政治部記者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

政治部記者(せいじぶきしゃ)とは、新聞社、テレビ局などで政治を専門に担当する記者のことである。政治記者政治ジャーナリストとも呼ばれる。

日本における政治部記者[編集]

政治部は国政(国会、首相官邸、政党、中央省庁)を担当し[1]、地方政治は社会部[2]や各支局が担当する。政治部は記者の中でも出世コースとみなされ、政界とのコネクションも身につけられることもあり、後に政治家に転身したり、政治評論家になったりするケースが顕著である。

政治部の新人記者はほとんどが首相官邸の記者クラブに配属され、首相の番記者(首相番)として政治部記者のスタートを切る。首相番になることで政治の動きや政界の人脈を学んでいく。首相番を1、2年経験するとつぎは省庁を1、2年担当し、その後は政党担当になりキャリアを積んでいく[1]

日本経済新聞社の政治部出身の政治ジャーナリストの田勢康弘は「政治の質が落ちていった理由の一つに、政治ジャーナリズムに責任がある」とし、「その原因は政治ジャーナリズムが政治と政界を混同しているために、世間との常識に隔離ができてしまうため」と指摘している。[要出典]

政治部と社会部[編集]

政治家のスキャンダルや汚職事件を取材するのはおもに社会部である[3][4]。そのため社会部と政治部の関係はよくないと言われている[3]。社会部は政治部経由で政治家に情報が漏れるのを防ぐために汚職事件の取材内容は政治部だけには漏らさない[3]。政治部も社会部を政治家との信頼関係を破壊しかねない危うい存在とみなし、政治家へのぶら下がり取材に社会部記者がいるかどうかを気にする[3]

いっぽうで政治部はバランスを考え、政治家をクールな目で見るが、社会部は改革派首長に過大な期待を寄せがちだとする指摘もある[5]

政治部記者から政治家・政治家秘書に転身した人[編集]

政治部記者出身の経営者[編集]

政治部記者から評論家に転身した人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]