この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

あさのあつこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あさの あつこ
ペンネーム あさの あつこ
誕生 本名 浅野 敦子
(1954-09-14) 1954年9月14日(62歳)
日本の旗 日本
岡山県旧・英田郡美作町湯郷(現・美作市
職業 小説家
児童文学時代小説作家
活動期間 1991年 -
ジャンル 児童文学時代小説
代表作 バッテリー
主な受賞歴 野間児童文芸賞
日本児童文学者協会賞
小学館児童出版文化賞
デビュー作 『ほたる館物語』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

あさの あつこ1954年9月14日 - 、本名:浅野 敦子)は、日本小説家児童文学作家。小説『バッテリー』はのべ1000万部を超えるベストセラーを記録した他、野間児童文芸賞日本児童文学者協会賞などを受賞。日本児童文学者協会会員。

経歴

岡山県英田郡美作町(現:美作市湯郷出身。父は税務署員、母は高校教師。 幼児から小学生まで、旧旅館経営で食堂をしていた母方祖母に姉弟3人ともに世話され[1]、山川で遊ぶ[2]。図書館もないところで、祖母に漫画を貸本屋で借りてもらい漫画ファンとなり、すぐに自分で小遣いをつぎ込み借りる。漫画雑誌も買うようになる。漫画家を志望するが12歳で絵の才能がなくあきらめる。[3]
学校の図書室には本があまりなく、司書もいなかったが、家には岩波書店少年少女文学全集があったが未読[3]、しかし他にもたくさんの本があったので、書物に触れることができた[4]。中学1年生のとき、「シャーロック・ホームズシリーズ」の『バスカヴィル家の犬』などを読んで小説の面白さを知る。次にアガサ・クリスティを読む。そしてエラリー・クイーンに没頭し全作品を読む。同時期にフィクション日記をつけ始める。[2]中学2、3年生のころから、誰にも言えないまま作家を志し、それは消えることなくずっと続く[1]
作家としてのきっかけをつかむため東京の文学部に進学。学校教員ならまとまった休暇を執筆に当てられると思ってのことでもあった。[5]

岡山県立林野高等学校青山学院大学文学部、大学時代に児童文学サークルに入る。高校時代に1篇、大学時代に自信作1篇の習作を書く[2]。卒業後、岡山市で小学校の臨時教諭を2年間務める[2]

その後、歯科医と結婚し、歯科医院を旧・美作町で開業し医院受付と医院事務と子育てをした。長男次男が小学校に入学し、次に末娘が保育園に入って平日昼2、3時間の自由時間ができた時に36歳で、大学時代に指導を受けた作家で主宰の後藤竜二に誘われ、日本同人協会「季節風」同人となる。「季節風」に連載した『ほたる館物語』が認められ出版され37歳で作家デビューする。著者見本で本が届いたとき、夢のようで本を持ち部屋中を飛び回り泣いて喜んだ。「これで死んでもいい」と思った。夫はその姿を見て初めて趣味で小説を書いていたのではなく、作家を目指していたと知ったと言った。本を抱いてそのまま寝た。[2][1][6]

1997年、『バッテリー』で野間児童文芸賞を受賞する。幅広い世代の支持を得て児童文学としては異例の1000万部ベストセラーになる。1999年、『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞を受賞する。2005年、『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞を受賞する。子育て中に読んだ『橋ものがたり』をきっかけに藤沢周平に魅せられて、『弥勒の月』『夜叉桜』などの時代小説も書いている[1]

2010年7月、「季節風」代表の後藤竜二の急逝に伴い、後継の代表に選任と総会承認され、2年間の任期後再任され、継続中[7][8]2011年、『たまゆら』で島清恋愛文学賞受賞。

エピソード

  • 女優の浅野温子と間違われないように、平仮名のペンネームにした[9]
  • 50歳を過ぎても肩出しファッションで講演するなど、比較的若者風の服装で登場する[10]
  • 野球を題材にした小説を多く発表しているが本人に野球経験はなく、初期作の『バッテリー』は野球の取材を全くせずに執筆した[11]。『バッテリー』はスポーツ小説ではないとし[12]、スポーツを通して成り立つ人間と人間の関係を書いていると語っている[13]。『バッテリー』終了後は、常連校ではないのにセンバツでベスト8進出した経験のある高校野球部のミーティングなどを取材している[10]
  • 雑誌『ダ・ヴィンチ』2007年11月号のボーイズラブ特集で、『バッテリー』と『NO.6』が同性愛の印象を与える「匂い系」と紹介され、この中で本人は「私は(友情と恋愛の)区別ができないからこそ濃密で独特な感情というものを書いていきたい」とのコメントを寄せた。
  • 濃厚な人間関係の描写について、「小中学生には過激ではないか」との意見に対しては、「書きたいものを書いていて、あまり読者を意識していない。誰が読むかということも気にしていない。ただ、物語というのはこんなに面白いんだ、と思わせたい」[10]という内容を講演会で述べている。
  • 山間の小さな町である美作市出身・在住であることについて、「毎日新聞」のインタビューに「(美作市に)住んでいて、憤りを感じるんです。繁栄に取り残されているというか、景気が上向いたなんてどこの話? って」「中央や絶対の権力に抗いたい気持ちが私にはある。それは彼の大人への抗いに通じます」と話している。
  • 2012年岡山県知事選挙でも、取り残された県北部の現状に憤りを示し、批判しメッセージを出している[4]
  • 日本共産党の支持者である[14]

著作リスト

児童・少年少女向け

バッテリー

テレパシー少女「蘭」事件ノート

  1. ねらわれた街(1999年3月 青い鳥文庫
  2. 闇からのささやき(2000年6月 青い鳥文庫)
  3. 私の中に何かがいる(2001年6月 青い鳥文庫)
  4. 時を超えるSOS(2002年2月 青い鳥文庫)
  5. 髑髏は知っていた(2003年2月 青い鳥文庫)
  6. 人面瘡は夜笑う(2004年2月 青い鳥文庫)
  7. ゴースト館の謎(2005年2月 青い鳥文庫)
  8. さらわれた花嫁(2006年3月 青い鳥文庫)
  9. 宇宙からの訪問者(2008年7月 青い鳥文庫)

NO.6

  • NO.6(2003年 - 2011年 YA!ENTERTAINMENT 全9巻 / 2006年 - 2014年 講談社文庫 全9巻)
  • NO.6 beyond(2012年11月 YA!ENTERTAINMENT / 2015年11月 講談社文庫)

「ランナー」シリーズ

  1. ランナー(2007年6月 幻冬舎 / 2010年4月 幻冬舎文庫
  2. スパイクス(2011年4月 幻冬舎 / 2013年4月 幻冬舎文庫)
  3. レーン(2013年5月 幻冬舎 / 2016年8月 幻冬舎文庫)

「グラウンド」シリーズ

  • グラウンドの空(2010年7月 角川書店 / 2013年6月 角川文庫
  • グラウンドの詩(2013年7月 角川書店 / 2015年6月 角川文庫)

「一年四組の窓から」シリーズ

  • 一年四組の窓から (2012年3月 光文社BOOK WITH YOU / 2016年3月 光文社文庫
  • 明日になったら 一年四組の窓から(2013年4月 光文社BOOK WITH YOU / 2016年4月 光文社文庫)

「さいとう市立さいとう高校野球部」シリーズ

  • さいとう市立さいとう高校野球部(2013年8月 講談社 / 2017年8月 講談社文庫【上・下】)
  • さいとう市立さいとう高校野球部 甲子園でエースしちゃいました(2014年8月 講談社)
  • さいとう市立さいとう高校野球部 おれが先輩?(2017年8月 講談社)

その他児童・少年少女向け

  • ほたる館物語(1991年 - 1992年 新日本出版社 全3巻 / 2004年 ジャイブカラフル文庫 全3巻 / 2007年 ジャイブ・ピュアフル文庫 全2巻)
  • ラブ・レター(1998年 新日本出版社)
  • スポットライトをぼくらに(1998年 国土社
  • THE MANZAI(1999年 岩崎書店 / 2004年 - 2010年 ジャイブ・カラフル文庫 全6巻 / 2005年 - 2010年 ジャイブ・ピュアフル文庫 全6巻 / 2010年 - ポプラ文庫ピュアフル 全6巻)
  • どばぴょん(1999年 新日本出版社)
  • タンポポ空地のツキノワ(1999年 国土社 / 2007年 新日本出版社)
  • いえででんしゃ(新日本出版社)
    1. いえででんしゃ(2000年)
    2. いえででんしゃはこしょうちゅう?(2004年)
    3. いえででんしゃはがんばります。(2008年)
  • 新ほたる館物語(2002年 新日本出版社 / 2007年 ジャイブ・カラフル文庫 / 2008年 ジャイブ・ピュアフル文庫)
  • ぼくらの心霊スポット(学研マーケティング / 学習研究社 / 角川つばさ文庫)
    1. ぼくらの心霊スポット(2002年 / 2006年 第2巻との合本 / 2009年)
    2. 首つりツリーのなぞ(2004年 / 2006年 第1巻との合本 / 2011年)
    3. 真夏の悪夢(2004年 / 2011年)
  • ありふれた風景画(2006年 文藝春秋 / 2009年 文春文庫
  • 「ガールズ・ブルー」シリーズ
  • えりなの青い空(2004年 毎日新聞社 / 2008年 文春文庫)
  • 時空ハンターYUKI(2005年 ジャイブ・カラフル文庫 全2巻 / 2010年 ポプラ文庫ピュアフル 全2巻 改題『光と闇の旅人』)
  • 福音の少年(2005年 角川書店 / 2007年 角川文庫)
  • 風の館の物語(2007年 - 2010年 講談社 全4巻 /2013年 1 - 4 青い鳥文庫)
  • あかね色の風 / ラブ・レター(2007年 幻冬舎文庫)
  • 舞は10さいです。(2007年 新日本出版社)
  • 晩夏のプレイボール(2007年 毎日新聞社 / 2010年 角川文庫)
  • 楓子と悠の物語(講談社 青い鳥文庫) - 「坂道をのぼったら」の続編
    1. 12歳 出会いの季節(2007年)
  • ミヤマ物語(毎日新聞社)
    • ミヤマ物語 第一部(2008年)
    • 結界の森へ ミヤマ物語 第2部(2011年)
    • 偽りの支配者 ミヤマ物語 第3部(2013年)完結
  • 復讐プランナー 14歳の世渡り術(2008年 河出書房新社 / 2014年 河出文庫) - 文庫版に書き下ろし続篇「星空の下に」を特別収録
  • 「ヴィヴァーチェ」シリーズ(角川書店)
    1. 紅色のエイ(2008年 / 2013 文庫)
    2. 漆黒の狙撃手(2010年 / 2013 文庫「宇宙へ地球へ」に巻改題)
  • ねこの根子さん(2009年 講談社)
  • 朝のこどもの玩具箱(2009年 文藝春秋)
  • 「神々」シリーズ (学習研究社CLAMP (イラスト、単行本のみ)
    1. 神々の午睡(うたたね)(2009年 / 2013年 幻冬舎文庫)
    2. 神々と目覚めの物語 (2013年)
    3. 神々の午睡(うたたね)金の歌、銀の月(2013年10月)
  • 夜のだれかの玩具箱(2009年 文藝春秋)
  • 13歳のシーズン(2010年 光文社 BOOK WITH YOU / 2014年3月 光文社文庫)
  • スーサ(2011年 徳間書店 / 2014年 徳間文庫)
  • 敗者たちの季節(2014年 講談社)
  • チューリップルかほちゃん(2013年11月 毎日新聞社)絵:石井聖岳 - 絵本

小説以外

  • 近未来入門!(ナレッジエンタ読本 2)(2007年 メディアファクトリー)共著 福江純
  • なによりも大切なこと (心の友だち)(2007年 PHP研究所 / 2010年 PHP文庫)作品フレーズとエッセイ
  • チュウガクセイのキモチ(2008年 小学館)
  • 10代の本棚 - こんな本に出会いたい (2011年 岩波書店 岩波ジュニア新書)編著 収録文
  • 特別授業3.11 君たちはどう生きるか(14歳の世渡り術)「国語・表現する力をつけてほしい」(2012年 河出書房新社)

一般小説

「白兎」シリーズ

  • 透明な旅路と(2005年4月 講談社)
    • 【改題】白兎1 透明な旅路と(2012年9月 講談社)
  • 地に埋もれて(2006年3月 講談社)
    • 【改題】白兎2 地に埋もれて(2012年9月 講談社)
  • 白兎3 蜃楼の主(2012年9月 講談社)
  • 白兎4 天国という名の組曲(2012年9月 講談社)

「Team・HK」シリーズ

  • Team・HK(2013年3月 徳間書店 / 2015年9月 徳間文庫)
  • 殺人鬼の献立表 Team・HK(2015年10月 徳間書店)

「かんかん橋」シリーズ

  • かんかん橋を渡ったら(2013年3月 角川書店 / 2016年1月 角川文庫)
  • かんかん橋の向こう側(2016年3月 KADOKAWA

その他一般小説

  • 十二の嘘と十二の真実(2007年10月 徳間書店 / 2011年2月 徳間文庫)
  • ぬばたま(2008年1月 新潮社 / 2010年8月 新潮文庫)
  • 金色の野辺に唄う(2008年5月 小学館 / 2010年10月 小学館文庫
  • あした吹く風(2008年12月 文藝春秋 / 2012年2月 文春文庫)
  • 夢うつつ(2009年8月 東京書籍 / 2014年1月 文春文庫) - エッセイと小説による短編集
  • たまゆら(2011年5月 新潮社 / 2013年11月 新潮文庫)
  • 桃の花は(2011年8月 ほっと文庫(角川文庫・バンダイ))
  • 花や咲く咲く(2013年8月 実業之日本社 / 2016年10月 実業之日本社文庫
  • グリーン・グリーン(2014年8月 徳間書店 / 2017年3月 徳間文庫)
  • I love letter(2016年9月 文藝春秋)

時代小説

「弥勒」シリーズ

  • 弥勒の月(2006年2月 光文社 / 2008年8月 光文社文庫)
  • 夜叉桜(2007年9月 光文社 / 2009年11月 光文社文庫)
  • 木練柿(2009年10月 光文社 / 2012年1月 光文社文庫)
  • 東雲の途(しののめのみち)(2012年2月 光文社 / 2014年8月 光文社文庫)
  • 冬天の昴(2014年3月 光文社 / 2016年11月 光文社文庫)
  • 地に巣くう(2015年11月 光文社)
  • 花を呑む(2017年1月 光文社)

「おいち不思議がたり」シリーズ

  • ガールズ・ストーリー おいち不思議がたり(2009年12月 PHP研究所)
    • 【改題】おいち不思議がたり(2011年11月 PHP文芸文庫
  • 桜舞う おいち不思議がたり(2012年3月 PHP研究所 / 2015年2月 PHP文芸文庫)
  • 闇に咲く おいち不思議がたり(2015年5月 PHP研究所)

「燦」シリーズ

  • 燦1 風の刃(2011年4月 文春文庫)
  • 燦2 光の刃(2011年12月 文春文庫)
  • 燦3 土の刃(2012年7月 文春文庫)
  • 燦4 炎の刃(2013年6月 文春文庫)
  • 燦5 氷の刃(2014年7月 文春文庫)
  • 燦6 花の刃(2015年5月 文春文庫)
  • 燦7 天の刃(2016年5月 文春文庫)
  • 燦8 鷹の刃(2016年8月 文春文庫)

「闇医者おゑん秘録帖」シリーズ

  • 闇医者おゑん秘録帖(2013年2月 中央公論新社 / 2015年12月 中公文庫
  • 闇医者おゑん秘録帖 花冷えて(2016年1月 中央公論新社)

その他時代小説

  • 待ってる 橘屋草子(2009年2月 講談社 / 2013年9月 講談社文庫)
  • 火群のごとく(2010年5月 文藝春秋 / 2013年7月 文春文庫)
  • 花宴(2012年7月 朝日新聞出版 / 2015年1月 朝日文庫
  • もう一枝あれかし(2013年8月 文藝春秋 / 2016年3月 文春文庫)
  • かわうそ お江戸恋語り。(2014年8月 祥伝社 / 2017年6月 祥伝社文庫
  • ゆらやみ(2015年6月 新潮社)
  • 風を繍う(2016年8月 実業之日本社)
  • 天を灼く(2016年10月 祥伝社)
  • 薫風ただなか(2017年6月 KADOKAWA)

エッセイ他

  • ささやかな物語たち。(2009年 講談社)浅野征大(写真)フォトエッセー
  • 「少女の友」創刊100周年記念号 明治・大正・昭和ベストセレクション(2009 実業之日本社)所収エッセイ
  • ようこそ、絵本館へ(2011年 文藝春秋)
  • あさのあつこのマンガ大好き!(2011年 東京書籍)
  • うふふな日々(2012年 PHP研究所)
  • ことばの力 第1巻: ぐっとくるまんがのセリフ101(2012年 鈴木出版)
  • ことばの力 第2巻: ぐっとくる文学のセリフ101(2012年 鈴木出版)
  • ことばの力 第3巻: ぐっとくる映画のセリフ101(2013年 鈴木出版)

アンソロジー

「」内があさのあつこの作品

  • おもしろい話が読みたい! 白虎編(2005年7月 青い鳥文庫)「蘭と桜と春爛漫」
  • ピュアフル・アンソロジー 夏休み。(2006年6月 ピュアフル文庫)「幻想夏」
  • あなたに贈る物語(2006年11月 青い鳥文庫)「坂道をのぼったら」
  • 妖怪変化 京極堂トリビュート(2007年12月 講談社ノベルス)「鬼娘」 - 百鬼夜行シリーズのトリビュート作品集
  • Field, Wind(2008年4月 ジャイブ)「ロード」
    • 【改題】ぼくらが走りつづける理由(2009年11月 ポプラ文庫)
  • きみが見つける物語 スクール編(2008年6月 角川文庫)「このグラウンドで」
  • きみに贈るつばさ物語(2009年3月 角川つばさ文庫)「ヨキナマ、ヨキナマ」
  • きみが見つける物語 ティーンエイジ・レボリューション(2010年4月 角川書店)「薄桃色の一瞬に」
    • 【改題】きみが見つける物語 運命の出会い編(2012年4月 角川文庫)
  • シティ・マラソンズ(2010年10月 文藝春秋 / 2013年3月 文春文庫)「フィニッシュ・ゲートから」
  • 風色デイズ(2012年12月 ハルキ文庫)「チームF」
  • 10分間の官能小説集(2012年6月 講談社文庫)「てんにょどうらく」
  • マウンドの神様(2017年6月 実業之日本社文庫)「梅里駅前商店街の熱い風」

テレビ出演

作品のメディアミックス

関連書籍

  • あさのあつこ完全読本 2005年 河出書房新社

参考

  • 文藝年鑑2011
  • 「私が子どもだったころ」(NHK)

脚注

  1. ^ a b c d 『うふふな日々』あさのあつこ 2012年 PHP研究所
  2. ^ a b c d e 『あさのあつこ完全読本』2005年 河出書房新社
  3. ^ a b 『あさのあつこのマンガ大好き!』2011年 東京書籍
  4. ^ a b 知事選 県人に聞く<1>作家・あさのあつこさん2013年5月17日閲覧
  5. ^ あさのあつこロングインタビュー
  6. ^ 受付、事務、飛び回り、夫発言は1997年頃の文芸誌インタビュー
  7. ^ 2010年8月1日越水利江子幹事の緊急幹事会報告2013年5月23日閲覧
  8. ^ 「季節風」サイト 2013年会構成2013年5月23日閲覧
  9. ^ 「バッテリー」映画化前後の朝日新聞夕刊連載コラム
  10. ^ a b c あさのあつこ講演会「作品の中の少年少女たち」
  11. ^ 児童文学「バッテリー」の作者招く
  12. ^ インタビュー
  13. ^ 〈託す〉 光浴びぬ子こそ魅力
  14. ^ だから私は日本共産党/作家/あさのあつこさん - YouTube”. 日本共産党公式チャンネル - YouTube (2012年4月19日). 2016年4月12日閲覧。

外部リンク