ランチ (船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1910Mathisランチ(ニューヨーク州サラナック湖で)
イランで見かけたランチ(漁業用)

ランチ英語: Launch)は原動機付の小型の船。港湾内で連絡、交通用に使われたり、大型船に積まれて乗組員の上陸、食料・荷物の運搬に使われたりする。[1] [2] [3]

歴史[編集]

もともと、ランチは帆船時代に、軍用船が積める一番大きな船であった。スペイン語のランチャ(lancha、「」の意味)から、あるいは、マレー語のランチャラン船(lancharan、lanchar「容易に速度を出せる」から)からきたポルトガル語からの借用語である。[4]

帆船時代には、船は様々な用途に応じて、カッターなどいろいろな小船を積んで航海していた。原動機時代になって、それぞれの用途はあいまいになってしまっても、もともとの船の名前が残っている。

1513年のドゥマク王国ポルトガル領マラッカには、ジャンク船は上陸艇としては大きすぎるので、ランチャラン船が多く使われたという。[5]

18世紀には、ランチを大きなを固定するのに使ったこともあった。また、有名な「バウンティ号の反乱」の艦長・ウィリアム・ブライは反乱後にバウンティー号のランチに載られて、大洋に取り残された。

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ランチ(コトバンク)
  2. ^ Launch (3) noun (Merriam Webster)
  3. ^ Launch, noun (2) (Oxford Dictionaries)
  4. ^ Collins English Dictionary, Second Edition, Collins (London & Glasgow), 1986, p. 868, 0 00 433135-4.
  5. ^ Sir Richard Winstedt,"A History of Malaya" (Marican, 1962)