山谷親平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山谷 親平(やまたに しんぺい、1922年 - 1984年11月28日)は、日本の評論家ラジオパーソナリティ福井県出身。日本において実質的な意味で初のラジオパーソナリティであったと言われている。

ジャーナリスト政治家山谷えり子(戸籍名は小川恵理子、結婚により改姓)は娘。

略歴[編集]

生まれは実母の実家のある福井県あわら市芦原温泉。その後東京で育ち日本大学の法文学部に進み、戦時中には学徒動員を経て1944年(昭和19年)8月、志願して加藤隼戦闘隊(飛行第64戦隊)に配属されたが無事生還。

戦後は産経新聞政治部記者、地元福井県の福井新聞政経部長を経て、1953年(昭和28年)に福井放送に入社し放送部長(現代で言うところの編成部長的役職であったといわれる)に就任。1956年(昭和31年)6月1日より同局で、当時としては画期的だった朝の生番組『お早う皆さん』を開始し人気を博した。後に同局の常務取締役編成局長に昇進した後も1963年(昭和38年)まで番組を継続するが、同年11月に行われた第30回衆議院議員総選挙福井県全県区より立候補するため同局を退社、それに伴い番組も終了。総選挙では落選し、無職となった山谷は自宅を売り払い、家族を連れて東京に移り、やはり地元・福井県に本社がある福井ビニール(現・フクビ化学工業)の東京営業所長となった。

1965年(昭和40年)にはニッポン放送で『テレフォン人生相談』のパーソナリティとなり、「絶望は愚か者の結論なりと申します」の名言などで人気を博す。翌1966年(昭和41年)からは朝のワイド番組『トゥデイ』のパーソナリティに就任。同番組はその後紆余曲折を経て、1973年(昭和48年)に『山谷親平のお早ようニッポン』となり、山谷は亡くなる直前まで同番組のパーソナリティを務め、ニッポン放送の朝の顔ともいえる存在となった。

メディア出演[編集]

ラジオ[編集]

  • お早う皆さん(福井放送)
  • テレフォン人生相談(ニッポン放送)
  • トゥディ(ニッポン放送)
  • 山谷親平のお早ようニッポン(ニッポン放送)

テレビ[編集]

  • リビング4(フジテレビ)
  • 直言苦言(テレビ神奈川)
  • 暮らしのワイド リビング・ポート(テレビ神奈川)
  • 2時の家庭百科(テレビ東京)
  • ミセス&ミセス(日本テレビ)
  • ルックルックこんにちは(日本テレビ)
    • 人生相談コーナーを担当

著書[編集]

  • 愛してふと迷ったときに―あなたの愛と性の悩みにこたえます (海潮社)
  • 大人の情景(永立出版)
  • 朝からいいたい放題―お早ようニッポン傑作選 (サンケイ出版)
  • 女性心理に強くなる法―女ごころのウソ・ホント100のポイント (ダイヤモンド社)
  • 山谷親平の人生相談―いっしょに悩み,いっしょに考える本(産経新聞社)

参考資料[編集]