新日本出版社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社 新日本出版社
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目25-6
設立 1957年2月21日
業種 出版業
法人番号 2011001011545
事業内容 出版と販売及び書籍取次業
代表者 田所 稔(代表取締役社長)
資本金 4000万円[1]
従業員数 26名
外部リンク http://www.shinnihon-net.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社新日本出版社(しんにほんしゅっぱんしゃ)とは、日本出版社。社会・政治から絵本・児童書まで扱う総合出版社。月刊「経済」の発行元。

概要[編集]

志位和夫不破哲三など歴代日本共産党中央委員会幹部会委員長の執筆書や、日本共産党の機関誌であるしんぶん赤旗が編集した書籍を多く発行 [2]しており、また日本共産党の綱領の解説書なども発行している[3]

社会科学の出版が主力を占めつつも、自然科学・教育書なども出版している。文学書は、小林多喜二宮本百合子の個人全集、『日本プロレタリア文学集』など、プロレタリア文学民主主義文学の作品が多い。1960年代には世界革命文学選、中国革命文学選というシリーズも出していた。

児童書では、反戦の立場からの戦争や平和をテーマにしたものも多い(原子爆弾を扱った『まっ黒なおべんとう』、八王子市空襲での機銃掃射を扱った『ランドセルをしょったじぞうさん』、アメリカ合衆国による水爆実験を扱った『トビウオのぼうやはびょうきです』など)。児童書の中には、毎年の全国読書感想文コンクールの課題図書に選定されるものもある。また観光ガイドブック的なものとして『秩父事件』がある。

1970年代には新日本選書新日本新書新日本文庫などのシリーズものも出していたが、1980年代に選書は撤退、1990年代に文庫が撤退、2002年を最後に新書の新刊は刊行されていない。

2000年代からは『ちい散歩』(テレビ朝日)を皮切りに放送番組分野にも進出。民放・NHKの番組関連書籍を多数手がける。

また、『ドボン&ウズ・メメス』の人気をきっかけとしてしんぶん赤旗掲載漫画も取り扱うようになった。日本最長寿4コマ漫画『まんまる団地』の選集も2014年、かねてから単行本を出してきた一声社に代わり刊行している。

沿革[編集]

  • 1957年 設立、千代田区神田三崎町から同区飯田町へ移転
  • 1962年 季刊雑誌「経済」創刊
  • 1963年 千代田区富士見町へ移転
  • 1965年 季刊「経済」を月刊化
  • 1971年 日本書籍出版協会に加入
  • 1972年 日本児童図書出版協会に加入
  • 1975年 文京区大塚へ移転
  • 1979年 渋谷区千駄ヶ谷へ移転
  • 1984年 渋谷区本町へ移転
  • 1987年 現住所へ移転

主な出版物[編集]

番組本[編集]

漫画[編集]

  • 『ドボン&ウズ・メメス』全3巻
  • 『とっておきまんまる団地』

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ トップページ>一般書>政治・社会・経済>政治・社会>日本共産党 - 新日本出版社公式サイト、2016年1月12日閲覧
  3. ^ [2]

外部リンク[編集]