揚陸指揮艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

揚陸指揮艦(ようりくしきかん、: Amphibious Command Ship)は、指揮・統制能力を重視した軍艦[1]。主にアメリカ海軍が採用している艦種であり、艦隊司令等が座上する[1]

概要[編集]

海上における軍事行動、特に揚陸戦においては、水上艦船のほか、陸上部隊、航空部隊についても指揮・統制を行う必要がある[2]

第二次世界大戦後半ともなると、上陸作戦は大規模化し、多数の司令部人員や通信能力を必要とした。そのため、充分な容積を確保し、充分な通信能力を備えた指揮専用艦艇・揚陸指揮艦が用いられるようになった[2]

アメリカ海軍初の揚陸指揮艦「アパラチアン」は第二次世界大戦中の1943年戦時標準船を改造して竣工している。主に対日本戦(太平洋戦争)に使用するためのものであった。重要防御対象であったために、大戦中はその存在自体が秘匿されていた[2]

アパラチアン級1970年代まで用いられ、その後はブルー・リッジ級などに引き継がれた。なお、強襲揚陸艦の大型化に伴いタラワ級ワスプ級は揚陸指揮艦任務を兼ねるようになっている。

ブルー・リッジ級では、通信機能を重視し電波干渉を避けるため、広い平甲板を持った船型を採用しているのが特徴である[2]

揚陸指揮艦一覧[編集]

アパラチアン級揚陸指揮艦:4隻

マウント・マッキンリー級揚陸指揮艦:8隻
アディロンダック級揚陸指揮艦:3隻


ブルー・リッジ級揚陸指揮艦:2隻


脚注[編集]

  1. ^ a b US Navy. “AMPHIBIOUS COMMAND SHIPS - LCC The US Navy Fact File”. 2015年11月29日閲覧。
  2. ^ a b c d アメリカ揚陸艦史 世界の艦船 2007年1月号増刊 海人社 EAN 4910056040171

関連項目[編集]