野間児童文芸賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野間児童文芸賞
受賞対象 児童向け文学・ノンフィクション
日本
授与者 財団法人野間文化財団講談社
初回 1963年
公式サイト http://www.kodansha.co.jp/award/noma-bungei.html

野間児童文芸賞(のまじどうぶんげいしょう)は、講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が1963年から設けた文学賞で、野間三賞のうちの一つ。児童向けの文学やノンフィクションを対象としている。受賞者には正賞としてブロンズ像、副賞として200万円が授与される。対象作品は前年8月1日から当年7月31日までの過去1年間に刊行されたもので11月に発表、12月に贈呈式が行われる。

受賞作一覧[編集]

第1回から第10回[編集]

第11回から第20回[編集]

第21回から第30回[編集]

第31回から第40回[編集]

第41回から第50回[編集]

第51回から第60回[編集]

選考委員[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]