杉尾秀哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗参議院議員 杉尾 秀哉
生年月日 1957年9月30日(58歳)
出身地 日本の旗 兵庫県加古川市
出身校 東京大学文学部社会学科
学位・資格 文学士
前職 TBSテレビ解説専門記者室長
所属委員会 財政金融委員会
議院運営委員会
政治倫理審査会
世襲
選出選挙区 長野県選挙区
当選回数 1回
所属党派 民進党
党役職 民進党長野県総支部連合会副代表
ウェブサイト 杉尾ひでや
テンプレートを表示


杉尾 秀哉
(すぎお ひでや)
生誕 1957年9月30日(58歳)
日本の旗 日本兵庫県加古川市
国籍 日本の旗 日本
教育 東京大学文学部社会学科
職業 TBSテレビ社員
社会部記者
政治部記者
解説委員
解説専門記者室長
活動期間 1980年 - 現在

杉尾 秀哉(すぎお ひでや、1957年9月30日 - )は、日本政治家ジャーナリスト民進党所属の参議院議員(1期)。元TBSテレビ報道局記者解説委員

来歴[編集]

福岡県北九州市門司区出身。船乗りをしていた父親が大病にかかり、神戸市の造船会社に転職、予備校まで加古川市の実家で過ごす。「出身は兵庫県」であるのは、兵庫県に移り住んだのが幼少期で、九州での記憶もないことが理由である。母親は杉尾を産んでから40日で亡くなっており、杉尾がそのことを聞いたのは20歳の時であった。

小学生の頃は病弱だった。吃音があり、矯正学校に通っていたため、人前で話すのは苦手であった。

神戸大学附属明石中学校、1976年[1]兵庫県立加古川東高等学校、1981年、東京大学文学部社会学科卒業。加古川東高では卓球部、放送部に在籍し、東京大学ではアメリカンフットボール部の東大ウォーリアーズで主将を務めた。特に放送部の在籍と経験は、杉尾にとってジャーナリストに関心を持つきっかけとなった。

1981年TBS記者職として入社。TBSへの入社後は、制作センター報道局ニュース部、社会部では警視庁記者クラブ(捜査一、三課を担当)、司法記者クラブキャップ、社会部サブデスクなどを担当、編集部では『JNNニュースコープ』副編集長、政経部平河クラブキャップ(自民党・旧竹下派担当)を担当した。その後、上司からニュースキャスターの打診を受け、1993年4月から荒川強啓の後任で『JNNニュースの森』キャスターを4年半担当。阪神・淡路大震災の発生直後には、被災地であった地元の神戸に赴くとともに、馴染みの街の変わり果てた様子を涙をこらえながら報告していた[2]

1997年10月から外信部デスク兼『サンデーモーニング』のリポーターワシントン支局長としての3年間のアメリカ合衆国大統領選挙取材、『ニュースの森』編集長を経て、2001年10月から『ニュースの森』キャスターを再び担当。選挙開票特番や報道特別番組なども担当するようになった。

2004年9月24日をもって『ニュースの森』を小川知子と共に降板し、TBSテレビ編成制作本部報道局取材センター社会部長(2004年10月1日 - 2006年9月1日)を務めた。

編成制作本部報道局解説・専門記者室解説委員となり、編成制作本部イブニングワイド部担当局次長(2006年9月1日 - 2006年10月1日)、編成制作本部報道局編集センター担当局次長(2006年10月1日 - 2007年7月4日)を解説委員と兼務。

編成制作本部報道局解説・専門記者室解説委員(兼)編成制作本部報道局編集センタースペシャリスト局次長(2007年7月4日 - )[3]。なお、TBS公式サイトでは「TBSテレビ報道局解説・専門記者室長」となっていた。

2015年12月末付でTBSを退社[4]

2016年1月11日、政界引退を表明した北澤俊美の後任として同年夏の第24回参議院議員通常選挙長野県選挙区から民主党(現・民進党)公認で出馬する事を表明[5]。共産党、社民党の推薦も得て7月10日、同選挙で初当選[6]

政策・主張[編集]

  • 永住外国人への参政権付与に賛成[7]
  • 消費税が10%以上になることにどちらかと言えば賛成[7]
  • 憲法に他国のように緊急事態条項をいれるべきだと主張[8]
  • 安全保障関連法を撤回し、専守防衛を堅持することを主張[9]
  • アベノミクスで広がる一方の格差の是正を政策に掲げ、「強者のための政治」から「弱者の側に立つ政治」への転換を求める[9]
  • 選択的夫婦別姓制度に「賛成」[7]。「国民の権利を守りたい」としている[10]
  • 地方再生の問題、老人大国である日本の高齢化社会の問題にも取り組んでいきたい、としている[11]

人物[編集]

  • TBSビデオ問題が明るみ出た当時、『ニュースの森』のキャスターを務めていた。1995年10月19日放送の『ニュースの森』内では当日、日本テレビの昼のニュースで報道された内容に抗議する声明を読み上げている。杉尾は手渡された原稿の断定的表現に不安を覚え、担当デスクに確認を求めたが、結局、抗議は「決定事項」ということで原稿を読み上げることとなったという[12]。杉尾はその後、抗議の取り消しと謝罪を同番組内で行い、検証特別番組「証言」でもキャスターを務めている。
  • 2004年秋に『ニュースの森』を降板して以降は解説委員として、2005年春にスタートした『みのもんたの朝ズバッ!』、2006年秋には特別解説委員として『イブニング・ファイブ』に出演し、主に朝と夕方に出演していたが、2009年に『ひるおび!』が始まってからは、主に朝と昼の出演が多くなった。退社前までは解説専門記者室長(テロップでは「解説室長」と表示されているが)という立場で、多い日で、朝・昼・夕方(『Nスタ』)と3つの時間帯の番組に出演している。
  • 現在は眼鏡をかけているが、元々は眼鏡をかけていなかった。2004年頃から取材などで眼鏡をかけた姿が見られるようになり、『ニュースの森』降板以降は、生放送でも眼鏡姿で出演することが多くなった。
  • 『ひるおび!』で、俳優渡辺謙にインタビューを行った。渡辺謙が杉尾を指名し実現した。二人には阪神ファンと料理好きという共通点がある[13]
  • 『みのもんたの朝ズバッ!』では、東大アメフト部時代の写真が何度か出されたということがあった[14]
  • 極度の高所恐怖症である。2012年5月1日の『みのもんたの朝ズバッ!』は東京スカイツリーからの生放送だったが、杉尾は「すごい迫力です」と言いながら後ずさりし、窓に近づけなかった[15]

過去の出演番組[編集]

上記以外にも緊急の報道特別番組にもメインキャスターやコメンテーターとして数多く出演した。

プロデューサー担当番組[編集]

  • 緊急皇室SP おめでとう紀宮さま プリンセスのご結婚 完全密着全て見せます
  • 皇室スペシャル’06 紀子さまご出産と雅子さま海外静養 特別な夏・美智子さまの願い

主な取材[編集]

報道局社会部

  • 日航機墜落事故

報道局政経部


『JNNニュースの森』キャスター(第一期)

JNNワシントン支局~『JNNニュースの森』編集長

『JNNニュースの森』キャスター(第二期)

『イブニング・ファイブ』

『サンデースコープ』

  • 東日本大震災被災地取材

『週刊BS-TBS報道部』

関連項目[編集]

  • 西野智彦:現TBSテレビ報道局長。杉尾の時事通信社の1年後輩で、TBSには杉尾と同じく中途採用扱いで入社した。ただし、杉尾は時事通信社を1年で退社したため、同社の在籍中に互いが同僚だった時期はなかった。
  • 久和ひとみ:ニュースキャスター。『ニュースの森』で3年間コンビを組んだ。
  • 松原耕二:TBSテレビ記者。杉尾と同じくニュースキャスター経験がある。『ニュースの森』では杉尾の後任を担当。『週刊BS-TBS報道部』では特派記者として共演。現在は、その後継番組『週刊報道LIFE』のメインキャスターを担当している。
  • 三雲孝江:フリーアナウンサー。開票特番や特別番組などでメインキャスターとしてコンビを組むことが多かった。
  • 田丸美寿々:ニュースキャスター。三雲と同じく、開票特番や報道特番でメインキャスターとしてコンビを組むことが多かった。
  • 小川知子:TBSアナウンサー。『ニュースの森』で3年間コンビを組む。
  • 三村申吾:現在の青森県知事で、東京大学時代の同級生。
  • 蓮舫真山勇一:1990年代の夕方6時台のニュース戦争でライバル同士の間柄だった[16]。蓮舫、真山とも杉尾と同じく2016年の参院選で民進党から立候補し当選している。
  • 牧山弘恵:元TBSディレクター、現・民進党参議院議員。TBS時代の同僚だった杉尾の選挙サポートを行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 兵庫県立旧制加古川中学、加古川東高等学校同窓会東京支部のページ 松井支部長(高30回)「東京兵庫県人会誌・インタビュー記事」 2015年9月19日
  2. ^ TBSの顔・杉尾秀哉氏「参院選出馬の理由」(2/3)”. PRESIDENT. プレジデント社 (2016年2月17日). 2016年4月30日閲覧。
  3. ^ 役職名および役職歴は2007年11月9日調査の「日経テレコン21」より引用。番組での肩書は「TBS解説・専門記者室長」。
  4. ^ TBSの杉尾秀哉さんが退社へ 報道番組でキャスター朝日新聞デジタル 2015年12月26日閲覧
  5. ^ 元TBSキャスターの杉尾氏が参院選長野から出馬 民主公認産経新聞 (2016年1月11日). 2016年1月12日閲覧
  6. ^ 杉尾秀哉 参院選2016”. 読売新聞. 2016年7月11日閲覧。
  7. ^ a b c 朝日新聞2016年参院選候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)、(2016年6月23日閲覧)
  8. ^ [1]
  9. ^ a b 公式ホームページ 政策
  10. ^ 参議院選挙キャンペーン 選択的夫婦別姓賛成候補を応援しよう!
  11. ^ 民進党長野県参議院選挙区第3総支部長 杉尾秀哉氏 インタビュー”. 選挙ドットコム. 2016年7月11日閲覧。
  12. ^ 『メディアの始末記 TBSビデオ問題』(原口和久 1998年 新風舎)参考
  13. ^ ケン・ワタナベの魅力”. 日本実業出版社 (2011年8月26日). 2015年3月12日閲覧。
  14. ^ TVでた蔵「2012年1月10日放送 みのもんたの朝ズバッ!」”. ワイヤーアクション (2012年1月10日). 2015年3月12日閲覧。
  15. ^ “スカイツリー隠れた絶景ポイント「地上345メートルの男子トイレ」”. ジェイ・キャスト. (2012年5月1日). http://www.j-cast.com/tv/2012/05/01130840.html?p=all 2012年9月27日閲覧。 
  16. ^ 蓮舫がテレビ朝日ステーションEYE』で、杉尾がTBS『JNNニュースの森』で、真山が日本テレビNNNニュースプラス1』でそれぞれメインキャスターを務めていた。

外部リンク[編集]