小説現代新人賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小説現代新人賞(しょうせつげんだいしんじんしょう、1963年 - 2005年)は、講談社が主催していた公募新人文学賞。ジャンルを問わずに中短編小説を募集し、受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作は講談社発行の小説誌『小説現代』に掲載された。2006年より小説現代長編新人賞に改組された。

受賞作一覧[編集]

第1回から第10回[編集]

回(年) 受賞者 受賞作
第1回(1963年) 受賞 中山あい子 「優しい女」
第2回(1964年) 受賞 長尾宇迦 「山風記」
第3回(1964年) 受賞 八切止夫 「寸法武者」
第4回(1965年) 受賞 竹内松太郎 「地の炎」
第5回(1965年) 受賞 伏見丘太郎 「悪い指」
第6回(1966年) 受賞 五木寛之 「さらば、モスクワ愚連隊」
藤本泉 「媼繁昌記」
第7回(1966年) 受賞 淵田隆雄 「アイヌ遊侠伝」
第8回(1967年) 受賞 佐々木二郎 「巨大な祭典」
第9回(1967年) 受賞 高橋宏 「ひげ」[注 1]
第10回(1968年) 受賞 岩井護 「雪の日のおりん」

第11回から第20回[編集]

回(年) 受賞者 受賞作
第11回(1968年) 受賞 見矢百代 「サント・ジュヌビエーブの丘で」
第12回(1969年) 受賞 笠原淳 「漂泊の門出」
第13回(1969年) 受賞 渡辺利弥 「とんがり」
第14回(1970年) 受賞 加堂秀三 「町の底」
亀井宏 「弱き者は死ね」
第15回(1970年) 受賞 赤江瀑 「ニジンスキーの手」
新宮正春 「安南の六連銭」
第16回(1971年) 受賞 北川修 「幻花」
第17回(1971年) 受賞 岡本好古 「空母プロメテウス」
第18回(1972年) 受賞 有明夏夫 「FL無宿のテーマ」
第19回(1972年) 受賞 志野亮一郎 「拾った剣豪」
上段十三 「TOKYOアナザー鎮魂曲」
第20回(1973年) 受賞 松木修平 「機械野郎」
皆川博子 「アルカディアの夏」

第21回から第30回[編集]

回(年) 受賞者 受賞作
第21回(1973年) 受賞 南原幹雄 「女絵地獄」
第22回(1974年) 受賞 谷口哲秋[注 2] 「海へのチチェローネ」
飯塚伎 「屠る」
勝目梓 「寝台の方舟」
第23回(1974年) 受賞 もりたなるお[注 3] 「頂」
第24回(1975年) 受賞 澤田ふじ子[注 4] 「石女(うまずめ)」
和田頴太 「密猟者(ザ・ボウチャー)」
第25回(1975年) 受賞 芦原公 「関係者以外立入り禁止」
青木千枝子 「わたしのマリコさん」
第26回(1976年) 受賞作なし
第27回(1976年) 受賞 志茂田景樹 「やっとこ探偵」
金木静 「鎮魂夏」
第28回(1977年) 受賞 川上健一 「跳べ、ジョー!B・Bの魂が見てるぞ」
岩城武史 「それからの二人」
第29回(1977年) 受賞 羽村滋 「天保水滸伝のライター」
第30回(1978年) 受賞 達忠 「横須賀ドブ板通り」

第31回から第40回[編集]

回(年) 受賞者 受賞作
第31回(1978年) 受賞 山口明雄[注 5] 「ハリウッドを旅するブルース」
山本多津 「セカンド・ガール」
第32回(1979年) 受賞 白河暢子 「ウィニング・ボール」
後藤翔如 「名残七寸五分」
第33回(1979年) 受賞 森真沙子 「バラード・イン・ブルー」
岡江多紀 「夜更けにスローダンス」
第34回(1980年) 受賞 久和崎康 「ラインアップ」
第35回(1980年) 受賞 阿井渉介[注 6] 「第八東龍丸」
第36回(1981年) 受賞 樋口修吉 「ジェームス山の李蘭」
喜多嶋隆 「マルガリータを飲むには早すぎる」
第37回(1981年) 受賞 高林さわ[注 7] 「ワバッシュ河の朝」
第38回(1982年) 受賞作なし
第39回(1982年) 受賞 多島斗志之[注 8] 「あなたは不屈のハンコ・ハンター」
越沼初美 「テイク・マイ・ピクチャー」
第40回(1983年) 受賞 飯嶋和一 「プロミスト・ランド」

第41回から第50回[編集]

回(年) 受賞者 受賞作
第41回(1983年) 受賞作なし
第42回(1984年) 受賞作なし
第43回(1984年) 受賞作なし
第44回(1985年) 受賞 山崎光夫 「安楽処方箋」
第45回(1985年) 受賞作なし
第46回(1986年) 受賞 松村秀樹 「大脳ケービング」[注 9]
岸間信明 「ファイナル・ゲーム」[注 10]
第47回(1986年) 受賞 矢吹透 「バスケット通りの人たち」
第48回(1987年) 受賞 加藤栄次 「真作譚」
第49回(1987年) 受賞 杉元伶一 「東京不動産キッズ」[注 11]
第50回(1988年) 受賞 馬場真人 「グッバイ・ルビー・チューズディ」[注 12]

第51回から第60回[編集]

回(年) 受賞者 受賞作
第51回(1988年) 受賞 薄井ゆうじ 「残像少年」
第52回(1989年) 受賞 香里了子 「アスガルド」
第53回(1989年) 受賞 都築直子 「エル・キャプ」
第54回(1990年) 受賞 園部晃三 「ロデオ・カウボーイ」
第55回(1990年) 受賞 二宮隆雄 「疾風伝」
小川顕太[注 13] 「プラスチック高速桜(スピードチェリー)」
第56回(1991年) 受賞 小倉千恵 「ア フール」
三田つばめ 「ウォッチャー」
第57回(1991年) 受賞 羽島トオル 「銀の雨」[注 14]
第58回(1992年) 受賞 水城昭彦 「三十五歳、独身。」
第59回(1992年) 受賞 渡辺容子[注 15] 「売る女、脱ぐ女」
第60回(1993年) 受賞 延江浩 「アタシはジュース」[注 16]

第61回から第70回[編集]

回(年) 受賞者 受賞作
第61回(1993年) 受賞 西吾郎[注 17] 「ふざけんな、ミーノ」
第62回(1994年) 受賞 和田徹 「空中庭園」
広岡千明 「猫の生涯」
第63回(1995年) 受賞 荒尾和彦 「苦い酒」
第64回(1996年) 受賞 岩井三四二 「一所懸命」
第65回(1997年) 受賞 宮崎和雄 「洗濯機は俺にまかせろ」
市山隆一 「紙ヒコーキ 飛んだ」
第66回(1998年) 受賞 竹内真 「神楽坂ファミリー」
金城一紀[注 18] 「レヴォリューションNo.3」
第67回(1999年) 受賞 上野哲也 「海の空 空の舟」
田原弘毅 「洗うひと」
第68回(2000年) 受賞 犬飼六岐 「筋違い半介」
第69回(2001年) 受賞 高尾光 「テント」
綿引なおみ 「弾丸迷走」
第70回(2002年) 受賞 栗林佐知 「私の券売機」[注 19]

第71回から第73回[編集]

回(年) 受賞者 受賞作
第71回(2003年) 受賞 竹村肇 「ゴーストライフ」
橘かがり 「月のない晩に」
第72回(2004年) 受賞 朝倉かすみ 「肝、焼ける」[1]
第73回(2005年) 受賞 狩野昌人 「スリーピーホロウの座敷童子」[注 20]

選考委員[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「ひげの生えた風景」を改題
  2. ^ 「中戸真吾」から改名
  3. ^ 「森田成男」から改名
  4. ^ 「沢田ふじ子」から改名
  5. ^ 「岑亜紀良」から改名
  6. ^ 「阿井渉太郎」から改名
  7. ^ 「高林左和」から改名
  8. ^ 「多島健」から改名
  9. ^ 「聖水洞の銀鱗」を改題
  10. ^ 「野球せんとや生まれけん」を改題
  11. ^ 「ようこそ「東京」へ」を改題
  12. ^ 「ルビー・チューズディの闇」を改題
  13. ^ 「園河銀灰色」から改名
  14. ^ 「海賊たちのビーチボール」を改題
  15. ^ 「斉藤朱実」から改名
  16. ^ 「カスピ海の宝石」を改題
  17. ^ 「永石拓」から改名
  18. ^ 「岡田孝進」から改名
  19. ^ 「券売機の恩返し」を改題
  20. ^ 「スリーピーホロウの座敷ワラシ」を改題

出典[編集]

関連項目[編集]