夜は短し歩けよ乙女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夜は短し歩けよ乙女
著者 森見登美彦
イラスト 中村佑介
発行日 2006年11月29日
発行元 角川書店
ジャンル 恋愛小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 304
公式サイト 特集サイト
コード ISBN 4-04-873744-9
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

夜は短し歩けよ乙女』(よるはみじかしあるけよおとめ)は、森見登美彦による長編小説2006年11月角川書店より出版された。

第20回山本周五郎賞受賞作品[1]。第137回直木賞候補[2]2007年本屋大賞第2位[1]2017年2月時点で累計売上130万部を超えるベストセラーとなっている[1]

京都大学と思われる大学や周辺地域を舞台にして、さえない男子学生と無邪気な後輩女性の恋物語を2人の視点から交互に描いている。諧謔にあふれる作品で、ときに現実を逸脱した不可思議なエピソードを交えている。古い文章からの引用が多い。タイトルは吉井勇作詞の『ゴンドラの唄』冒頭からとられている。

文庫版が2008年12月角川文庫から発売された。また後述の映画公開に合わせて、児童向けに振り仮名や挿絵などを加えた新書判が2017年4月角川つばさ文庫から発売された。

湯浅政明監督によりアニメーション映画化され、2017年4月7日に全国公開された[3]。第41回オタワ国際アニメーションフェスティバル長編部門グランプリ、第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞[4]受賞。

あらすじ[編集]

後輩である少女に恋をしている「私」は、彼女という城の外堀を埋めるべく日々彼女を追い掛け、「ナカメ作戦(ナるべくカのじょのメに留まる)」を実行し、その目に留まろうとしている。しかしその彼女はなかなか「私」の想いに気づいてくれない。2人は奇妙な人物に出会い、奇抜な事件に巻き込まれてしまう。恋愛ファンタジー。

登場人物[編集]

先輩
この作品の語り手にして主人公。本名不明の腐れ大学生。入学以来成績は上がらず一定のままで、大学院に進学することで就職活動を先送りにしている。何の特徴も機転も才能もない今の自分にコンプレックスを感じている。1年前から同じクラブの後輩である黒髪の乙女にをしていて、彼女を追い求めるうちに不思議な出来事に巻き込まれていく。友人関係はあまり広くなく、学園祭事務局長や親友(漫画版では北大路という名前)が一人いる。
映画では学園祭事務局長だけじゃなく、パンツ総番長も友人である。
黒髪の乙女
この作品のもう1人の語り手。本名不明。「先輩」が恋をしている女子大生で、同じクラブの後輩でもある。好奇心旺盛かつ奔放な性格をしている。底無しのうわばみで、特にラム酒を好んでいる。幼い頃から母から様々な武道を学んでおり、「お友だちパンチ」という奥の手を持っている。趣味は読書と映画鑑賞で、幼少の頃に読んだ「ラ・タ・タ・タム」という絵本が好きで、心の指針にしている。好奇心の塊で、学園祭では「万国秘宝館」なる非常に怪しげな展示に入り込もうとしたり、ゲリラ演劇「偏屈王」のヒロイン;プリンセス・ダルマの代役を引き受けて熱心に演じたり、酒を飲みたい一心で夜の先斗町を渡り歩こうとしたり、納涼古本市に幼少の頃に読んだ「ラ・タ・タ・タム」を求めて訪れ、楽しみながら読みたい本を探す程。夜の先斗町で様々な人達と出会い、不思議な夜を過ごすこととなる。山本周五郎賞の選考委員だった重松清は、同賞の授賞理由として著者が黒髪の乙女の「一人称の「天然」を描ききった」ことを理由に挙げている[5]
李白
高利の金貸しや偽電気ブランの卸元などをやっている富豪の老人。「電車」と称する三階建ての巨大な自家用車を所有する。「黒髪の乙女」と同じく酒豪。趣味は古本・骨董品集めと、手下に若い男を襲わせて下着を奪うことで、先輩も下着を奪われた犠牲者となる。東堂さんに借金を持ち掛けた張本人でもある。東堂さんから春画と借金を取り立てようと鴨川沿いの料亭に現れ、春画を目茶苦茶にされた落とし前として彼を殺そうとするが、彼を庇った乙女から借金を帳消しをかけた偽電気ブランの飲み比べの勝負を申し込まれ、これを受けたが、虚しそうに飲んでいた為に乙女に敗北し、東堂さんの借金を帳消しにした。納涼古本市では闇の売り立て会を主催し、超激辛の火鍋を参加者の収集家や東堂さんの頼みを受けた先輩に食わせて、最後まで残った者に自分のコレクションの本を差し上げるというルールを設けた。最後まで残った先輩に、乙女が幼少の頃に持っていた「ラ・タ・タ・タム」を差し出した。著者の作品である『有頂天家族』に登場する寿老人と同一人物だと思われる。
樋口 清太郎
常に浴衣を着込んだ奇妙な男。かなりボロいアパートで独り暮らしをしている。自らを天狗を自称し、空を飛ぶ、タバコの煙で鯉のぼりの形の煙を口から吐き出し空へ飛ばす、耳から悪趣味な金色の招き猫を出すなどのそれこそ天狗みたいな術を使う。羽貫と共に酒場で乙女出会い、彼女の心得や人柄を気に入り、夜の先斗町の渡り方を伝授するべく行動を共にしていく。その中で乙女と親しくなり、途中で出会った先輩とも交流を深めていく。学園祭では韋駄天こたつを設け、パンツ総番長の台本作りを手伝った。著者の作品である『四畳半神話大系』にも登場している。大学の八回生。
羽貫 涼子
樋口の友人で、他人の宴会に潜り込んでタダ酒を飲む特技を持つ大酒飲みの美女。歯科衛生士をしている。酔うと他人の顔を舐めようとする。樋口と共に酒場で乙女と出会い、彼女の心得や人柄を気に入り、夜の先斗町の渡り方を伝授するべく行動を共にしていく。樋口と同じく、著者の作品である『四畳半神話大系』にも登場している。
東堂さん
「東堂錦鯉センター」の経営者。厄介事がたび重なったうえ、最愛のたちを竜巻にさらわれたり、李白からの借金を抱えたことで娘とほぼ絶縁状態になり、酒場で落ち込んでいるところで「乙女」と出会う。春画と借金を取り立てようと鴨川沿いの料亭に現れた李白に殺されそうになるが、自分を庇った乙女によって救われ、自分の借金の帳消しを賭けた偽電気ブランの飲み比べの勝負で乙女が勝ったことによって、借金は帳消しとなった。納涼古本市では、古本市の神によって濡れ衣を着せられた先輩を救い、彼に李白が主催する闇の売り立て会で春本を入手するように頼んだ。春画の蒐集を趣味としていて、かなりの助平で、「閨房調査団」という色ものに纏わる文化遺産を収集する団体に所属している。
千歳屋
京料理「千歳屋」の若旦那。文化遺産の保護を口実に、春画の蒐集を趣味としている好事家。「閨房調査団」の一員でもあるため、東堂さんとも友人関係にある。李白が主催する闇の売り立て会にも参加しており、春本を求めて超激辛の火鍋を食べるが、辛さに耐えきれずに気絶してしまう。著者の作品である『有頂天家族』に登場する大黒と同一人物だと思われる。
古本市の神様
眉目秀麗な少年の姿。あらゆるについての知識を持っていて、神をないがしろにした蒐集家の書庫から本を奪い元の売り場に還すと言われている。かわいい外見に似合わず、少々口と性格が悪い。納涼古本市に乙女を探しに来た先輩にソフトクリームをぶつけた挙げ句に、古本から値札を奪った罪を擦り付けた。
原作では上記のように美少年の設定であるが、『四畳半神話大系』のOVAには小津をベースにした当キャラをモデルとした少年が登場しており、本作のアニメ映画でもOVAとは違うものの同じように小津がベースのデザインとなっている。
学園祭事務局長
本名不明。男にしておくにはもったいないほどの美貌の持ち主で、多く女子大生からのバレンタインチョコを貰っている程モテており、趣味はバンド落語や女装など多岐に渡る。女装については、学園祭で多くの男たちを不毛な恋路に引きずり込むほど悪名高い。東堂さんと同様に「閨房調査団(青年部)」に所属している為、東堂さんとは顔見知り。彼が局長を務めている「学園祭事務局」という組織は、元々「図書館警察」という未回収の本を学生達から取り立てる組織だったが、現在は秘密諜報機関としての機能を備えており、学生達のあらゆる情報を集めながら学生達を監視・管理する組織となっている。学園祭では警察のような役割を担ってる。学園祭で起こる様々なトラブルへの対応に忙しいが、本人は実の所引っ掻き回すほうが好きらしい。「先輩」の数少ない友人の1人で、彼が「乙女」への秘めた想いにも気づいており、ときにはからかい、ときには励ます。
女装趣味は原作では軽く触れられる程度だったが、映画ではクローズアップされており、実際に女装するシーンも登場する。
パンツ総番長
本名不明。樋口の知り合い。1年前、学園祭で出会ったある女性への一目惚れをきっかけに、願いごと(もう一度彼女に会う事)が叶うまでパンツを穿き替えないと吉田神社へと願を懸けた大学生。運命の恋を信じるほどの、筋金入りのロマンチストでもある。歴代のパンツ履き替えない記録を塗り替え、栄誉ある「パンツ総番長」という称号を手にした。ゲリラ演劇「偏屈王」の首謀者でもある(プリンセス・ダルマと呼ばれるヒロインが偏屈王という囚われの王を探す冒険ミュージカルだが、実在のサークルや団体,在学生等の実名や情報などを織り混ぜている為、虚実入り乱れたストーリーとなっている)。パンツを穿き変えないためか、下半身に病気を患っている。
映画では「先輩」、学園祭事務局長とも友人関係。また、原作では想い人は紀子さんだが、映画では女装した学園祭事務局長となっており[注 1]、最終的には原作同様紀子さんと結ばれるもののそれまでの展開が大きく異なっている。
四畳半神話大系』のOVAでは名前こそはでないものの、李白氏にズボンとパンツを盗まれ、そのせいか彼女に会うことに成功してるとされている。彼のパンツのせいで李白氏は病気を患ってしまう。
須田 紀子
学園祭で本物そっくりの「象の尻」を出し物にしている女子学生。学園祭期間中に黒髪の乙女と出会う。好きなものは、小さくて丸いもの。「象の尻」を出し物にしたのはかつてある男性に一目惚れした際彼がの尻について話してくれたため。
映画では人物設定が異なり、ゲリラ演劇「偏屈王」の舞台監督を務め、パンツ総番長への想いを秘めつつ、演劇の首謀者である彼を支える人物となっている。最終幕の最中でパンツ総番長に告白され、彼と結ばれた。

章題[編集]

  • 第1章:夜は短し歩けよ乙女(『野性時代』2005年9月号掲載)
  • 第2章:深海魚たち(同誌2006年3月号掲載)
  • 第3章:御都合主義者かく語りき(同誌2006年10月号掲載)
  • 第4章:魔風邪恋風邪(同誌2006年11月号掲載)

書誌情報[編集]

単行本(四六判 上製本)

角川文庫

角川つばさ文庫(挿絵:ぶーた

漫画[編集]

漫画『夜は短し歩けよ乙女
増刊エース』(角川書店)誌上で連載、作画:琴音らんまる、単行本も同社から。
単行本全5巻、原作にはないオリジナルエピソードが多数収録されている。各巻の巻末には森見登美彦のコメントが寄せられている。

舞台[編集]

舞台『夜は短し歩けよ乙女』、(アトリエ・ダンカンプロデュース)
2009年4月東京グローブ座他で公演。専用サイトには森見登美彦のコメントが寄せられている[6]。李白の乗り物が3階建てバスに変更されている。

オーディオブック[編集]

2017年3月15日よりAudibleにて安國愛菜の朗読によるオーディオブックが配信開始された。

アニメ映画[編集]

夜は短し歩けよ乙女
The Night Is Short, Walk on Girl
監督 湯浅政明
脚本 上田誠ヨーロッパ企画
原作 森見登美彦角川文庫刊)
出演者 星野源
花澤香菜
神谷浩史
秋山竜次ロバート
中井和哉
甲斐田裕子
吉野裕行
新妻聖子
諏訪部順一
悠木碧
檜山修之
山路和弘
麦人
音楽 大島ミチル
主題歌 ASIAN KUNG-FU GENERATION
荒野を歩け
制作会社 サイエンスSARU
製作会社 ナカメの会
配給 東宝映像事業部
公開 日本の旗 2017年4月7日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 5.3億円[7]
テンプレートを表示

同名タイトルのアニメーション映画2017年4月7日に全国公開された[1][3]。原作は森見登美彦による同名小説。

キャッチコピーは、「こうして出逢ったのも、何かのご縁」。

概要[編集]

劇場版クレヨンしんちゃん』にシリーズ初期より参加[8][9]、その後『マインド・ゲーム』や『ピンポン THE ANIMATION』などを手がけてきた湯浅政明による長編アニメーション作品[10]

湯浅監督に加え、脚本は上田誠、キャラクター原案は中村佑介、主題歌はASIAN KUNG-FU GENERATIONが担当するなど、本作と同じ森見登美彦原作のテレビアニメ『四畳半神話大系』の制作陣が再集結した[3]

第41回オタワ国際アニメーションフェスティバル長編部門グランプリ[11]第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション映画賞[4]受賞作品。

あらすじ[編集]

1年前から同じクラブの後輩である「黒髪の乙女」に恋をしている「先輩」は、彼女という城の外堀を埋めるべく日々彼女を追い掛け、なるべくその目に留まろうと「ナカメ作戦(なるべく彼女の目に止まるの略称)」を実行していた。しかし、その「黒髪の乙女」はなかなか「先輩」の想いに気づかず、好奇心のままに夜の先斗町を歩んでいった。2人はそれぞれの場所で奇妙な人達と出会う。酒の席、古本市、学園祭と、二人それぞれが不思議で奇抜な長い夜を過ごすこととなる。

経緯[編集]

  • 2016年
    • 12月15日 - 本作のアニメ映画化が公表され、制作陣が発表。また、主人公である先輩役に、歌手・俳優の星野源の起用が発表された[1]
  • 2017年
    • 1月26日 - ヒロインの黒髪の乙女役に花澤香菜、先輩の学友である学園祭事務局長役に神谷浩史、願掛けのためにパンツを穿き替えないパンツ総番長役にロバート秋山竜次など、追加キャストが解禁された[12]
    • 2月23日 - 予告編映像が公開。また、主題歌がASIAN KUNG-FU GENERATIONによる書き下ろしの新曲「荒野を歩け」になることが発表された。その他、アフレコが完了したことが明かされた[13]
    • 3月9日 - 完成披露試写会がTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次、湯浅政明監督が登壇した[14]
    • 3月23日 - 本作の劇中映像とコラボレーションしたASIAN KUNG-FU GENERATIONによる主題歌「荒野を歩け」のミュージックビデオが公開された[15]
    • 3月26日 - 映画『夜は短し歩けよ乙女』特番がTOKYO MXBSフジにて順次放送された[16]
    • 4月7日 - 東宝系映画館を中心に、全国120スクリーンにて公開された[17]
    • 9月23日 - 第41回オタワ国際アニメーションフェスティバルにおいて、長編部門グランプリを受賞した[11]。同映画祭長編部門でのグランプリは日本作品、日本人監督としては初の受賞。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

製作[編集]

本作の企画自体は2010年、同じく森見原作・湯浅監督のテレビアニメ『四畳半神話大系』の放映終了後まで遡る。当初は『四畳半』に続き本作も制作される計画が立ち上がったが、諸般の事情により企画が立ち消えとなってしまう。その後、時を経て、湯浅の元に企画が戻ってくることとなった[20]。その時期は、2017年5月公開の湯浅のオリジナル作『夜明け告げるルーのうた』のプリプロダクションをしていた頃にあたり、制作スケジュールについて湯浅は、「3年くらいかけて2本作った感じ」と語り、「ほぼ同じ作画スタッフに『ルー』を終えたらそのまま『夜は短し』に移ってもらって、ポスプロは2本まとめてやりました」と説明している[20]

2016年10月、主人公・先輩役に星野源がオファーされた[3][21]。星野は元々湯浅監督作品のファンでもあったと語り、オファーされた経緯について以下のように振り返っている。

「湯浅政明監督からある日、直筆の手紙が送られてきました。"星野源さんに主人公を演じていただけたら、絶対に面白い作品になります"と直筆にてオファーの言葉がありました。映画『マインド・ゲーム』を観た12年前のあの日から人知れず湯浅監督作品を敬愛していた私は、お断りする選択肢が浮かびませんでした。」[3]

主題歌を担当したASIAN KUNG-FU GENERATIONは、「甘酸っぱくも不思議な世界観の作品に馴染むように、ちょっと変だけど爽やかな曲を書きました」とし、新曲「荒野を歩け」が書き下ろされた[22]

評価[編集]

毎日新聞では、「見ればそれと分かる湯浅政明監督の絵は本作でも疾走感あふれ、変人ばかりのキャラクターともあいまって独特の世界観を形成している」「普通のアニメとはかけ離れた、シュールでポップな画調と動き。あの原作をよくぞこうした、とびっくり。怪作にして快作」と賞賛された[23]

関連書籍[編集]

夜は短し歩けよ乙女 オフィシャルガイド
公式ガイドブック。2017年4月8日発売。KADOKAWA刊。ISBN 978-4-04-105752-0
夜は短し歩けよ乙女 Walker
公式ムック本。2017年4月7日発売。KADOKAWA刊。ISBN 978-4-04-895984-1

『四畳半神話大系』への登場人物の出演[編集]

森見登美彦の作品の2010年にオンエアされたアニメ版の『四畳半神話大系』では、第1巻、第3巻、第4巻に映像特典として収録されている短編OVAがある。こちらは『夜は短し歩けよ乙女』を彷彿させる登場人物たちが数々登場するものとなっており、特に第3巻収録の「地面潜航挺、女湯へ」はそれが顕著である。

「地面潜航挺、女湯へ」〜閨房調査団桃色探索〜
京都の街中から男のズボンとパンツが消えてしまう。樋口は「人のズボンを脱がせるのが趣味」という李白に会いに行くが、李白は風邪をひいて寝込んでいた。李白は樋口に、古本市の早買いで見つけたという書籍から地面潜航艇のヒントを掴んだことを話す。李白は「願いが叶うまでパンツを履き替えない」という男からパンツを強奪した際、何かのウイルスをうつされてこの有様になってしまったようだった。一方「私」は、明石さんの住所を知りたがる閨房調査団らが巡航する地面潜水艇の中に拉致されその概要を聞く。明石さんらは女湯に閨房調査団をおびき寄せることにするが、そこへ「古本市の神」と名乗る男の子が乱入する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この脚色は森見の当初のアイディアが元になっていると、オフィシャルガイドのインタビューで湯浅が語っている。
  2. ^ 同キャラクターが登場した『四畳半神話大系』での声優・藤原啓治の病気療養に伴い、本作では中井和哉が代役を担当する[19]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e “森見登美彦氏原作のベストセラー『夜は短し歩けよ乙女』がアニメ映画化! 監督は『四畳半神話大系』、『ピンポン』の湯浅政明氏”. アニメイトタイムズ. (2016年12月15日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1481710475 2016年12月15日閲覧。 
  2. ^ 森見登美彦-直木賞候補作家”. 直木賞のすべて. 2016年12月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f “星野源×湯浅政明「夜は短し歩けよ乙女」劇場アニメ化、「四畳半」メンバー再集結”. 映画ナタリー. (2016年12月15日). http://natalie.mu/eiga/news/213248 2016年12月15日閲覧。 
  4. ^ a b ●速報! 第41回 日本アカデミー賞 最優秀賞 受賞作品・受賞者 決定(2018.3.2) - 日本アカデミー賞ウェブサイト(2018年3月2日)
  5. ^ 宮澤菜那 「森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』における先行文学作品受容」 『富大比較文学』第9集 富山大学比較文学会、2017年、p.188。
  6. ^ 舞台「夜は短し歩けよ乙女」アトリエ・ダンカンプロデュース公演
  7. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.32
  8. ^ 星野源演じる“先輩”は円=縁の結び目に 『四畳半神話大系』と『夜は短し歩けよ乙女』の相違点”. Real Sound. 2017年4月11日閲覧。
  9. ^ 映画『夜明け告げるルーのうた』ノベライズ化 「ダ・ヴィンチ」にて連載開始”. アニメ!アニメ!. 2017年4月11日閲覧。
  10. ^ [夜は短し歩けよ乙女]星野源の起用理由は? 独特な映像表現の裏側も 湯浅監督に聞く”. マイナビニュース. 2017年4月11日閲覧。
  11. ^ a b “湯浅政明監督『夜は短し歩けよ乙女』オタワ映画祭でグランプリ 日本人監督初の快挙”. ORICON NEWS. (2017年9月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2097807/full/ 2017年9月24日閲覧。 
  12. ^ 星野源主演 アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』に花澤香菜、神谷浩史ら”. CINRA.NET. 2017年4月11日閲覧。
  13. ^ 星野源、アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』アフレコ完了 予告編&主題歌も解禁”. ORICON NEWS. 2017年4月11日閲覧。
  14. ^ 「夜は短し歩けよ乙女」完成披露上映会に星野源ら、「脳みそが気持ちいい」作品アピール”. 音楽ナタリー. 2017年3月11日閲覧。
  15. ^ アジカンの『夜は短し歩けよ乙女』主題歌PV公開 劇中映像とコラボ”. CINRA.NET. 2017年4月11日閲覧。
  16. ^ 映画「夜は短し歩けよ乙女」特番が「四畳半神話大系」の枠で放送”. おた☆スケ. 2017年4月11日閲覧。
  17. ^ 星野源&花澤香菜、まさかの乳首ドリルトークで盛り上がる”. アメーバニュース. 2017年4月11日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i j k l “夜は短し歩けよ乙女:追加キャストに花澤香菜、神谷浩史、ロバート秋山 中井和哉が樋口師匠に”. MANTANWEB(まんたんウェブ). (2017年1月26日). http://mantan-web.jp/2017/01/26/20170125dog00m200035000c.html 2017年1月26日閲覧。 
  19. ^ アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」の予告編が解禁 星野源の演技や「アジカン」による主題歌も初披露,ねとらぼ,2017年2月25日
  20. ^ a b “夜は乙女と人魚と悪魔(小原篤のアニマゲ丼)”. 朝日新聞デジタル. (2017年4月10日). http://digital.asahi.com/articles/ASK4656W1K46UCVL01C.html?_requesturl=articles%2FASK4656W1K46UCVL01C.html&rm=632 2017年4月24日閲覧。 
  21. ^ 星野源×花澤香菜『夜は短し歩けよ乙女』 「ご縁」対談”. ORICON NEWS. 2017年4月24日閲覧。
  22. ^ アジカン新曲バックに星野源演じる“先輩”が奮闘「夜は短し歩けよ乙女」予告編”. 音楽ナタリー. 2017年2月25日閲覧。
  23. ^ シネマの週末・トピックス 夜は短し歩けよ乙女”. 毎日新聞. 2017年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]