加藤清隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 清隆
生誕 (1952-05-18) 1952年5月18日(68歳)
日本の旗 日本長崎県長崎市
国籍 日本の旗 日本
教育 早稲田大学政治経済学部卒業
活動期間 1977 - 現在
肩書き 政治評論家
配偶者

加藤 清隆(かとう きよたか、1952年5月18日 - )は、日本政治評論家

来歴[編集]

1952年長崎市生まれ。長崎県立長崎北高等学校を経て[1]1977年3月に早稲田大学政治経済学部を卒業。同年4月に時事通信社へ入社し、政治部に配属。福田赳夫大平正芳総理番、森喜朗加藤紘一官房副長官番、新自由クラブを担当。1980年、山口支局で主に県政担当。1985年、政治部再異動。山崎拓官房副長官番、後藤田正晴官房長官番、橋本龍太郎幹事長番、自民党竹下派担当。外務省キャップを担当。1994年ワシントンD.C.特派員として主にホワイトハウス国防総省を担当。1997年帰国後、第2次橋本内閣小渕内閣内閣官房キャップ。2000年、政治部次長、2002年、政治部長を歴任。日朝首脳会談に同行し、取材を行う。2004年、整理部長、解説委員を兼任。2006年1月に静岡総局へ異動し総局長となる[2]。2010年7月1日付け人事にて田崎史郎の後任として解説委員長に就任[3]拓殖大学大学院客員教授。2012年5月末に定年退職し、特別解説委員に就任。

2014年9月、特別解説委員を辞任しフリーの政治評論家に転身。理由として、準レギュラーで出演している『たかじんのそこまで言って委員会』の収録で友人である朝日新聞前社長の木村伊量慰安婦及び吉田調書問題で批判するに当たり、会社からの横ヤリを防ぐために辞めたと述べている[4]

出演番組[編集]

現在[編集]

インターネット動画配信[編集]

過去[編集]

レギュラー[編集]

テレビ[編集]

ゲスト[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

寄稿[編集]

  • 「マスコミは日本を亡国に導くな!」『先見経済』2014年1月号(セイワコミュニケーションズ)
  • 「安倍内閣への期待と日本人への提言」『先見経済』2015年3月号(セイワコミュニケーションズ)
  • 「女性宰相誕生は歴史の必然」『月刊WiLL』2012年6月号(ワック、ASIN B007SWLO80)
  • 「わが友、木村伊量社長への「訣別状」」『月刊WiLL』2014年12月号(ワック、ASIN B00OBSQIMQ)
  • 「女性リーダーの時代がやってきた (女性都知事誕生!)」『月刊WiLL』2016年10月号(ワック、ASIN B01H2AIYU8)
  • 「国籍を何と心得る! 髙山正之・加藤清隆」『月刊WiLL』2016年11月号(ワック、ASIN B01IW56WGA)
  • 「米大統領選 鼻つまみ者(もん)と嫌われ者(もん)の戦いだよ 髙山正之・加藤清隆」『月刊WiL』2016年12月号(ワック、ASIN B01LBFWRTO)
  • 「トランプを浮上させた白人の怒り」『月刊WiLL』2017年1月号(ワック、ASIN B000KCI8CU)
  • 「「助けず・教えず・関わらず」韓国には「非韓三原則」でいけ 髙山正之・加藤清隆」『月刊WiLL』2017年2月号(ワック、ASIN B01M28M3IC)
  • 「「習近平よ、お前はクビだ!」がトランプの本音 髙山正之・加藤清隆」『月刊WiLL』2017年4月号(ワック、ASIN B01MU2PVXQ)
  • 「ワイドショーの作り方、教えます 加藤清隆・末延吉正 」『月刊Hanada』2017年9月号(飛鳥新社)
  • 「トランプも安倍も報道被害者 加藤清隆・ケント・ギルバート 」『月刊Hanada』2017年11月号(飛鳥新社)
  • 「「自衛隊は違憲」と言わせるな 安倍首相の真意」『正論』2017年7月号(産業経済新聞社、ASIN B06ZXX954M)
  • 「どうなる総選挙? 安倍首相〝決断〟の裏側」『正論』2017年11月号(産業経済新聞社、ASIN B0742ZCJMW)

出典[編集]

  1. ^ 長崎県立長崎北高等学校同窓会 5回生 加藤清隆さんの講演会のお知らせ(2014年4月)
  2. ^ 講演会なび:加藤清隆 株式会社パワービーンズ
  3. ^ 文化通信 2010年5月31日付
  4. ^ 朝日新聞・木村伊量社長に謝罪を求めた政治評論家・加藤清隆氏、その後「絶交された」ことをTVで告白 トピックニュース 2014年9月22日 14:37

外部リンク[編集]