ヨーロッパ企画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社オポス
Oposs Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
604-8382
京都市中京区西ノ京北聖町38
設立 2006年6月
業種 サービス業
事業内容 ヨーロッパ企画のマネジメント・運営、関連事業
代表者 代表取締役 吉田和睦
資本金 400万円
関係する人物 上田誠
外部リンク http://www.europe-kikaku.com/
特記事項:結成は1998年
テンプレートを表示

ヨーロッパ企画(ヨーロッパきかく)は、株式会社オポスが運営する日本劇団及び企画集団である。主宰は上田誠。1998年結成。

概要[編集]

主宰・上田誠の作・演出によるコメディにこだわった演劇公演の他、イベント企画、映像制作、テレビラジオの出演や企画構成など、「劇団」という枠を超えた活動が特徴。演劇公演では、結成以来一貫してコメディを上演し続けており、SFファンタジーの世界観を絡めながらも登場人物による日常会話をつむぐ群像コメディや、特殊な劇構造や仕掛けなどがある企画性コメディを上演している。

京都にある上田製菓(通称ヨーロッパハウス)を拠点とし、東京大阪をはじめ日本各地で活動する。

特に2005年に代表作『サマータイムマシン・ブルース』が映画化されてから人気が上昇し、2009年には『曲がれ!スプーン』(『冬のユリゲラー』改題)も映画化された。

2012年の舞台『月とスイートスポット』では「拙者ムニエル」より加藤啓、「劇団ロロ」より望月綾乃が客演として参加し、舞台表現の幅を広げている[1]

沿革[編集]

  • 1998年10月、同志社大学サークル「同志社小劇場」内で諏訪雅が上田誠・永野宗典を誘ってユニット結成。
  • 1999年2月、ユニット名を「ヨーロッパ企画」に決定。
  • 2000年4月、「同志社小劇場」から「ヨーロッパ企画」として正式に独立。
  • 2001年12月、第9回公演『12人の追い抜けないアキレス』で、初の大阪公演。
  • 2002年2月 - 3月、第10回公演『冬のユリゲラー2002』で、初の東京公演。
  • 2002年10月、第11回公演『ロードランナーズ・ハイ』で、『よしもとrise演劇祭』優勝(賞金300万円)。
  • 2003年12月 - 2004年1月、第14回公演『空前のクイズアワー』で、ライブハウスを中心に全国13か所を巡る。
  • 2005年9月、『サマータイムマシン・ブルース』が本広克行監督により映画化。これに合わせる形で8月から9月にかけて舞台版の『サマータイムマシン・ブルース2005』を第18回公演として5都市(京都・東京・大阪・札幌・福岡)で公演。
  • 2006年6月、ヨーロッパ企画の運営会社である「株式会社オポス」を設立。扇町ミュージアムスクエアのスタッフ時代からヨーロッパ企画と親交を深めていた吉田和睦が株式会社オポスの代表取締役、及びヨーロッパ企画のマネージャーとして就任[2]
  • 2006年9月 - 11月、第21回公演『ブルーバーズ・ブリーダーズ』を7都市(京都・東京・福岡・札幌・大阪・米原・福山)で公演。また、大阪公演ではABCが主催した『中之島演劇祭』にも参加。
  • 2007年11月 - 12月、第24回公演『火星の倉庫』を4都市(京都・福岡・東京・大阪)で公演。また、当公演以降は従来の小劇場公演から中規模以上の劇場・ホールなどの中劇場公演に移行。
  • 2008年5月 - 6月・8月、ヨーロッパ企画結成10周年企画の一つとして、第25回公演『あんなに優しかったゴーレム』を6都市(京都・大阪・名古屋・広島・福岡・東京)で公演。また、当公演から開演前のプレビュー公演栗東で行なった[3]
  • 2009年11月、『曲がれ!スプーン』(『冬のユリゲラー』改題)が本広克行監督により映画化。これに合わせる形で、2009年12月から2010年3月に『曲がれ!スプーン』を第28回公演として7都市(東京・いわき・京都・広島・福岡・名古屋・大阪)で公演(他に栗東でのプレビュー公演あり)。

メンバー[編集]

役者メンバーもそれぞれスタッフワークを兼任する。下記に挙げたメンバー以外にも制作担当の専任スタッフが多数いる。ヨーロッパ企画の本公演に関しては、原則として役者メンバーが全員出演(一部例外あり)。また、下記に挙げたメンバーは基本的に公式サイトのメンバーページに掲載されているが、黒木正浩はヨーロッパ企画内の派生ユニットである「黒木組」としての活動がメインということもあり公式サイトのメンバーページには掲載されていない。

主宰(代表)

  • 上田誠(旗揚げメンバー:脚本、演出、構成作家など)

役者メンバー

  • 諏訪雅(旗揚げメンバー:役者、制作、脚本、演出など)
  • 永野宗典(旗揚げメンバー:役者、小道具、脚本、演出など)
  • 本多力(1999年から参加:役者、制作など)
  • 石田剛太(1999年から参加:役者、ラジオパーソナリティなど)
  • 酒井善史(2000年から参加:役者、脚本、舞台美術、ロボット製作など)
  • 中川晴樹(2000年から参加:役者、構成作家など)
  • 土佐和成(2004年から参加:役者など)
  • 角田貴志(2004年から参加:役者、デザイン、イラストレーション、構成作家写真展など)
  • 西村直子(2004年から参加:役者など)

制作メンバー

  • 大歳倫弘(2005年から参加:脚本、演出、構成作家など)
  • 西垣匡基(2010年から参加:脚本、TVディレクターなど) - 古藤望とのユニット「マゴノテ」の脚本・演出としても活動。
  • 山口淳太(2005年から参加:映像制作、カメラマン、映画監督など)
  • 大見康裕(2005年から参加:映像制作、映像作家など)

黒木組

  • 黒木正浩(2004年から参加:役者、映画監督など)

以前所属していたメンバー[編集]

  • 瀬戸中基良(1999年 - 2004年在籍:役者など)
  • 松田暢子(1999年 - 2008年在籍:役者、小道具、文芸助手など) - 当初は音響スタッフとして参加、役者としての参加は2000年から。
  • 清水智子(役者など) - 現在はリガメント所属[4]
  • 伊藤紘介(2001年 - 2007年在籍:役者、構成作家など)
  • 玉田晋平(役者など)
  • 坪倉英夫(役者など)
  • 山脇唯(2004年 - 2013年在籍:役者、ダンス振り付け、衣装など) - 北区つかこうへい劇団出身[5]

演劇公演[編集]

京大の石垣に立て看板をするのが、同志社小劇場時代からの恒例。第17回公演『平凡なウェーイ』(2005年3月)

ヨーロッパ企画の演劇公演は、現在は本劇団による本公演と、本劇団内の派生ユニットである「ヨーロッパ企画 イエティ」によるプロデュース公演を上演している。

本公演[編集]

現在は、おおむね年1回のペースで上演(2007年以前は年2回から4回のペースで上演したことがある)。上田誠が全公演の脚本と演出を手掛けている。かつては全て小劇場での上演だったが、現在は全て中規模以上の劇場やホールでの上演となっている。

※1」の印がついたものはヨーロッパ企画によりDVD化されている公演であり、「※2」の印がついたものははDVDメーカーが販売元となっている公演である。下記のDVDの項目も参照。

次数 公演タイトル 公演年 備考
第1回公演 ところで、君はUFOを見たか? 1998年 当時は同志社大学の大学祭に同志社小劇場内で1回限りのユニットとして、「同志社小劇場EVE公演」にて参加。後にユニット名を「ヨーロッパ企画」に決定した際に、当公演を第1回公演とするようになった[6]
第2回公演 翼よごらんあれが恋の灯だ 1999年 本多力・石田剛太が初参加
第3回公演 戦う 1999年
第4回公演 翼よごらんあれが恋の灯だ(再演) 1999年
第5回公演 苦悩のピラミッダー 2000年 酒井善史・中川晴樹が初参加
第6回公演 衛星都市へのサウダージ 2000年
第7回公演 冬のユリゲラー 2000年
第8回公演 サマータイムマシン・ブルース 2001年
第9回公演 12人の追い抜けないアキレス※1 2001年
第10回公演 冬のユリゲラー2002 2002年
第11回公演 ロードランナーズ・ハイ※1 2002年
第12回公演 囲むフォーメーション 2003年
第13回公演 サマータイムマシン・ブルース2003※1 2003年
第14回公演 空前のクイズアワー 2003年
第15回公演 ムーミン※1 2004年
第16回公演 インテル入ってない 2004年 土佐和成・角田貴志・西村直子・黒木正浩が初参加。黒木は当公演が唯一出演した本公演作品である[7]
第17回公演 平凡なウェーイ※1 2005年
第18回公演 サマータイムマシン・ブルース2005※2 2005年 『サマータイムマシン・ブルース』の映画化に合わせて3度目の再演。
第19回公演 囲むフォーメーションZ 2005年
第20回公演 Windows5000※1 2005年
第21回公演 ブルーバーズ・ブリーダーズ※1 2006年
第22回公演 苦悩のピラミッダー※1 2007年 「バック・トゥ2000シリーズ」として、両公演を東京と大阪で同時に公演。出演する役者メンバーは、『苦悩のピラミッダー』と『冬のユリゲラー』の2チームに分かれて公演活動を行った。
第23回公演 冬のユリゲラー※1 2007年
第24回公演 衛星都市へのサウダージ※1 2007年 「バック・トゥ2000シリーズ」として東京と大阪で公演。役者メンバーも当公演で再び結集した。
第25回公演 火星の倉庫※1 2007年
第26回公演 あんなに優しかったゴーレム※1 2008年
第27回公演 ボス・イン・ザ・スカイ※1 2009年
第28回公演 曲がれ!スプーン※2
(冬のユリゲラー 改題)
2009年 『曲がれ!スプーン』の映画化に合わせて4度目となる改訂再演。
第29回公演 サーフィンUSB 2010年
第30回公演 ロベルトの操縦※1 2011年 当公演以降の本公演では「企画性コメディ」を模索。また、本公演の新作では2006年の『ブルーバーズ・ブリーダーズ』以来5年ぶりに客演として中山祐一朗山本真由美が参加[8]
第31回公演 月とスイートスポット※1 2012年 チンピラが時空を漂流するという「漂流コメディ」。栗東(プレビュー公演)・京都・広島・福岡・名古屋・東京・大阪の7都市で約1万人の動員を記録[9]
第32回公演 建てましにつぐ建てましポルカ※1 2013年
第33回公演 ビルのゲーツ※1 2014年
第34回公演 遊星ブンボーグの接近※1 2015年
第35回公演 来てけつかるべき新世界※1 2016年 本作で上田誠が第61回岸田國士戯曲賞を受賞[10]
第36回公演 出てこようとしているトロンプルイユ※1 2017年
第37回公演 サマータイムマシン・ブルース 2018年 4度目の再演。
第38回公演 サマータイムマシン・ワンスモア 2018年 『サマータイムマシン・ブルース』の15年後にあたる作品で、上演時には同じ舞台装置を使用する[11]
第39回公演 ギョエー! 旧校舎の77不思議 2019年

ヨーロッパ企画 イエティ[編集]

本公演で上田誠の文芸助手を務める大歳倫弘が全公演の脚本・演出を手がけるプロデュースユニットで、2009年以降おおむね年1、2回のペースで上演している。

公演タイトル 公演年 備考
♯1 コテンパン・ラリー 2009年 「ヨーロッパ企画プロデュース イエティくんスケッチ集」として上演
♯2 小ガイド 大ガイド 2010年
♯3 スーシーズ 2010年 初の東京公演。
♯4 ドンキーヤング 2011年
♯5 ブラッド&バター 2012年 初の大阪公演。これ以後、東京・大阪・京都の3都市での公演が定着。
♯6 ウイークポイントシャッフル 2012年
♯7 さらば、ゴールドマウンテン 2013年
♯8 燃えろ!アストロ闘病記 2013年
♯9 カレの居ぬ間にビッグフット! 2014年
♯10 俺の白飯を超えてゆけ!! 2015年
♯11 杉沢村のアポカリプティックサウンド 2015年
♯12 ヤだなコワいななんかヘンだな 2016年
♯13 コテンパン・ラリー2 2016年

その他[編集]

永野宗典の脚本・演出・出演による「永野宗典不条理劇場」として、『虚業』が2011年1月に、『劇野郎が来る!』が2012年5月から6月にそれぞれ上演。また、諏訪雅が脚本・演出・制作を手がけたオリジナルミュージカルである諏訪ミュージカル企画『夢!鴨川歌合戦』が2014年3月に上演された。

DVD[編集]

演劇公演映像をメインコンテンツとし、公演の舞台裏や副音声、映像作品、イベントでのコント映像など複数の特典映像を加えてリリースする。最近では、演劇公演に加えて、『ヨーロッパ企画の暗い旅』などヨーロッパ企画が手がけたイベントやテレビ番組のDVD化にも力を入れている。

ヨーロッパ企画演劇公演[編集]

  • サマータイムマシン・ブルース2003
  • ロードランナーズ・ハイ+ロー
  • ムーミン
  • 12人の追い抜けないアキレス
  • 平凡なウェーイ
  • Windows5000
  • ブルーバーズ・ブリーダーズ
  • 苦悩のピラミッダー
  • 冬のユリゲラー
  • 衛星都市へのサウダージ
  • 火星の倉庫
  • あんなに優しかったゴーレム
  • ボス・イン・ザ・スカイ
  • ロベルトの操縦
  • 月とスイートスポット
  • 建てましにつぐ建てましポルカ
  • ビルのゲーツ
  • 遊星ブンボーグの接近
  • 来てけつかるべき新世界
  • 出てこようとしているトロンプルイユ

他に、『サマータイムマシン・ブルース2005』、『曲がれ!スプーン(舞台版)』は、ポニーキャニオンが販売元となっている。

コントライブ[編集]

  • ジェントルメンクラブ「ゴルフ」

イベント[編集]

  • 第5回ショートショートムービーフェスティバル作品集
  • 第6回ショートショートムービーフェスティバル作品集

テレビ番組[編集]

  • ヨーロッパ企画の町内会ディスコ
  • ヨーロッパ企画の暗い旅1~2

廉価版(ヨーロッパ企画DVDスリム)[編集]

  • ヨーロッパ企画の数打っていこう
  • 諏訪ミュージカル企画「夢!鴨川歌合戦」

イベント[編集]

これまでに開催されたイベント(50音順)

黒木祭(2007年 - 2014年)
「ヨーロッパ企画」内における自主映画制作集団 「黒木組」による作品を一挙公開。2012年と2014年は『ハイタウン』内のイベントの一つとして行われている。
ショートショートムービーフェスティバル(2004年 - 2015年)
「5分以内」という条件の下、ヨーロッパ企画メンバー、ゲスト監督、一般応募の作品を織り交ぜて上映し、観客の投票によってグランプリを決める。実験的な作品を積極的に上映することで、映画の裾野を拡げることも、開催趣旨のひとつ。2013年開催の第8回は『ヨーロッパ企画の京都ニューシネマ』内で開催。
ハイタウン(2008年 - 2016年)
「ニューエイジを刺激する極上の闇鍋イベント」としてコントライブなどを開催したのが始まり。これを2012年からは企画性と笑いの祭典として2年ごとに開催する形に変更するとともに、いままでやったことの無いコメディに挑戦する「コメディ実験室」などの公演のほか各種イベントやヨーロッパ企画メンバーが監督・出演している映画の上映など多彩な内容のイベントとして開催。また、デイリーポータルZも当イベントに「デイリーポータルZルーム」として参加している。なお、従来のコントライブ形式のイベントについては、2013年7月と11月に『ハイタウン外伝』として開催している。
ふじだなサミット(2006年)
上田誠、伊藤紘介によるユニット、ふじだなサミットの集会。古い漫画、本、CD、おもちゃなど(案件と呼ぶ)をそれぞれが持ち寄り、討論した。
ヨーロッパ企画の京都ニューシネマ(2010年 - 2016年)
京都シネマとの共催で、ヨーロッパ企画のメンバーによる自主制作映画を上映。2012年開催の第2回では、ヨーロッパ企画メンバーが制作したかせきさいだぁ≡の楽曲のミュージックビデオを上映した『かせきさいだぁMVフェスティバル』を、2013年開催の第3回では『第8回ショートショートムービーフェスティバル』をそれぞれ開催。このイベントで上映した自主制作映画の一部は、『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』や『さぬき映画祭』など各地の映画祭でも上映している。
ヨーロッパスタジオ祭り(2005年 - 2007年)
公式サイトの一部、「ヨーロッパスタジオ」にて行われるオンラインイベント。チャットによる仮想ステージの他、さまざまな企画が毎日約2時間(企画によっては24時間)、1週間連続で行われた。

関わりの深い人物・集団[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

現在放送中

  • ヨーロッパ企画の暗い旅KBS京都、2011年1月 - ) - かつては、tvk北海道テレビでも短期間放送されていた。
  • タクシードライバー 祇園太郎NHK Eテレ・ワンセグ2、2011年7月・10月 - )
  • 銀河銭湯パンタくん(NHK Eテレ、2013年4月 - ) - 原作に角田貴志、プロット監修に上田誠がクレジットされている。また、本多力が声優としてレギュラー出演。ヨーロッパ企画としては初の子供番組かつ学校放送番組である(小学1・2年生向けの道徳番組)。
  • ことばドリル(NHK Eテレ、2014年4月 - ) - 小学1・2年生向けの国語番組。上田誠と西垣匡基が脚本を担当。
  • キョートカクテルLaLa TV、2014年9月15日 - ) - LaLa TVとヨーロッパ企画とのコラボ企画によるフラッシュアニメ。脚本・演出に石田剛太(声優としても出演)、イラストに角田貴志、フラッシュアニメ制作に西村直子を起用。また、諏訪雅と本多力も声優としてレギュラー出演。
  • インテリワードBAR「見えざるピンクのユニコーン」(BSジャパン、2015年4月3日 - ) - 2015年1月2日に単発放送。2015年4月3日からレギュラー放送開始。
  • 趣味の園芸グリーンスタイル 京も一日陽だまり屋(NHK Eテレ、2016年4月 - ) 紙人形劇の体裁をとり、脚本と登場人物の操演と声の出演を担当
  • ポチっと発明 ピカちんキットテレビ東京系、2018年1月6日 - ) - ヨーロッパ企画の子供番組としては民放第2作でバラエティーパートの制作を担当。

放送終了

CM

  • 前田建設「お客様とともに刻んで行く歴史が素晴らしいものになるように」篇、「前田建設の時間に境はないのです。」篇(西垣匡基が監督、石田剛太と諏訪雅が出演)
  • 三井製糖「クッキング刑事」(諏訪雅と永野宗典が出演)

ラジオ[編集]

現在放送中

放送終了

  • ヨーロッパは夜の9時半(ABCラジオ、2005年10月 - 2006年3月)
  • ヨーロッパ企画の試験放送(ABCラジオ、2006年4月 - 2008年9月)
  • 永野・本多の劇的ラジオ(KBS京都ラジオ、2007年10月4日 - 2014年9月26日) - 永野宗典・本多力がDJとして出演。
  • BINTANG GARDENFM802) - いずれもヨーロッパ企画本公演の関連企画番組として放送
    • ヨーロッパ企画の終電まであと少し!(2011年9月17日)
    • ナガノック・フェスティバル〜永野とロックとホニャララ~(2012年12月16日) - 永野宗典がロックフェスティバルを企画して実現した同名イベントの模様を放送
    • ヨーロッパ企画presents「いざ!迷路に参ろう」(2013年10月19日)
    • 情熱ヨーロッパ大陸(2014年9月13日)
    • 文房具ミーティング2015(2015年9月27日)

ネット配信[編集]

ミュージックビデオ[編集]

  • moools「愛人」(上田誠と角田行平が監督、本多力が出演)
  • クリープハイプイト」(山口淳太が監督、諏訪雅と中川晴樹が出演)

関連書籍[編集]

  • 上田誠 著『曲がれ!スプーン』 早川書房ハヤカワSFシリーズ Jコレクション〉、2009年10月初版発行、ISBN 978-4-15-209077-5
    表題作に『サマータイムマシン・ブルース』、短篇小説「犬も歩けば」を併録。
  • 上田誠『サマータイムマシン・ブルース』 早川書房、2018年8月7日、ISBN 978-4-15-209793-4
    作者語り下ろしインタビューおよび20年間全38回(『ワンスモア』含む)の上演履歴を併録。
  • ヨロッパ通信
    アンオフィシャルパンフレット。編集長は諏訪雅。表紙は本秀康。第11号まで刊行されている(2014年4月現在)。
  • 『ヨーロッパ企画の本 我々、こういうものです。』ミシマ社 編、発刊:2016年9月17日、ISBN 978-4903908830[23]
    上田誠による短編戯曲「小さな出版社」書き下ろし、過去作品解説、森見登美彦嬉野雅道本秀康 各氏による寄稿

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ INLIFE 有名人が語る男前の条件「ヨーロッパ企画」
  2. ^ 京都/拠点 : work & life in Kyoto | 青幻舎 SEIGENSHA Art Publishing,Inc.
  3. ^ ただし、第29回公演『サーフィンUSB』と第30回公演『ロベルトの操縦』のプレビュー公演は京都で行った(その後、何日か間隔を空けてから、改めて京都で本公演を上演)。
  4. ^ リガメント所属 清水智子 劇団ヨーロッパ企画から東京に来ました!
  5. ^ 【俳優業は継続、映像やZINE製作も】ヨーロッパ企画・山脇唯が退団
  6. ^ 同志社小劇場EVE公演「ところで、君はUFOを見たか?」
  7. ^ 黒木祭開催決定企画「黒い神輿を担ぐやつら」 - ヨーロッパスタジオ
  8. ^ イープラスTheatrix! 上田誠インタビュー
  9. ^ ヨーロッパ企画presents 【 東京カルチャーカルチャー6周年祭り 】『午後のヨーロッパ企画〜ヨーロッパ企画「建てましにつぐ建てましポルカ」キャンペーン東京編~』ライブレポート
  10. ^ 第61回岸田國士戯曲賞発表”. 白水社. 2017年9月13日閲覧。
  11. ^ 第37回公演「サマータイムマシン・ブルース」/ 第38回公演「サマータイムマシン・ワンスモア」”. ヨーロッパ企画. 2018年7月8日閲覧。
  12. ^ 『ヨロッパ通信 第10号』(2012年11月9日発行)21ページより。
  13. ^ “上野樹里、「ヨーロッパ企画」ドラマ再出演”. asahi.com. (2014年10月17日). http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2043447.html 2014年10月24日閲覧。 
  14. ^ 安藤政信主演ドラマ待望の第二弾放送決定!, , とれたてフジテレビ (株式会社フジテレビジョン), (2018年3月2日), http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/180302-i070.html 2018年3月7日閲覧。 
  15. ^ ECC”. 2019年8月26日閲覧。
  16. ^ 攻殻機動隊ARISE borderless:project 山口淳太監督「memory」[HD]” (2014年4月4日). 2019年8月26日閲覧。
  17. ^ アダムちゃん~宇宙人が京都にホームステイ~”. 2019年8月26日閲覧。
  18. ^ アダムちゃん〜宇宙人が京都にホームステイ〜”. YouTube (2014年12月25日). 2019年8月6日閲覧。
  19. ^ 知ってた?「バイト謎ワード」あなたはいくつ正解できるかな”. フロムエーしよ!! (2017年2月24日). 2019年8月26日閲覧。
  20. ^ ミズノ部活応援宣言公式Twitter” (2017年3月21日). 2019年8月26日閲覧。
  21. ^ 【中小企業の社長に聞く】 私はこれで会社をアゲました”. 中小機構公式チャンネル(SMRJ:独立行政法人中小企業基盤整備機構) (2019年3月18日). 2019年8月26日閲覧。
  22. ^ ゲームで解決!プログラメン”. YouTube (2019年8月1日). 2019年8月6日閲覧。
  23. ^ 株式会社ミシマ社 | ヨーロッパ企画の本 | 本の紹介

外部リンク[編集]