沢木耕太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
沢木 耕太郎
(さわき こうたろう)
誕生 (1947-11-29) 1947年11月29日(74歳)
東京都大田区
職業 作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 横浜国立大学経済学部
ジャンル ノンフィクション
小説
代表作深夜特急』(1986年 - 1992年)
子供 田澤利依子
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

沢木 耕太郎(さわき こうたろう、1947年11月29日 - )は、日本ノンフィクション作家エッセイスト小説家写真家

人物[編集]

東京都大田区生まれ。東京都立南高等学校(当時)を経て、横浜国立大学経済学部卒業。大学時代のゼミの指導教官は、後に神奈川県知事となる長洲一二だった[1]

大学卒業後は富士銀行(当時)に入行するも、初出社の日に退社した。出社途中に信号待ちをしているときに退社を決めたという[2]。その後、ゼミの指導教官だった長洲から「何か書いてみないか」と誘われたのをきっかけに文筆活動を始める[1]

ルポライターとして1970年昭和45年)、『防人のブルース』[3]でデビューし、1979年(昭和54年)には演説中に刺殺された日本社会党委員長の浅沼稲次郎と、その犯人である少年の交錯を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。以後、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説、エッセーなどを発表している。

名前[編集]

「沢木耕太郎」はペンネームである[4]。雑誌の取材を受け、「あなたの本名はあらゆる文献を見てもどこにも掲載されていない。なぜなのか」と問われた沢木は、「ペンネームを使う以上、わざわざ本名を名乗るのなら使う必要がない」と答えている[4]。実父の没後にその句集を出版した際にも、苗字をつけず「二郎」とファーストネームだけの名義を用いた。

エピソード[編集]

受賞歴[編集]

作品[編集]

  • 『若き実力者たち 現代を疾走する12人』文藝春秋(1973年)のち文庫・改版
  • 『敗れざる者たち』文藝春秋(1976年)のち文庫・改版
  • 人の砂漠新潮社(1977年)のち文庫
  • 『テロルの決算』文藝春秋(1978年)のち文庫・改版
  • 『地の漂流者たち』文春文庫(1979年)
  • 一瞬の夏』新潮社(1981年)のち文庫
  • 『路上の視野』文藝春秋(1982年)
    • 「紙のライオン」「ペーパーナイフ」「地図を燃やす」文庫(3分冊)1987年
  • 『バーボン・ストリート』新潮社(1984年)のち文庫
  • 深夜特急 第一便 黄金宮殿』新潮社(1986年)のち文庫・各改版
  • 『深夜特急 第二便 ペルシャの風』新潮社(1986年)のち文庫
  • 『馬車は走る』文藝春秋(1986年)のち文庫
  • 『王の闇』文藝春秋(1989年)のち文庫
  • 『チェーン・スモーキング』新潮社(1990年)のち文庫
  • 『彼らの流儀』朝日新聞社(1991年)のち新潮文庫
  • 『深夜特急 第三便 飛光よ、飛光よ』新潮社(1992年)のち文庫・改版
  • 『象が空を 1982-1992』文藝春秋(1993年)
    • 「夕陽が眼にしみる」「不思議の果実」「勉強はそれからだ」文庫(3分冊)2000年
  • 』新潮社(1995年)のち文庫
  • オリンピア〜ナチスの森で集英社(1998年)のち文庫、新潮文庫
  • 『血の味』新潮社 純文学書き下ろし特別作品(2000年、初の長編小説)のち文庫
  • 『世界は「使われなかった人生」であふれてる』暮しの手帖社(2001年)のち幻冬舎文庫
  • 『イルカと墜落』文藝春秋(2002年)のち文庫
  • 『シネマと書店とスタジアム』新潮社(2002年)のち文庫
  • 『沢木耕太郎ノンフィクション』文藝春秋(全9巻、2002年〜2004年)
  1. 激しく倒れよ
  2. 有名であれ無名であれ
  3. 時の廃墟
  4. オン・ザ・ボーダー
  5. かつて白い海で戦った
  6. 男と女
  7. 1960
  8. ミッドナイト・エクスプレス
  9. 酒杯を乾して
  • 一号線を北上せよ』講談社(2003年)のち文庫
  • 『無名』幻冬舎(2003年)のち文庫
  • 杯 WORLD CUP』朝日新聞社(2004年)のち新潮文庫
  • 冠 OLYMPIC GAMES』朝日新聞社(2004年)のち文庫、「冠(コロナ)〈廃墟の光〉 オリンピア1996」新潮文庫
  • 』新潮社(2005年)のち文庫
  • 危機の宰相』魁星出版(2006年) のち文春文庫
  • 『「愛」という言葉を口にできなかった二人のために』幻冬舎(2007年)のち文庫
  • 246スイッチ・パブリッシング(2007年)のち新潮文庫 
  • 『旅する力──深夜特急ノート』新潮社(2008年)のち文庫 
  • 『あなたがいる場所』新潮社(2011年)のち文庫
  • 『ポーカー・フェース』新潮社(2011年)のち文庫 
  • 『キャパの十字架』文藝春秋(2013年)のち文庫 
  • 流星ひとつ』新潮社(2013年)のち文庫 - 藤圭子を描く
  • 『旅の窓』幻冬舎(2013年)のち文庫
  • 『波の音が消えるまで』新潮社(上下、2014年)のち文庫 全3冊、小説
  • 『キャパへの追走』文藝春秋(2015年)のち文庫
  • 『銀の街から』朝日新聞出版(2015年)のち文庫
  • 『銀の森へ』朝日新聞出版(2015年)のち文庫
  • 『春に散る』朝日新聞出版(小説、上・下、 2017年) のち文庫
  • 『銀河を渡る 全エッセイ』新潮社(2018年)
  • 『作家との遭遇 全作家論』新潮社(2018年)のち文庫 - 19名の作家論
  • 『旅のつばくろ』新潮社(2020年) - 国内旅エッセイ、JR東日本の車内誌「トランヴェール」に連載
  • 『飛び立つ季節―旅のつばくろ』新潮社(2022年6月)- 続編
  • 『天路の旅人』新潮社(2022年10月)- 西川一三の評伝

編集・共著[編集]

  • 目撃者──近藤紘一全軌跡1971~1981(文藝春秋、1981年、文春文庫、1991年)
  • 右か、左か 心に残る物語-日本文学秀作選(文春文庫、2010年)
  • 山本周五郎名品館(全4巻 文春文庫、2018年)
  • 『貧乏だけど贅沢』(文藝春秋、1999年、文春文庫、2012年)、10名と対談集
  • 『月の少年』浅野隆広絵 講談社(2012年)
  • 『わるいことがしたい!』ミスミヨシコ絵 講談社(2012年)
  • 『いろはいろいろ』和田誠絵 講談社(2013年)
  • 『ホーキのララ』貴納大輔絵 講談社(2013年)、各・児童出版
  • 『沢木耕太郎 セッションズ』(全4巻 岩波書店、2020年)

翻訳[編集]

  • キャパ その青春(リチャード・ウィーラン) 文藝春秋(1988年)
  • キャパ その死(リチャード・ウィーラン) 文藝春秋(1988年)
    • 「キャパ その青春」、「─その戦い」、「─その死」文春文庫(2004年)
  • ロバート・キャパ写真集 フォトグラフス 文藝春秋(1988年)訳・解説
  • カラ 孤独なハヤブサの物語 J・F・ガーゾーン 新潮社(1995年)のち文庫
  • 殺人者たちの午後 トニー・パーカー 飛鳥新社(2009年)

写真集[編集]

  • 『天涯』全3巻 スイッチパブリッシング(1997〜2003年)のち集英社文庫(全6冊、2006年)
  • カシアス(写真家内藤利朗との共著)スイッチ・パブリッシング(2005年)

放送メディアへの出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 1999年6月27日付け日本経済新聞(文化欄)
  2. ^ 『路上の視野』所収のエッセイにこの記述がある
  3. ^ 『地の漂流者たち』所収
  4. ^ a b 「ノンフィクション作家の第一人者 沢木耕太郎の謎に満ちた"私生活"」『噂の眞相』 1996年3月号
  5. ^ この作品は、「クレイになれなかった男」(『敗れざる者たち』所収)の続編ともいえる
  6. ^ 詳細は『イルカと墜落』に収録
  7. ^ 2010年(平成22年)、東京藝術大学大学院の学生らによる
  8. ^ 『ゴロウ・デラックス』最終回、ゲストは沢木耕太郎 稲垣吾郎が“今伝えたいこと”を朗読” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2019年7月30日閲覧。
  9. ^ a b 沢木耕太郎 『深夜特急 4 シルクロード』 新潮社文庫
  10. ^ 沢木耕太郎、『旅する力 深夜特急ノート』新潮社

外部リンク[編集]