yom yom

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

yom yom』(ヨム ヨム)は、株式会社新潮社が発行する小説誌小説新潮別冊という位置づけ[1]

概要[編集]

2006年12月7日に創刊号(vol.1)が発行された。創刊編集長は木村由花。1・3・5・7・9・11月の第3金曜日に発売されている[2]

2009年まで年4回発行の季刊誌2010年2月発行のvol.14より年5回発行、2012年5月発行のvol.24より再び季刊、2017年5月発行のvol.44より毎奇数月[2]の刊行となった。創刊からvol.23まで、表紙イラストは100%ORANGEが担当、新潮文庫のマスコットであるYonda?君が表紙を飾る。2012年5月発行のvol.24からは、漫画家今日マチ子のイラストが表紙を飾る[3]2015年5月発行のvol.36からは、漫画家の押見修造のイラストが表紙を飾る[4]。誌名の「yom yom」は「読む」から来ており、「読む」ことが好きな人々に向けた、「読む」楽しみをもっと拡げるための雑誌である。『じっくりヨムヨム、ぱらぱらヨムヨム、晴れの日も雨の日も、楽しくヨムヨム』がキーワードとなっている。vol.1からvol.5まではすべて増刷されており、累計で37万4000部を発行している。2008年2月発行のvol.6は、初刷7万8000部、発売初日に2万2000部の増刷が決まり、合計10万部に達した[5]。連載後、新潮社より単行本化されるほか、新潮文庫や新潮文庫nexに収められるケースもある。

2007年9月のvol.4では、体調不良で長らく執筆活動を退いていた山本文緒の5年ぶりの小説が掲載された。2008年2月のvol.6では、小野不由美が6年半ぶりに『十二国記』の新作を書き下ろしたことでより注目を集め、初版7万8000部という過去最高の初版発行部数を記録した。2014年1月までは、新潮文庫の売上げ増進企画「Yonda? CLUB」とも連動しており、ここでも葡萄のマークが入手可能であった。

2013年1月21日、『小説新潮』と『yom yom』の姉妹版として位置付けられる、会員制のデジタル雑誌『yomyom pocket』が創刊された[6]。2014年12月25日に会員サイトは終了したが、連載は「ROLA」のウェブサイト内で継続されている[7]

2017年2月1日発売の43号をもって紙の雑誌としての刊行は終了し、翌44号からは電子版に移行した[2]。文芸誌としての位置付けは引き続き保持している[8]

構成[編集]

注:構成は号によって異なる。

  • 特集
  • インタビュー
  • ガイド
  • 読切り小説
  • 中篇一挙掲載
  • エッセイをヨムヨム
  • 翻訳をヨムヨム
  • 小特集
  • 対談
  • 往復書簡
  • essays
  • yom yom special
  • yom yom club
    • 私の本棚
    • 人生の三冊
    • 新刊をヨムヨム
    • 小説検定
  • 執筆者紹介

主な連載・掲載作品[編集]

現在の連載・掲載作品[編集]

過去の連載・掲載作品(書籍名)[編集]

エッセイ[編集]

関連項目[編集]

  • 考える人 - 同じく新潮社で刊行されている季刊誌。

脚注[編集]

  1. ^ yomyom ヨムヨム vol.24 2012春
  2. ^ a b c yom yom vol.43 | 新潮社
  3. ^ 文芸誌『yom yom』表紙が今日マチ子のイラストに - エキサイトニュース
  4. ^ 表紙が新しくなりました!|yom yom便り|yom yom|新潮社
  5. ^ 一気に4誌も創刊された! 今、ニューウェーブ文芸誌が熱い!(P3) 日経トレンディネット
  6. ^ 新潮社、デジタル雑誌「yomyom pocket(ヨムヨム・ポケット)」をPC・スマホ向けに創刊、月内は完全無料
  7. ^ トップページ | yomyom pocket
  8. ^ “文芸誌yom yom電子版スタートで押見修造が表紙、次号ふみふみこ新連載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年5月19日). http://natalie.mu/comic/news/233376 2017年5月20日閲覧。 

外部リンク[編集]