角川つばさ文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

角川つばさ文庫(かどかわつばさぶんこ)は、株式会社KADOKAWAが発行・発売する児童書レーベルである。2009年3月3日創刊。

概要[編集]

2008年角川文庫が創刊60周年となったのを期に、読者層を調査したところ小学中学年から角川グループの様々なジャンルの文庫が読まれていることが判明した。これをヒントに、文庫を読む前の児童に向けて読書の楽しさを体験してもらうために創刊を決めたのが角川つばさ文庫である。

文庫と名付けられているが実際の判型は新書判として出版される。創刊当初はKADOKAWAの前身、角川グループホールディングス(角川GHD)傘下であった角川書店角川学芸出版角川マガジンズ(旧角川・エス・エス・コミュニケーションズ)、富士見書房アスキー・メディアワークスエンターブレインなど角川グループの各出版社が編集・発行を担当する協力出版形式を採っていた。2013年10月1日で各社がKADOKAWAへ吸収合併されブランドカンパニー化してからは、各ブランドカンパニーが編集を担当しKADOKAWAが発行・発売を担当する。

発行書のジャンルも新作の児童文学をはじめ、国内外の古典や名作・ライトノベルノベライズノンフィクションなど多岐にわたっている。

レーベル発のオリジナル作品『天才作家スズ』や『ウルは空色魔女』が漫画化されるなどメディアミックス展開も行われている他、角川つばさ文庫小説賞を実施し、一般の部とイラストの部に限り新人作家や新人イラストレーターの発掘にも力を入れている。

ライトノベルとの違い[編集]

オリジナル以外の作品の本文は原則として原著と同じであるが、フォントがやや大きく漢字にはルビが振られているため、子どもにも読みやすく配慮されている。ただし、ライトノベル原作で児童に不適切とされる表現が見られる場合は穏当な表現に置き換えられている[1]

刊行ラインナップ[編集]

2009年3月に15作品で創刊した。同年4月からは毎月15日に定期刊行を開始、2010年3月末までに50作品の刊行を予定している。五十音順に掲載。

A オリジナル[編集]

  • 『蒼き戦記』シリーズ 吉橋通夫・著 瀬島健太郎・絵
    • 『蒼き戦記 はるかな道へ』
    • 『蒼き戦記 空と海への冒険』
    • 『蒼き戦記 星と語れる者』
  • 『ヴァンパイア大使アンジュ』シリーズ 川崎美羽・著 近衛乙嗣・絵
    • 『ヴァンパイア大使アンジュ(1) 兄妹そろって、吸血鬼!?の巻』
    • 『ヴァンパイア大使アンジュ(2) 嵐をよぶファッションモデル!?の巻』
    • 『ヴァンパイア大使アンジュ(3) テレビ番組で、魔王と対決!?の巻』
    • 『ヴァンパイア大使アンジュ(4) 吸血鬼姫は、私にソックリ!?の巻』
    • 『ヴァンパイア大使アンジュ(5) 妖怪たちと、夏祭り!?の巻』
    • 『ヴァンパイア大使アンジュ(6) 精霊の恋は、いのちがけ!?の巻』
    • 『ヴァンパイア大使アンジュ(7) 涙と決意の、大決戦!!の巻』
  • ウルは空色魔女』シリーズ あさのますみ・著 椎名優・絵(『コンプエース』・『キャラぱふぇコミック』にて漫画化)
    • 『ウルは空色魔女(1) はじめての魔法☆クッキー』
    • 『ウルは空色魔女(2) なつやすみは魔法クレープ!』
    • 『ウルは空色魔女(3) 贈りものは魔法パフェ!』
  • 『大江戸神龍伝バサラ!』シリーズ 楠木誠一郎・著 裕龍ながれ・絵
    • 『大江戸神龍伝バサラ!(1) 龍、覚醒せり。』
    • 『大江戸神龍伝バサラ!(2) 龍、囚われり。』
    • 『大江戸神龍伝バサラ!(3) 龍、飛翔せり。』
  • 『おはなしドリル だれかのぼうけん』 おはなしドリル社・作、ひらりん・絵
  • 『怪談学校』シリーズ 木原浩勝中山市朗・著 湖東美朋・絵(新耳袋シリーズが元となっている)
    • 『怪談学校 本当にあったコワイ話 「新耳袋」より』
    • 『怪談学校(2) 本当にあったコワイ話 「新耳袋」より』
    • 『怪談学校(3) 本当にあったコワイ話「新耳袋」より』
  • 『怪盗レッド』シリーズ 秋木真・作 しゅー・絵(『キャラぱふぇコミック』にて漫画化)
    • 『怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻』
    • 『怪盗レッド(2) 中学生探偵、あらわる☆の巻』
    • 『怪盗レッド(3) 学園祭は、おおいそがし☆の巻』
    • 『怪盗レッド(4) 豪華客船で、怪盗対決☆の巻』
    • 『怪盗レッド(5) レッド、誘拐される☆の巻』
    • 『怪盗レッド(6) 偽レッド、あらわる☆の巻』
    • 『怪盗レッド(7) 進級テストは、大ピンチ☆の巻』
    • 『怪盗レッド(8) からくり館から、大脱出☆の巻』
    • 『怪盗レッド(9) ねらわれた生徒会長選☆の巻』
    • 『怪盗レッド(10)ファンタジスタからの招待状☆の巻』
    • 『怪盗レッド(11)アスカ、先輩になる☆の巻』
    • 『怪盗レッド(12)ぬすまれたアンドロイド☆の巻』
    • 『怪盗レッド(13)少年探偵との共同作戦☆の巻』
  • 『角川つばさ文庫書き下ろし短編集 きみに贈る つばさ物語』あさのあつこ椎名誠関口尚宗田理はやみねかおる松原秀行・著 佐藤真紀子、他・絵
  • 『クローバーフレンズ』シリーズ あいはらひろゆき・著 河原和音・絵
    • 『クローバーフレンズ(1)』
    • 『クローバーフレンズ(2)』
    • 『クローバーフレンズ(3)』
  • 『こぐまのクーク物語』シリーズ かさいまり・作/絵
    • 『こぐまのクーク物語 春と夏』
    • 『こぐまのクーク物語 秋と冬』
    • 『こぐまのクーク物語 バースデーパーティー』
    • 『こぐまのクーク物語 仮装パーティー』
    • 『こぐまのクーク物語 空のピクニック』
    • 『こぐまのクーク物語 クリスマスのおとまり会』
    • 『こぐまのクーク物語 はじめての海とキャンプ』
    • 『こぐまのクーク物語 森のレストラン』
    • 『こぐまのクーク物語 フルーツまつり』
  • 『恋する新選組』シリーズ 越水利江子・著 朝未・絵
    • 『恋する新選組(1)』
    • 『恋する新選組(2)』
    • 『恋する新選組(3)』
  • 『木もれ日のメロディー 初恋』 斉藤栄美・著 尾谷おさむ・絵
  • 『少年探偵と4つの謎』 赤川次郎、杉山亮、はやみねかおる、松原秀行・著 よしづきくみち、千野えなが、ゴツボ×リュウジ、加藤アカツキ・絵
  • 『天才作家スズ』シリーズ 愛川さくら・著 市井あさ・絵(『月刊Asuka』にて漫画化)
    • 『天才作家スズ秘密ファイル(1) シュークリーム王子の秘密』
    • 『天才作家スズ秘密ファイル(2) マカロン姫とペルシャ猫』
    • 『天才作家スズ秘密ファイル(3) シャーベット女公爵の恋』
    • 『天才作家スズ秘密ファイル(4) モンブラン女王と天使島』
    • 『天才作家スズ秘密ファイル(5) ブッシュ・ド・ノエルの聖少女』
    • 『天才作家スズ秘密ファイル(6) 桜マシュマロと守護神』
    • 『天才作家スズ☆スペシャル クグロフ皇妃と錬金術師』
    • 『天才作家スズ☆スペシャル ボンボン皇帝と聖剣騎士団』
    • 『天才作家スズ秘密ファイル(7) アップルパイ姫の恋人』
    • 『天才作家スズ秘密ファイル(8) チョコレート公爵城の謎』
    • 『天才作家スズ秘密ファイル(9) イースターエッグ将軍と赤い影』
    • 『天才作家スズ秘密ファイル(10) 消えたシュークリーム王子』
    • 『天才作家スズ恋愛ファイル 星☆時間をさがして』
    • 『天才作家スズ恋愛ファイル 月光マジック』
    • 『天才作家スズ恋愛ファイル 太陽がいっぱい』
    • 『天才作家スズ恋愛ファイル 天使に胸キュン』
    • 『天才作家スズ恋愛ファイル 初恋にさよなら』
  • 『スズ姫☆事件ファイル』シリーズ 愛川さくら・著 ・カスカベアキラ
    • 『スズ姫☆事件ファイル 放課後のBボーイ』
  • 『東京キャッツタウン』シリーズ 宗田理・著 加藤アカツキ・絵
    • 『東京キャッツタウン おばけアパートの秘密』
    • 『東京キャッツタウン 白いプリンスとタイガー』
    • 『東京キャッツタウン おばけカラス大戦争』
  • 『ドギーマギー動物学校』シリーズ 姫川明月・作/絵
    • 『ドギーマギー動物学校(1) カムの入学式』
    • 『ドギーマギー動物学校(2) ランチは大さわぎ!』
    • 『ドギーマギー動物学校(3) 世界の海のプール』
    • 『ドギーマギー動物学校(4) 動物園のぼうけん』
    • 『ドギーマギー動物学校(5) 遠足でハプニング!』
    • 『ドギーマギー動物学校(6) 雪山レースとバレンタイン』
    • 『ドギーマギー動物学校(7) サーカスと空とび大会』
    • 『ドギーマギー動物学校(8) すてられた子犬たち』
    • 『ドギーマギー動物学校(9) 遊園地にカムがふたり?』
  • 『飛べ! ぼくらの海賊船』シリーズ 鷹見一幸・著 岸和田ロビン・絵
    • 『飛べ! ぼくらの海賊船』
    • 『飛べ! ぼくらの海賊船(2)』
  • 『トンデモ探偵団』シリーズ 依田逸夫・著 秋★枝・絵
    • 『トンデモ探偵団 作戦(1) 学校の迷路とかくされた金貨』
    • 『トンデモ探偵団 作戦(2) 不良中学生をやっつけろ!』
    • 『トンデモ探偵団 作戦(3) じどう会選挙大作戦!』
  • 『ないしょでアイドル♪ 晴香、男の子に!? ショーゲキ☆デビューの巻』 南房秀久・著 はりかも・絵
  • 『初恋ストーリーズ キュン・としちゃう、五つのLOVE物語』川崎美羽草野たき越水利江子ごとうしのぶ結城光流・著
  • 『バニラのお菓子配達便! ~スイーツデリバリー~』 藤浪智之・著 佐々木亮・絵
  • 『フォレストクラウン 森の海賊』 広井王子・著 芦田豊雄・絵(レッドカンパニー
  • ぼくとレギオスの旅』シリーズ 川村ひであき・著 雨木シュウスケ・原案 今野隼史・絵(鋼殻のレギオスを小学生向けに書き下ろしたもの。富士見ファンタジア文庫から参加)
    • 『ぼくとレギオスの旅1 歩行する都市』
    • 『ぼくとレギオスの旅2 生まれゆく都市』
  • 『三日月小学校理科部物語』 川端裕人・著、藤丘ようこ・絵
    • 『嵐の中の動物園 三日月小学校理科部物語(1)』
    • 『雲の切れ間に宇宙船 三日月小学校理科部物語(2)』
  • 『人気作家スペシャル短編集 もしも魔女になれたら!?』 あさのますみ、石崎洋司池田美代子廣嶋玲子、万里アンナ・著 椎名優・絵
  • 『夢見るアイドル』シリーズ 牧野節子・著 亜沙美・絵
    • 『夢見るアイドル(1)』
    • 『夢見るアイドル(2)』
    • 『夢見るアイドル(3)』
  • 『ラブ♡ステップ 恋してトモダチ』 斉藤栄美・作 尾谷おさむ・絵
  • 『リトルリングI 死者からの手紙』 鈴木光司・原案 みずのあき・作 若月神無・絵
  • 『魔女犬ボンボン』シリーズ 廣嶋玲子・著 KeG・絵
    • 『魔女犬ボンボン ナコと運命のこいぬ』
    • 『魔女犬ボンボン ナコと金色のお茶会』
    • 『魔女犬ボンボン ナコと奇跡の流れ星』
    • 『魔女犬ボンボン ナコと幸せの約束』
    • 『魔女犬ボンボン おかしの国の大冒険』
    • 『魔女犬ボンボン ナコと夢のフェスティバル』
    • 『魔女犬ボンボン ナコとひみつの友達』
    • 『魔女犬ボンボン ナコと太陽のきずな』

B ベストセラー[編集]

  • 犬と私の10の約束』 サイトウアカリ・作、霜田あゆ美・絵
  • 『宇宙の声 星新一ジュブナイル・セレクション』 星新一・著 片山若子・絵
  • 『角川つばさ文庫版 きみにしか聞こえない乙一・著 SHEL・絵 (同名の小説を小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。角川スニーカー文庫・角川文庫から参加)
  • 『サッカーボーイズ』 はらだみずき・著 ゴツボ×リュウジ・絵(同名の小説シリーズを小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。角川文庫から参加)
    • 『サッカーボーイズ 再会のグラウンド』
    • 『サッカーボーイズ13歳 雨上がりのグラウンド』
  • 『しあわせは子猫のかたち』 乙一・著 SHEL・絵(失踪HOLIDAYを小学生向けに改題し、漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。角川スニーカー文庫から参加)
  • 死者の学園祭赤川次郎・著 椋本夏夜・絵
  • 少年陰陽師結城光流・著 あさぎ桜・絵 (同名の小説シリーズを小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。角川ビーンズ文庫から参加)
    • 『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』
    • 『少年陰陽師 闇の呪縛を打ち砕け』
    • 『少年陰陽師 鏡の檻をつき破れ』
  • 涼宮ハルヒの憂鬱谷川流・著 いとうのいぢ・絵(同名の小説を小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。但し、絵柄はかわいくデフォルメされている。角川スニーカー文庫から参加)
  • セーラー服と機関銃』 赤川次郎・著 椋本夏夜・絵(同名の小説を小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの)
  • スレイヤーズ神坂一・原作 南房秀久・著 日向悠二・絵 (同名の小説シリーズをつばさ文庫用に書き下ろしリメイクされたもの。富士見ファンタジア文庫から参加)
    • 『スレイヤーズ1 リナとキメラの魔法戦士』
    • 『スレイヤーズ2 リナと怪しい魔道士たち』
  • チェリーブラッサム山本文緒・著 ミギー・絵
  • 時をかける少女筒井康隆・著 いとうのいぢ、他・絵(同名の小説を小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。角川文庫から参加)
  • バッテリー』シリーズ あさのあつこ・著 佐藤真紀子・絵(同名の小説を小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。角川文庫から参加)
    • 『バッテリー』
    • 『バッテリーⅡ』
    • 『バッテリーⅢ』
  • ブレイブ・ストーリー宮部みゆき・著 鶴田謙二・絵 (同名の小説を小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。角川スニーカー文庫・角川文庫から参加)
    • 『ブレイブ・ストーリー(1) 幽霊ビル』
    • 『ブレイブ・ストーリー(2) 幻界』
    • 『ブレイブ・ストーリー(3) 再会』
    • 『ブレイブ・ストーリー(4) 運命の塔』
  • ぼくら』シリーズ 宗田理・著 はしもとしん・絵(ディースリー・パブリッシャーからニンテンドー3DS専用ソフトとしてNintendo e-shopにて配信限定で販売される)
    • 『ぼくらの七日間戦争』
    • 『ぼくらの天使ゲーム』
    • 『ぼくらの大冒険』
    • 『ぼくらと七人の盗賊たち』
    • 『ぼくらの学校戦争』
    • 『ぼくらのアラビアンナイト』
  • 『ぼくらの心霊スポット』シリーズ あさのあつこ・著 十々夜・絵
    • 『ぼくらの心霊スポット1 うわさの幽霊屋敷』
    • 『ぼくらの心霊スポット2 真夏の悪夢』
  • 『まぼろしの星』 星新一・著、片山若子・絵
  • 夢から醒めた夢』 赤川次郎・著、椋本夏夜・絵(劇団四季の同名ミュージカル原作を小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。角川文庫から参加)
  • 『夢美と愛美の消えたバースデー・プレゼント?』 唯川恵・著、杉崎ゆきる・絵
    • 『夢美と愛美の消えたバースデー・プレゼント?』
    • 『夢美と愛美の謎がいっぱい? 怪人Xを追え!』
  • 『緑魔の町』 筒井康隆・著、白身魚・絵
  • 『角川つばさ文庫版キノの旅時雨沢恵一・著 黒星紅白・絵(キノの旅を小学生向けに書き下ろしを追加し、漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。電撃文庫から参加)
  • 生徒会の一存葵せきな・著 狗神煌・絵(生徒会の一存を小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。富士見ファンタジア文庫から参加)
  • 吉永さんちのガーゴイル田口仙年堂・著 日向悠二・絵(吉永さんちのガーゴイルを小学生向けに漢字にルビをつけて読みやすくしたもの。ファミ通文庫から参加)

C ノベライズ[編集]

D ノンフィクション[編集]

  • あさひやま動物記』 小菅正夫・著 秋草愛・絵 今津秀邦・写真
    • 『あさひやま動物記(1) オオカミの森とホッキョクグマ@旭山動物園』
    • 『あさひやま動物記(2) カバのカップルと夢みるゾウの群れ』
  • 浅田真央物語 Princess Mao』 青嶋ひろの・著
  • 『運動会で1番になる方法』 深代千之・著 下平けーすけ・絵
  • 『おしえて! さかなクン』さかなクン・文/絵 中坊徹次・監修/コラム
    • 『おしえて! さかなクン(1)』
    • 『おしえて! さかなクン(2)』
  • 『ガオ村ぐるぐる。 ベトナム学校支援プロジェクト物語』 なかがわみどり、ムラマツエリコ、k.m.p・著 k.m.p・絵
  • グレートジャーニー1 パタゴニアからチチカカ湖へ』シリーズ 関野吉晴・著/写真
  • 『ゲンちゃん獣医になる』 坂東元・原作 浜なつ子・著 小松良佳・絵
  • 週刊こどもニュースのお父さんが教えるニュースのことば』 鎌田靖・著
  • 『誕生日☆事典 ティーンズスペシャル Happy Birthday to You』かがわようこ・著 くっしー・絵
  • 『電池が切れるまで』宮本雅史・著 石井勉・絵
  • 『なおこ、宇宙飛行士になる』 山崎直子・著 松井晴美・絵
  • 『ベルナのしっぽ 盲導犬とともに』郡司ななえ・著 影山直美・絵
  • 『みんなで跳んだ』 滝田よしひろ・著 宮尾和考・絵
  • 『夢の力こぶ 北島康介とフロッグタウンミーティング』北島康介・著
  • 『ねこの駅長たま びんぼう電車をすくったねこ』小嶋光信・著 永地・絵

E 海外の名作[編集]

F 日本の名作[編集]

イメージソング[編集]

  • 『本をひらくと』作曲・歌・ピアノ:矢野顕子

KADOKAWAのその他の児童書ブランド[編集]

角川つばさ文庫とは別に児童書を扱うKADOKAWAの児童書ブランドに「カドカワ銀のさじ」シリーズがあるが、児童を対象にした角川つばさ文庫とは異なり大人から子供までが親しめる読書の提供を理念に掲げている。誕生まもない赤子に銀のさじを贈るイギリスの風習にちなんで命名され、発売される作品を「銀のさじ」としている。ジャンルの定められたレーベルではなく物語そのものをファンタジーとした文庫・新書以外の単行本シリーズである。

脚注[編集]

  1. ^ 一例として『涼宮ハルヒの憂鬱』の角川スニーカー文庫版にある「輪姦」は、つばさ文庫では「いたずら」に修正されている。

外部リンク[編集]