朝倉かすみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝倉 かすみ
(あさくら かすみ)
誕生 (1960-08-10) 1960年8月10日(57歳)
日本の旗 北海道小樽市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 北海道武蔵女子短期大学教養学科卒業
活動期間 2003年 -
ジャンル 小説
エッセイ
主な受賞歴 北海道新聞文学賞(2003年)
小説現代新人賞(2004年)
吉川英治文学新人賞(2009年)
デビュー作 「コマドリさんのこと」(2003年)
公式サイト アサクラ日記
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

朝倉 かすみ(あさくら かすみ、1960年8月10日[1][2] - )は、日本小説家北海道小樽市出身[3]北海道札幌手稲高等学校卒業[4]北海道武蔵女子短期大学教養学科卒業[5]高校短大時代は石狩市で過ごす[6]。卒業後は様々な職を経験する[6]。本名は朝倉香純[7]

2003年、「コマドリさんのこと」で第37回北海道新聞文学賞受賞[8]2004年、「肝、焼ける」で第72回小説現代新人賞受賞[9]2009年、「田村はまだか」で第30回吉川英治文学新人賞受賞[10]2017年、『満潮』で第30回山本周五郎賞候補。

著書[編集]

小説[編集]

長編[編集]

  • ほかに誰がいる(2006年9月 幻冬舎 / 2008年2月 幻冬舎文庫
  • そんなはずない(2007年6月 角川書店 / 2010年7月 角川文庫
  • 好かれようとしない(2007年11月 講談社 / 2011年2月 講談社文庫
  • ロコモーション(2009年1月 光文社 / 2012年1月 光文社文庫
  • ともしびマーケット(2009年7月 講談社 / 2012年6月 講談社文庫)
  • 深夜零時に鐘が鳴る(2009年11月 マガジンハウス
  • 感応連鎖(2010年2月 講談社 / 2013年2月 講談社文庫)
  • とうへんぼくで、ばかったれ(2012年5月 新潮社
  • 幸福な日々があります(2012年8月 集英社
  • てらさふ(2014年2月 文藝春秋
  • 乙女の家(2015年2月 新潮社)
  • 満潮(2016年12月 光文社)

短編集[編集]

  • 肝、焼ける(2005年11月 講談社 / 2009年5月 講談社文庫)
  • 田村はまだか(2008年2月 光文社 / 2010年11月 光文社文庫) - 連作短編集
  • タイム屋文庫(2008年5月 マガジンハウス) - 連作短編集
  • 夫婦一年生(2008年8月 小学館 / 2010年4月 小学館文庫) - 連作短編集
  • エンジョイしなけりゃ意味ないね(2008年11月 幻冬舎 / 2011年8月 幻冬舎文庫) 
  • 玩具の言い分(2009年5月 祥伝社 / 2012年7月 祥伝社文庫
  • 静かにしなさい、でないと(2009年9月 集英社 / 2012年9月 集英社文庫)
  • 声出していこう(2010年8月 光文社 / 2013年8月 光文社文庫) - 連作短編集
  • 夏目家順路(2010年10月 文藝春秋 / 2013年4月 文春文庫) - 連作短編集
  • 少しだけ、おともだち(2012年10月 筑摩書房
  • わたしたちはその赤ん坊を応援することにした(2015年2月 幻冬舎)
  • 植物たち(2015年12月 徳間書店)
  • たそがれどきに見つけたもの(2016年2月 講談社)
  • 少女奇譚 あたしたちは無敵(2016年6月 KADOKAWA/角川書店) 

エッセイ[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が朝倉かすみの作品

  • COLORS(2008年4月 ホーム社 / 2009年10月 集英社文庫)「ふかみどりどり」
  • utage・宴―北の作家書下ろしアンソロジー<vol.1>(2008年10月 柏艪舎)「おまえ、井上鏡子だろう」
  • 好き、だった。―初めての失恋、七つの話(2010年2月 MF文庫ダ・ヴィンチ)「ノベライズ」
  • 人はお金をつかわずにはいられない(2011年10月 日本経済新聞出版社)「おめでとうを伝えよう!」
  • 泥酔懺悔(2012年11月 筑摩書房)「無理」

脚注[編集]

外部リンク[編集]