欲望 (2005年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
欲望
著者 小池真理子
発行日 1997年7月(初版)
2000年4月1日(文庫)
発行元 新潮社
ジャンル 恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
ページ数 493
公式サイト 小池真理子『欲望』
コード ISBN 4-10-409802-7
ISBN 978-4-10-144014-9(文庫本)
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
欲望
監督 篠原哲雄
脚本 大森寿美男
川崎いづみ
原作 小池真理子
製作 鈴木光
出演者 板谷由夏
村上淳
音楽 池頼広
撮影 上野彰吾
編集 田中愼二
製作会社 光和インターナショナル
配給 メディア・スーツ
公開 日本の旗 2005年11月19日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

欲望』(よくぼう)は、小池真理子の小説を原作とした2005年公開の日本映画R-18指定作品。

あらすじ[編集]

図書館司書の青田類子は、高校教師の能勢と不倫をしている。

ある日、能勢と出かけた小石川後楽園で幼馴染の阿沙緒と再会し、彼女の結婚相手である精神科医の袴田を紹介される。そして、阿沙緒夫妻の新居の植栽を手がけたのが、やはり幼馴染で類子が密かに想いを寄せていた秋葉正巳だったのだ。

正巳に対する思慕が再燃する類子。しかし、交通事故で性的不能者になった正巳とは肉体の喜びを共有することは出来ない。

そして、阿沙緒は「袴田が家政婦と浮気をしている」という疑念に苛まれ、精神的に追い詰められていく。

一方、肉欲よりも精神の交合を欲する類子に応えるように見えた正巳だったが……。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

評価[編集]

  • 原作者に「類子そのもの」と言わしめた板谷の演技が高く評価され、彼女の演技によって映像化の難点が払拭されたと言える。
  • また、地味な役ではあるが、中村久美吉田日出子の演技も評価された。

外部リンク[編集]