慰安婦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

慰安婦(いあんふ、위안부、Military Prostitutes)とは、戦地の軍人を相手に売春する施設である慰安所でそれを行った女性であり、1980年代までは主に米軍・国連軍慰安婦の慰安所設置によって生じた用語である。現代では、それを批判する人々の視点から「かつて主に戦地で将兵の性の相手をさせられた女性」との語義で用いられる用語である[1]

現代(21世紀) の広い視点からは、軍用売春宿で働く女性たちは日中戦争太平洋戦争朝鮮戦争[2][3][4][5]ベトナム戦争[6] 及び韓米軍事合同訓練[7]並びにアメリカ軍[8][9][10][11][7]連合国軍[12]及び国連軍[9]の駐留時などに、当時の戦地、訓練地、駐留アメリカ軍基地周辺の基地村[7][13]などでも存在が報告されており、日本軍韓国軍[2][3][11][7][6]、アメリカ軍[9][11][7]および国連軍[9]軍人軍属に対して売春業を行っていた、または行っている女性の総称[14][15]として「慰安婦」という表現が使われることがある。また、従軍慰安婦(じゅうぐんいあんふ)については「従軍慰安婦」という呼称を参照。

目次

概念・呼称[編集]

慰安とは[編集]

一般的に「慰安」とは「心をなぐさめ、労をねぎらうこと。また、そのような事柄」「日頃の労をねぎらって楽しませること」で[16][17]、2016年時点の日本の法令では従業者に対する厚生福利の一部を成す概念として、たとえば以下の規制文書に、この言葉が用いられている[18]

これら同様2016年時点で有効な法規制文書である「昭和10年(1935年5月15日付けの内務省社会局保険部長発各健康保険組合理事長宛通知第339号 保健施設ニ関スル件」によると、保健施設のうち「健康ノ保持以外ノコトヲ主タル目的トスル施設」で「健康祝賀会ノ開催等慰安」を行う施設として「慰安」が用いられている[19]

このように、日本の法令では「慰安」が保険衛生に基づき事業者が従業者に与す厚生福利の一部であり、その会計上の費用細目としても用いられている。一方で、これに関する「慰安婦」については、過去の歴史的経緯から、現在の日本語体系においては、「戦地で将兵の性の相手をする女性のことで性の相手をさせられた女性」という意味が持たされている(「慰安婦」の用語詳細は、日本における呼称の項を参照)。

軍用売春宿(military brothels)[編集]

近現代史において主要各国の軍隊は公認の(Official)売春宿を指定あるいは設置し、公娼制を前提として活用したとされる。これを軍用売春宿と呼ぶことがある。日本軍が活用した軍用売春宿の呼称が「(陸・海)軍慰安所」である。フランスの場合軍用売春宿計画を「キャンディボックス(la boîte à bonbons)」などと婉曲表現した[20]。韓国で発生した国連軍・米軍のための軍用売春宿は「基地村(Camp Town 기지촌 Kijichon)」と呼ばれ、そこで働く女性は「洋公主(Western princess 양공주 Yanggongju)」「UN マダム(유엔마담 UN madam)」などと表現されていた[21]が正式名称は慰安婦(Wianbu 위안부)であった[22][15]

日本における呼称[編集]

日本における戦前の呼称[編集]

日本では古くより遊郭での娼婦遊女、女郎、などと呼び、19世紀後半の日本では国外への出稼ぎ娼婦からゆきさんまた娘子軍とも呼んだ。芸娼妓解放令1872年)や、朝鮮での「娼妓類似営業の取締」(1881年[23])、娼妓取締規則1900年)等では「芸娼妓娼妓」と呼んだ。1909年での日本租借地関東州において日本人女性に対しては娼妓家業を認めず、芸妓・酌婦は黙認したため、関東州満州では「酌婦[24]」と呼ばれた[25]。また1932年、1938年の上海でも「酌婦」が使われている[26]

1932年4月1日の上海派遣軍の軍娯楽場取締規則では、慰安所は「軍娯楽場」、従業員は「接客婦」と表記されている[26]。 1937年には「稼業婦女[24][27]」、軍慰安所従業婦等募集に関する件では「従業婦」ともよばれた。売春を「醜業」と呼ぶ事もあり、1904年の国際条約醜業を行わしむるための婦女売買取締に関する国際協定では「醜業」と表され[28]、1938年の支那渡航婦女の取扱に関する件では「醜業婦(醜業を目的とする婦女)」と表記された。1939年1月17日の第11軍軍医部長会議指示では「特殊慰安婦」、1939年11月14日の在中支森川部隊特殊慰安業務に関する規定で「慰安婦」が使用された[26]。秦郁彦によれば「慰安婦」という語そのものは逐次広まったものであり、一方で公式用語として定着したわけではなかったと指摘している[26]

公娼制下の日本では「芸妓、酌婦、娼妓」の3つに区分したり、1940年頃の中国に渡航する慰安所関係の公文書でも「芸娼妓、女給仲居、女中、酌婦、芸妓」と一括されるなどしており、「慰安婦」の範囲基準は明らかではないが、慰安所に入ったあとに慰安婦と呼びかえられたともいわれる[26]。俗語ではそのほか、戦地の軍人は慰安婦を「ピー」、慰安所を「ピー屋」(prostitute 娼婦の頭文字[11])とも呼んだ[29][30]

終戦後のソ連軍による強姦や暴行に対して、娘を守るために自ら「慰安婦人会[31]」、また「戦勝国民化」した朝鮮人が行った強姦や暴行への対策としても同様に「慰安隊」が海州市で結成されたという証言もある[32]

辞書、事典の記載[編集]

1955年広辞苑初版では慰安婦を「戦地の部隊に随行、将兵を慰安した女」と解説している。1970年代以降になって「従軍慰安婦」問題が社会問題となり[33]、日韓の外交問題にまで発展すると、広辞苑4版(1991年)以後で「従軍慰安婦」項目が登場し、「日中戦争・太平洋戦争期、日本軍将兵の性的慰安のために従軍させられた女性」と記載された。さらに、第5版(1998年) では「日中戦争、太平洋戦争期、日本軍によって将兵の性の対象となる事を強いられた女性。多くは強制連行された朝鮮人女性。」と記述され、この記載に対して谷沢永一渡部昇一らが、史実と異なる記述であり、イデオロギーにもとづく記述は辞書に値しないと批判した[34][35]その後、現行の第6版(2008年)では後半部は「植民地・占領地出身の女性も多く含まれていた」と改訂された。一方で、その第6版では「朝鮮人強制連行」の項目で、「日中戦争・太平洋戦争期に100万人を超える朝鮮人を内地・樺太(サハリン)・沖縄・東南アジアなどに強制的に連行し、労務者や軍夫などとして強制就労させたこと。女性の一部は日本軍の慰安婦とされた。」と記述している。

世界大百科事典第2版(2006年)では「従軍慰安婦」を「十五年戦争期に、戦地・占領地で日本軍の監督下に置かれ、軍人・軍属の性交の相手をさせられた女性。」「その本質は軍性奴隷である」と解説している[36]

大辞林第三版(2006年)では慰安婦を「戦地で日本軍将兵の性の相手となることを強要された女性たち。」と解説[37]

大辞泉2006年では「主に戦地で将兵の性の相手をさせられた女性。」と解説している。

「従軍慰安婦」という呼称[編集]

「従軍慰安婦」という言葉は戦時存在せず、1970年以降に登場した表現である。これに関し、1973年の千田夏光[38]の著書からきた造語と主張されることがあるが、用語としてはそれより以前の1971年8月23日号『週刊実話』の記事「"性戦"で"聖戦"のイケニエ、従軍慰安婦」で使用されている[39]

従軍”という言葉は「軍隊につき従ってともに戦地へ行くこと」を意味するが[40]、この言葉を巡り、藤岡信勝は「『従軍』という用語は、軍属という正式な身分を示す言葉であり、軍から給与を支給されていた」から、従軍看護婦従軍記者従軍僧などとは異なる存在である慰安婦には使うべき用語ではないと主張した[41]。一方で千田夏光は「従軍とは軍隊に従って戦地に行くことであり、それ以上の意味もそれ以下の意味もない」としている[42]。千田は従軍看護婦の主力は「日本赤十字社救護看護婦」で、給与は日本赤十字社から出されていたことや、戦後の軍人恩給で一部の婦長を除き軍属ではないとして恩給対象から外されたことなどを挙げている。軍属かどうかについての当時の資料では、1940年5月7日の閣議決定に基づく「外事警察執行要覧」では、「特殊婦女」(慰安婦)は軍属ではなく、民間人として扱うことと定められている[43]。1968年4月26日、衆議院の社会労働委員会において厚生省の実本博次援護局長は、慰安婦について「一応戦地におって施設、宿舎等の便宜を与えるためには、何か身分がなければなりませんので、無給の軍属というふうな身分を与えて宿舎その他の便宜を供与していた、こういう実態でございます。」と答えている[44]

他方、慰安婦問題を追及する女性団体のなかにも「従軍という言葉は自発的なニュアンスを感じさせる」という批判があり[45]韓国挺身隊問題対策協議会のように「従軍慰安婦という言葉は正しい表現ではない」とし日本軍慰安婦と呼んでいるケースもある[46]

日本政府、NHKの報道などでは「いわゆる従軍慰安婦」という表現も使用される[47]

韓国における呼称[編集]

韓国では、「慰安婦(위안부)」という言葉は、1980年代までは主に米軍・国連軍慰安婦の事を指しており、日本軍慰安婦はほとんど問題になっていなかった。しかし1990年代に日本との問題が大きくなってからは、「慰安婦」という言葉は、日本軍慰安婦に対して使われるようになり、米軍・国連軍慰安婦に対しては使われなくなった[48]

東亜日報の「慰安婦」関連記事数[48]
年度 日本軍慰安婦関連記事数 米軍・国連軍慰安婦関係記事数
1951-55 1件 17件
1956-60 0件 36件
1961-65 0件 56件
1966-70 1件 118件
1971-75 5件 39件
1976-80 0件 20件
1981-85 4件 9件
1986-90 5件 8件
1991-95 616件 3件

挺身隊と慰安婦[編集]

韓国では、国連軍相手の慰安婦が韓国警察や韓国公務員により「挺身隊정신대)」とも呼ばれていたこともあり[7]、「女子挺身隊」との混同から呼ばれてきた「挺身隊」という呼称が一般に定着しており[49][50]韓国挺身隊問題対策協議会は団体名にも使用している。

当時の日本語での「挺身隊」は工場などでの勤労労働に従事する女性を、慰安婦は戦地等での公娼・売春婦を意味し、それぞれ異なるものである[51]が、すでに戦中当時にも朝鮮では両者が混同されていた。太平洋戦争末期の1944年8月、日本内地において12歳から40歳までの未婚女子の日本人女性を工場などへ動員する女子挺身勤労令が出された[52]。朝鮮半島の女子については徴用令も女子挺身勤労令も発令されなかったが、官斡旋の女子挺身隊が内地に向かった[53]

また挺身隊としての動員は「処女供出」とも呼ばれた。[要出典]尹明淑朝鮮語の「処女」とは未婚女性や若い女性を指す総称としている[54]

韓国軍・国連軍慰安婦の呼称[編集]

国連軍を相手とする慰安婦の登録が1961年9月13日に実施されたことを報ずる東亜日報1961年9月14日付

第二次世界大戦後、朝鮮半島は日本統治期より連合軍軍政期に移り、旧日本軍の基地周辺の公娼地区も引き継がれ、娼婦は「洋パン(ヤン・セクシ)」[11]洋公主ko:양공주、ヤンコンジュ、ヤンカルボ)」などと呼ばれた[49][11][12]

朝鮮戦争を背景に、1948年に建国された大韓民国は公式に慰安婦を募集し、正式名称として「特殊慰安隊」と呼び[2][3][12][5]、また尉官将校だった金喜午の証言では陸軍内部の文書では慰安婦は「第5種補給品」(軍補給品は4種までだった)と称されていた[55]韓国陸軍本部編『後方戦史(人事編)』(1956年)では「固定式慰安所-特殊慰安隊」とある。

朝鮮戦争後は、「美軍(アメリカ軍)慰安婦美軍慰安婦)」[9]国連軍相対慰安婦(UN軍相對慰安婦)」[9]挺身隊정신대)・国連挺身隊」[7]とも呼ばれ、「ドルを稼ぐ妖精」「民間外交官」とも[49]

1966年大韓民国大法院の判決文では「慰安婦」を「一般的に日常用語において、売春行為をしている女性」と定義された[56]

また毛布一枚で米軍基地について回るという意味で「毛布部隊」とも呼ぶ[49]ベトナム戦争時は「ディズニーランド」とも呼んでいた。

これら韓国における慰安婦の英語表記はかつては comfort girl だったが[57][58]、近年は comfort woman である[49]。韓国軍・在韓米軍慰安婦は一般に Korean Military Comfort Women と表記される[59][49]。ほかに special entertainerbusinesswomanhostessbar girl とも呼ばれた[60]

また、フィリピン人などの娼婦に対してジューシーガール(juicy girl)、エンタテイナー(entertainer)という言い方もされる[8][61]

英語圏での呼称[編集]

1944年の日本人戦争捕虜尋問レポート No.49では(日本軍)慰安婦("comfort girl")とは軍人のために軍に所属させられた売春婦(prostitute)もしくは「職業的野営随行者」(professional camp follower) と記載されている[62]

1945年5月の The RUSI Journal 第558号に掲載された C.J. Bradford の "Jungle Warfare" では捕虜になった日本人女性2人について「日本軍では“慰安婦”("comfort girls")と呼ばれている」と記述している[63]

1961年に刊行されたJohn Ashmead の『The Mountain and the Feather』では海軍の慰安婦について"Comfort Women""special need personell"と訳している[64]

1977年に松井やよりの「私はなぜキーセン観光に反対するか」(初出:『女・エロス』第2号、1974年)がアメリカの女性学誌に転載された際には comfort girlcomfort women の両様に訳された[65]

近年の英語圏では、「慰安婦」を直訳した Comfort Woman という呼称[66]が一般的である。

慰安婦制度を人権問題や戦争責任問題などとして告発する立場などにおいては、性奴隷の訳語に当たる Sex Slave という表現を使う場合もある(『ジャパンタイムズ』など)。2000年民衆法廷(模擬法廷)女性国際戦犯法廷では日本軍性奴隷と表現された。ニューヨーク・タイムズは日本軍相手の女性達を性奴隷もしくは慰安婦と呼称しているが[67]、アメリカ軍相手の女性達については日本軍の慰安婦とは異なるとして売春婦と呼称している[68]。一方、アメリカ軍や韓国軍慰安婦の当時の韓国政府による公式呼称は慰安婦である[9][11]

吉見義明の著書の英訳はComfort Women:Sexual Slavery in the Japanese Military During the World War IIである[69]

Sex Slaves(セックススレイヴ、性奴隷)という呼称[編集]

日本軍慰安婦については「慰安婦」よりも「性奴隷」と表現する方が適切であると民間人・民間団体が1990年代より主唱しはじめ[要出典]、しばしば海外政府・国連関係者[誰?]により言及されることがある。

1992年2月25日NGO国際教育開発(IED)代表で弁護士の戸塚悦朗は国連人権委員会で日本軍慰安婦問題を取り扱うように要請し、その際、「日本帝国主義の性奴隷(sex slaves)と規定した」と自分が「性奴隷」という言葉を発案したと回想している[70][71]。当初、国連では「性奴隷」という呼称は受入れられなかったが、戸塚は人権委員会の下位にある差別防止少数者保護小委員会(人権小委員会)や、人権小委員会で活動する現代奴隷制作業部会に働きかけた[72]日本弁護士連合会(日弁連)会長(当時)で「慰安婦問題の立法解決を求める会」(1996年12月設立)[73][74]土屋公献も、1992年から日弁連が国連において慰安婦補償を要求するなかで「性的奴隷(Sex SlavesまたはSexual Slavery)」 として扱うように働きかけ[75]、その結果、1993年6月に世界人権会議の「ウィーン宣言及び行動計画」において「性的奴隷制」が初めて「国連の用語」として採用されたとしている[75]。日弁連会長鬼追明夫は「軍事的性的奴隷」とも表現している[76]

1992年に、当時日本軍に暴行されたと名乗り出た[77]オランダ人女性ジャン・ラフ・オハーンは「慰安婦」という言葉は侮蔑であり、自身を「戦時強姦の被害者であり、日本帝国軍の奴隷として強制徴集(conscripted)された」と訴えた[78]

1993年、国連人権委員会の差別防止・少数者保護小委員会「武力紛争下の強姦、性奴隷制および類似慣行に関する特別報告者」の報告者であったリンダ・チャベスは準備文書で「性奴隷制度である」と明記した[79]。ただし、リンダ・チャベスは報告書をまとめることなく1997年に辞任した[80]

1996年に国連人権委に報告されたクマラスワミ報告では日本軍慰安婦制度(公娼制度[81][82])を「Military Sexual Slavery(軍性奴隷制[83])」また「性奴隷制」と明記された[84][85]。西岡力はクマラスワミ報告が吉田清治やジョージ・ヒックスの著作(ヒックスは吉田証言や当時のうわさ話を歴史的な真実として記載している)に依拠していること、そのため、慰安婦を「貧困を原因とする人身売買の被害者」としてでなく日本の国家「権力による強制連行の犠牲者だと決めつけている」と批判している[86]

1997年には日本で証言集『私は「慰安婦」ではない 日本の侵略と性奴隷』が出版された。この中で元慰安婦の万愛花や金順徳、プリシラ・バルトニコ、ピラール・フリアス等がその「戦時性暴力被害」を訴えた[87][78]。上杉聡によれば、支援運動の中では「従軍慰安婦」の代わりに「軍隊慰安婦」「強制軍隊慰安婦」などの名称が提案されており、クマラスワミ報告の「性奴隷」の概念については「継続的な強姦のケース」に当てはまり、到達点としてよいが、「被害者ご本人の気持ちを確かめなければいけない」と述べている[88]

1998年のマクドゥーガル報告書でも「性奴隷制」と表現された。1999年に刊行された戸塚悦朗の本[89]の韓国語訳のタイトルは『私は慰安婦ではない 私は性奴隷だった』であった[78]

戦時性暴力(強姦、強制売春)と慰安婦[編集]

マクドゥーガル報告書では日本軍慰安所レイプ・センター (rape centres) とも表現した。秦郁彦はこの「レイプ・センター」とは、撫順の日本兵戦犯が認罪の過程で「慰安所」を「強姦所」と書き直すように戦犯収容所から強要された表現の英訳ではないかとしている[90]

このほか、民主党、社民党らは日本人慰安婦を除外したうえで戦時性的強制被害者[91]という名称を法案名でも使用している[92]

国際人権活動日本委員会の前田朗ジュネーブで開かれた国連人権促進保護小委員会において20万人もののコリア、中国の女性が日本軍から性労働を強いられたうえに拷問栄養不良などで殺害されたり、爆撃下のたこつぼレイプされた女性もいたとして大量虐殺的強姦という概念を提唱した[93]

公娼制(管理売春)と慰安婦・慰安所の歴史[編集]

国家による管理売春公娼制度といい、慰安婦・慰安所も公娼制の一種として研究されている[94][95][96]

前近代の公娼[編集]

ヨーロッパ[編集]

公娼制度の歴史は古く、古代ギリシアソロンは公共娼家を設立した[97][94]。アテナイの公娼は下級売春婦であったともいう[98]ローマ帝国でも公娼と私娼があり、売買奴隷、捕虜、さらわれた女性や捨て子などが娼婦となり[98]、娼婦登録制や課税等の統制政策[97]や、仲介業者や娼家経営者を規制する法令も出された[97]ジョージ・ヒックスは、ローマ帝国は捕虜女性を性奴隷とし「日本軍と同様の慰安制度」を採用していたと主張している[99]

中世のヨーロッパでは売春は批判されたが、公娼制度は保護され、徴税の対象となった[98]。娼家は登録制で、フランス、イタリア、イギリス、ドイツでは大規模な娼家街があった[97]。アヴィニョンの国営娼家の設置目的は街頭娼婦の追放であった[100]十字軍遠征では「売春婦部隊[98]」・「従軍売春婦」[97]が従軍した。宗教改革以降、売春は罪悪視され、処罰されるようになった[97]が、16世紀にはスペイン軍がオランダ侵攻した際に売春婦が1200人随行したとされ、またドイツで1598年に刊行された軍事教科書では随行売春婦の役割について論じられている[99]

中国[編集]

古代中国の荘王も公娼制を創設しており[94]、捕虜女性が性奴隷になるのは古代中国でも同様であった[101]。中国でも被征服者が公娼となる場合が多く、では征服された国の女性が妓女として皇帝や軍人・官僚を喜ばせた。また金王朝に破れた北宋の女性は強制連行され、洗衣院に入れられ性奴隷とされた。明の初期には前代の元朝の支配層であったモンゴル人女性が後宮に入っている[102]

朝鮮の妓生制度[編集]

平壌にあった妓生学校

朝鮮には中国の妓女制度が伝わったとされる妓生(きしょう、기생、キーセン)制度があった[103]高麗時代に伝わった[103][23]とも、新羅時代の「源花」が発祥とする説もある[104][105]。また、百済遺民で賤民だった楊水尺らが流浪しているのを高麗人李義民が男を奴婢に女は妓籍に登録管理したことに由来するとも[106][107]、百済遺民の女性を飾り立て高麗女楽を習わせたことが発祥ともいわれる[104][108]

妓女制度はもとは宮中の医療や歌舞を担当する女卑として妓生(官妓)を雇用する制度であったが、のちに官吏や辺境の軍人の性的奉仕を兼ねるようになった[109][103]高麗は官妓(女官)として政府直属の掌学院を設立した[106]。李朝時代に妓生は国境守備将兵の慰安婦としても活用され、国境の六ヶ所の「鎮」や、女真族の出没する白頭山付近の4か所の邑に派遣され、将兵の裁縫や酒食の相手や夜伽をし、士気を鼓舞した[110]

高麗から李氏朝鮮末期まで約1000年間、常に2万 - 3万名の妓生がおり、李朝時代には官婢として各ごとに10 - 20名、に30 - 40名、に70 - 80名ほどが常時置かれていた[111]

李氏朝鮮1410年には妓生廃止論がおこるが、反対論のなかには妓生制度を廃止すると官吏が一般家庭の女子を犯すことになるとの危惧が出された[103]山下英愛はこの妓生制度存廃論争をみても、「その性的役割がうかがえる」とのべている[103]。4代国王世宗は、妓生を廃止すると官吏(奉使)が人妻を奪取するという論を認め「奉使は妓をもって楽となす」として妓生制度を公認した[112]李氏朝鮮妓生庁を設置し、ソウルと平壌に妓生学校を設立し、15歳 - 20歳の女子に妓生の育成を行った[106]

李王朝の歴代王君のなかでは9代国王成宗と10代国王燕山君が妓娼をこよなく愛した[113]。とりわけ燕山君は暴君で知られ、後宮に妓娼をたくさん引き入れ、王妃が邪魔な場合は処刑した[114]。燕山君は、全国から美女であれば人妻であれ妾であれ献上させるよう命じ[114]、未婚の処女を「青女」と呼んで選上させたり、各郡の8歳から12歳の美少女を集め、淫した[114]。妊娠した妓生は宮中から追放し、また妓生の夫を調べ上げて斬殺した[114]。燕山君の淫蕩の相手となった女性は万にいたったともいわれ、晩年には万歳山上の月宮に妓生3000余人が囲われた[114]

官卑・奴婢としての妓生

高麗・李朝時代の身分制度では賤民階級としての奴婢七賤があった[115]。七賤とは商人・船夫・獄卒・逓夫・僧侶・白丁巫女ムーダン)のことで奴隷ではなかった[115]。これに対して、奴婢は主人の財産として隷属するもので、七賤には及ばない身分であった[115]奴婢はさらに公賤と私賤があった[116]。奴婢は売買・略奪の対象であるだけでなく、借金の担保であり、贈り物としても譲与された[116]従母法では、奴婢の子は奴婢であり、したがってまた主人の財産であり、自由に売買(人身売買)された[116]。そのため、一度奴婢に落ちたら、代々その身分から離脱できなかった[116]

妓生は官妓だったが、身分は賤民・官卑だった[106][117]。朝鮮末期には妓生、内人(宮女)、官奴婢、吏族、駅卒、牢令(獄卒)、有罪の逃亡者は「七般公賤」と呼ばれていた[107]。婢女は「事実上の家畜」であり、婢女を殺害しても罪には問われなかったとして、林鍾国は「韓末、水溝や川にはしばしば流れ落ちないまま、ものに引っ掛かっている年ごろの娘たちの遺棄死体があったといわれる。局部に石や棒切れを差し込まれているのは、いうまでもなく主人の玩具になった末に奥方に殺された不幸な運命の主人公であった」と述べている[118]。林鍾国は、婢女が主人の性の玩具になった背景には、朝鮮の奴隷制身分制度のほか、当時の「両班は地位が高いほど夫人のいる内部屋へ行くことを体面にかかわるものと考えられたので、手近にいる婢女に性の吐け口を求めるしかなかった」ためとし、若くて美しい官婢が妾になることも普通で、地方官吏のなかには平民の娘に罪を着せて官婢に身分を落とさせて目的をとげることもあったとしている[115]

朝鮮社会では様々な娼婦遊女の形態があり、遊女の総称を蝎甫(カルボ)といい[104][119]妓生も含まれていた[119][120]。また、性的奉仕を提供するものを房妓生・守廳妓生ともいった[106]

  • 妓生は一牌(イルベ)といわれ、妓生学校を卒業後は宮中に出たり、また自宅で客をとったり、30歳頃には退妓し、結婚したり、遣り手や売酒業(実質的には売春業)を営んだ[121]
  • 二牌(イベ)は、殷勤者(隠勤子)といい、隠密に売春業を営んだ女性を指す。一牌妓生崩れがなったという[121]
  • 三牌は搭仰謀利といい、近代化以前は京城に散在していたが、のちに詩洞(シドン)に集められ、仕事場を賞花室(サンファシル)と称して、三牌も妓生と呼ばれるようになった[121]

ほかカルボには仏教寺院で尼僧として売春をおこなった花娘遊女(ファランユニョ)がいる[121]。僧侶が仲介したのは李朝時代に儒教が強大になった結果、僧侶は賤民の地位に落とされ、寄進等も途絶えたためともいう[121]。また昼は曲芸や仮面劇を興行し、夜は売春を行った女社堂牌がおり、男性の男寺堂(ナムサダン)は鶏姦の相手を、女性の女寺堂(ヨサダン)は売春した[121]。社堂(サダン)集団の本拠地も安城の青龍寺という寺院だった[121]

色酒家(セクチュガ)は飯盛女、酌婦で、旅館などで売春を行った[121]。売酒と売春の店舗をスルチビといい、近年でもバーやキャバレーにスルチプ・アガシ(酒場女)、喫茶店(チケット茶房)ではタバン・アガシ(茶房女)、現在でもサウナ房(バン)(ソープランド)や「頽廃理髮所」ともよばれる理髪店でミョンド・アガシ(カミソリ娘)という女性がいる[121]

朝鮮には春画はないとも一部でいわれてきたが、画家申潤福金弘道の「四季春画帖」など性交の場面を描いた朝鮮春画の登場人物はほぼすべて妓生と客であった[122]。川村湊はこうしたエロティックアートで妓生だけが登場人物となった背景に朝鮮儒教があり、「朝鮮儒教の道徳律はたとえ虚構の絵画のなかであっても、淫らなことを行い、性を剥き出しにし、露骨な痴態を示すのは妓生だけでなければならず、人妻や町娘や大奥の女たちが登場している江戸期の浮世絵春画こそ、秩序も抑制も限度もない、放縦で非道徳な不倫行為を勧奨するものに他ならなかったのである。道徳的な春画。これが朝鮮の春画を表すもっともふさわしい言葉かも知れない」と指摘している[123]

政治外交と妓生

燕山君など王が女淫に耽ったため、臣下も風俗紊乱であった[114]川村湊はこの時代を「畜妾、畜妓は当たり前のことであり、妓生の、妓生による、妓生のための政治というべきもの」で、朝鮮は「妓生政治・妓生外交」を行っていたと評し[110]、さらに現在の金氏朝鮮(北朝鮮)が全国から美女を集め「喜び組」と呼んで、気に入った女性を要人の夜伽に供していたことから、金正日は「燕山君などの正統な後継者」と評している[124]

妓生は中国に貢女(コンニョ)つまり貢ぎ物として「輸出」された[110]。高麗時代にはの使いやまた明や清の外交官に対しても供与された[110]。李朝時代でも成宗が辺境の娼妓は国境守備の将兵の裁縫のために置いたものだが都の娼妓は風俗紊乱をもたらしているために妓生制度を廃止したらどうかと提案したところ、臣下は「中国の使臣のために女楽を用いるため妓生は必要です」と妓生の外交的有用性をもって答えたため、成宗は満足して妓生制度を公認している[112]。これらは日本人(倭人)に対しても行われ、1507年の『権発日記』には倭の「野人」にも美しい妓生を供進したと記録されている[110]

川村湊は、朝鮮の中国外交は常に事大主義を貫き、使臣への女色の供応は友好外交のための「安価な代価(生け贄)にほかならなかった」とし、また韓国併合以後の総督府政治もこのような「妓生なくして成り立たない国家体制」を引き継いだものであるとした[110]

近代公娼制の確立[編集]

18世紀のヨーロッパでは売春が盛んになり、私生児も増加したため[125]1724年の『公営売春宿擁護論』では公娼制による解決が主張された[126]のち産業革命期以降のヨーロッパでは公娼政策がとられた[97]。しかし非登録の私娼も多く、1843年頃はロンドンに9万人、パリに3万人、ベルリンに1万人[97]、1860年のロンドンでは30万人の娼婦がいたとされる[98]

性病対策としての近代公娼制

近代公娼制は、性病対策と軍隊慰安によって設置され、フランスで確立し、その後ヨーロッパ、アメリカ合衆国や日本にも導入された[95]ナポレオン軍陸軍大臣ラザール・カルノー娘子軍と男性兵士における風紀の退廃と性病の蔓延について悩んだとされる[94]1802年、フランスで警察による公娼登録が開始された[127]。1828年にはフランス風紀局衛生課が設置され、検診で性病の見つかった娼婦は病院に送られ、治療後、売春業の許可がおりるという体制になった[128]。18世紀末に梅毒が流行し、ナポレオン戦争による大規模の人の移動のため性病がヨーロッパ中にひろがったが、同時に医学研究もすすんだ[129]。プロシアでは一旦廃止されたあと1851年に性病予防のために公娼制度が軍によって再開され[127]、風紀警察が特別に設置された[130]。イギリスはクリミア戦争の際の性病問題に対してイギリス軍の提案[131]で1864年から1869年にかけての伝染病(性病)法によって公娼制度が導入され[127]、警察が娼婦とみなした女性を逮捕し、検診を強制できるようになり、性病に感染していない場合は娼婦(公娼)として正式に登録された[131]。1873年、ウィーン国際医療会議で売春統制を各国共通にするための国際法が提案された[127]

日本の公娼制は年季奉公の一形態として発展し、徳川幕府に認可された遊郭が形成されていた。明治維新後は、1872年のマリア・ルス号事件を契機に芸娼妓解放令人身売買禁止令を出したが、遊郭は人身売買を糊塗した貸座敷制度の中で存続するようになった[132][133]。1880年代国内では遊郭、貸座敷業者、娼妓の数が倍増し、その後1924,5年まで増え続け、軍の連隊駐屯地などに遊郭が新設されている[133]。1900年の大審院判決「娼妓廃業届出書に調印請求の件」 によって自由廃業運動が盛んになり[132]、同年娼妓取締規則が制定。娼妓の年齢を18歳以上とした(従来は15 - 16歳)。1904年に欧州で「醜業を行わしむるための婦女売買取締に関する国際協定」が締結され[28]、1910年には「醜業を行わしむるための婦女売買禁止に関する国際条約」が締結された[28]

1876年に開国した李氏朝鮮の日本人居留地に日本の遊郭も開業し、1881年以降は貸座敷業者と芸娼妓の営業規則が定められ、営業許可証の取得、課税も開始された[23]1885年の京城領事館達「売淫取締規則」によりソウルでの売春業は禁止された[117]。しかし、日清戦争後(1895年以降)は料理店での芸妓雇用が公認(営業許可制)され[117]、釜山、ソウル、鎮南浦等で遊郭が再び形成された[23]

韓国併合以降朝鮮にも公娼制度が導入され[134]、1916年には朝鮮で娼妓年齢下限が内地より1歳低い17歳未満に設定された[117]。 1905年の日露戦争の勝利によって日本が朝鮮を保護国として以降、朝鮮での日本の売春業者が増加した[23][117]。1906年に統監府が置かれ制度が整備されるとともに遊郭、朝鮮人業者も増加した[117][23][135]。1906年に京城に新設された桃山遊郭は龍山駐屯の軍人を見込んで設置されている[136][137]1908年、警視庁は妓生取締令・娼妓取締令を出し、朝鮮の伝統的な売春業である妓生を許可制にし、公娼制に組み込んだ[23]。取締理由は売買人の詐術によって本意ではなく従事することを防ぐためとされた[23](中国)での日本租借地関東州でも1909年に日本人娼妓の営業を禁止されたが、芸妓・酌婦の公娼行為は黙認された[25]。1910年には「日韓併合により、正式に公娼制度が導入された」と秦郁彦は書いている[138]

第一次世界大戦前後には戦争景気で朝鮮京城花柳界は全盛を極めた[117]。一方で、併合初期には朝鮮人女性は妻と詐称し売られていたが、1910年代後半には路上で騙され誘拐される事例が増加し、13歳の少女も検挙された[117]。「曖昧屋」とも呼ばれた小料理店[139][117]に女性を騙して売却するものもいた[140][117]。1920年代には売春業者に売却された朝鮮人女性は年間3万人となり、値段は500円 - 1200円であった[141]。仁川の敷島遊郭の前借金の場合、日本人娼妓が700円 - 2500円であったのに対して朝鮮人は200円 - 700円であった[142]

遊郭業者・女衒の手口

朝鮮では「性経験のない女性がその80パーセントは斡旋先が売春業であることを知らされずに外地に売られた」と金富子は書いている[143]。「忘八」と呼ばれた遊郭業者は[144]、日本でもしばしば就業詐欺を働き、娘を騙して海外に売っている[145]。『廊清』1937年7月号は「女給、ダンサー募集の美名で女性を偽り、北支・上海などに売り飛ばす不届き者がある」と伝えている[146]。維新政府の娼妓解放令の後も「娼妓達が悲惨な籠の鳥であるという実態は変わらず」[147]、悪徳業者にかかると借金の泥沼から抜け出す事ができず、「まさに前借金の名の下に人身売買、奴隷制度、外出の自由、廃業の自由すらない20世紀最大の人道問題(廊清会の内相あての陳情書)に違いない」と秦郁彦は書いている[147]。伊明淑は「元慰安婦51人の内、31名が誘引・就業詐欺によって募集された」という[148]

公娼の廃止に向けた取り組み[編集]

世界の公娼制度は19世紀後半から次々と廃止されるようになった[149]。イギリスは1886年に廃止し、ノルウエー、スエーデン、デンマーク、ニュージーランド、カナダなどが次々と廃止し、1930年までに存続していたのは、日本、オーストラリア、イタリア、スペインなどの国だった[150]。日本においても、1920年代になると廃娼運動が盛んになり、「公娼制度は事実上の奴隷制度である」などの理由により、公娼廃止決議、公娼廃止を決定する都道府県が続出した[151]。しかし政治家と結託した遊郭業者は35年に東京で大会を開き「公娼は我が国体に立脚して神の御威光の下に定められた制度である」と息まき、宮城を遥拝して「天皇陛下万歳」を三唱したという[152][153]。廃娼運動を推進した廊清会の機関誌『廊清』1938,7月号によると、中国に娘子軍をつれていく業者がおびただしい数であるという[154]

廃娼運動は国際条約に結実し、1904年5月に欧州12カ国で「醜業を行わしむるための婦女売買取締に関する国際協定」が、ついで1910年5月に13カ国間で「醜業を行わしむるための婦女売買禁止に関する国際条約」が締約された。国際連盟では規約23条でこれら取決めの一般監視を行うとしたため、1921年9月の第二回国際連盟総会において婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約として再締約された(23カ国)[155]。このさいに日本も条約に加盟したが、すでに娼妓取締規則があり年齢に関する条項(21歳未満を禁止)については留保した。

東南アジアでもマレーのペナンでは1919年に公娼制が廃止され、フィリピンには「公娼制度なし」と報告されており、ラングーンでは1921年に醜業婦禁止条例が公布され、シンガポールでは1888年に性病検査義務を廃止、1929年には一切の売春宿を禁止した[156]。1930年の日本領事館の報告によると公娼制度があるのは、フランス領インドシナと香港、タイのみであった[157]。吉見義明は、東南アジアでは公娼制度を廃止するか縮小し「売春をなくす方向で施策が行われていた」とする[158]

植民地公娼制[編集]

しかしこのような廃娼運動も、植民地においては本国と比較して後れを取った。

1870年代になってジョセフィン・バトラー[159]らの売春婦救済運動(廃娼運動[97])が盛んになり、19世紀末のイギリスやアメリカ合衆国では本国では公娼制が廃止される[97]。しかし、植民地においては存在し続けた(秦郁彦[160]、ヒックス[161]、藤目ゆき[162])。イギリスは1921年婦人及児童ノ売買禁止ニ関スル国際条約に調印しながらも植民地での公娼制は維持された[162]。アメリカ合衆国もフィリピンなどでは、米軍基地目当ての売春宿や性病検診と登録制は1990年代になっても廃止されなかった[162]。秦郁彦は、第二次世界大戦当時の英米では兵士の慰安婦は公娼から私娼中心になっていたが、戦地の現地人娼婦以外では女性兵士や看護婦が代替したと指摘している[163]

植民地の公娼制について藤目ゆきは「植民地においてこそ、帝国主義軍隊の維持がより重大であり、だからこそ公娼制の温存は植民地において本国より重視された」と指摘したうえで、娼家の供給は「貧しい親に売られるのも、だまされて売春を強要されるのも、前借金に縛られ逃げられない状態に置かれたのも、日本人の娼婦に限ったことではない」と指摘している[164]

軍隊による公娼(軍用売春・慰安婦)[編集]

ドイツ兵と戯れるフランス・ブレストの売春婦
連合軍によって制圧されたパリではドイツ人と親密であった女性たちは頭を刈られ服を引き裂かれて引き回された

戦争におけるレイプなどの性暴力については1990年代以降、「戦時性暴力」として研究されている[165][166]。戦争において性暴力は、勝者への褒美、敗者への懲罰、また単なる快楽として行使されてきた[167]。そして、それを防ぐため、軍当局があらかじめ女性を「用意」する例が現れるようになる。

第一次世界大戦時の性暴力と性政策[編集]

第一次世界大戦開戦直後にはドイツ兵によるフランス人女性への強姦が発生し、妊娠した女性の堕胎を認めるべきか論争が起こった[168]。また、第一次世界大戦敗戦後のドイツではライン河左岸を占領した連合軍兵士のなかにモロッコ、チュニジア、アルジェリア、マダガスカル、セネガルなどの植民地兵がおり、1920年代にはアフリカ系兵士によるドイツ人女性の強姦が問題とされた[169]

また、第一次世界大戦の際にはフェミニストのジェーン・トラートンはエジプトのニュージーランド軍を看護するための従軍女性ボランティア団体を組織し、病気に悩む兵士に対して「女が必要なら、病気のないきれいな女を与えなさい」と語っている[170]

第一次世界大戦時の米軍ではアメリカン・プランが推進された。アメリカン・プランとは、米軍の兵営5マイル以内では、どんな女性でも逮捕でき、その女性の市民権を停止することができる軍隊保護法であった[171][172]。市民権を奪われたあと女性に性病感染が発見されると、強制収容され、終戦までに1万5520人の女性が逮捕収監された[172]。この保護法は性病から兵士を保護する目的であり、逮捕収監は合法であったため、兵士で処罰されたものはいない[172]

第二次世界大戦時の性政策[編集]

秦郁彦によれば、第二次世界大戦当時の戦地での性政策には大別して自由恋愛型(私娼中心。イギリス軍、米軍)、慰安所型(日本、ドイツ、フランス[173])、レイプ型(ソ連)の3つの類型があった[174]

自由恋愛型とは英米軍が該当し、私娼中心で公娼制度を公認しないもので、その理由は世論とくに女性からの批判によって公娼制を公認できなかったためとされる[174]。その代わり、現地の娼婦の利用を黙認したが、性病が蔓延したともいわれる[175]。(バトラーらのフェミニズムによる批判や廃娼運動については前述#近代公娼制を参照)。植民地においては慰安所が存在し、また英米軍が占領後に日本軍慰安所を居抜きで使用した場合もある[176]。アメリカ軍もフィリピンなどの植民地慰安所をのぞくと慰安所を設置しなかったが、ノルマンディーに上陸したアメリカ軍が多数のフランス女性をレイプし、性行を行っている姿を見ないで街を歩くことが出来ないほどの状態になったためル・アーヴルでは市長が郊外に慰安所の設置をアメリカ軍指揮官に懇願したがアメリカ軍はこれを拒否している[177][178]

ドイツ軍は国家管理型の慰安婦・慰安所制を導入し500箇所あったといわれ、ドイツと同様の制度を導入した日本軍慰安所は400箇所あったとされる[179]。フランス軍、インド駐留イギリス軍、イタリア軍にも慰安所があったが、慰安婦を現地で募集する場合とそうでない場合とがある(詳細は下記節で述べる)。

日本軍慰安所設置にあたっては性病対策のほか強姦対策もあった[180]が、強姦罪は跡を絶たなかったともいわれる[181][182][183]南京事件では日本軍による虐殺とともに強姦が発生したともされるが、研究者間で確定しておらず論争になっている(南京事件論争を参照)。早尾乕雄『戦場心理の研究』[184][185]によれば1938年の上海では強姦や輪姦が頻発し、南京では「皇軍に強姦されたら、幸運に思え」と怒鳴った隊長[誰?]がいたと報告している[186][187]。日本の内地においては1941年の灯火管制下の治安維持のために戦時犯罪処罰ノ特例ニ関スル法律を制定し、性犯罪の厳罰化が図られた[188]

レイプ型による大規模な被害例[編集]
ソ連軍による戦時性暴力と慰安婦[編集]

ソ連ロシア)では慰安所は設置されていないがレイプが黙認された[189]ヨシフ・スターリンは敵国の女性を戦利品とする「戦地妻」を容認し、「わが軍兵士のふるまいは絶対に正しい」と兵士を鼓舞した[190]。ソ連軍は占領したドイツで集団強姦を広範囲に行い[191][192]、レイプの被害者数はベルリンでは9万5000 - 13万、東プロイセン等では140万人、ドイツ全域で200万人にのぼった[193]。ソ連軍によって監禁された約170名の日本女性が強姦を受け23人が集団自決した敦化事件も起きている。また大古洞開拓団三江省通河県)ではソ連軍による慰安婦提供の要請を受けて、2名の志願慰安婦を提供した事例もある[194]。満州開拓団にソ連軍が進駐した際には兵士の妻でなく単身女性が慰安婦として提供された黒川開拓団や郡上村開拓団の例がある[195]

朝鮮における引揚女性への性暴力[編集]

朝鮮人(朝鮮保安隊)も朝鮮半島吉州郡端川市などでソ連兵とともに非戦闘員の女性引揚者への集団強姦行為をおこなった。強姦により妊娠した引揚者の女性を治療した二日市保養所1946年昭和21年)の記録では、相手の男性は朝鮮人28人、ソ連人8人、中国人6人、アメリカ人3人、台湾人・フィリピン人各1人であり、場所は朝鮮半島が38件と最も多く、満州4件、北支3件であった[196]。1947年に閉鎖されるまで二日市保養所では4,500件の中絶手術が行われた[197]。ヨーコ・カワシマ・ワトキンズの自伝『竹林はるか遠く-日本人少女ヨーコの戦争体験記』でもソ連軍や朝鮮共産党軍に日本の市民が朝鮮半島において暴行・強姦の被害にあったことが記録されている[198]

ほかにも八路軍による通化事件が起きたほか、引揚列車から拉致された女性もいた[199]

各国の軍用売春・慰安婦[編集]

以下、各国の軍隊による公娼について述べるが、記事の分量の都合上、日本軍の公娼(慰安婦)については別節を参照(後述)。

インド駐留イギリス軍[編集]

1893年のインド駐留イギリス軍の売春制度の調査では、利用料金は労働者の日当より高く、また女性の年齢は14 - 18歳だった[200]。当時インドのイギリス軍は、バザールが付属する宿営地に置かれ、バザールには売春婦区画が存在した[200]。主に売春婦カーストの出身で、なかにはヨーロッパから渡印した娼婦もいた[200]。売春婦登録簿は1888年まで記録されている[200]

第二次世界大戦の時代にはイギリス軍は公認の慰安所は設置せずに、現地の売春婦や売春宿を積極的に黙認した[201]。1944年3月の米軍の日系2世のカール・ヨネダ軍曹のカルカッタでの目撃証言では、6の英兵が10歳のインド人少女に乗っている姿が丸見えで、「強姦」のようだったとして、またそうしたことが至るところで見られたという[201]。性病感染率の記録からは、ビルマ戦戦では6人に1人が性病に罹っていた[202]。また、日本軍の慰安所を居抜きで使用したともいわれる[201]

イギリス軍の捕虜になった会田雄次は、英軍中尉がビルマ人慰安婦を何人も部屋に集めて、「全裸にしてながめたり、さすったり、ちょっとここでは書きにくいいろいろの動作をさせて」楽しんでいたという[203]

ドイツ軍[編集]
1941年、ワルシャワポーランド人が連れ去られている様子。後に若い女性は強制的にドイツ軍慰安所へ入れられた。
フランスのブレストで慰安所に入るドイツ軍兵士(1940年)。建物は以前のユダヤ教施設(シナゴーグ)。

ドイツ軍は日本軍と非常に類似した国家管理型の慰安婦・慰安所制を導入し500箇所あった[204]。ドイツ政府は「人道に対する罪時効はない」と宣言し、様々な戦後補償を行なっているが、当時のドイツ軍による管理売春・慰安所・慰安婦問題はそうした補償の対象とはされてこなかった[205]。しかし、日本軍慰安婦問題がきっかけとなり、検討されるようになった[206]。また秦郁彦が1992年に日本の雑誌『諸君![207]で紹介したフランツ・ザイトラー『売春・同性愛・自己毀損 ドイツ衛生指導の諸問題1939-1945』[208]はドイツでも知られていなかったため、当時来日していたドイツ人の運動家モニカ・ビンゲンはドイツに帰国してこの問題に取り組むと語った[209][210]。しかし、2015年2月現在ドイツ政府は国防軍の元慰安婦に対する謝罪を行っていない[211]。ドイツ正規軍将兵用の慰安所(軍用売春宿)以外にも、ナチスドイツでは強制収容所に囚人用の慰安所が存在していた。これに関してクリスタ・パウルが『ナチズムと強制売春』を1994年に[212]、また2009年にはロベルト・ゾンマーが『強制収容所の売春施設:ナチス強制収容所での性的強制労働』を発表した[213]

ドイツ軍将兵用慰安所

ザイトラーの著作によれば、1939年9月9日、ドイツ政府は軍人の健康を守るために街娼を禁止し、売春宿 (Bordell) は警察の管理下におかれ、衛生上の監督をうけ、さらに1940年7月にはブラウヒッチュ陸軍総司令官は、性病予防のためにドイツ兵士のための売春宿を指定し、それ以外の売春宿の利用を禁止した[210]。入場料は2-3マルク、高級慰安所は5マルクだった[210]。なお、ソ連のスターリンは売春を禁止していたため、東方の占領地では売春宿を新設し、慰安婦はしばしば強制徴用されたといわれる[214]

2005年1月、ドイツで放映されたドキュメンタリー番組「戦利品としての女性・ドイツ国防軍と売春 (Frauen als Beute -Wehrmacht und Prostitution)」では、ドイツ軍が1904年、フランス人の売春婦を使い官製の慰安所を始め、後にはポーランドウクライナの女学校の生徒を連行し、慰安婦にしたことを報じた。

強制収容所における囚人用慰安所

ナチス・ドイツ時代の強制収容所には囚人用の慰安所が存在した(慰安所#強制収容所のなかの慰安所を参照)[215]

フランス軍[編集]

フランス軍、特にフランス植民地軍では「移動慰安所」という制度(慣習)があった[216][55]。「移動慰安所」は、フランス語でBordel militaire de campagne、またはBordels Mobiles de Campagne(略称はBMC)と呼ばれ、第一次世界大戦第二次世界大戦インドシナ戦争アルジェリア戦争の際に存在した[217]。移動慰安所はモロッコで成立したといわれ[218]、ほかアルジェリアチュニジアにも存在した[219]。慰安婦には北アフリカ出身者が多かった[216]。現地人女性は防諜上の観点から好ましくないとされた[220]。秦郁彦は、このフランス軍の移動慰安所形式は、戦地で日本軍が慰安婦を連れて転戦した際の形式と似ていると指摘している[216]

米軍[編集]
アメリカの公娼制と売春禁止運動[編集]

アメリカ合衆国では南北戦争時に性病予防のための管理売春を計画し、戦後の1870年にセントルイスでヨーロッパ型の公娼制が導入され[221]、ニューヨーク、シカゴ、シンシナティー、サンフランシスコ、フィラデルフィアでも計画がすすめられた[222]

同時に公娼制度・売買春反対の運動がおこり、1880年代からは純潔十字軍が社会浄化運動を行い[223]、米国純潔連合、米国自警協会、米国社会衛生協会などの組織がつくられ、娼婦を「白人奴隷」と表現し、公娼制度を「白い奴隷制度」とセンセーショナルに報告し、WASPの公共心に道徳的なパニックをひきおこした[224]。またアメリカでは娼婦への反感と人種差別がむすびつき、1875年には世界ではじめて中国人娼婦の入国禁止法を制定し、のちに国籍問わず娼婦の入国を禁止し[225][226]、さらに中国人娼婦を口実に1882年に中国人排斥法が成立し、また日本人娼婦も排斥された[223]。サンフランシスコ労働者党のデニス・カーニーは中国人と日本人排斥運動を行い、1892年5月にサンノゼ市のサンタクララ町で、「(中国人と)同じアジアの奴隷が流れ込んでいる。日本には馬も馬車も何もなく、人間がその代役を勤めている。女は十歳にしていうをはばかる職業に従事するため、政府より許可状をもらう」「日本人には貞操という観念はまったくない。男と女が野獣と同様に無茶苦茶に交合する」などと演説し、日本人娼婦や労働者の排斥を訴え、群衆から拍手で迎えられた[227]。当時のアメリカの売春宿は一般的に最貧地域にあり、黒人、東欧移民が多く、太平洋沿岸では中国人、日本人娼婦がおり、肌の色で区分されることもあり、たとえばサンフランシスコの娼家では最上階は白人娼婦、下の階に中国人、日本人、メキシコ人女性が営業していた[228]。1903年、1907年、1910年と外国人女性を含む娼婦排斥法が厳格化し、1910年のマン法では不道徳な目的による女性の移動が禁止され、さらにあらゆるセックス行為が罪に問われるようになり、紅灯地区は閉鎖され、売買春は地下に潜るようになり、娼婦は公共の売春宿を失ったため、電話、街頭、マッサージ・パーラー、ダンス・ホールなどで客をとるようになり、また経営も組織犯罪シンジケートに移っていった[229]

植民地フィリピンの米軍用売春と公娼制[編集]

アメリカ本国は全国レベルでは公娼制を持たなかったが、植民地で公娼制度を導入した[222]米西戦争でスペインに勝利したアメリカが1898年にフィリピンを占領してからは雨後の筍のように売春宿が蔓延し、また米軍は、現地の娼婦の検診を施したため、宣教師がこれらを訴えた[230]。1902年4月、キリスト教婦人矯風会(WCTU)のマーガレット・エリスがマニラ管理売春や児童買春の実態を報告するなどフェミニズムからの抗議を受け、米国政府は性病検査と検査料金徴収を中止し、健全な娯楽施設、読書室、体育館をかわりに建設するとした[230]。ルーズベルト大統領は現地娼婦と軍との関係を不明瞭にしたが、フィリピン軍政責任者のルート陸軍長官は診断料や診断証明書の料金がなくなっただけと語ったような実情であった[222]。のちにマーガレット・エリスと政府とのあいだで裏取引が発覚しており、その後も米軍慰安所は実質的に存続し、フィリピンで売春街を紅灯街に限定するようにし、性病検査を継続しながらもアメリカ政府が公式に関与していないように努力した[231]

米軍目当ての売春宿と性病検査はその後も第二次世界大戦、ベトナム戦争、1990年代の米軍の一時撤退まで継続し、廃止されることはなかった[232][222]。また、アメリカ人女性、フランス人、イタリア人、ロシア人、ユダヤ人の白人娼婦もボンベイ、シンガポール、サイゴン、香港、上海、ハルビン、マニラなどで就業した[233]

フィリピンの状況はその後も断続的に報告されるが、管理売春反対運動は後退した[234]。理由としては当時のフェミニストは米国の帝国主義と植民地主義を支持していたことがあげられ、矯風会もフィリピン、ハワイ、プエルトリコ領有を支持し、米国が神の目的を実現する救済者国家であると信じていた[234]

ハワイ・中国・占領地での米軍[編集]

アメリカ軍は1941年米陸軍サーキュラー170号規定において、「兵士と売春婦との接触はいかなる場合でも禁止」されたが、実際には買春は黙認されていた[235]。米海軍の根拠地であるハワイでは「組織的売春 (organized prostitution)」が設置され、登録売春宿(慰安所)が設置されていたとされる[236]。1942年に昆明では、フライング・タイガースが性病感染で有名な売春宿のせいで「空軍の半数が飛べなかった」とのセオドア・ホワイトの証言がある[237][238]。1943年夏のシシリー島占領後は、ドイツ・イタリア軍の慰安所を居抜きで利用している[239]。太平洋戦線ではビルマ方面で日本軍の慰安所を参考に売春婦をインドで集め慰安所を設置していた。しかし慰安所について米国国内で論争が発生し、1944年9月には、売春宿(慰安所)の廃止が決定され[236]、1945年4月24日付で「海軍作戦方面における売春について」との通達が米国陸軍高級副官名で出され、同年9月1日に発令された[240]

敗戦後日本における米軍慰安婦と特殊慰安施設協会(RAA)[編集]
横須賀市安浦に設置した慰安所に群がる連合国軍将兵

占領軍による日本の一般女性に対するレイプ事件が予測された為、日本政府は「日本女性の貞操を守る犠牲として愛国心のある女性」(ニコラス・クリストフによる)を募集し、連合軍向けの慰安所を設立し[10]、最盛時には7万人、閉鎖時には55000人の女性が働いていた[241]。占領直後の性的暴行や強姦の件数については確定していないが、藤目ゆきによれば上陸後一ヶ月だけでも最低3500人以上の女性が連合軍兵士によって被害をうけ、その後も1947年に283人、1948年に265人、1949年に312人の被害届けが確認されているがこれらは氷山の一角であり、藤目は占領とは「日本人女性に対する米軍の性的蹂躙の始まり」でもあったと述べている[242]

占領軍の性対策については警視庁が8月15日の敗戦直後から検討し、8月22日には連合軍の新聞記者から「日本にそういう施設があることと思い、大いに期待している」との情報が入った[243]。また佐官級の兵士が東京丸の内警察署に来て、「女を世話しろ」ということもあった[244]。8月17日に成立した東久邇内閣の国務大臣近衛文麿は警視庁総監坂信弥に「日本の娘を守ってくれ」と請願したため、坂信弥は一般婦女を守るための「防波堤」としての連合軍兵士専用の慰安所の設営を企画し、翌日の8月18日には橋下政実内務省警保局長による「外国軍駐屯地に於る慰安施設について」との通達が出された[245]。早川紀代によれば、当時の慰安所は東京、広島、静岡、兵庫県、山形県、秋田県、横浜、愛知県、大阪、岩手県などに設置された[246]。また右翼団体の国粋同盟(総裁笹川良一)が連合軍慰安所アメリカン倶楽部を9月18日に開業している[247]。こうした慰安所は公式には特殊慰安施設協会と称され、英語ではRecreation and Amusement Association(レクリエーション及び娯楽協会, RAA)と表された。しかし、占領軍はRAAだけでは満足できずに、GHQの軍医総監と公衆衛生福祉局長サムス大佐が9月28日に、東京都衛生局防疫課長与謝野光に対して、都内で焼け残った花街5カ所と売春街17カ所に触れながら、占領軍用の女性を世話してくれと要求した[248][241]。また、与謝野光は将校、白人兵士、黒人兵士用の仕分けの相談も応じた[249][241]。またGHQは「都知事の責任において進駐軍の兵隊を性病にかからせてはいけない」と検診を命令し、与謝野はこれを受けて東京都令第一号と警視庁令第一号で性病予防規則を制定し、週一回の強制検診を実施した[241]。1945年12月時点で在日連合軍は43万287人駐屯していた[250]。その後の朝鮮戦争では韓国人女性が慰安婦として集められる(#大韓民国軍慰安婦)とともに、日本人慰安婦も在日米軍基地周辺、また朝鮮半島へも日本人慰安婦が連れて行かれたこともあった[251][252]

1951年9月8日連合国諸国とサンフランシスコ講和条約を締結し[253]、関係諸国との請求権問題を解決し[254]、また同時に在日米軍の駐留が容認された[252]。その後も在日米軍による犯罪は続き、1952年5月から1953年6月の警察資料でも殺人8、過失致死435、強姦51、暴行704など合計4476件の犯罪が報告されており、1954年2月には宇治市大久保小学校4年生の女子児童が強姦されたあとに陰部から肛門まで刃物で引き裂かれる事件が発生し、ほかにも4歳の幼児が強姦され、危篤状態になった事件や、突然狙撃されて死亡した事件などが多発した[252]。1952年の奈良の慰安施設RRセンターでは2500名の慰安婦がいた[252]。日本の運動側には「醜業婦」観があり、、たとえばYWCAの植村環は『婦人公論』(1952年5月号)で「アメリカの寛大な統治を悦び、感謝しており」とする一方で慰安婦たち「卑しい業を廃めさせ」るよう要求したり、「パンパン」を「大方は積極的に外人を追いかけて歩き、ダニのように食いついて離れぬ種類の婦人」と述べたり、「あんなに悪性のパンパンに対しては、白人の方だって、あの位の乱暴は働きたくなりますさ」などと語るなど[255]、売春問題を買う男ではなく売る女性の方を問題としていた[256]

在韓米軍慰安婦[編集]

太平洋戦争後の朝鮮半島においては、連合軍による軍政が敷かれ慰安所、慰安婦ともにアメリカ軍に引き継がれた[8][257]。アメリカの支援を受けて建国された韓国では、朝鮮戦争以降、韓国政府が韓国軍・米軍向けの「特殊慰安隊」を設立した[9][2][258]2002年に韓国の研究者金貴玉が、朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度があったとし、韓国軍は1948年の政府の公娼廃止令に背いて、約3年間不法に公娼を設置・運営していたと発表して以降[259]韓国軍慰安婦の実態調査も開始されたが公文書の閲覧が制限されてもいる。(詳細は本項#大韓民国軍慰安婦参照)。

国連軍による性暴力

朝鮮戦争時には敵国ではない韓国において国連軍がソウル市北部の村で日中、シェパードを連れて女性を捜索し、発見後に強姦に及んだり、またジープにのって民家を訪れ女性を強制連行して性暴力をはたらいたり、韓国人兵士が韓国人女性に性暴力や性拷問をはたらいたといわれ[260]、また性暴力をうけたのは女性だけでなく、10歳位の男子がフェラチオを強要され喉が破裂したこともあった[260]

ベトナム戦争時には、米軍がベトナム人女性がいる軍公認の慰安所を利用していたと米人女性ジャーナリストスーザン・ブラウンミラーが“Against Our Will”(1975年)でルポを書いている。

1960年代の韓国ではアメリカ軍相手の売春が国家を挙げて奨励され、国民総生産の25%を占めていた[261]。娼婦たちは「ドルを稼ぐ愛国者」「真の愛国者」「ドルを稼ぐ妖精」と韓国政府から称賛された[68][13][262]。その後、謝罪と補償を求める女性たちもいるが[68][56]、韓国最高裁は売春である不法行為に基づく損害賠償請求であるとして棄却している[56]

1980年までに韓国における米軍相手の売春を生業としてきた女性は100万人を超えた[263][8][264]。1992年10月には、米兵のケネス・マークル(Kenneth Markle)が米軍クラブの従業員の尹今伊を殺害し、膣にコーラ瓶、肛門には傘が刺され全身に洗濯用洗剤がまかれたままの遺体で見つかるという尹今伊殺害事件が発生し、反米運動にまで発展し、翌1993年には駐韓米軍犯罪根絶運動本部が設置された[260][265]

現在の慰安婦:ジューシーバー[編集]

また近年、韓国でアメリカ軍を相手とするジューシーバーで働くフィリピン女性たちが人身売買の状況下に置かれている問題がある[266]。韓国では売春は違法行為であるがアメリカ軍相手の売春を行っているバーなどは当局の摘発対象外とされている[267]。アメリカ軍相手の売春を強要されているフィリピン女性たちは、フィリピンに進出している韓国企業によって韓国で歌手として働くためと称した募集に応じた女性たちである[268]在韓米軍自身もこれらの女性たちは歌手、ダンサーになることを夢見て韓国に来たが売春を強要されていることを報じている[266]。フィリピン女性たちはヤンキー売春婦、コメで動くチビ茶色のファッキンマシーンなどの軽蔑的な呼称で呼ばれてきた[269]。1000人を超えるフィリピン女性、ロシア女性を米軍基地周辺のクラブで人身売買したとしてクラブ経営者が訴えられることもあったが韓国の裁判官は訴えを却下してきたが[270]、2002年にアメリカのフォックステレビが韓国に人身売買された女性たちが売春を強要されていることを報じると[270]、翌年からは監禁され売春を強要させられていた一部のフィリピン女性への賠償を命じる判決を出したり、フィリピン女性たちを監禁して売春を強制していた経営者に対しては執行猶予社会奉仕の判決を下すケースも存在するようになった[271]。2000年以降、韓国の売春宿に監禁されている外国女性などが多数火事で焼死する事件が相次いでいる[8]。これらの事件の存在は現代の慰安婦と米軍の関係を研究する学者たちの共同論文『Modern-Day Comfort Women:The U.S. Military, Transnational Crime, and the Trafficking of Women』にて公にされている[8]。2009年にアメリカ軍の機関紙である星条旗新聞は、韓国でジュースをクウォーター制で売る女性たちは売り上げ次第で店主から売春を強要させられていることを明らかにしている[266]。これらの状況に対して、フィリピン大使館はフィリピン女性たちが売春を強制されているバーの監視リスト作成したり女性たちの裁判を支援する動きを見せている[272]。2010年、アメリカ国務省は韓国の米軍基地周辺のバーで働く女性達の状況について、現在進行中の人身売買であるとする報告を行っている[266]2012年在韓米軍ジューシーバーで高いドリンク代を支払うことは現代における奴隷制の一つである人身売買業を支援することであるとする動画をYoutubeに投稿した[273][266]

米軍内部における性的暴行問題[編集]

また近年、アメリカ軍内部における性的暴行がアメリカ社会で問題となっており、「軍学校における性的嫌がらせ・性的暴力防止部隊(The Defense Task Force Sexual Harassment and Violence at the Military Service Academies)」が創設され、報告書が出されるなどし、2013年には「軍の信頼回復法」が公布された。

大韓民国軍慰安婦[編集]
韓国・アメリカ軍に捕えられた北朝鮮軍看護婦。捕えられた北朝鮮女性はレイプされたり強制的に慰安婦にさせられることもあった[5]
アメリカ軍(美軍)慰安婦2名が韓国釜山で悲観のあまり自殺したことを報じる1957年7月21日東亜日報

第二次世界大戦後、朝鮮半島は連合軍の軍政下におかれ、1948年8月15日に大韓民国が、同年9月9日に朝鮮民主主義人民共和国が独立する。1950年より南北朝鮮の間で朝鮮戦争が勃発、1953年7月27日に休戦する。この朝鮮戦争中に韓国軍は慰安婦として「特殊慰安隊」を募集している。また韓国はアメリカ合衆国との関係を緊密にし、朝鮮戦争ベトナム戦争では連合軍を形成したため、韓国の慰安所および慰安婦は米軍をはじめとする国連軍(UN軍)も利用した。1996年に韓国慶南大学教授の金貴玉が韓国陸軍本部が編纂した『後方戦史(人事篇)』(1956年)の調査[2][3]で、朝鮮戦争時に大韓民国陸軍が慰安婦を徴集していたことを明らかにしたが、韓国の学会や運動団体からは韓国軍慰安婦は公娼であるし、また「身内の恥をさらすもの」「日本の極右の弁明の材料となりうる」と警告し、韓国国防部所属資料室の慰安婦資料の閲覧は禁止された[55]金喜午大将は韓国軍慰安婦は恥ずかしい軍部の恥部であるが事実であると証言している[5]

その後、新証言なども出され、韓国軍慰安婦のケースでは韓国政府やアメリカ政府による強制があったとされている[68][2][3][274]。朝鮮戦争中に韓国軍に逮捕された北朝鮮人女性は強制的に慰安婦にされることもあった[5]。さらに韓国軍の北派工作員は北朝鮮で拉致強姦により慰安婦をおいていた[3]

韓国軍は慰安婦を「特殊慰安隊」と名付け、慰安所を公式に設置した[55][275]。金貴玉によれば、韓国軍慰安婦の類型には、軍人の拉致、強制結婚、性的奴隷型、昼は下女として働き、夜には慰安を強要されたり、また慰安婦が軍部隊へ出張する事例もあった[55]。特殊慰安隊の設置理由は、兵士の士気高揚、性犯罪予防であり、これは日本軍慰安婦と同様のものであった[55]。計画は陸軍本部恤兵監室が行い[55]、1950年7月には韓国政府は軍作戦識見を米軍を中心とした国連軍に譲渡しており、最終的な承認は連合軍が行ったとされる[55]。韓国政府・軍は慰安婦に対して「あなたたちはドルを得る愛国者」として「称賛」されたという[68]。設置時期は1950年、韓国釜山に韓国軍慰安所、馬山に連合軍慰安所が設置され[12]1951年には釜山慰安所74ヶ所と国連軍専用ダンスホール5ヶ所が設置される[12]ソウル特別市地区には3ヶ所[55]、ほか江陵市春川市原州市束草市にも慰安所が設置された[55]。慰安婦は前線に送られる際には、ドラム缶にひとりづつ押し込めて、トラックで移送し、前線では米兵も利用した[275]。1953年7月27日の朝鮮戦争の休戦にともない各慰安所は1954年3月に閉鎖された[55]が、その後も存続した[49]。金貴玉は当時設置を行った陸軍関係者がかつて日本軍として従軍していたことなどから、「韓国軍慰安所制度は日本軍慰安所制度の延長」としている[55]

朝鮮戦争後も売春斡旋業者による少女誘拐事件が発生している。1956年4月には「売淫ブローカー」によって少女2名が誘拐[276]。また同1956年7月11日の東亜日報は「田舎の処女誘引 売春窟に売った女人検挙」との見出しで、少女を誘拐し売春を強要した容疑で老婆が逮捕されたと報道している。

1959年10月には、慰安婦の66%が性病保菌であることが検査でわかった[277]1961年1月27日、東光劇場で伊淡支所主催の慰安婦向け教養講習会が開かれ、800余名の慰安婦、駐屯米軍第7師団憲兵部司令官、民事処長など米韓関係者が出席、慰安婦の性病管理について交流を行った[278]。同1961年、ソウル市社会局が「国連軍相手慰安婦性病管理士業界計画」を立案、9月13日には「UN軍相対慰安婦」(国連軍用慰安婦)の登録がソウル市警で開始された[279][9]

ベトナム戦争では韓国軍兵士を対象とした売春施設(慰安所)が設置されていたにもかかわらず、韓国軍兵士がベトナム人女性を多数強姦[280]、韓国軍が制圧した地区で殺害されなかった女性は、ほとんど慰安婦にされた[281]。その結果大勢のライダイハン(𤳆大韓)という混血児を置き去りにしたことが米公文書に残されている[282]

朝鮮戦争(朝鮮戦争1950年6月25日-1953年7月27日)に入っても慰安婦を名目とした売春婦の募集と経営が行なわれており(例えば「1961年1月31日東亜日報新聞に『慰安婦教養講習伊淡支署主催』」との記事がある)、休戦後も韓国国内の売春は外貨獲得の手段としてほぼ容認された。

1980年代までは韓国人女性達は、韓国政府やアメリカ人により在韓米軍相手の売春を強制されていた[68]。その後、ロシア人女性やフィリピン人女性達が増加した[12]。朝鮮戦争時に設置された束草の慰安所は休戦後、私娼の集娼地が形成され、1990年代まで軍の慰安所として機能していた[55]1990年代以降の韓国では、アメリカ軍基地の近くでフィリピン人女性達が、韓国人業者により売春を強制されている[283][284]。1990年代中ごろから2002年までに5000人のロシア人やフィリピン人女性達が密入国させられた上で売春を強制させられていた[283][285]2000年代では韓国軍相手の女性達の90%がロシア人やフィリピン人女性などの外国人とされている[274]2009年現在のアメリカ軍基地近接地で売春を強制させられている女性に占めるロシア人女性の比率は減少しているがフィリピン人女性の比率は増加している[284]。なお、韓国では現在は売春は違法行為である[286]

2009年韓国系アメリカ人の元慰安婦らが米軍と韓国政府に対して提訴した(在韓米軍慰安婦問題)。原告の慰安婦らは韓国政府は米軍のためのポン引きだったと批判している[68]

2012年9月にはソウル鍾岩警察署長として風俗街「ミアリテキサス」の取締りを行ったこともある漢南大学警察行政学科教授の金康子はテレビ朝鮮の番組[287]で韓国では生計のために売春業を行う女性たちへの支援制度もなく、また警察力の限界もあるとして限定的な公娼制度を導入すべきと主張した[288]

台湾国民党軍[編集]

1952年から1992年まで「軍中特約茶店」または「軍中楽園」(zh:軍中樂園)、または電話番号から「831」(zh:金門八三一)と呼ばれる慰安所があった。金門島の跡地は「特約茶室展示館」[289]となっている。

シリア反政府軍[編集]

シリア内戦反政府軍を支えるために数百人のチュニジア人女性が慰安婦として従軍している。イスラム戦士の慰安婦になる事は「性のジハード聖戦)」と呼ばれ、配偶者以外の不特定多数の男性と性的関係を持つ事も「性の聖戦」の場合は正当な行為だとされる[290]

日本軍慰安婦[編集]

慰安婦問題[編集]

在韓米軍慰安婦問題[編集]

日本の慰安婦問題[編集]

慰安婦・慰安所の諸相[編集]

以下の記述のうち、特に慰安婦の待遇などについては、慰安所の運営主体や慰安所周辺の戦況、更には個々の事情により、好悪様々な状況があり、一義に語ることは不可能である、よってここでは、証言などにある待遇例の紹介にとどまる。

士気昂揚はもちろん、戦争という事実に伴う避けることの出来ない弊害を未然に防ぐことができるだけでなく、長時間にわたる報われない戦闘によって後方との行き来が絶えているため、この性に対する思いから起こる生理作用による性格の変化などによって鬱病、その他の支障を招くことを予防するために、本特殊慰安隊を設置させた。
陸軍本部軍事監室「後方戦史(人事編)」1956年、148頁[11]

日本軍慰安婦の総数[編集]

その他の人数
  • 朝鮮での公娼の総数は1930年代から1942年までは日本人を含めて約1万人[294]
  • 日本内地の公娼は、第二次上海事変以前の1937年の21万をピークに太平洋戦争初期の1942年には14.5万人に減少したのに対し、中国本土の日本人娼婦は1935年よりも1940年時点では約1.2万人増加している[295][296][297]
  • 日本における挺身隊の結成率は1944年5月でわずか7%であり、挺身隊の結成率があまりにも低かったため、1944年8月の女子挺身勤労令で挺身隊は強制動員になった。1944年以降の12歳以上の生徒や学生の動員は300万人だったという(1940年当時の日本の人口は7,000 - 7,500万)[298]
  • 韓国政府認定の元日本軍慰安婦はすでに亡くなったものを合わせて、2004年には207人[299]、2005年には計215人、内すでに死亡が88人[300]とし、2009年[301]2011年には合計234人としている[302]

韓国軍・アメリカ軍慰安婦[編集]

  • 1945年の日本占領当時は日本女性55,000人であった[10]
  • 韓国陸軍本部が1956年に編纂した公文書『後方戦史(人事編)』によると韓国軍慰安婦は1952年における4小隊に限ったケースだけでも89人の慰安婦が204,560回の行為を行わされていたとされる[2][3]。総数は不明である。1955年のソウル市警察局によると米軍相手の性売買女性は61,833名であり[12]1962年の韓国ではアメリカ兵相手の慰安婦として2万名以上が登録されていた[11][15]
  • ベトナム戦争末期にはベトナムでは30万人から50万人の慰安婦がいた(Cynthia Enloeによる[303][304])。アメリカ陸軍第1師団第3旅団(将兵4000名)ではベトナム女性60人が住み込みで相手した。
  • 1980年代までに100万人超の韓国女性が米軍の相手をした[15]

慰安婦の募集方法[編集]

(※軍の関与・強制性、強制連行の有無の点については論争となっている。詳細は論点の節を参照)

  • 1944年に、当時の朝鮮の最大手の新聞『京城日報』(7月26日付)が「慰安婦至急募集」との紹介業者の広告を掲載。300円(京城帝国大学の卒業生の初任給75円の約4倍に当たる)以上の月収と記載されていた。また 朝鮮総督府の機関紙『毎日新報』(10月27日付)の「軍慰安婦急募集」との紹介業者の広告では行き先は部隊の慰安所であると明記されている。
  • 1992年・1993年の宮澤内閣当時の日本政府の調査報告や「河野談話」においては、「軍当局の要請を受けた慰安所の経営者が、斡旋業者に慰安婦の募集を依頼することが多かった、戦争の拡大とともに慰安婦の必要人数が高まり、業者らが甘言や脅迫等によって集めるケースが数多く、官憲等が直接これに荷担するケースもみられた[305]」と報告されている。ただし、「軍ないし官憲などの公権力による強制連行」を示す資料はなかったが、総合的に判断した結果、一定の強制性があるとしたものであることが1997年の国会での政府答弁[306][307]や河野洋平元官房長官、や石原信雄元官房副長官などによって明らかにされている。
  • ペナン島潜水艦基地司令部に勤務していた井浦祥二郎によれば、軍中央がペナン島に慰安所設置を指示し、各地の司令部が慰安所の管理をおこなった。井浦は「わざわざ女性を戦地にまで連れてきたことをかわいそうだ」と感じ、「そのくらいならば、現地女性を慰安婦として募集した方がよかった」という旨を自著で述べている[308]
  • キム・ムンギル(金文吉)韓日文化研究所(도시과학연구소)所長(釜山外国語大学校日本語科名誉教授)は2015年、日本の「女性のためのアジア平和国民基金」発刊した文章(1997年)から、中国に駐留していた日本軍部隊が主導的に従軍慰安婦を募集したことを証明する文書を発見したと公表した[309]。文書には、「右の者は当隊付属慰安所管理者で、今回慰安婦連行のため歸那(記事原文ママ)した(帰ってきた)。慰安婦は当隊慰安のため是非必要なので、慰安所経営者の渡航に際しては便宜を取りはからうように」という内容が書かれているとされ、キムは「『連行』という表現に注目すべきだ。日本側が教科書で主張する『連行ではない』という表現と食い違うもので、日本はすぐに歴史歪曲の試みをやめなければならない」と述べている[309]

現地への輸送[編集]

日本軍慰安婦
  • 旧日本軍は、業者が慰安婦らを船舶等で現地に送るに際には、彼女らを特別に軍属に準じた取扱いにし、渡航申請に許可を与え、日本政府が身分証明書等の発給を行ったりした。軍の船舶や車両によって戦地に運ばれたケースも少なからずあり、現地に置き去りにされた事例もあったという[305]。1962年の国会において、厚生省(現:厚生労働省)は「慰安婦は、軍属にはなっていないが、敵襲を受けるなどの部隊の遭遇戦で亡くなった場合は戦闘参加者として準軍属の扱いをしているはず」と答弁している[310]
  • 吉見義明によると、地域の状況を問わず、軍の進出に伴い、兵士が存在する地域には慰安所が設置されていったため、慰安婦が前線基地に派遣される場合も多く、そのため、慰安婦が空襲や爆撃の被害を受けたこともあった[311][312]
韓国軍慰安婦
  • 朝鮮戦争中に韓国では、ドラム缶に女性を一人ずつ押し込んでトラックに積んで前線を移動して回っていた[11]

慰安所の管理・運営[編集]

日本国[編集]

  • 小野田寛郎は、1940年前後に商事会社の漢口(現・武漢)支店に勤務していた時代に、朝鮮半島では悪徳詐欺的な手段で女を集めた者がいると言う話をしばしば聞いたという。中国江西省南昌の「慰安所」は連隊本部の守備陣地の一隅に鉄条網で囲まれて営業しており、軍規の維持とゲリラの奇襲攻撃を警戒するため、鉄帽を被り、銃と剣を携えた歩哨らが、慰安所の内部まで巡察し、利用者数の記録を確認したという[29]
  • 安秉直ソウル大学教授によると営業者の半数が朝鮮人であるとしている[313]
  • 陸軍経理学校では慰安所の経営についても講義があったといわれ、陸軍経理学校を卒業した鹿内信隆は「調弁する女の耐久度とか消耗度、それにどこの女がいいいとか悪いとか、それからムシロをくぐってから出て来るまでの、〝持ち時間〟 が、将校は何分、下士官は何分……といったことまで決めなければいけない(笑)。こんなことを規定しているのが「ピー屋設置要綱」というんで、これも経理学校で教わった。」[314][27]と述べている。
  • 産経新聞』紙上の証言として「軍の経理を担当した当時、日本人や中国・朝鮮人の売春業者から兵隊相手の売春宿をやりたいと申し入れが相次ぎ許可した。これが慰安所の始まり。それまで上層部から設置を指示されたことはなかった」(八王子市の94歳男性)、というものがある[315]

韓国[編集]

慰安婦への教養講習が伊淡支署主催で行われていることを報ずる東亜日報1961年1月31日
朝鮮戦争の時代

朝鮮戦争の時代には大韓民国政府も、韓国軍と国連軍のための慰安所を運営した[14]。韓国軍は直接慰安所を経営することもあり、韓国陸軍本部は特殊慰安隊実績統計表を作成していた[2][3]。部隊長の裁量で周辺の私娼窟から女性を調達し、兵士達に補給した[11]。韓国軍によりトラックで最前線まで補給された女性達は、夜になると開店しアメリカ兵も利用したといわれる[11]

朴正煕政権(1963年 - 1979年)

1953年に朝鮮戦争が停戦して以後も慰安所は存続し、1961年1月31日東亜日報では、慰安婦への教養講習が伊淡支署主催で行われたことを報じている。朴正煕政権は性病を規制をする目的として、慰安婦を自治会に所属させ、身元などを正確に把握させた上で相互監視を行わせる教育と管理システムを運営し、自治会長は韓国警察や韓国公務員によって選定されていた[7]1970年代初、アメリカ軍は韓国政府に基地村浄化事業を行うよう要求した[7]1971年8月、吴致成内務長官が各警察署に保健当局と協力して慰安婦の性病予防策を講じ教養を強化するように命令した[14]

モンキーハウス

慰安婦たちの写真や個人情報などはアメリカ軍も管理しており[7]、韓国におけるアメリカ軍相手の慰安婦は性病の疑いをもたれると韓国警察によりモンキーハウス(몽키하우스)と呼ばれる窓に柵のされた施設に留置され強制的に薬を完治するまで飲まされることとなっていた[68]。また、性病に罹患した女性達は治るまでの間は強制的に拘置所に隔離されていたと在韓米軍の性病報告に記録されている[13]。また、病気ではないと証明された場合には犬のようにタグを付けることを強制された[274]

  • 韓国におけるアメリカ軍相手の女性達は容易に行為の相手から見分けがつき易いように番号札をつけることを強制されていた[68]
  • 韓国におけるアメリカ軍相手の女性達は韓国政府から特別な講義をしばしば受け、「真の愛国者」や「ドルを稼ぐ妖精」と称賛されていた[274]。また、韓国政府は女性達に韓国を助けるために来た兵士達が満足するように清潔にしなさいと指導した[274]
全斗煥政権(1980年 - 1988年)
  • 全斗煥大統領による基地コミュニティー浄化キャンペーンが実施されると売春婦とアメリカ兵との関係の発展を目指して、エチケット講義が行われるとともに頻繁に薬物療法が行われるようになった[274]。医師免許を持たない医者達の前で脚を広げることを強制され、抗生物質を打たれて死にいたる女性もいた[274][7]。女性達が逆らうと医者達に暴力を振るわれて監禁されることとなっていた[274]
在韓米軍慰安婦問題
  • 米兵との性的行為を1960年代から1980年代にわたり強制されたとして、当時の韓国政府指導者・韓国政府・米軍を、韓国の元慰安婦のグループが、アメリカの裁判所に告発、損害賠償を求める訴訟を起こした。在韓米軍慰安婦問題参照。

慰安婦の生活状況[編集]

日本軍慰安婦
  • 慰安所が造られた多くの場所は占領地であり、いつでも戦場になる地域だった上に、軍と業者は慰安婦の人身を拘束し逃亡を防止する事に神経を使っていた[316]。連行された少女達は、散歩する区域や時間帯まで細かく管理され、積慶里のように数十軒も連なる慰安所では、通りの出入り口に警備兵が常駐し[317]、憲兵が巡回していた[318][316]
  • 日本軍の元慰安婦らの証言によれば、戦況次第では一日に十人以上の兵士との性行為に従事する場合も少なくなかった。そのような場合に慰安婦に拒否する自由はほとんど与えられておらず、体調にかかわらず兵士の相手をしなければならなかった[319]
  • 元慰安婦の金徳鎮は毎日の慰安の回数が数十回に及んだ結果、「女達の中には性器がひどく腫れあがって出血していた人もいました」と証言している[320][321]。李英淑も「私も軍人を多く相手にすると性器がパンパンに腫れあがりました」と答えている[320]
  • 吉見義明は、慰安婦の状況を「1日数10人などの肉体的に過酷な条件のため、陰部が腫れ上がり、針も通らないようになった」事がたびたび(年数回)あったと書いている[311]
  • 慰安婦との性行為の際には、主として軍が作成した慰安所規程において、避妊具(当時は、「サック」と呼ばれた)の使用が義務づけられていた[[305]4巻,p293]。ただし、元慰安婦らの中には、慰安所での性行為によって妊娠したと訴えている者も存在する。
  • 文玉珠はビルマにおけて、チップが貯まり母親へ何軒も家が建つほどの金額を送金したことや、「週に一度か二度、許可をもらって外出することができた。人力車に乗って買い物に行くのが楽しみだった」「ビルマは宝石がたくさん出るところなので、ルビー翡翠が安かった。(中略)わたしも一つぐらいもっていたほうがいいかと思い、思い切ってダイヤモンドを買った」という現地の状況を証言している[322]
  • 慰安婦の多くは故郷から戦地へと派遣されていた場合が多く、そのような場合は、事実上慰安所から逃亡することはほぼ不可能であった。許可制により外出が認められていた場合はあるが(文玉珠は主計将校と偽の結婚の約束をして、結婚前の準備のため家に帰るとして中国の慰安所から朝鮮の家までの通行許可証を得ることで慰安所を脱走したという[323])、多くの場合、軍機密や安全等の必要から制限を課されていた。また、自らだけの意思で慰安婦を辞めることは事実上不可能であり、辞めることを許されたのは、妊娠後期になったり、精神的疾病を発症して、慰安婦としての任務を遂行できなくなった場合に限られていたのがほとんどであったとする吉見義明の見解もある[311]
  • 日本人戦争捕虜尋問レポート No.49によれば、ビルマのミートキーナーの慰安婦らは、前借金を返済した女性に帰省を命じ、何人かの女性は朝鮮へ帰省した。また、同報告によれば慰安婦らは個室を与えられ、接客を断る自由もあり、週一日は検診のため休日であり、生活は豊かで町へ買い物に行くことも許され、娯楽やスポーツやパーティを楽しみ、また兵士と結婚した慰安婦もいた[324]
  • 1938年から終戦まで中国北部で兵士として服務し、戦後作家になった伊藤桂一は、慰安婦達の相談係のような役目もしたといい、自身が見た慰安婦については「借金を返済し、結婚資金を貯え、結婚の際の家具衣装箱も充分用意していた。」として生活は「かなり恵まれていた」と述べている[325]
  • 日本軍慰安婦の契約期間は前金の額に応じて契約期間は6ヵ月から1年間であった[324]李榮薫は契約期間は通常2年間であったとし、ただし船便が途絶える場合などもあり、相当数の慰安婦は2年間というわけには行かなかったと述べている[11]
敗戦後日本の連合軍慰安婦
  • 敗戦後日本において設置された特殊慰安施設協会(RAA)のうち東京のある慰安所では、和服女性150人をそろえてアメリカ兵を受け入れると初日に47人もの相手をした女性もいた(報酬は2ドル[10])。
韓国軍・米軍慰安婦
  • 韓国におけるアメリカ軍相手の女性達は自殺や中毒により死亡することもあった。
  • 1959年9月の韓国保健社会省の性病保菌実態の報告では、接待婦の15.6%、私娼の11.7%、慰安婦の4.5%、ダンサーの4.4%が罹患していた[11]
  • 1959年10月18日付け東亜日報で、慰安婦の66%が保菌者であると報道される[9]

報酬・料金[編集]

日本軍慰安婦
  • 当時の新聞『京城日報1944年7月26日の慰安婦募集広告では「月収300円以上、前借金3000円可」と記されていた[326]。吉見義明は「人身売買の業者がよく使う騙しの常とう手段」として、ほとんどが文盲であった朝鮮女性が、総督府の御用新聞であった『京城日報』を読んで応募するとは考えられないので、「主として他の業者への呼びかけだったのではないか」と主張している[327]
  • 日本人戦争捕虜尋問レポート No.49によれば、北ビルマのミートキーナの慰安所の慰安婦たちは月平均で1500円の総収益を上げ、750円を前借金の返済にあてた。同報告によれば稼ぎは月に1000 - 2000円、年季は半年から一年で一部は帰還した者もおり、他方、兵士の当時の月給は15円 - 25円であった[328][329]。しかし、この日本人戦争捕虜尋問レポート No.49には、業者が食料、その他の物品の代金を慰安婦に要求したので、「彼女たちは生活困難に陥った」とも書かれており、さらにビルマでは1943年頃から酷いインフレになり小林英夫早大教授によると1945年のビルマの物価は東京の1000倍以上になっており[330]ゆえにこれは戦時中の国外での極端なインフレを考慮しない暴論であると吉見は指摘している[331]
  • 中国漢口の約三十三万人と全兵士の金銭出納帳の調査では、三分の一が飲食費、三分の一が郵便貯金、三分の一が慰安所への支出で、ある日本人慰安婦は「内地ではなかなか足を洗えないが、ここで働けば半年か一年で洗える」と語った[29]。他方、元日本兵杉本康一によると「確かに兵士たちは、高い賃金を払っていたが」ある日出会った少女の慰安婦が「一銭ももらっていません」と聞いているという[332]
  • 吉原で10年間、娼婦をしていた高安やえは、内地(日本)で商売を始めるために、10倍稼げるという理由でラバウルで慰安婦となったといい「一人5分と限り、一晩に200円や300円稼ぐのはわけがなかった」と回想している[333]
  • 宋神道は借金が無かったが朝鮮からの旅費、飲食代などの経費を全て借金として背負わされたという。宋の取り分は4割だったが国防献金など様々な名目で経費が加算され、返すまでに7年近くかかったと証言している[334]
  • 『証言ー強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち』によると、慰安の代価を得たのは、19人の内3人に過ぎなかった[335]
料金体系
  • 李榮薫によれば、日本軍相手の慰安婦の利用料金は兵士と将校には区別があったが、兵士はおおむね1円から2円であった[11][336]。当時の兵士の月給は7円から10円であった[11]。売上金は慰安婦と業者で折半されたが、前借金が多すぎたり、悪徳業者の場合は、首尾よく金を稼ぐことができない場合もあった[11]
  • 日本人戦争捕虜尋問レポートNo.49 によれば中部ビルマにおける平均的な料金体系は、兵士が1円50銭、下士官は3円、将校は5円、将校は20円で宿泊も可能だった。
  • マニラ慰安所では、慰安婦は通常スペイン人とフィリピン人の混血で、利用料金は10 - 20円、日本人・朝鮮人女性は2 - 3円」だった[337][338]:487 [339]
  • スマラン事件(白馬事件)の尋問調書によれば、何人かの女性は報酬を断ったが、受け取った女性はそのお金で自由時間を得ることができた。「将校倶楽部」では、一晩に一人の男性の相手にし、男性が料金として支払った4ギルダーのうち、1ギルダー1セントを受け取り、そのお金で食べ物や衛生用品を購入したとされ、「慰安所日の丸」では、一時間1ギルダー50セントの料金のうち、45セントを受け取ったと慰安婦が証言している[340]
  • からゆきさんの場合[341]、北川サキは10歳で売られ、女衒は前借り300円、渡航費用と食事代と利息で2,000円と称したという[341]。大正中期から昭和前期のボルネオでは、一人2円のうち娼婦の取り分は1/2、その内で借金返済分が1/4、残り1/4から着物・衣装などの雑費10円を出すのに、月20人の客を取る必要があった。「返す気になってせっせと働けば、それでも毎月百円ぐらいずつは返せた」 といい、それは最少で月110人に相当する(フィリピン政府衛生局での検査の場合、週一回の淋病検査、月1回の梅毒検査を合わせると、その雑費の2倍が娼婦負担にさせられていた)。料金は泊まり無しで2円。客の一人あたりの時間は、3分か5分、それよりかかるときは割り増し料金の規定だった(接待時間ではなく、性交労働時間だったと考えられている)。港に船が入ったときは娼館は満員となり、一晩に30人の客を取った時もあった。現地人を客にすることは一般に好まれず、ある程度接客拒否ができたとされる。しかし、月に一度は死にたくなると感想を語り、休みたくても休みはなかったという。日本軍を相手とした場合は兵士が支払った料金の半分以上が女性の手取りとなり、残りが業者のものとなった。
慰安婦の貯金
  • 元慰安婦の文玉珠は、1992年に日本を訪れ、慰安婦時代の1942年から1944年まで2年半の間にビルマで貯めた郵便貯金の払い戻し請求訴訟「軍事郵便貯金訴訟」を行った[342]。文玉珠は6 - 7千円の残高があるはずだと主張し、その後郵便局の調査で1943年6月から1945年9月までの12回の貯金の記録があり、残高が2万6145円であることが判明した[343][344]。当時は5000円で東京で一軒家が購入でき、また千円で故郷の大邱に家が一軒買えたといわれ[345]、この貯金だと東京で家5軒が購入できるほどのものだった[343]。また文は5,000円を朝鮮の実家に送っており[344][11][346]、現在では1億円ほどの価値となる(秦郁彦の計算[346])。また、1942年当時の賄い婦の給与は1ヶ月あたり約11円ほどであり、慰安婦の報酬や貯金総額は平均よりもはるかに高額であった[347]上野千鶴子は、文玉珠の貯金は性交労働の代償でなく、軍人からのお駄賃をため込んだものであり、この訴訟は「名目的な額にしかならない」金銭を要求したものではなく、「道理を求める象徴的な裁判であり、支援者たちにとってもそうであった」と主張している[342]。軍事貯金払い戻し請求訴訟は日韓基本条約で解決済みとして敗訴した[342]
  • 戦時中に木更津から朝鮮までの送金を慰安婦に頼まれたラバウル海軍爆撃隊兵士は、200円を送金したが「山梨県の田舎なら小さな家が一軒建てられる」と思ったと証言している[346]
  • 中国漢口の日本人女性130名と朝鮮人女性150名が在籍していた慰安所では、ある朝鮮人慰安婦がすでに3万円を貯めたが5万円になったら京城で小料理屋をもつことを夢見ているとの彼女の話が司令官に伝わり「なんとたいしたオナゴであるか」として表彰された[11][347]
当時の物価

当時の陸軍大将俸給は年に約6600円、二等兵の給料は年間72円であった[29]。1943年7月時点では二等兵の月給は7円50銭、軍曹が23 - 30円で、戦地手当を含めてもそれらの倍額で、慰安婦の収入の10分の1または100分の1であった[348]中将の年俸は5800円程度であった[349]。当時の貨幣価値を企業物価指数で計算すると1931年時点での100円は現在に換算すると88万8903円、1939年では45万3547円、1942年では34万7751円となり[注釈 1]、3万円の貯金とは現在での約1億3606万円となる[350]。朴一石が経営していた慰安所「カフェ・アジア」は1937年で資本金2000円で開業し、1940年には資本金6万円となっていた[351]。また、日本の大正中期から昭和の第二次大戦前までの物価はほぼ同じレベルにあり、のちに慰安婦が増えた時期と同水準だったといわれる[注釈 2]

慰安婦に対する給与の支払いに軍票という政府紙幣の一種によってなされていた事例もあった。戦地において軍票が大量発行されたため、軍票の価値が暴落しており、慰安婦が受け取る軍票の額面は膨れあがったケースがあった。吉見は「慰安所の開設にあたって最大の問題は、軍票の価値が暴落し、兵たちが受け取る毎月の棒給の中から支払う軍票では、慰安婦たちの生活が成り立たないということであった。」と主張している[311]。また、戦後この軍票に対する日本政府の支払義務が免除されたため、軍票が紙屑同然と価値のなくなったものとなり[352]、払戻しを受けられなくなったケースもあった。

仲介業者による中間搾取や不払い
  • 吉見や尹明淑によれば、現在証言の得られる元慰安婦のほとんどは、慰安婦の直接の雇用主である業者が、慰安婦から「前借金」「衣装代」「食料代」等の名目で給与を天引きしており、慰安婦の手元に渡された給料はほんのわずかというケースが少なくなかった[353]
  • 李榮薫はこうした業者は女衒であったとしている[11]秦郁彦も業者が慰安婦に支払わなかったことや楼主の不払いについて指摘している[352]
  • また、1930年代の朝鮮では人身売買業者が女性や少女を恐喝や嘘をついて勧誘したり、誘拐し、満州や中国に売却する事件が頻発していた(#1930年代の植民地朝鮮における人身売買・誘拐を参照)。
韓国軍・米軍慰安婦

[目次へ移動する]

兵士との関係[編集]

韓国坡州における慰安婦殺害事件(東亜日報1957年5月1日付)
日本軍慰安婦
  • 熊本県の活動家田中信幸は、日本陸軍第6師団の分隊長であった父親が、慰安所に行くことを「楽しい外出」、日本人・朝鮮人・中国人女性を慰安婦として扱うことを「日本、中国、朝鮮を征伐する」と日記に記していたことを、韓国挺身隊問題対策協議会に報告した[354]
  • 近衛師団通信隊員総山孝雄によれば、シンガポール陥落の時、イギリス兵相手だった売春婦たちが自発的に慰安婦に志願したが、予想もしない人数を処理するという彼女らには未経験の種類の過酷な労働だったので、一人が4、5人目でもうできないと言い出し、当番兵が打ち切りを宣言したところ、戦闘が終わった後で列を成して待っていた兵士達が騒ぎだし、怯えた当番兵は、ベッドに縛り付けてそのまま兵士の相手をさせようとしたこともあったという(その次の順番に当たって中に入った兵士(目撃者)が驚いて逃げ帰ったので、その後の情報はない)[355]
  • 元兵士の伊藤桂一は慰安婦らは「ときには性具のように取扱われはしても、そこにはやはり連帯感のつながりがあった。だから、売りものに買いもの、という関係だけではない、戦場でなければ到底持ち得ない、感動のみなぎる劇的な交渉も、しばしば持ち得たのである」と述べ、当時の兵士と慰安婦たちの人間的な交流があったエピソードを紹介している[325]
  • 吉見義明は、兵士から見れば慰安婦は血なまぐさい戦場で、身近の唯一の女性であり、恋愛を含めた心の交流があったと話す場合が多いが、元慰安婦の証言からはそうした状況はまったく違って述べられているという。慰安婦側から見れば、愛想良く対応しないと殴られる、兵士の求めるような形で応対する事で少しでも楽に「仕事」を済ましたい、将校と仲良くなることで少しでも待遇をよくしてもらいたい、という動機であるとしている[312]
  • 1944年の米国戦争情報局心理作戦班報告によればビルマのミートキーナーの慰安所では、日本の軍人からの求婚もあり、実際に結婚したもケースも報告されている[324]。このほか、酒に酔った兵に脅された例、逆に刀を刺してしまった例、無理心中させられそうになった例、慰安婦に頼まれて自由にする金を横領した主計将校など様々な逸話がある[要ページ番号][305]
韓国軍・米軍慰安婦
  • 韓国におけるアメリカ軍への売春を強制されていた女性達はアメリカ兵に残忍に殺害されることや、アメリカ兵によるとされる放火で命を落とすこともあった[274]

[目次へ移動する]

日本軍慰安婦問題の論点[編集]

「慰安婦」訴訟・関連訴訟[編集]

韓国人、中国人などを中心に元日本軍慰安婦であると名乗り出た人々が強制的に慰安婦にされたとして日本国に対し謝罪賠償を求める訴訟、およびそれに関する訴訟が日本、アメリカ合衆国、韓国、フィリピンなどで多数起こされて来た。しかし、時効除斥期間の経過、大日本帝国憲法が定めていた「国家無答責の法理」(官吏が公権力の行使に当たる行為によって市民に損害を加えても国家は損害賠償責任を負わないとする)、「個人を国際法の主体と認めない」などの理由で全て敗訴している。

一方、日本においては慰安婦を強制的に連行したと報道を行ってきた朝日新聞2014年に記事取消を行っている)に対して「ねじ曲げられた歴史を国際社会に拡散させた」、「日本人の尊厳を傷つけて国際社会における客観的評価を下げた。」として訴訟が行われている。

慰安婦問題に関する各国での訴訟
  • 1966年大韓民国大法院は慰安婦として35歳までに得られるはずであった報酬に見合う損害賠償を求めた慰安婦の告訴を棄却[56]
  • 1991年アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件。2004年最高裁で敗訴。
  • 1992年釜山従軍慰安婦・女子勤労挺身隊公式謝罪等請求訴訟(2003年最高裁で敗訴) - この関釜裁判における一審判決(1998年4月27山口地裁下関支部)では、原告らが売春を強制されたことを事実認定し、国の立法義務、立法の不作為を認め、一人あたり30万円の支払いを命じた。しかし、控訴審(2001年3月29日、広島高裁)は一審判決を破棄し、立法行為への規制が司法判断になじまない事、該当事項に関する立法責任が明文化されていない事などを理由に原告側の請求を「全面棄却」。最高裁への上告(2003年3月25日)も棄却、原告敗訴が確定。
  • 1993年4月5日、元慰安婦の在日韓国人宋神道が767億5893万7500円の支払い補償と謝罪を日本国に対して提訴した(在日韓国人元従軍慰安婦謝罪・補償請求事件)。2000年11月30日、東京地裁は請求棄却。2003年3月28日、最高裁判所が上告棄却により原告敗訴確定。
  • 2000年9月、第二次世界大戦中に日本軍慰安婦にさせられたとする在米中国人および韓国人ら女性計15人が、日本政府を相手取って損害賠償請求の集団訴訟をワシントン連邦地方裁判所で起こした。アメリカ合衆国最高裁判所は、2006年2月21日却下の最終判断を下した(#米国での慰安婦訴訟を参照)[356]
  • 2009年8月14日、ソウル行政裁判所日韓請求権並びに経済協力協定によって戦後補償は解決済みと判決。
  • 2010年4月28日、フィリピン最高裁は自国民の日本政府に対する要求について裁判所が行政機関に意見することは出来ないとして請求棄却。また、日本との外交関係を混乱させ地域の安定を損なうとの外務省の判断があったと指摘した[357]。原告の慰安婦たちは、当局に国際司法の場に持ち込むよう要求、また1951年日本国との平和条約は無効とし、アジア女性基金から償い金を受け取り謝罪を受け入れたフィリピン政府を国際法違反と主張した[357]
  • 2011年8月10日、韓国の憲法裁判所が「韓国政府が元慰安婦の賠償請求に関する日韓間の協定解釈の相違をめぐる争いを解決しないことは憲法違反」と判決[358]

[目次へ移動する]

証言の信憑性[編集]

  • 旧日本戦時売春婦の強制の是非に関しては、当時日本国籍であった朝鮮人に対して日本軍または日本政府が売春を強制したとする具体的な物証(客観的な証拠)は、第三国であるアメリカを含めて確認されていない(強制動員の命令者及び各地へ出された命令書、強制動員した実働部隊の行動を示す物証など)[359][360]

強制売春被害者を名乗る彼女達の証言の多くから、複数人による長期間で無差別な強姦があったとの証言が出ているが、これまで混血児問題が1件も発生していない。「日本軍による強制的な不妊手術を受けていた」という証言もある[361][362]。が、具体的な物証がない。

徴用時期と人数[編集]

  • 被害者を名乗る女性達の多くが「徴用によって強制的な売春に従事させられた」と述べている。しかし、当時日本系朝鮮人だった対象者の徴用開始時期は『1944年9月』の国民徴用令からである(それ以前1942年に出された官斡旋は強制でなくまた未成年女性を対象にしていない)。しかし強制被害者を主張する証言の殆どは、この徴用時期以前からの徴用による売春の強制を証言しており、中には証言内容をたびたび変更する者や、年齢から逆算した地域が西欧植民地支配地域であった者、さらには年齢さえ矛盾する者もある。また、その一方で韓国人の関与を示唆する発言は無視される傾向にある。例えば「日本人も悪いが、その手先の役割をした韓国人がさらに憎い。韓国政府も、われわれに補償を行うべきだ」とした発言は、議論も検証されずに埋没している[363]

慰安婦を描いた作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2005年基準の企業物価指数664.9で当時の企業物価指数を割って算出。1931年の企業物価指数は0.748で換算倍率は601.18倍。1939年の企業物価指数は1.466で倍率は453.54倍。1942年の企業物価指数は1.912で倍率は347.75倍。日本銀行過去の貨幣価値を調べる 国会図書館
  2. ^ 日本の円の価値は、この時期は安定していたが、ブロック経済又は満州事変と前後して急低下して日華事変の頃まで6割のレベルが続き、欧州戦争開始以後さらに低下している。ただし米価は上下変動があり、第二次上海事変からとくに欧州戦争が始まってから大きく上昇が始まる。

出典[編集]

  1. ^ 大辞泉2006年
  2. ^ a b c d e f g h i “朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度 韓国の研究者発表”. 朝日新聞. (2002年2月24日). オリジナル2002年2月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20020223225519/http://www.asahi.com/national/update/0223/028.html 2010年3月9日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h 미니 인터뷰‘한국군 위안부’문제 제기한 김귀옥 박사 “밝혀진 건 퍼즐의 일부”(ミニインタビュー '韓国軍慰安婦'問題提起キム・グィオク博士 "明らかになったのは、パズルの一部") Archived 2011年10月6日, at the Wayback Machine.日曜時報 2002年3月26日323号(朝鮮語)
  4. ^ “李栄薫ソウル大教授「従軍慰安婦は売春業」”. 朝鮮日報. (2004年9月3日). オリジナル2008年2月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080201100354/http://www.chosunonline.com/article/20040903000051 2010年3月9日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 한국군 '특수위안대'는 사실상의 공창 창간 2주년 기념 발굴특종 한국군도 '위안부' 운용했다 (2)(韓国軍'特殊慰安隊'は事実上の公娼 創刊2周年記念発掘特集 韓国軍も'慰安婦'運用した (2))” (韓国語). オーマイニュース. (2002年2月26日). http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000067635 2010年3月9日閲覧。 
  6. ^ a b 「韓国軍が慰安所設置」 ベトナム戦争時 米公文書に記述”. 産経新聞(2015.3.29). 2015年3月29日閲覧。 web魚拓
  7. ^ a b c d e f g h i j k ‘皆さんはドルを稼いでくれる愛国者です’証言を通じて “基地村の隠された真実” 続々と明らかに(‘여러분은 달러를 벌어주는 애국자입니다’증언 통해 “기지촌의 숨겨진 진실” 속속 드러나Ilda 2008/12/15(朝鮮語)
  8. ^ a b c d e f Donna Hughes, Katherine Chon, Ellerman Ellerman (2007). Modern-Day Comfort Women:The U.S. Military, Transnational Crime, and the Trafficking of Women. ロードアイランド大学. p. 4. オリジナルの2013年9月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130928003249/http://www.uri.edu/artsci/wms/hughes/modern_day_comfort_women.pdf. 
  9. ^ a b c d e f g h i j “東亜日報慰安婦掲載一覧” (韓国語). 東亜日報. http://ws.donga.com/fbin/kisaIdx?word=%EA%D0%E4%CC%DC%FE 2010年3月9日閲覧。 
  10. ^ a b c d e “Fearing G.I. Occupiers, Japan Urgesd Women Into Brothels” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1995年10月27日). http://www.nytimes.com/1995/10/27/world/fearing-gi-occupiers-japan-urgesd-women-into-brothels.html?pagewanted=all&src=pm 2012年7月8日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 李榮薫 2009
  12. ^ a b c d e f g h i j "米国と韓国の軍の性売買は国際法違反" (“미국과 한국의 미군성매매는 국제법 위반”)統一TV 2008年10月17日(朝鮮語)
  13. ^ a b c “Former sex workers in fight for compensation” (英語). 中央日報. (2008年10月30日). http://joongangdaily.joins.com/article/view.asp?aid=2896741 2010年3月8日閲覧。 
  14. ^ a b c “大韓民国政府が売春斡旋業者であった 売春取締を装い女性を外貨稼ぎの手段と考えた韓国政府… 朝鮮戦争時に慰安所を設置して、独裁政権は在韓米軍・日本人対象売春助長 (대한민국 정부가 포주였다 성매매 단속하는 척하며 여성을 외화벌이 수단으로 여겼던 한국 정부… 한국전쟁 때 위안소 설치하고, 독재정권은 주한미군·일본인 대상 성매매 조장해)”. ハンギョレ. (2011年11月28日). http://h21.hani.co.kr/arti/cover/cover_general/30838.html 2012年7月9日閲覧。 
  15. ^ a b c d 李榮薫その日、私はなぜそのように言ったのかNew Daily 2009年6月1日
  16. ^ デジタル大辞泉
  17. ^ 大辞林 第三版
  18. ^ 総務省 管轄法令
  19. ^ 昭和10年5月15日 社会局保険部長発各健康保険組合理事長宛 通知第339号「保健施設ニ関スル件」
  20. ^ en:Brothel#Military brothelsから抄訳
  21. ^ 李娜榮 日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」 立命館言語文化研究 23(2), 209-228, 2011-10-00
  22. ^ en:Prostitutes in South Korea for the U.S. militaryから抄訳。
  23. ^ a b c d e f g h 山下英愛「朝鮮における公娼制度の実施」尹貞玉編著『朝鮮人女性がみた慰安婦問題』三一新書,1992.
  24. ^ a b 1937年12月21日の在上海日本総領事館警察署長「皇軍将兵慰安婦女渡来ニツキ便宜供与方依頼ノ件
  25. ^ a b 関東局(編)の『関東局施政三十年史』(原書房1974年)
  26. ^ a b c d e 秦郁彦 1999, pp. 358-366
  27. ^ a b c 永井和「陸軍慰安所の創設と慰安婦募集に関する一考察」『二十世紀研究』創刊号、2000年、京都大学大学院文学研究科。「日本軍の慰安所政策について」(2012年増補)
  28. ^ a b c 報知新聞 1931.4.5(昭和6)「国際信義と公娼廃止」[1](神戸大学近代デジタルライブラリ)
  29. ^ a b c d 小野田寛郎による「私が見た『従軍慰安婦』の正体」(『正論』2005年1月号)[要ページ番号]
  30. ^ 北支那方面軍伍長をしていた金子安次の証言(「女性国際戦犯法廷」 2000年12月)
  31. ^ 衆議院本会議昭和20年11月29日、福家俊一発言。[2]、帝国議会会議録。
  32. ^ 貴族院本会議昭和20年(1945年)12月14日。關屋貞三郎の「在外同胞救援」発言。 [3]帝国議会会議録、貴族院本会議昭和20年12月14日。
  33. ^ 慰安婦問題の問いかけているもの
  34. ^ 『広辞苑の嘘』光文社2001,pp210-211
  35. ^ 新井佐和子:『広辞苑』が載せた「朝鮮人強制連行」のウソ。正論(1998/5)pp46-53
  36. ^ 世界大百科事典 第2版【従軍慰安婦】
  37. ^ 大辞林 第三版 【慰安婦】
  38. ^ 千田夏光 1973
  39. ^ 秦郁彦 1999, p. 362
  40. ^ 大辞林 第三版【従軍】
  41. ^ 藤岡信勝『汚辱の近現代史』 [要ページ番号]
  42. ^ Ronza』1997年8月号 千田夏光「『従軍慰安婦』の真実」 [要ページ番号]
  43. ^ 秦郁彦 1999, p. 358
  44. ^ 第21号 昭和43年4月26日 第058回国会 社会労働委員会
  45. ^ 吉見義明・林博史 1995
  46. ^ 朝鮮日報』(2004年10月22日付)
  47. ^ [4]「いわゆる従軍慰安婦問題に対する日本政府の施策」平成12年11月,外務省。
  48. ^ a b 崔碩栄『韓国人が書いた韓国が「反日国家」である本当の理由』 彩図社 2012年10月 ISBN 978-4883928880
  49. ^ a b c d e f g 李娜榮日本軍「慰安婦」と米軍基地村の「洋公主」立命館言語文化研究 23(2), 209-228, 2011-10-00
  50. ^ 朝鮮日報1992.1.15
  51. ^ 秦郁彦 1999, p. 369
  52. ^ 秦郁彦 1999, pp. 366-367
  53. ^ 秦郁彦 1999, p. 367
  54. ^ 尹明淑 2003 [要ページ番号]
  55. ^ a b c d e f g h i j k l m 金貴玉「朝鮮戦争時の韓国軍「慰安婦」制度について」『軍隊と性暴力―朝鮮半島の20世紀』宋連玉, 金栄編、現代史料出版2010年所収。
  56. ^ a b c d e "손해배상[대법원 1966.10.18, 선고, 66다1635,1636, 판결](損害賠償[大法院1966.10.18宣告, 66ダ1635, 1636判決])", 大韓民国法制処国家法令情報センター.
  57. ^ 『ソウル統計年報』1968年版から1975年版
  58. ^ The Human Rights Situation in South Korea (Foreign Languages Publishing House, 1993) p. 270:
  59. ^ Yang Hyunah,Revisiting the Isuues of Korean Military Comfort Women,Positions5(1),1997.
  60. ^ Katherine H. S. Moon. Sex Among Allies: Military Prostitution in U.S.-Korea Relations. Columbia University Press. 1997.
  61. ^ Donna Hughes, 他Modern-Day Comfort Women:アーカイブされたコピー”. 2013年9月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月26日閲覧。,p.4
  62. ^ UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION [5]A "comfort girl" is nothing more than a prostitute or "professional camp follower" attached to the Japanese Army for the benefit of the soldiers. The word "comfort girl" is peculiar to the Japanese. Other reports show the "comfort girls" have been found wherever it was necessary for the Japanese Army to fight. This report however deals only with the Korean "comfort girls" recruited by the Japanese and attached to their Army in Burma. The Japanese are reported to have shipped some 703 of these girls to Burma in 1942.
  63. ^ C.J. Bradford. "Jungle Warfare." The RUSI Journal Vol. 90 Iss. 558. 1945.
  64. ^ John Ashmead, The Mountain and the feather, Houghton Mifflin, 1961. p.166, p.294.
  65. ^ Matsui Yayori and Lora Sharnoff. "Sexual Slavery in Korea." Frontiers Vol. 2 No. 1 (Spring 1977). pp. 22-30.
  66. ^ ジョージ・ヒックス 1995
  67. ^ Denial Reopens Wounds of Japan's Ex-Sex SlavesNew York Times March 8, 2007
  68. ^ a b c d e f g h i CHOE SANG-HUN (2009年1月8日). “Ex-Prostitutes Say South Korea and U.S. Enabled Sex Trade Near Bases” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2009/01/08/world/asia/08korea.html?_r=2&scp=8&sq=Comfort%20Women%20Korean%20War&st=cse 2012年10月31日閲覧。 
  69. ^ Columbia University Press,2000.
  70. ^ 「日本軍性奴隷問題への国際社会と日本の対応を振り返る」『戦争と性』第25号、2006年5月号 [要ページ番号]
  71. ^ 西岡力 2007, pp. 156-157
  72. ^ 西岡力 2007, pp. 157-158
  73. ^ 秦郁彦 1999, p. 331
  74. ^ 秦郁彦 1999, p. 334
  75. ^ a b [6]日弁連会長土屋公献声明「従軍慰安婦問題への政府の対応に関する声明」1995年11月16日。
  76. ^ [7]日弁連HP:会長声明・日弁連コメント1996年6月20日「従軍慰安婦問題に関する声明」
  77. ^ 秦郁彦 1999, p. 217
  78. ^ a b c Chunghee Sarah Soh,The Comfort Woman,pp71-72
  79. ^ 女たちの戦争と平和資料館事務局長の渡辺美奈による。渡辺美奈・林博史・俵義文著『村山・河野談話見直しの錯誤』第三章「世界は日本軍慰安婦をどう見てきたか」、かもがわ出版、2013年4月 [要ページ番号]
  80. ^ 秦郁彦 1999, p. 327
  81. ^ 秦郁彦 1999, p. 191
  82. ^ 藤目ゆき 1997 [要ページ番号]
  83. ^ E/CN.4/1996/53/Add.1(付属文書1「戦時における軍事的性奴隷制問題に関する朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国および日本への訪問調査に基づく報告書」)アジア女性基金による和訳「付属文書1」p1他で「軍性奴隷制」と明記、p2では「明確に性奴隷制」であるとしている。
  84. ^ 西岡力「世界中にばら撒かれた「慰安婦問題」が捏造である完全なる根拠」SAPIO2012年8月22・29日号
  85. ^ 西岡力論文の該当箇所はniftyニュース2012年9月13日で閲覧可[8](2012年10月20日閲覧)
  86. ^ 西岡力 2007, pp. 161-165
  87. ^ 戦争犠牲者を心に刻む会編『私は「慰安婦」ではない 日本の侵略と性奴隷』p99 - p113 東方出版,1997年
  88. ^ 戦争犠牲者を心に刻む会編『私は「慰安婦」ではない 日本の侵略と性奴隷』p193、p194、東方出版,1997年
  89. ^ 『日本が知らない戦争責任』1999年現代人文社
  90. ^ 秦郁彦 1999, pp. 328-329
  91. ^ (参院内閣委)戦時性的強制被害者問題法案、審議入り民主党ホームページ[リンク切れ]
  92. ^ 戦時性的強制被害者間題の解決の促進に関する法律案(仮称)政策要綱民主党公式HP 1999/12/22
  93. ^ 前田朗「大量虐殺的強姦」国連人権促進保護小委員会第56回会期2004年8月10日
  94. ^ a b c d 秦郁彦 1999, p. 145
  95. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 51
  96. ^ 山下英愛「朝鮮における公娼制度の実施」ユン貞玉編『朝鮮人女性がみた「慰安婦問題」』三一新書,1992年,p129.
  97. ^ a b c d e f g h i j 山田宏「売春」世界大百科事典、平凡社、2007,p333
  98. ^ a b c d e 山手茂「売春」日本大百科全書、小学館、1987
  99. ^ a b ジョージ・ヒックス 1995, p. 23
  100. ^ バーン&ボニー・ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p206
  101. ^ 齋藤茂「妓女と中国文人」(東方選書、2000年)p13
  102. ^ 齋藤茂「妓女と中国文人」(東方選書、2000年)p14
  103. ^ a b c d e 山下英愛「朝鮮における公娼制度の実施」尹貞玉編『朝鮮人女性がみた「慰安婦問題」』三一新書,1992年,p131.
  104. ^ a b c 李能和『朝鮮解語花史』東洋書院、1927年。「李能和全集2」韓国学研究所
  105. ^ 川村湊『妓生』p.20
  106. ^ a b c d e 朴禮緒「〈朝鮮歴史民俗の旅〉妓生 (1)」朝鮮新報 2004.10.30
  107. ^ a b 野村伸一: 「賤民」の文化史序説ー朝鮮半島の被差別民(補遺)(2008年。野村「賤民」の文化史序説(『いくつもの日本5』岩波書店、2003年所収)を補訂したもの)2012年11月15日閲覧
  108. ^ 川村湊『妓生』p.21
  109. ^ 梨花女子大学校韓国女性史編纂委員会『韓国女性史』第一巻、梨大出版部、1978年、p519-520
  110. ^ a b c d e f 川村湊『妓生』作品社、2001年、p.40-43
  111. ^ 妓生世界大百科事典第2版、コトバンク
  112. ^ a b 川村湊『妓生』p.34
  113. ^ 川村湊『妓生』p.33
  114. ^ a b c d e f 川村湊『妓生』p.35-38
  115. ^ a b c d 林鍾国『ソウル城下に漢江は流れる』(平凡社1987年),p148-149
  116. ^ a b c d 『ソウル城下に漢江は流れる』(平凡社1987年),p150-151
  117. ^ a b c d e f g h i j 藤永壮「植民地朝鮮における公娼制度の確立過程―1910年代のソウルを中心に―」京都大学大学院文学研究科・文学部・現代文化学系「二十世紀」編『二十世紀研究』第5号、2004年12月
  118. ^ 『ソウル城下に漢江は流れる』(平凡社1987年),p147
  119. ^ a b 川村湊『妓生』p.43
  120. ^ 川田文子「戦争と性」明石書店,1995年。p76-77
  121. ^ a b c d e f g h i 川村湊『妓生』p.44-51
  122. ^ 川村湊『妓生』p.112-3
  123. ^ 川村湊『妓生』p.113
  124. ^ 川村湊『妓生』作品社、2001年、p.38-39
  125. ^ バーン&ボニー・ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p287
  126. ^ ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p289-291
  127. ^ a b c d 藤目ゆき 1997, p. 53
  128. ^ ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p300
  129. ^ ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p301
  130. ^ ブーロー「売春の社会史」筑摩書房、1991年,p304
  131. ^ a b 藤目ゆき 1997, pp. 54-55
  132. ^ a b [9]「廃娼運動の歴史」平成9年、国立国会図書館
  133. ^ a b 吉見義明・林博史 1995, p. 189
  134. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 190
  135. ^ 『天皇と朝鮮人と総督府』金一勉著、p38
  136. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 202
  137. ^ 宋連玉『朝鮮植民地支配における公娼制』p56、「日本史研究」371号
  138. ^ 秦郁彦 1999, p. 40
  139. ^ 『朝鮮新聞』1911年4月19日記事
  140. ^ 1918年6月12日『京城日報』
  141. ^ 宋連玉「日本の植民地支配と国家的管理売春-朝鮮の公娼を中心にして」(『朝鮮史研究会論文集』32集、1994年、pp.37-88, 緑陰書房)
  142. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 50
  143. ^ 秦郁彦 1999, pp. 42-43
  144. ^ 三省堂 大辞林 http://www.weblio.jp/content/%E5%BF%98%E5%85%AB
  145. ^ 吉見義明・林博史 1995, pp. 197-201
  146. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 195
  147. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 28
  148. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 54
  149. ^ 吉見義明『日本軍「慰安婦」制度とは何か』p45、p46岩波ブックレット
  150. ^ 吉見義明『日本軍「慰安婦」制度とは何か』p45、p46岩波ブックレット、油谷治郎七の「欧米列強風紀及性病法制画概観」
  151. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 194
  152. ^ 秦郁彦 1999, p. 39
  153. ^ 神埼清『売春』p26、現代史出版、1974
  154. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 195
  155. ^ 報知新聞 1931.4.5(昭和6)「国際信義と公娼廃止」[10](神戸大学近代デジタルライブラリ)
  156. ^ 吉見義明・林博史 1995, pp. 108-109
  157. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 108
  158. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 109
  159. ^ 小谷野敦『日本売春史』新潮社,p149,2007年
  160. ^ 秦郁彦 1999, p. 146
  161. ^ ジョージ・ヒックス 1995, p. 24
  162. ^ a b c 藤目ゆき 1995, p. 56
  163. ^ 秦郁彦 1999, p. 146
  164. ^ 藤目ゆき 1997, p. 79
  165. ^ 柴田修子「戦時性暴力の被害者から変革の主体へ」立命館言語文化研究
  166. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」2013年2月。
  167. ^ 柴田修子「戦時性暴力の被害者から変革の主体へ」p.71
  168. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」p29.
  169. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」p30.
  170. ^ ジョージ・ヒックス 1995, p. 25
  171. ^ David J.Piver,Cleansing the Nation:The War on Prostitution 1917-1921,Prolougue:The Journal of the National Archives,No.12,Spring,1980.,pp.24-30
  172. ^ a b c 藤目ゆき 1997, p. 78
  173. ^ #フランス軍慰安婦参照。
  174. ^ a b 秦郁彦 1999, pp. 147-149
  175. ^ 秦郁彦 1999, p. 147
  176. ^ #インド駐留インド軍参照。
  177. ^ Schuessler, Jennifer (2013年5月20日). “The Dark Side of Liberation”. New York Times. http://www.nytimes.com/2013/05/21/books/rape-by-american-soldiers-in-world-war-ii-france.html?pagewanted=all&_r=0 2013年6月14日閲覧。 
  178. ^ Faur, Fabienne (2013年5月26日). “GI's were liberators yes, but also trouble in Normandy”. Agence France-Presse. http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5hY3cUraWo4fVJqWbA34Fd2IeTFOQ?docId=CNG.26cca045d911d64d66269c72328f270e.b11 2013年6月14日閲覧。 
  179. ^ 秦郁彦 1999, p. 148
  180. ^ 岡村寧次『戦場回想編』1970年、302-303頁
  181. ^ 「デジタル記念館・慰安婦問題とアジア女性基金慰安婦とは―慰安所の設置「…慰安婦団を同行しながら、強姦罪は跡を絶たない有様である」
  182. ^ 「デジタル記念館・慰安婦問題とアジア女性基金」[11]p55-p74「…慰安所を設けた。然し、強姦は甚だ盛んに行われて…」
  183. ^ 吉見義明 1995, pp. 43-47 「慰安所設置が強姦防止に役立たなかった事がよく示されていよう」
  184. ^ 十五年戦争極秘資料集 補巻、早尾乕雄『戦場心理の研究 総論』「南京、上海、杭州等代表的ノ都市ニ於ケル将兵ノ状態ニ就テ述ベテ見様ト思フ」p49
  185. ^ 「デジタル記念館・慰安婦問題とアジア女性基金[12]p55-p74
  186. ^ 十五年戦争極秘資料集 補巻、早尾乕雄『戦場心理の研究 第2』第八章「戦争ト性欲」P247
  187. ^ 「デジタル記念館・慰安婦問題とアジア女性基金」 [13]p55-p74(強姦の具体的描写はP67-P74)
  188. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」,p6-7
  189. ^ 秦郁彦 1999, pp. 152-153
  190. ^ ビーヴァー『ベルリン陥落1945』pp.72-75
  191. ^ 半藤一利『ソ連が満州に侵攻した夏』文藝春秋社,1999年,p247
  192. ^ [14]Wendy Jo Gertjejanssen:Victims, Heroes, Survivors. Sexual Violence On The Eastern Front During World War II, University of Minnesota, 2004Mai.
  193. ^ アントニー・ビーヴァー著・川上洸訳『ベルリン陥落1945』白水社,2004年,p.602
  194. ^ 太平洋戦争研究会編『図説 満州帝国』河出書房新社刊、1996年、p135
  195. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」,同猪俣論文,p16、p19-22。
  196. ^ 上坪隆『水子の譜』社会思想社現代教養文庫p.183「昭和21年6月10日付 二日市保養所報告書(報告対象期間=昭和21年3月25日 - 21年6月5日)"地域別と加害者" 不法妊娠(強姦等による妊娠 救療部の用語)ヲ地区別ニ分類スルニ北朝24ニシテ最多、南鮮14、満州4、北支3ノ順序ニシテ鮮_人ニ因ルモノ28、ソ連人ニ因ルモノハ8、支那人ニ因ルモノ6人、米人ニ因ルモノ3、台湾人、比島人ニ因ルモノ各1ナリ」
  197. ^ 京都大学グローバルCOE「帝国日本の戦時性暴力」,p36
  198. ^ [15]中央日報2007年1月23日
  199. ^ 第008回国会 海外同胞引揚に関する特別委員会 第11号”. 衆議院. 国立国会図書館 (1950年10月31日). 2010年9月29日閲覧。
  200. ^ a b c d ジョージ・ヒックス 1995, p. 24
  201. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 156
  202. ^ 秦郁彦 1999, p. 157
  203. ^ 秦郁彦 1999, p. 158
  204. ^ 秦郁彦 1999, p. 148
  205. ^ 秦郁彦 1999, p. 149
  206. ^ クリスタ・パウル『ナチズムと強制売春』明石書店1996
  207. ^ 諸君!』1992年9月号。[要ページ番号]
  208. ^ Franz Seidler,Prostitution,Homosexualitat,Selbstvertummelung-Probleme der deutschen Sanitatsfuhrung 1939-45,Neckargemund,1977,Kurt Vowinkel Verlag.
  209. ^ 朝日新聞1992年9月7日記事
  210. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 150
  211. ^ 「日本の名誉回復」には何が必要なのか ラインハルト・ツェルナー岩波書店世界2015年2月号 p=109
  212. ^ 邦訳明石書店,1996
  213. ^ Robert Sommer,Das KZ-Bordell:Sexuelle Zwangsarbeit in nationalsozialistischen,Paderborn
  214. ^ 秦郁彦 1999, p. 151
  215. ^ クリスタ・パウル『ナチズムと強制売春』明石書店,1996,p.9ほか同書全体。
  216. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 171
  217. ^ en:Bordel militaire de campagne参照
  218. ^ Mustapha El Qadéry, BNRM, Rabat「Femmes des Bordels Militaires de Campagne. Les BMC de l’armée coloniale française au Maroc」Publié in, M. Cheikh & M. Péraldi, Des femmes sur les routes. Voyage au féminin entre Afrique et Méditerranée, éd. CJB, le Fennec, Karthala, Cacablanca, 2009, pp. 229-244
  219. ^ Christelle Taraud, La prostitution coloniale. Algérie, Maroc, Tunisie (1830-1962), Paris, Éditions Payot & Rivages, 2009 [2003],
  220. ^ Bernard B.Fall, Street without Joy, Harrisburg, 1961.
  221. ^ John C.Burnham:Medical Inspection of Prostitutes in America in the 19th Century,Bulletin of the History of Medicine,45,May-June 1971
  222. ^ a b c d 藤目ゆき 1997 第一章
  223. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 70
  224. ^ 藤目ゆき 1997, pp. 73-74
  225. ^ Lucie Cheng Hirata,Free,Indentured,Enslaved:Chinese Prostitute in 19th Century America,Journal of women in culture and socaiety,vol,5.no1,1979
  226. ^ Judy Yung,Chinese Women of America,University of Washington Press,1986
  227. ^ 若槻泰雄「排日の歴史」中公新書p32-3
  228. ^ 藤目ゆき 1997, p. 72
  229. ^ 藤目ゆき 1997, p. 75
  230. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 76
  231. ^ 藤目ゆき 1997, pp. 76-77
  232. ^ Carol Anonueva,Prostitution in Philippines,in Cast the First Stone,pp64-89
  233. ^ 藤目ゆき 1997, p. 59
  234. ^ a b 藤目ゆき 1997, p. 77
  235. ^ 秦郁彦 1999, p. 160
  236. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 163
  237. ^ セオドア・ホワイト『歴史の探求』サイマル出版会、1978、上、p183。
  238. ^ 秦郁彦 1999, p. 164
  239. ^ 秦郁彦 1999, p. 161
  240. ^ 恵泉女学園大学平和文化研究所編集『占領と性』インパクト出版会,2007,p.26.
  241. ^ a b c d 藤目ゆき 1997, p. 327
  242. ^ 藤目ゆき 1997, p. 326
  243. ^ 恵泉女学園大学平和文化研究所編集『占領と性』インパクト出版会,2007,p.47.
  244. ^ 『占領と性』2007,p.48
  245. ^ 『占領と性』2007,p.48
  246. ^ 『占領と性』2007,p.50
  247. ^ 『占領と性』2007,p.51
  248. ^ 住本利男『占領秘史』毎日新聞社1952年,65-72p
  249. ^ 朝日新聞1955年8月15日
  250. ^ 『占領と性』インパクト出版会,2007,p.45.
  251. ^ 林茂夫「駐韓米軍」二月社、1978年、p178
  252. ^ a b c d 藤目ゆき 1997, p. 332
  253. ^ Treaty of San FranciscoWikisource
  254. ^ “アジア女性基金事業実施に際しての総理の手紙” (プレスリリース), 総理大臣官邸, (1996年8月19日), http://www.kantei.go.jp/jp/hasimotosouri/speech/1996/0819.html 2010年3月8日閲覧。 
  255. ^ 「売笑婦のいない世界を」『婦人公論』(1953年4月号) [要ページ番号]
  256. ^ 藤目ゆき 1997, pp. 332-337
  257. ^ Grace Cho (2008). Haunting the Korean Diaspora: Shame, Secrecy, and the Forgotten War. ミネソタ大学出版. p. 94. ISBN 0816652759. http://books.google.co.kr/books?id=VagzEDjnZpcC&pg=PA103&dq=yanggongju+caste&hl=en&sa=X&ei=U2llUdCaL4ftkgX0rYCABw&ved=0CDUQ6AEwAA#v=onepage&q=yanggongju%20caste&f. 
  258. ^ 中央日報 2002年02月24日19時29分 「韓国戦争中にも軍慰安婦存在」韓国教授が主張 [16]
  259. ^ 『朝日新聞』2002年2月24日付)1956年に韓国陸軍本部編纂した公式記録や目撃者たちの証言の研究による。
  260. ^ a b c 崔吉城朝鮮戦争における国連軍の性暴行と売春」『アジア社会文化研究』no.2 page.1-16,2001年、広島大学学術リポジトリ。
  261. ^ Park, Soo-mee (2008年10月30日). “Former sex workers in fight for compensation”. 中央日報英語版. オリジナル2013年4月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130430220310/http://koreajoongangdaily.joinsmsn.com/news/article/article.aspx?aid=2896741 2013年6月7日閲覧。 
  262. ^ Ghosh, Palash (2013年4月29日). “South Korea: A Thriving Sex Industry In A Powerful, Wealthy Super-State”. インターナショナルビジネスタイムス. http://www.ibtimes.com/south-korea-thriving-sex-industry-powerful-wealthy-super-state-1222647 2013年6月7日閲覧。 
  263. ^ Rhee, Young-hoon (2009年6月1日). “그날 나는 왜 그렇게 말하였던가”. New Daily. http://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=27671 2013年7月13日閲覧。 
  264. ^ Lee, Jin-kyung (2010). Service Economies: Militarism, Sex Work, and Migrant Labor in South Korea. University of Minnesota Press. p. 125. ISBN 0816651264. http://books.google.fr/books?id=ZAp3ee2bz_0C&pg=PA125&dq=Service+Economies:+Prostitutes+in+South+Korea+for+the+U.S.+military&hl=en&sa=X&de=lSycUY6yH-ieiAfX_IH4Dg&redir_esc=y#v=onepage&q=Service%20Economies%3A%20Prostitutes%20in%20South%20Korea%20for%20the%20U.S.%20military&f=false. 
  265. ^ [17]Hyun S.Kim,JT Takagi,and Hye-Jung Park,The Woman Outside:Korean Women and the U.S.Militaly,1997/updated2009. p.8
  266. ^ a b c d e “US servicemen in Korea contribute to human trafficking: report”. プレステレビ. (2012年12月21日). http://www.presstv.com/usdetail/279266.html 2013年6月6日閲覧。 
  267. ^ Dujisin, Zoltán (2009年7月7日). “RIGHTS-SOUTH KOREA: Prostitution Thrives with U.S. Military Presence”. インター・プレス・サービス. http://www.ipsnews.net/2009/07/rights-south-korea-prostitution-thrives-with-us-military-presence/ 2013年6月7日閲覧。 
  268. ^ Robson, Seth (2005年8月6日). “Ex-bar worker who was forced into prostitution wins $5,000 judgment”. 星条旗新聞. http://www.stripes.com/news/ex-bar-worker-who-was-forced-into-prostitution-wins-5-000-judgment-1.36633 2013年6月7日閲覧。 
  269. ^ Annie Isabel Fukushima and Gwyn Kirk (2013年6月17日). “Military Sexual Violence: From Frontline to Fenceline”. Foreign Policy in Focus. http://www.fpif.org/articles/military_sexual_violence_from_frontline_to_fenceline 2013年6月30日閲覧。 
  270. ^ a b Macintyre, Donald (2002年8月5日). “Base Instincts”. タイム. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,333899,00.html 2013年6月7日閲覧。 
  271. ^ “Court rules in favor of Filipina prostitutes”. 中央日報英語版. (2003年5月31日). オリジナル2013年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130619001522/http://koreajoongangdaily.joinsmsn.com/news/article/article.aspx?aid=1987730 2013年6月7日閲覧。 
  272. ^ Rabiroff, Jon (2009年9月26日). “Philippine Embassy has 'watch list' of suspect bars in South Korea”. 星条旗新聞. http://www.stripes.com/news/philippine-embassy-has-watch-list-of-suspect-bars-in-south-korea-1.95038 2013年6月7日閲覧。 
  273. ^ Human Trafficking public service announcement在韓米軍2012年11月20日
  274. ^ a b c d e f g h i Openly revealing a secret lifeJoongAng Daily(中央日報)July 31, 2005
  275. ^ a b 李榮薫 2009, pp. 156-158
  276. ^ 1956年4月11日東亜日報「少女二名誘拐 売淫「ブローカー」拘束」
  277. ^ 1959年10月18日 東亜日報「慰安婦66%が保菌 全国接客女人検診結果」
  278. ^ 1961年1月31日 東亜日報「慰安婦教養講習 伊淡支所主催で」
  279. ^ 1961年9月14日の東亜日報「UN軍相対慰安婦 13日から登録実施」
  280. ^ 釜山日報2004年9月18日
  281. ^ 名越二荒之助 『日韓共鳴二千年史』明成社、2002年。[要ページ番号]
  282. ^ “ベトナム戦争時「韓国軍が慰安所経営」 米公文書に記述”. 産経新聞. (2015年3月29日). http://www.sankei.com/politics/news/150329/plt1503290011-n1.html 
  283. ^ a b “Deliver them from 'hell'” (英語). 中央日報. (2002年10月19日). http://joongangdaily.joins.com/article/view.asp?aid=1910008 2010年3月8日閲覧。 
  284. ^ a b “Filipinas forced into prostitution on the rise in S.Korea” (英語). ハンギョレ. (2009年12月1日). http://english.hani.co.kr/arti/english_edition/e_international/390782.html 2010年3月8日閲覧。 
  285. ^ “【社説】国際的な恥、韓国の売買春”. 中央日報. (2002年10月18日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=33402&servcode=100&sectcode=100 2010年3月8日閲覧。 
  286. ^ “韓国人女性8000人、米国で‘遠征売春’”. 中央日報. (2006年6月21日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=77026&servcode=400&sectcode=400 2010年3月8日閲覧。 
  287. ^ 2012年9月12日放送
  288. ^ 2012/9/13朝鮮日報「性犯罪:元警察署長が公娼制度導入を提唱」
  289. ^ 特約茶室展示館(金門県)
  290. ^ シリアに「聖戦慰安婦」=チュニジア女性、反体制派に従軍【チュニスAFP=時事】 2013年9月20日
  291. ^ 沖縄のハルモニ (1979) 山谷哲夫 晩聲社、東京 [要ページ番号]
  292. ^ 吉見義明・林博史 1995, pp. 142-144
  293. ^ 今日の歴史(2月14日)聯合ニュース 2008/02/14
  294. ^ 秦郁彦 1999, p. 41
  295. ^ 秦郁彦 1999, p. 30
  296. ^ 秦郁彦 1999, p. 48
  297. ^ 秦郁彦 1999, p. 399
  298. ^ 毎日新聞社(編)『決定版・昭和史--破局への道』 毎日新聞社 1983年第11巻P190)1944年8月に勅令で女子挺身勤労令を公布、即日施行
  299. ^ 各国・地域における償い事業の内容-韓国”. アジア女性基金. 2010年3月8日閲覧。
  300. ^ 朝鮮日報』 2005年1月11付
  301. ^ <インタビュー>世界に慰安婦問題解決を訴え続ける吉元玉さん聯合ニュース 2009/08/10
  302. ^ パク・ヒョンジョン (2011年12月14日). “20年間 水曜日ごとに日本大使館前 千回泣いたけれど…”. ハンギョレ. 2011年12月17日閲覧。
  303. ^ . Cynthia Enloe, Does Khaki Become You? The Militarization of Women’s Lives (London: Pluto Press, 1983), pp.33-34
  304. ^ Hata2007[18],p13.
  305. ^ a b c d 「女性のためのアジア平和国民基金」(編)『政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成』龍溪書舎1997年3月20日,1・14頁]
  306. ^ 第140回国会 参議院 予算委員会 第2号平成9年(1997年)1月30日
  307. ^ 第140回国会 参議院 予算委員会 第8号平成9年(1997年)3月12日
  308. ^ 井浦祥二郎『潜水艦隊』 学習研究社(2001年6月) [要ページ番号]
  309. ^ a b 「慰安婦:「連行のため歸那」 外務省調査資料から発見」『朝鮮日報』2015年 04月 09日
  310. ^ 第040回国会 衆議院 社会労働委員会 第27号昭和37年(1962年)4月11日
  311. ^ a b c d 吉見義明 1995 [要ページ番号]
  312. ^ a b 吉見義明・川田文子 1997 [要ページ番号]
  313. ^ (朝鮮語)教科書フォーラムの安秉直、「慰安婦は自発的」妄言で波紋”. デイリー・サプライズ (2006年12月6日). 2008年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月9日閲覧。
  314. ^ 櫻田武鹿内信隆『いま明かす戦後秘史』上巻(サンケイ出版、1983年) pp.40-41
  315. ^ “【読者サービス室から】戦時の慰安婦 「朝鮮人業者も募集した」”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2013年5月24日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130524/kor13052407380001-n1.htm 2013年9月12日閲覧。 
  316. ^ a b 吉見義明・林博史 1995, pp. 153-157
  317. ^ 山田清吉『武漢兵站』p77、p82、図書出版社
  318. ^ 従軍慰安婦110番編集委員会『従軍慰安婦110番』p75、1992、明石書店
  319. ^ 戦争犠牲者を心に刻む会(編)『アジアの声(第11集)私は「慰安婦」ではない』 東方出版(大阪)1997年8月
  320. ^ a b 吉見義明・林博史 1995, p. 160
  321. ^ 韓国挺身隊問題対策協議会・挺身隊研究会(編) 1993, pp. 63-64
  322. ^ 文玉珠・森川万智子「ビルマ戦線 楯師団の『慰安婦』だった私」(梨の木舎)
  323. ^ 韓国挺身隊問題対策協議会・挺身隊研究会(編) 1993 [要ページ番号]
  324. ^ a b c 日本人戦争捕虜尋問レポート No.49:“UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION Psychological Warfare Team Attached to U.S.Army Forces”(1944年)。
  325. ^ a b 金一勉『軍隊慰安婦―戦争と人間の記録』(徳間書店新装改訂版 1992年2月) [要ページ番号]
  326. ^ 李2009,p147
  327. ^ 吉見義明『日本軍慰安婦制度とは何か』p57 - 59、岩波ブックレット
  328. ^ 秦郁彦 『昭和史の謎を追う 下』文藝春秋社1999年12月 [要ページ番号]
  329. ^ 秦郁彦 1999, p. 270
  330. ^ 吉見義明『日本軍慰安婦制度とは何か』p47、岩波ブックレット
  331. ^ 吉見義明『日本軍慰安婦制度とは何か』p46、岩波ブックレット
  332. ^ 戦争犠牲者を心に刻む会編『私は慰安婦ではない』p24、東方出版
  333. ^ 高安やえ「女のラバウル小唄」(『戦中派の遺言〈続〉』 櫂書房1979年) [要ページ番号]
  334. ^ 吉見義明・林博史 1995, pp. 156-157
  335. ^ 吉見義明・林博史 1995, p. 156
  336. ^ 李榮薫 2009, p. 140
  337. ^ 日本兵捕虜に対する連合軍の尋問記録による
  338. ^ 吉見義明 1992 [要ページ番号]
  339. ^ 秦郁彦 1999, p. 401
  340. ^ 日本占領下インドネシアにおける慰安婦---オランダ公文書館調査報告山本まゆみ、ウイリアム・ブラッドリー・ホートン
  341. ^ a b 山崎朋子『サンダカン八番娼館』(文藝春秋1975年1月) [要ページ番号]
  342. ^ a b c 上野千鶴子「ナショナリズムとジェンダー」青土社p117
  343. ^ a b 西岡力 2007, pp. 88-89
  344. ^ a b 文玉珠 『ビルマ戦線 楯師団の「慰安婦」だった私』(梨の木舎1996年)P138
  345. ^ 西岡力『闇に挑む!』(徳間文庫1998年9月)p301
  346. ^ a b c 秦郁彦 1999, p. 392
  347. ^ a b 李榮薫 2009, p. 141
  348. ^ 「大東亜戦争陸軍給与令」昭和18年7月28日勅令625号。秦郁彦 1999, p. 394
  349. ^ 秦郁彦 1999, p. 394
  350. ^ 1939年の換算倍率 (453.54) による。
  351. ^ 李榮薫 2009, p. 136
  352. ^ a b 秦郁彦 1999, p. 394
  353. ^ 吉見義明・林博史 1995 [要ページ番号]
  354. ^ :聯合ニュース(朝鮮語)2010/11/18 연합뉴스 : 바른언론 빠른뉴스(<人々>'慰安所征伐'父親日記寄贈した日本人)[19]
  355. ^ 総山孝雄『南海のあけぼの』叢文社1983年1月 [要ページ番号]
  356. ^ 産経新聞朝刊 国際面 2006年3月18日
  357. ^ a b [20]GMA News,SC dumps demand of WWII Filipino comfort women,May4,2010.
  358. ^ [21]従軍慰安婦及び原爆被害者に関する違憲決定
  359. ^ “河野談話、韓国と文言調整=「元慰安婦」の裏付け調査せず―政府が検証報告書”. 時事通信社. (2014年6月21日). http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303350404579636981733927794 
  360. ^ “米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに”. 産経新聞. (2014年11月27日). http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n1.html 
  361. ^ “全世界に従軍慰安婦の実像を暴露したチョン・ソウン氏死去”. 中央日報. (2004年2月26日). http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=49024 
  362. ^ “慰安婦問題 韓国も自らの足元を見つめよ”. 読売新聞. (2014年10月18日) 
  363. ^ “「日本軍慰安婦」出身のキム・スンドック氏が死亡”. 中央日報. (2004年7月1日). http://japanese.joins.com/article/325/53325.html?sectcode=&servcode= 

参考文献[編集]

政府資料

※以下参考文献、発行年代順.

  • Peipei Qiu, Su Zhiliang, Chen Lifei 2014 Chinese Comfort Women: Testimonies from Imperial Japan's Sex Slaves (Oxford Oral History Series) Oxford Univ Pr (Sd) (中国側からの中国大陸における慰安婦の研究書)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]