新潮選書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新潮選書(しんちょうせんしょ、: Shincho Sensho)は、新潮社が発行している選書レーベルである。四六判、ソフトカバー。

1967年5月創刊[1]。 以来、2009年現在で600点以上が刊行されている。カバーデザインは21世紀に入り2度変更された。

毎月およそ、2~3冊ずつ刊行される。ロングセラーには、江藤淳『漱石とその時代 (全5巻)』、高坂正堯『文明が衰亡するとき』、江川卓『謎とき「罪と罰」』、東山魁夷『風景との対話』、西成活裕『渋滞学』などがある。

脚注[編集]

  1. ^ CiNii 図書 - 新潮選書

外部リンク[編集]