政治部記者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

政治部記者(せいじぶきしゃ)とは、新聞社テレビ局などで政治を専門に担当する記者のことである。政治記者政治ジャーナリストとも呼ばれる。

日本における政治部記者[編集]

政治部は国政(国会首相官邸政党中央省庁)を担当し[1]、地方政治は社会部[2]や各支局が担当する。政治部は記者の中でも出世コースとみなされ、政界とのコネクションも身につけられることもあり、後に政治家に転身したり、政治評論家になったりするケースが顕著である。

政治部の新人記者はほとんどが首相官邸の記者クラブに配属され、首相の番記者(首相番)として政治部記者のスタートを切る。首相番になることで政治の動きや政界の人脈を学んでいく。首相番を1 - 2年経験すると次は省庁を1 - 2年担当し、その後は政党担当になりキャリアを積んでいく[1]

政治部記者から政治家・政治家秘書に転身した人[編集]

政治部記者出身の経営者[編集]

政治部記者から評論家に転身した人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新聞にかかわる仕事, p. 43.
  2. ^ 松本 2015, pp. 20-21.

参考文献[編集]

  • 松本創、2015、『誰が「橋下徹」をつくったか -大阪都構想とメディアの迷走』初版第1刷、 140B ISBN 978-4903993232
  • ヴィットインターナショナル企画室(編)、2006、『新聞にかかわる仕事』第1刷、 ほるぷ出版〈知りたい!なりたい!職業ガイド〉 ISBN 978-4593571895

関連項目[編集]