ASIN B000J9HKWS
  54. ^ 南アルプス市立春仙美術館 名取春仙 年譜
  55. ^ 誰か昭和を想わざる 昭和ラプソディ(昭和24年7~12月)
  56. ^ a b 自殺データベース (2) 昭和前期の自殺 (1826-1969)
  57. ^ インパール作戦 ひとり自決した水上少将特定非営利活動法人アジア地域戦没者慰霊協会)
  58. ^ JANJAN 平成の時代と人命、憲法と愛国心と捕虜
  59. ^ 明治の探検家 郡司成忠 - 記念碑・墓碑
  60. ^ 『日本映画人名事典 男優篇・下巻』 キネマ旬報社、1996年、766頁。
  61. ^ コトバンク 高根義人
  62. ^ a b 誰か昭和を想わざる 昭和ラプソディ(昭和5年4~6月)
  63. ^ 半藤一利 『聖断 昭和天皇と鈴木貫太郎』 PHP文庫、2006年ISBN 9784569666686、p159。
  64. ^ 誰か昭和を想わざる 昭和ラプソディ(昭和4年7~9月)
  65. ^ コトバンク/森丑之助
  66. ^ 笠原政治 (横浜国立大学) (2002年3月). “文化人類学の先駆者・森丑之助の研究”. 2011年12月22日閲覧。
  67. ^ a b 義愛公伝”. 2011年12月22日閲覧。
  68. ^ 義愛公伝”. 2011年12月22日閲覧。
  69. ^ 早稲田大学 早稲田と文学(藤野古白)
  70. ^ 日本掃苔録 - 加藤直矢
  71. ^ 最上義光歴史館 - 2009-12-14閲覧
  72. ^ “元警察官ジャーナリスト、黒木昭雄さん練炭自殺か”. MSN産経ニュース. (2010年11月2日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101102/crm1011021942027-n1.htm 2010年11月9日閲覧。 
  73. ^ “黒木昭雄さん自殺か 元警察官でジャーナリスト”. 47NEWS/共同通信. (2010年11月2日). http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110201000781.html 2010年11月9日閲覧。 
  74. ^ “ジャーナリスト黒木さん、自殺か=車内に練炭、家族が発見-千葉”. 時事通信. (2010年11月2日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201011/2010110200795 2010年11月9日閲覧。 
  75. ^ a b “ジャーナリスト黒木氏自殺に不審な影「消された可能性も」”. MSN産経ニュース. (2010年11月8日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101108/crm1011081455019-n1.htm 2010年11月9日閲覧。 
  76. ^ “変死警察ジャーナリストに何があったのか 追及していた女性殺害事件との関連性は”. J-CASTニュース. (2010年11月4日). http://www.j-cast.com/2010/11/04079998.html?p=all 2010年11月9日閲覧。 
  77. ^ “警察ジャーナリスト・黒木昭雄氏死亡への不審と、ネットで流れる様々な憶測”. リアルライブ. (2010年11月4日). http://npn.co.jp/article/detail/79673490/ 2010年11月9日閲覧。 
  78. ^ 黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」 - 読者の皆様へ” (2010年11月17日). 2011年8月22日閲覧。

関連項目[編集]