稲見一良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

稲見 一良(いなみ いつら、1931年1月1日 - 1994年2月24日 )は、日本小説家放送作家大阪府大阪市出身。

記録映画のマネージメントを務める傍ら、1968年文芸誌の新人賞に入選、しかし多忙のため作家活動に専念しなかった。1985年肝臓癌の手術を受けるが全摘ができないと分かると、生きた証として小説家活動に打ち込むと周囲に宣言し、1989年『ダブルオー・バック』にて本格的に小説家デビュー。1991年『ダック・コール』にて数々の賞を受賞し期待されるも、1994年わずか9冊を残して癌のため没した。

作品は自身の趣味であった猟銃の知識を生かしたハードボイルド推理小説で、少年の視点・目線やニヒリズムを取り入れたものであった。

年譜[編集]

また“その全ての愛しき名作”に対し、第12回日本冒険小説協会大賞内藤陳特別賞が贈られた。
  • 1994年 10年に渡る闘病生活の末、死去。享年63。

著作[編集]

  • 『ダブルオー・バック』(1989年5月大陸書房より書き下ろし)のち新潮文庫
  • 『ソー・ザップ!』(1990年1月大陸書房より書き下ろし)のち角川文庫
ギャビン・ライアル「もっとも危険なゲーム」を意識している。
  • ダック・コール』(1991年2月早川書房より書き下ろし)のち文庫
  • 猟犬探偵シリーズ
    • 『セント・メリーのリボン』新潮社 1993 のち文庫、光文社文庫
    • 『男は旗』新潮社 1994 のち文庫、光文社文庫
    • 『ガン・ロッカーのある書斎』角川書店 1994
    • 『花見川のハック』角川書店 1994 のち文庫
    • 『猟犬探偵』新潮社 1994 のち文庫、光文社文庫
  • 『帖の紐 稲見一良エッセイ集』中央公論社 1996

雑誌[編集]

内容[編集]

  • 猟犬探偵
    • トカチン、カラチン
    • ギターと猟犬
    • サイド・キック
    • 悪役と鳩
  • 焚火
  • 花見川の要塞
  • 麦畑のミッション
  • 終着駅
  • 『男は旗』
  • 石の鳥獣
  • オクラホマ・キッド
  • マリヤ
  • 不良の旅立ち
  • 花の下にて (『野性時代』1993年6月号)
  • 花見川のハック (『野性時代』1994年1月号)
  • 煙 (『野性時代』1994年3月号)
  • シュー・シャイン (『野性時代』1994年4月号)
  • 曠野 (『野性時代』1994年5月号)
  • 鳥 (『野性時代』1994年5月号)
  • 十円玉 (『野性時代』1994年5月号)
  • 白熱 (『野性時代』1994年5月号)
  • 森の生活 (『野性時代』1994年6月号)
  • 栄光何するものぞ
  • 男結び

随筆[編集]

共著[編集]

  • 『孤愁』 (1994年 角川書店刊、「曠野」収録)
  • 『ディック・フランシス読本』 (1992年11月早川書房刊、「利腕に鞭とペン」収録)

海外への翻訳[編集]

中国大陸(簡化字)[編集]

  • 鸭哨 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-ダック・コール
猟犬探偵シリーズ
  • 圣玛丽的蝴蝶结 (刊行予定、吉林出版集团有限责任公司)-セント・メリーのリボン