博物館船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

博物館船(はくぶつかんせん)、あるいは記念艦(きねんかん)は、現存する古い船舶のうち、教育および記念物としての目的で博物館に保存され一般に公開されている船である。そのうちのいくつかは、青少年のトレーニングや船員募集の目的に使用されているが、博物館船のうち、そもそも水上で保存されているものが少なく、通常の航海や移動が可能なものは極少数である[1][2]

世界各国には数百隻の博物館船があり、しばしば海事博物館の展示物となっており、あるいはそれ自体が海事博物館となっているものもある。

主な博物館船一覧[編集]

主な博物館船一覧
地域 都市 船名(艦名) 船について 現状
日本の旗 日本 北海道 江差町 開陽丸[† 1] 幕末軍艦 復元。開陽丸記念館にて公開(内見可能)。
函館市 くろしおII号[† 1] 潜水探測機 福島町青函トンネル記念館にて公開(内見不可)。
摩周丸 青函連絡船 博物館船として公開(内見可能)。
青森県 青森市 八甲田丸
宮城県 石巻市 サン・ファン・バウティスタ号 慶長遣欧使節 復元中。2024年度にリニューアルオープン予定。
第十六利丸[† 1] 捕鯨船 ホエールタウンおしかにて公開(内見可能)。
茨城県 ひたちなか市 常陽丸[† 1] 教育実習船 ひたちなか市漁港中央公園に展示されていたが、撤去された。
東京都 品川区 宗谷 巡視船南極観測船 船の科学館にて公開(内見可能)。船籍あり(所有は海上保安庁)。
羊蹄丸 青函連絡船 船の科学館にて公開されていたが、
老朽化のため2011年9月30日に展示終了。その後解体された。
マリンエース[† 1] 半没水型双胴実験船 船の科学館にて公開(内見不可)。
たんかい[† 1] 潜水艇 船の科学館にて公開(内見不可)。
江東区 明治丸[† 1] お召し船練習船 東京海洋大学越中島キャンパスにて公開(内見中止)。
第五福龍丸[† 1] マグロ漁船 都立 第五福竜丸展示館にて公開(内見不可)。
港区 雲鷹丸[† 1] 水産練習船 東京海洋大学品川キャンパスにて公開(内見不可)。
第一芝浦丸[† 1] 引き船 東京港管理事務所前にて公開(内見不可)。
神奈川県 横浜市 氷川丸 客船 博物館船として公開(内見可能)。
日本丸 練習船 日本丸メモリアルパークにて公開(内見可能)。
横須賀市 三笠[† 1] 戦艦 博物館船として公開(内見可能)。世界三大記念艦のひとつ。所有は防衛省。
静岡県 沼津市 スカンジナビア クリッパーバウ型客船 2006年9月2日、スウェーデンへの曳航中、和歌山県潮岬沖約3kmの海底72mに沈没した。
静岡市 東海大学丸II世[† 1] 海洋調査実習船 2016年12月に解体された。
愛知県 名古屋市 ふじ 南極観測船 名古屋港ガーデンふ頭にて公開(内見可能)。
碧南市 きぬかぜ CL71[† 1] 巡視艇 碧南市青少年海の科学館にて公開。
三重県 鳥羽市 白鯨号[† 1] 潜水調査船 海の博物館にて公開(内見不可)。
ぶらじる丸 貨客船 1996年1月に閉館。その後中国へ曳航された。
和歌山県 太地町 第十一京丸[† 1] 捕鯨船 くじら浜公園にて公開(内見不可)。
兵庫県 神戸市 ヤマトⅠ[† 1] 超電導電磁推進船 神戸海洋博物館で野外展示されていたが、2016年11月に撤去された。
疾風[† 1] テクノスーパーライナー 神戸海洋博物館で野外展示されていたが、2016年11月に撤去された。
富山県 射水市 海王丸 練習船 みなとオアシス海王丸パークにて公開(内見可能)。
広島県 尾道市 こじま PL-21 練習巡視艇 向島町マリンユースセンターに展示されていたが、2003年に撤去された。
呉市 あきしお[† 1] 潜水艦 海上自衛隊呉史料館にて公開(内見可能)。
しんかい[† 1] 潜水調査船 呉市海事歴史科学館にて公開(内見不可)。
江田島市 特殊潜航艇甲型(甲標的甲型)[† 1] 特殊潜航艇 教育参考館にて留置(内見不可)。
海龍[† 1] 特殊潜航艇 第1術科学校にて留置(内見不可)。
熊本県 天草市 ろっこう PS-35 巡視艇 浜田海岸えびす公園にて展示されていたが、2002年に撤去された。
愛媛県 今治市 葉山丸[† 1] 採集船 大三島海事博物館にて公開(内見不可)。
香川県 琴平町 あらかぜ CL14 巡視艇 琴平海洋博物館にて公開(内見不可)。
はまゆう 巡視艇 琴平海洋博物館にて展示されていたが、撤去された。
長崎県 長崎市 大雪丸 青函連絡船 2005年12月20日「ホテルシップヴィクトリア」の営業終了。その後中国へ曳航された。
中華人民共和国の旗 中国 広東省 深圳市 ミンスク ソ連海軍航空母艦 ミンスク・ワールドにて公開されたが、2016年に現地で撤去確認。
タイ サムットプラーカーン県 メクロン タイ王国海軍 メクロン級スループ 戦前の日本製水上戦闘艦で唯一現存。
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク イントレピッド アメリカ海軍 エセックス級航空母艦 イントレピッド海上航空宇宙博物館として公開。
バッファロー ザ・サリヴァンズ フレッチャー級駆逐艦 アメリカ合衆国国定歴史建造物およびアメリカ合衆国国家歴史登録財
カリフォルニア州 サンディエゴ ミッドウェイ ミッドウェイ級航空母艦 博物館船として公開。
アラメダ ホーネット エセックス級航空母艦
ロサンゼルス アイオワ アイオワ級戦艦
ロングビーチ クイーン・メリー 大型客船
コネチカット州 グロトン ノーチラス アメリカ海軍。
世界初の原子力潜水艦
マサチューセッツ州 クインシー セーラム デモイン級重巡洋艦
ボストン カッシン・ヤング フレッチャー級駆逐艦
コンスティチューション 1797年進水のフリゲート 世界三大記念艦のひとつ。

記念館として公開されているが、アメリカ海軍の現役艦である。

フォールリバー マサチューセッツ サウスダコタ級戦艦 バトルシップ・コーヴで展示中。
アラバマ州 モービル アラバマ サウスダコタ級戦艦 アメリカ合衆国国定歴史建造物に指定。
テキサス州 ヒューストン テキサス ニューヨーク級戦艦
コーパスクリスティ レキシントン エセックス級航空母艦
ルイジアナ州 バトンルージュ キッド フレッチャー級駆逐艦
サウスカロライナ州 マウントプレザント ヨークタウン エセックス級航空母艦
バージニア州 ノーフォーク ウィスコンシン アイオワ級戦艦
ハワイ州 パールシティ ミズーリ アイオワ級戦艦
ノースカロライナ州 ウィルミントン ノースカロライナ ノースカロライナ級戦艦
ニュージャージー州 カムデン ニュージャージー アイオワ級戦艦
カナダ オンタリオ州 トロント ハイダ トライバル級駆逐艦 イギリス海軍オーストラリア海軍、カナダ海軍において運用された全27隻のトライバル級駆逐艦で唯一現存している。
イギリスの旗 イギリス イングランド ロンドン ベルファスト イギリス海軍巡洋艦
ポーツマス ヴィクトリー[† 1] イギリス海軍の軍艦。
ナポレオン戦争で活躍。
1778年就役。世界三大記念艦のひとつ。
北アイルランド ベルファスト カロライン カロライン級軽巡洋艦 第一次世界大戦においてユトランド沖海戦に参加。
 エストニア ハリュ県 タリン レンビット[† 1] エストニア海軍潜水艦
ギリシャ アテネ チャレット フレッチャー級駆逐艦 日本陸軍が国際法に違反して病院船橘丸」(東海汽船、1,772トン)で部隊武器を輸送した橘丸事件で臨検を実施した。1959年から1991年までギリシャ海軍駆逐艦ヴェロスとして就役。
オーストラリアの旗 オーストラリア ニューサウスウェールズ州 シドニー ヴァンパイア オーストラリア海軍駆逐艦
オンズロウ英語版 オーストラリア海軍の潜水艦
ホルブルーク英語版 オトウェイ英語版
西オーストラリア州 パース オヴェンス英語版
ドイツの旗 ドイツ シュレスヴィヒ
=ホルシュタイン州
キール U-995[† 1] ドイツ海軍潜水艦
Uボート
ポーランドの旗 ポーランド ポモージェ県 グディニャ ブリスカヴィカ ポーランド海軍駆逐艦
ロシアの旗 ロシア レニングラード州 サンクト
ペテルブルク
アヴローラ ロシア海軍ヂアーナ級防護巡洋艦 バルチック艦隊の生き残り。日本海海戦に参戦。
クラスノダール地方 ノヴォロシースク ミハイル・クトゥーゾフ ソヴィエト海軍スヴェルドロフ級軽巡洋艦

表註

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 陸上保存

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『船舶の保存と修復』東京文化財研究所〈未来につなぐ人類の技〉、2002年7月。ISBN 4882331527NCID BA58056729https://www.tobunken.go.jp/image-gallery/conservation/02/index.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]