藤堂志津子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤堂 志津子
(とうどう しづこ)
誕生 (1949-03-14) 1949年3月14日(68歳)
日本の旗 北海道札幌市
職業 小説家
エッセイスト
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 藤女子短期大学国文科卒業
活動期間 1987年 -
ジャンル 恋愛小説
エッセイ
主な受賞歴 北海道新聞文学賞(1987年)
直木三十五賞(1988年)
北海道栄誉をたたえて賞(1989年)
札幌市民芸術賞(1990年)
島清恋愛文学賞(2001年)
柴田錬三郎賞(2003年)
デビュー作 マドンナのごとく」(1987年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

藤堂 志津子(とうどう しづこ、1949年3月14日[1] - )は、日本小説家エッセイスト。本名は熊谷 政江[1]

経歴・人物[編集]

北海道札幌市生まれ[2]北海道札幌北高等学校[3]藤女子短期大学国文科卒業[4]1968年、19歳で詩集『砂の憧憬』を刊行する(熊谷政江名義)[5]。『北海道新鋭小説集』(北海道新聞社)に作品が収録。1979年、「熟れてゆく夏」が第11回新潮新人賞候補に(熊谷名義)[6]1983年、「椅子の上の猫」で月刊クオリティ主催の第7回北海道文学賞を受賞(熊谷名義)[7]1987年、札幌市の広告代理店に在籍中に「マドンナのごとく」で第21回北海道新聞文学賞を受賞(熊谷名義)[1][8]1988年、『マドンナのごとく』が第99回直木三十五賞候補に[7]。同年、「熟れてゆく夏」で第100回直木三十五賞を受賞[9]。以後、女性の心の内部を突く恋愛小説を多く発表、エッセイストとしても活躍している。1989年、北海道栄誉をたたえて賞を受賞[10]1990年、第19回札幌市民芸術賞を受賞[11]2001年、『ソング・オブ・サンデー』で第8回島清恋愛文学賞を受賞[12]2003年、『秋の猫』で第16回柴田錬三郎賞を受賞[13]

著作[編集]

詩集[編集]

  • 『砂の憧憬』(熊谷政江名義)私家版 1968

小説[編集]

  • 『マドンナのごとく』講談社 1988(のち文庫、新風舎文庫)
  • 『熟れてゆく夏』文藝春秋 1988(のち文庫)
  • 『あの日、あなたは』講談社 1989(のち文庫、文春文庫)
  • 『恋人よ』文藝春秋 1989(のち文庫、講談社文庫)
  • 『きららの指輪たち』講談社 1990(のち文庫)
  • 『かそけき音の』集英社 1990(のち文庫、文春文庫)
  • 『さりげなく、私』講談社 1990(のち文庫、幻冬舎文庫
  • 『ジョーカー』角川書店 1990(のち文庫、講談社文庫)
  • 『さようなら、婚約者』中央公論社 1991(のち文庫、講談社文庫)
  • 『あなたがいて、そして私』文藝春秋 1991(のち文庫)
  • 『蛍姫』講談社 1991(のち文庫-解説:川西政明-、幻冬舎文庫)
  • 『女と男の肩書』文藝春秋 1991(のち文庫)
  • 『されど、かすみ草』実業之日本社 1992(のち新潮文庫)
  • 『プワゾン』講談社 1992(のち文庫)
  • 『白い屋根の家』中央公論社 1992(のち文庫、講談社文庫)
  • 『われら冷たき闇に』中央公論社 1993(のち文庫、講談社文庫)
  • 『恋人たちの憂鬱』角川書店 1993(のち文庫)
  • 『聖なる湖』文藝春秋 1993(のち文庫)
  • 『水色のノート』講談社 1993(「目醒め」と改題して文庫、「めざめ」と改題して幻冬舎文庫)
  • 『私から愛したい。』幻冬舎 1994(のち文庫)
  • 『彼のこと』講談社 1994(のち文庫、文春文庫)
  • 『せつない時間』講談社 1994(のち文庫)
  • 『絹のまなざし』朝日新聞社 1994(のち講談社文庫、幻冬舎文庫)
  • 『まどろみの秋』光文社 1995(のち新潮文庫)
  • 『青い扉』新潮社 1995(のち文庫)
  • 『ある女のプロフィール』中央公論社 1995(のち文庫)集英社文庫 
  • 『風と水の流れ』文藝春秋 1995(のち文庫)
  • 『ビジネスマンのための女性入門』諸井薫との共著 プレジデント社 1995
  • 『あすも快晴』文藝春秋 1996(のち文庫)
  • 『やさしい関係』角川書店 1996(のち文庫)
  • 『大人になったら淋しくなった』(エッセイ)PHP研究所 1996(のち幻冬舎文庫)
  • 『銀の朝、金の午後』集英社 1996(のち文庫)
  • 『29歳(トゥエンティ・ナイン)』講談社 1996(「ふたつの季節」と改題して文庫、幻冬舎文庫)
  • 『ぬばたま』日本経済新聞社 1997(のち新潮文庫)
  • 『椅子の上の猫』新潮文庫オリジナル 1997
  • 『海の時計』講談社 1997(のち文庫、幻冬舎文庫)
  • 『嘘』幻冬舎、1997(「うそ」と改題して文庫)
  • 『夜のかけら』講談社 1998(のち文庫、集英社文庫)
  • 『風の部屋』角川書店 1998(「プライド」と改題して文庫)
  • 『陽だまりの午後』朝日新聞社 1998(のち幻冬舎文庫)
  • 『ひとりぐらし』文藝春秋 1999(のち文庫)
  • 『昔の恋人』集英社 1999(のち文庫)
  • 『別ればなし』講談社 1999(のち文庫)幻冬舎文庫 
  • 『淋しがり』講談社 1999(のち文庫、幻冬舎文庫)
  • 『花婚式』角川書店 2000(のち文庫)
  • 『ソング・オブ・サンデー』文藝春秋 2000(のち文庫)
  • 『夫の彼女』幻冬舎 2000(のち文庫)
  • 『アカシア香る』新潮社 2001(のち文庫、集英社文庫)
  • 『藤堂志津子恋愛傑作選』角川文庫 2002
  • 『秋の猫』集英社 2002(のち文庫)
  • 『心のこり』文藝春秋 2002(のち文庫)
  • 『人形を捨てる』新潮社 2003(のち文庫)
  • 『つまらない男に恋をして』角川書店 2003(のち文庫)
  • 『男の始末』講談社 2004(のち文春文庫)  
  • 『夜の電話のあなたの声は』文藝春秋 2004(のち文庫)
  • 『夫の息子』角川書店 2005(のち文庫)  
  • 『情夫』幻冬舎 2005(のち文庫)  
  • 『桜ハウス』集英社 2006 のち文庫 
  • 『かげろう』文藝春秋 2007 のち文庫 
  • 『若くない日々』幻冬舎 2007 のち文庫 
  • 『夫の火遊び』集英社 2007 のち文庫 
  • 『パーフェクト・リタイヤ』文藝春秋 2009 のち文庫  
  • 『きままな娘 わがままな母』集英社 2009 のち文庫 
  • 『隣室のモーツァルト』文藝春秋 2011 のち文庫 
  • 『ほろにがいカラダ 桜ハウス』集英社文庫 2012

エッセイ[編集]

  • 『男の勘ちがい女の夢ちがい』新潮社 1992(のち文庫)
  • 『風にまかせて女のほんね』文春文庫オリジナル 1997
  • 『愛犬リッキーと親バカな飼主の物語』講談社 1998(のち文庫)
  • 『窓をあければ』 幻冬舎文庫 2002
  • 『独女日記』 幻冬舎 2011 のち文庫 
  • 『独女日記2』 幻冬舎 2012 のち文庫 

メディア・ミックス[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 藤堂志津子(トウドウシヅコ)とは - コトバンク
  2. ^ 藤堂志津子|新潮社
  3. ^ 北海道札幌北高等学校
  4. ^ 隣室のモーツアルト 文春文庫 : 藤堂志津子 | エルパカBOOKS
  5. ^ 藤堂志津子|エルパカBOOKS
  6. ^ 第十一回新潮新人賞|新潮社
  7. ^ a b 藤堂志津子-直木賞受賞作家
  8. ^ 北海道新聞文学賞:Doshin web 北海道新聞
  9. ^ 熟れてゆく夏(ウレテユクナツ)とは - コトバンク
  10. ^ 第16回 柴田錬三郎賞
  11. ^ 札幌芸術賞・札幌文化奨励賞
  12. ^ きままな娘わがままな母 / 藤堂 志津子【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア
  13. ^ 集英社 柴田錬三郎賞

関連項目[編集]