松本侑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松本 侑子(まつもと ゆうこ、1963年6月17日 - )は、日本小説家、エッセイスト、翻訳家

来歴・人物[編集]

島根県出雲市出身[1]島根県立出雲高等学校筑波大学第一学群社会学類政治学専攻卒業。

1985年、テレビ朝日報道製作部に勤め、『ニュースステーション』の初代天気予報担当キャスター、リポーターとして活動。その後1987年「巨食症の明けない夜明け」ですばる文学賞を受賞し、ベストセラーとなる。1988年テレビ朝日を退社、作家活動に専念する。2010年『恋の蛍』で新田次郎文学賞受賞。

小説、エッセイの執筆の他、英米文学からの引用を解き明かした訳注つき全文訳『赤毛のアン』シリーズなど、海外小説の翻訳を手がけている。

エピソード[編集]

  • 1991年湾岸戦争への自衛隊派遣に抗議し、柄谷行人中上健次津島佑子田中康夫らとともに『湾岸戦争に反対する文学者声明』を発表した。
  • 選択的夫婦別姓制度の実現に賛同している。「初婚の際に法律婚をしたが、フリーランス女性にとっては、結婚改姓は極めて大変。新しい戸籍や住民票の写しをたくさん取り、パスポート、運転免許証、銀行、クレジットカード、電話、携帯電話の名義、ネットやプロバイダの名義、ガス、電気、水道の引き落とし口座の名義人、証券会社、不動産、生命保険、健康保険、火災保険、印鑑証明などの処理で半月は仕事にならない。その際に相手が手伝うといいながら手伝わなかったことも相手への不信感にもつながった。また、銀行口座の名義人が変わるので、仕事先に口座が変わった通知をしなければならないこと。会社員なら、自分の会社だけに通知すればいいが、フリーランスは仕事先が50社~70社以上くらいある。それら全部に通知を出しても、相手先の会社がなかなか口座名義人を訂正してくれず、振り込みができずに支払いがなく、経済的な損失も受ける。」といったことを述べている[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『巨食症の明けない夜明け』集英社、1988年,小説 のち文庫
  • 『植物性恋愛』集英社、1988年 小説 のち文庫
  • 『偽りのマリリン・モンロー』集英社、1990年,小説 のち文庫
  • 『別れの美学』角川書店、1991年,失恋論エッセイ集 のち文庫、幻冬舎文庫
  • 『作家以前』集英社、1991年 エッセイ集 のち文庫
  • 『読書の時間』講談社、1991年 読書エッセイ集 のち文庫
  • 『ブドウ酒とバラの日々』角川書店、1993年 エッセイ集 「私が好き」と改題、文庫
  • 『私の本棚』講談社、1993年 読書エッセイ集
  • 『美しい雲の国』小学館、1993年 小説 のち集英社文庫
  • 『ヴァニラの記憶』白泉社、1994年 詩集
  • 『性の美学』角川書店、1995年 性愛論エッセイ集 「愛と性の美学」と改題、文庫、幻冬舎文庫
  • 『花の寝床』集英社、1996年 短編小説集 のち文庫
  • 『罪深い姫のおとぎ話』角川書店、1996年 短編小説集 「グリムアンデルセンの罪深い姫の物語」と改題、文庫
  • 『ロマンティックな旅へ・イギリス編』幻冬舎、1997年 英文学紀行(文庫改題『イギリス物語紀行』)
  • 『ヴァカンスの季節』新潮社、1997年 旅のエッセイ集(双葉文庫改題『やっぱり、旅は楽しい』)
  • 『ロマンティックな旅へ・アメリカ編』幻冬舎、1997年 米文学紀行 「アメリカ・カナダ物語紀行」文庫
  • 『作家になるパソコン術』筑摩書房、1998年 パソコンエッセイ集
  • 『光と祈りのメビウス』筑摩書房、1999年 長編小説 のち文庫
  • 『誰も知らない赤毛のアン~背景を探る』集英社、2000年,エッセイ集
  • 『赤毛のアンに隠されたシェイクスピア』集英社、2001年,文学評論
  • 『性遍歴』幻冬舎、2001年,小説集 のち文庫
  • 『赤毛のアンの今日が幸せになる言葉 Anne makes you happy』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2001年,エッセイ集
    • 『赤毛のアンの幸せになる言葉 人生が輝く生き方』主婦と生活社 2014 (再編集)
  • 『アンの青春の明日が輝く言葉 Anne makes you happy 』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2002年,エッセイ集
  • 『物語のおやつ』WAVE出版 2003年,児童文学に出るおやつのエッセイ集
  • 『引き潮』幻冬舎、2004年,小説集
  • 『ヨーロッパ物語紀行』幻冬舎、2005年,文学紀行エッセイ
  • 『海と川の恋文』角川書店、2005年,長編小説 のち文庫
  • 『赤毛のアンへの旅 秘められた愛と謎』日本放送出版協会、2008年
  • 『私の青春文学紀行』新潮社(とんぼの本)2008
  • 『恋の蛍 山崎富栄太宰治光文社 2009 のち文庫 
  • 『太宰治の愛と文学をたずねて』潮出版社、2011年
  • 『赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行』JTBパブリッシング 楽学ブックス 2013
  • 『神と語って夢ならず』光文社 2013 (隠岐騒動

共著[編集]

  • 『インターネット発見伝』鈴木康之、ジャストシステム、1996年,パソコンエッセイ集
  • 『赤毛のアンの翻訳物語』鈴木康之、集英社、1998年,翻訳エッセイ

翻訳[編集]

  • モンゴメリ『赤毛のアン』集英社、1993年,訳注つき新完訳 のち文庫
  • マリリン・レイノルズ 『ふぶきの道-カナダ』、河出書房新社、1994年,絵本翻訳
  • モンゴメリ『アンの青春』集英社、2001年,訳注つき新完訳 のち文庫
  • キム・レヴィン『どうして猫が好きかっていうとね』竹書房 2002年,フォトエッセイの翻訳
  • L.M.モンゴメリ『アンの愛情』集英社文庫 2008.10
  • 『英語で楽しむ赤毛のアン』対訳・解説・写真 ジャパンタイムズ 2014

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール
  2. ^ 円卓会議リポート

外部リンク[編集]