四月は君の嘘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四月は君の嘘
ジャンル 音楽漫画学園漫画
漫画
作者 新川直司
出版社 講談社
掲載誌 月刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
発表期間 2011年5月号 - 連載中
巻数 既刊8巻
アニメ
原作 新川直司
監督 イシグロキョウヘイ
シリーズ構成 吉岡たかを
キャラクターデザイン 愛敬由紀子
音楽 横山克
アニメーション制作 A-1 Pictures
製作 「四月は君の嘘」製作委員会
放送局 フジテレビほか
放送期間 2014年10月 -
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

四月は君の嘘』(しがつはきみのうそ)は、新川直司による日本漫画作品。『月刊少年マガジン』(講談社)にて2011年5月号より連載されている。単行本は2014年1月現在既刊8巻。2013年、講談社漫画賞少年部門受賞。

概要[編集]

中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いの才能に共鳴し合い成長する姿を描いた作品[1]。作者の新川によると自身はクラシック音楽とはもともと縁がなく高校時代はヘヴィメタルを聴いていたが[2]、「ヴァイオリンを演奏する少女を描きたい」との思いが作品を始める上での動機となり[2]、ヴァイオリニストの池田梨枝子、ピアニストの山崎香と菅野雅紀、作曲家の大澤徹訓に取材協力を仰いだ[3]。2012年度マンガ大賞ノミネート作品。

あらすじ[編集]

かつて国内外の数々のピアノコンクールで優勝し「神童」と呼ばれた有馬公生は、指導者であった母の死をきっかけにピアノを弾けなくなってしまう。3年後、14歳になった公生は幼なじみの椿を通じ、同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでのかをりの個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

登場人物[編集]

有馬 公生(ありま こうせい)
市立墨谷中学校3年生(14歳)。
母が叶えられなかった「世界的なピアニストになる」夢を叶えるために、幼い頃から母の厳しい指導の下で練習に励み、「正確かつ厳格」と評された演奏で国内外の数々のコンクールで優勝を果たした。11歳の秋、ヨーロッパでのコンクールを見据えた国内コンクールの直前に母が亡くなり、そのことがもとで演奏中に自分が弾くピアノの音が聞こえなくなるという症状を発症、ピアノから遠ざかるようになる。音楽の才能は健在で、新譜の譜面起こしなどのバイトをしている。
幼なじみの椿を通じて、ヴァイオリニストの宮園かをりと知り合う。初対面で盗撮魔と勘違いされるなど第一印象は最悪だったが、コンクールでの彼女の演奏に心を奪われる。
宮園 かをり(みやぞの かをり)
市立墨谷中学校3年生。ヴァイオリニスト。昔からコンクールの常連だった公生を見知っており、憧れていた。亮太のことが好き。
楽譜に忠実に弾くことが求められるコンクールにおいて個性的な演奏をしたため審査員から酷評されるが、聴衆から絶大な支持を受け、二次予選に進む。公生がピアノを弾かないのは逃げているだけだと指摘し、二次予選のピアノ伴奏を公生に頼む。コンクールは演奏中断により失格となり、本人は後悔していないものの、公生に再び弾いてほしいという思いから、失態の詫びにとピアノコンクール出場を要求する。コンクールでの演奏終了後に体調不良で倒れている。
澤部 椿(さわべ つばき)
市立墨谷中学校3年生。公生とは家が隣同士の幼なじみ。
ソフトボール部に所属しており、度々校舎の窓ガラスを割る飛球を打っては、偶然その場に居合わせることの多い公生に謝らせている。公生にとっては世話の焼ける姉のような存在。納得ずくでピアノをやめたわけではなく、中途半端な状態のまま時間が止まってしまっている公生が立ち直るためにも、もう一度ピアノを弾いて欲しいと思っている。
かつて憧れていた先輩に告白されたが、当時のような胸が高鳴るような感情が湧かず、返事を待ってもらっている。
渡 亮太(わたり りょうた)
市立墨谷中学校3年生。公生・椿の幼なじみ。サッカー部部長。多数の女子から人気がある。
斎藤(さいとう)
椿の1級上の先輩。野球部の元キャプテンで、椿の憧れの存在だった。下校中の椿と再会し、交際を申し込む。
井川 絵見(いがわ えみ)
有馬と同年代のピアニスト。5歳の時に友達のピアノ演奏会の応援に訪れた際に、その演奏会に出場していた有馬の演奏に感動しピアニストになることを誓う。気分屋な性格で有馬が2年間、ピアノから離れていた間は些細なことで演奏スタイルが変わってしまう程だったが、「機械のように正確」「コンクールのためだけに弾く」と評される有馬の演奏を否定するためにピアノを続けている。
相座 武士(あいざ たけし)
有馬と同年代のピアニスト。小学生時代は有馬にまったく対抗が出来なかったものの、彼が2年間、ピアノから離れていた間も「有馬公正を目標」にピアノを続け、彼が復活することを信じて練習を積んでいた。かつては有馬と井川の3人で音楽コンクールの上位を占めていたが、現在では2人に差をつけてコンクールの優勝を独占しており、国外での活動も視野に入れている。
有馬 早希(ありま さき)
公生の母。息子の才能に気付き幼い公生にコンクールで勝つための英才教育を施す。
瀬戸 紘子(せと ひろこ)
日本屈指のピアニスト。公生の母である早希の音大時代の同期であり、公生を見守ってきた。

挿入曲[編集]

各曲とも単行本のPRを兼ねてYouTubeでヴァイオリニストとピアニストによる演奏が講談社により公開されている。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2014年10月より、フジテレビノイタミナ」枠にて放送予定。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 新川直司(「月刊少年マガジン」連載中 / 講談社
  • 監督 - イシグロキョウヘイ
  • シリーズ構成・脚本 - 吉岡たかを
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 愛敬由紀子
  • プロップデザイン - 高田亮
  • 美術設定 - 塩澤良憲
  • 美術監督 - 薄井久代
  • 色彩設計 - 中島和子
  • 3Dディレクター - 小野竜太(グラフィニカ
  • 撮影 - 関谷能弘(グラフィニカ)
  • 編集 - 三嶋章紀(グラフィニカ)
  • 音響監督 - 明田川仁
  • 音楽 - 横山克
  • アニメーション制作 - A-1 Pictures
  • 制作 - 「四月は君の嘘」製作委員会

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「エンタ!超太鼓判 先取りマンガ賞」『日経エンタテインメント!』2011年12月号、日経BP、96頁
  2. ^ a b 足りないのはLOVEとヤンキー〈『四月は君の嘘』新川直司インタビュー前編)”. エキサイトニュース (2012年1月25日). 2012年2月18日閲覧。
  3. ^ もっと恋愛に比重を置いていた気がします(『四月は君の嘘』新川直司インタビュー後編)”. エキサイトニュース (2012年1月26日). 2012年2月18日閲覧。
  4. ^ 『四月は君の嘘』をもっと楽しむために”. 月刊少年マガジンWeb|編集部日記|講談社コミックプラス (2011年8月6日). 2011年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]

フジテレビ ノイタミナ 第2部
前番組 番組名 次番組
四月は君の嘘
-