河川哨戒艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベトナム戦争におけるアメリカ軍の河川哨戒艇

河川哨戒艇(かせんしょうかいてい)は、河川警備を目的とした軍艦の一種。

概要[編集]

英語では"Patrol Boat River"と言い、その頭文字を取ってPBRとも呼ばれる。PBRという表記はアメリカ海軍独自のものであるが、船舶が航行可能である河川湖沼国際運河を持つ国にも同様の舟艇が存在しており、これらも一括してPBRと呼ばれる。

河川砲艦同様、武装排水量に差があるものの、現在では治安維持(一般的な河川や湖水のパトロール)や捜索救難を主目的とした軽武装もしくは非武装の小艇が多く、(とくに警察の場合は)プレジャーボートとほぼ同一の物もある。古くは軍艦装載艇が武装・改造を施されて転用される事もあった。任務の性質上、陸軍スイス軍ハンガリー陸軍、運河など内水警備任務があるオランダ陸軍など)や国家憲兵警察国境警備隊などが運用している国もある。重装備の物は河川砲艇として区別される事もある。特殊作戦密漁密輸など犯罪取締りに対応するため、高速航行が可能な河川哨戒艇も存在する。

米海軍のPBRは、メコン川アマゾン川など大河における運用を想定し、艦底は喫水の浅い平底で、ウォータージェット推進を搭載している。また、南ベトナム海軍ラオス王国海軍(現・ラオス陸軍河川部隊)、タイ王国海軍にも大量に供与されていた。アメリカ陸軍も、海軍や沿岸警備隊の河川哨戒任務を一部引き継いだ第18憲兵旅団第458輸送中隊(参考リンク)において哨戒任務に運用していた。

元来は民間用のプレジャーボートであり、これを用に改造したものである。居住設備はなく、乗組員は戦車揚陸艦水上機母艦を改装した母艦で支援される。

ベトナム戦争中の1966年-1970年の間、メコン川で米海軍がベトコンゲリラを掃討するためPBRを大量に派遣し、ナパーム弾重機関銃を搭載してUH-1 ヘリコプターなどと共同で流域のゲリラの討伐を行った。米海軍は、南ベトナムにおける河川部隊を、一般的な哨戒・臨検を任務とする河川哨戒部隊と、メコン川沿岸のベトコン拠点への対地攻撃や地上部隊への支援を任務とする河川機動部隊に分けていた。PBRは火力装甲ともに脆弱であるため、多くが河川哨戒部隊に配属され、少数が偵察用などとして河川機動部隊に配属された。河川哨戒部隊には、PBRの他にホバークラフトなども配備されている。本格的な掃討は、河川機動部隊に所属する揚陸艇を改造した砲艇やアルファ・ボートと呼ばれる強襲支援哨戒艇や航空機が当たった。これら河川における作戦には航空機による護衛が必須であったが、哨戒艇自体の火力・装甲・機動性にも限界があった。地上から反撃を加えるベトコン側の方が常に有利であり、河川機動部隊は大きな損害を出している。カンボジア作戦においては、河川哨戒部隊および河川機動部隊がメコン川河岸の制圧に貢献した。南ベトナムに大量に供与されたPBRやスウィフトボートは統一後にベトナム人民軍に接収され、カンボジア作戦同様にベトナム・カンボジア戦争で利用されている。

このとき派遣された艦隊は、ミシシッピ川で訓練を受け、「ブラウンウォーター・ネイビー(茶色い水の海軍)」と呼ばれた。また、米海軍の特殊部隊Navy SEALsも、特殊作戦でPBRを使用した。合計で250隻ほどのPBRが派遣され、終戦後も1995年までカリフォルニア州で使用されていた。

ベトナム戦争中-戦争後にかけて、ブラジルタイミャンマー(ビルマ)・イスラエルなど同盟国にも多くが供与されたが、老朽化・陳腐化などから退役しているものが多い。しかし、コロンビアなどベトナムに類似している環境にある国では現在でも使用されている。イスラエルのそれは死海に配備され、対岸のヨルダンから侵入してくるパレスチナゲリラに対応していた。

各国における河川哨戒艇[編集]

バングラデシュの旗 バングラデシュ

コロンビアの旗 コロンビア

日本の旗 日本

マラウイの旗 マラウイ

パラグアイの旗 パラグアイ

ポルトガルの旗 ポルトガル

スイスの旗 スイス

ウクライナの旗 ウクライナ

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

登場作品[編集]

映画[編集]

地獄の黙示録
PBR Mk2が登場。主人公が目的地に向かうために乗船する。
ランボー 最後の戦場
ランボー達と交戦するミャンマー軍火力支援に出動。機銃掃射および火炎放射器による攻撃を加えるが、ランボー達の反撃で大破する。

ゲーム[編集]

コール オブ デューティ ブラックオプス
主人公、メイソンらSOGやアメリカ海兵隊河川移動手段として登場する。武装として、艇首に2丁のM2重機関銃と操縦席に1丁のM60機関銃を備えている。
バトルフィールド ベトナム
アメリカ陣営の河川移動手段として登場する。武装として、艇首に2丁のM2重機関銃と艇尾に1丁のM60機関銃を備えている。

関連項目[編集]