ラジオパーソナリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラジオパーソナリティradio personality、パーソナリティは「個性」、「タレント」の意)とは、ラジオ番組司会進行する者のことを指す言葉である。

概要[ソースを編集]

主にトークを中心とする番組の司会者のことを指し、音楽の放送を中心とする番組の司会者はディスクジョッキーと呼んで区別するが、両者に明確な相違はない。また、J-WAVEにおいては「ナビゲーター」などと各放送局によってさまざまな社内呼称がある。ただし、3者ともにその役割は、リスナー(聴取者)がハガキFAXメール等を介し番組宛てに寄せた投稿を放送の中で紹介したり、その合間に様々な話題のフリートークを行うこと、番組内に独立したコーナーがある場合に、その案内を行うこと、番組にゲストが登場した場合に聞き手に回ること、さらにそれらを統合して番組の進行を行うことで、ほぼ共通している。有名なラジオパーソナリティとしては、糸居五郎若山弦蔵小林克也八木誠ピーター・バラカン湯川れい子山谷親平バカボン鬼塚日高晤郎らがいる[誰?]

和製英語であり、語源としては、米国において主にFM局などでパーソナリティ名のみを番組名としパーソナリティの個性で番組を運営する「パーソナリティ・プログラム」に由来する。

日本における発祥人物[ソースを編集]

日本において「パーソナリティ」を最初に名乗った人物については、複数の説がある。

オーナー説
1964年に放送開始した『オーナー』(東京放送、現 TBSラジオ)では、パーソナリティを日替わりで3人起用しており、従来のディスクジョッキーや司会以上に個性があるという意味で、アメリカ合衆国から「パーソナリティー」(パーソナリティ)の呼称を導入していた[1]
山谷親平説
1965年に『テレフォン人生相談』(ニッポン放送)で山谷親平が使用したのが最初という説[2]。ただ山谷は、福井放送1956年から1963年まで担当した『お早う皆さん』で既に「パーソナリティ」を名乗っていたとされる[2]。また、『テレフォン人生相談』(ニッポン放送)でも、毎回放送開始時に「パーソナリティは山谷親平さんです」と紹介されていた。他方には山谷について「実質的な意味での日本初のパーソナリティであったのは確かだが、自ら『パーソナリティ』を名乗ってはいない」とする説もある[3]
オールナイトニッポン説
オールナイトニッポン』の喋り手は番組開始当初「DJ」と称されていたが1969年頃には「パーソナリティ」を名乗っていた[4]
中村鋭一説
1971年に開始した『おはようパーソナリティ中村鋭一です』(ABCラジオ)で、中村鋭一が名乗ったのが最初という説。中村は後に「パーソナリティ」を名乗ったきっかけについて、当時米国で「パーソナリティ・プログラム」が人気を博していたことを知った朝日放送の上司が「日本でもパーソナリティ・プログラムといえるような番組をやりたい」と同番組を企画し、当時朝日新聞への出向から戻ったばかりの中村に白羽の矢を立てた、とインタビューに答えている[3][5]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 212ページ 東京放送編『TBS50年史』、東京放送、2002年1月
  2. ^ a b 重盛政史のべしゃり寿司 2007年05月25日のネタ「山谷親平さん(その2)」
  3. ^ a b 『東芝スーパーサウンドグラフィティ The History of the Radio』(ニッポン放送1989年1月1日
  4. ^ 村野まさよし『深夜放送がボクらの先生だった』(実業之日本社
  5. ^ 朝日放送の社史『朝日放送の50年』(2000年)でも、『おはようパーソナリティ中村鋭一です』誕生の経緯として同じ話が紹介されている。

関連項目[ソースを編集]