山路和弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまじ かずひろ
山路 和弘
生年月日 1954年6月4日(62歳)
出生地 日本の旗 日本三重県
身長 172cm
血液型 A型
職業 俳優・声優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台・アフレコ
活動期間 1979年 -
活動内容 1979年:劇団青年座入団
所属劇団 劇団青年座
受賞
第36回(2010年度)菊田一夫演劇賞・演劇賞

山路 和弘(やまじ かずひろ、1954年6月4日 - )は、三重県出身の俳優声優ナレーター劇団青年座演技部所属。

経歴[編集]

1977年青年座研究所に第一期生として入所。1979年劇団青年座に入団[1]舞台ミュージカルのほか、映画テレビドラマなど俳優として幅広く活躍する一方、声優としても非常に数多くの洋画作品で吹き替えを担当[2]

2011年4月、『宝塚BOYS』の池田和也、『アンナ・カレーニナ』のニコライ・カレーニンの役の演技に対して、第36回(2010年度)菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

活動内容[編集]

俳優として[編集]

キャリアは舞台から始まり、映画監督である高橋伴明との出会いから、80年代はピンク映画を中心に活動[3]。80年代後半以降は、舞台活動に専念するようになる。

2011年には、ミュージカルである『宝塚BOYS』、『アンナ・カレーニナ』に出演し、非常に高い歌唱力を披露し、第36回(2010年度)菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞した。

声優として[編集]

舞台から役者として活動し始めた山路だが、声優として活動するのは、34〜35歳くらいからだったと語っている。30年以上前に、あるテレビ局のプロデューサーが山路の芝居を見に来ており、山路の演技力を気に入り声をかけられたのがキッカケだという。

初めて演じた吹き替えの役柄は悪役で、「演じていて凄く楽しかった」と語っている[4]。元々舞台でも悪役が多かったが、「舞台でも悪役を演じるのは好きだが、その感覚は声優も一緒だと感じたところが面白かった」と語っている[4]

それ以降、ジェイソン・ステイサムをはじめ、ヒュー・ジャックマンラッセル・クロウショーン・ペンソン・ガンホクリストフ・ヴァルツなど多数の吹き替えを担当する声優としても知られるようになる[4]

また、近年では、アニメゲームにも多く出演しており、2015年第39回日本アカデミー賞にて最優秀アニメーション作品賞を受賞した『バケモノの子』では、役所広司演じる「熊徹」のライバルであり、二人の子供をもつ心優しき父親でもある「猪王山」を演じ、山路は「自分が8つの時に若くして亡くなってしまった父の事を思い出した。ニコニコといつも優しい父親だった。そして猪王山を演じたときに涙で胴震いする処があった。この映画は、いろんなモノを思い出し、そして思い起こさせてくれた。」と監督である細田守に感謝の言葉を残している[5]

役柄[編集]

演じる際のこだわり[編集]

吹き替えをする時、山路は必ず口元と呼吸を集中して観察している。理由は「呼吸がいちばん感情が出るし、意味合いがつく。息には表情があって、その役者の呼吸に合わせていくと、こっちも自然に同じ表情になれる」と語っている[4]

悪役について[編集]

悪役の楽しさについて聞かれたところ山路は、「悪役として出てきただけで観客の嫌がる匂いというか、空気を感じたときが自分たち役者としてはそれがたまらない蜜の味になり、悪役には観客がどこまで嫌がってくれるだろうかと追求する楽しさがある。」と語った[4]

ジェイソン・ステイサムについて[編集]

山路は、アクション俳優であるジェイソン・ステイサムの吹き替えをステイサムのデビュー作である『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』以降20年近くほぼ全ての作品を専属で担当している[4]

また山路とステイサムの地声は非常に似ており、山路はステイサムの吹き替えをするにいたっては、「特に何も考えなくてもステイサムの吹き替えはやりやすい。」と語っている。他にもステイサムについて山路は、「あの役者はいいねぇ。無駄な芝居をしない。獣のような動きと身体」とブログにてコメントしているほど非常に気に入っている[6]。「ステイサムが一番自分に近い声ですし、作ることなく、感情の動きにあわせて自然に演じることができる俳優なんです」とインタビューで語っている[7]。山路は一番好きなステイサムの映画として、『アドレナリン』を挙げている[8]

人物[編集]

特技としてトランペット演奏があり、俳優仲間たちと趣味でトランペット同好会を開いている[9]

自身が初めて立ち上げた芝居は怪談であり、“毎夏怪談上演”を理想とするほどの怪談好きでもある[10][11]

山路は、自身の声質を「機械っぽい声」と称しており、『破壊魔定光』のポンコツ役を演じた時にインタビューでコメントしている[12]。また、感情の起伏の少ない役柄はトーンが同じことからストレスが溜まることもあったと語るが、一方でポンコツがおかしくなるシーンは演じていて楽しかったと語っている[12]

また、自身のブログで、『ドキドキ!プリキュア』で演じているキャラクターのベールが「似てるかもしれない」と言及している[13]

エピソード[編集]

山路は、自分にとって一番の大きな出会いは、家弓家正との出会いだと語っている[14]1995年に公開された『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の収録現場で、家弓は「アテレコというのは錯覚だから」と山路に教え、目の前で台本も読まずに一気にアテレコを成し遂げたという[14]。それ以降、山路は錯覚という言葉を意識し、音響監督からも「山路さんのアフレコは、画面に映っている人物がそのまま喋っている様に聞こえる。まさに理想の吹き替え。」と 評されている[14]。吹き替えのアフレコにおいて、山路は、おじいちゃん、おばあちゃんが観て「この外人さん、日本語うまいわねぇ。」と言ってくれる感覚まで持っていてくれたら最高だ。と語っている[14]

ONE PIECE FILM GOLD』では悪役であるギルド・テゾーロを演じている。テゾーロには歌唱シーンがあり、山路がミュージカル経験者であるため、起用に至った[15]。原作者の尾田栄一郎からは、「男のセクシーさが全開にでている役者さん」と評され、セニョール・ピンクの起用もそれに至っている[15]

また声優の木村良平は尊敬する役者として山路の名前を挙げており、「山路さんの芝居を見るのが大好きです。」と語っている。[16]

出演作品(俳優)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • 死のう団(1976年)
  • 肥前松浦兄妹心中(1978年)- 働かずの吾一役
  • 青春の砂のなんと早く(1980年)- 男役
  • 三文オペラ(1981年、1982年)- 大道歌手役
  • 怨(1982年)- 岡部将義役
  • 逆修の塔(1983年)- 働かずの吾一役
  • 二つのダイヤモンド(1983年)- 選手1役
  • 蜜の味(1983年)- ボーイ役
  • 宮城野(1983年)- 矢太郎役
  • 次郎長が行く(1984年)- 木暮半次郎役
  • 将軍たちの夜(1984年)- おまわりさん役
  • マンブール・ジャングル(1984年)
  • ブンナよ、木からおりてこい(1985年、1988年、1992年、1994年)- 蛇役
  • 弥次喜多(1985年)- 門付役
  • パラダイス・オブ・ギンザ(1986年、1987年、1988年)- ケン・ナカガワ役
  • MANBUL JUNGLE II(1986年)
  • 有頂天時代(1988年)
  • 盟三五大切(1989年、1990年、1993年)- 芸者姐妃の小万役
  • 東海道四谷怪談(1990年)- お岩、お袖役
  • 橋ものがたり(1991年)
  • ル・バル(1991年)- 男6役
  • カルメン(1991年、1993年)- ドン・ホセ役
  • 夏の日と、星の光と(1991年)- 響野役
  • 越境者たち(1992年)- 片桐役
  • 弘誓の海の舟(1993年)- 浄安上人役
  • 月食(1994年)- アルジューナ役
  • 美女と野獣(1994年)
  • 樅の木は残った(1994年)- 成瀬達馬役
  • 椿姫~カミーユ~(1995年)- ベラ役
  • 狸御殿(1996年)- お葛役
  • 太陽が死んだ日(1996年)- マルコス・デ・ニザ修道士役
  • ムーラン・ルージュ(1998年)- 下向哲平役
  • ロマンス・ロマンス(1998年)- アルフレッド/サム役
  • 花迷宮(1998年)- 西輝次郎役
  • 阿呆劇ファルスタッフ(1999年)- フォード役
  • 新版 四谷怪談(1999年)- 民谷伊右衛門役
  • ビギン・ザ・ビギン(2000年、2002年)- キース芦田役
  • 火の鳥 鳳凰編(2000年)- 藤原仲麻呂役
  • 美しきものの伝説(2002年)- 先生役
  • 涙の谷、銀河の丘(2003年)- 岡田まさはる役
  • 世阿彌(2003年)- 勧世十郎元雅役
  • 曲がり角の向こうには 〜RAPTURE〜(2004年)- トム役
  • 虹の橋(2004年)- 九兵衛/磯吉役
  • 深川安楽亭(2004年、2007年)- 男役
  • ファンタスティックス(2005年)- エル・ガヨ役
  • グリマー・アンド・シャイン(2005年)- マーティン・グリマー役
  • 写楽考(2005年)- 十返舎十九(重田幾五郎)役
  • 屋上庭園/動員挿話(2005年、2008年)- 並木/宇治役
  • アンナ・カレーニナ(2006年、2010年、2011年、2013年)- ニコライ・カレーニン役
  • しあわせのつぼ(2006年)- 立花良和役
  • マリー・アントワネット M・A(2006年、2007年)- ボーマルシェ
  • 宝塚BOYS(2007年、2008年、2010年、2013年)- 池田和也役
  • ハレルヤ!(2007年)- 荒巻雄太郎役
  • 王様とおばさん(2008年)- ポポカイナ・二瓶役
  • MOTHER 〜君わらひたまふことなかれ〜(2008年)- 与謝野鉄幹役
  • スーザンを探して(2009年)- ゲリー役
  • 淫乱斎英泉(2009年)- 渓斎英泉役
  • サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ 〜日曜日にジョージと公園で〜(2009年)- ジュール役
  • パパは犯罪者!?(2010年)- 中井てるゆき役
  • 富士見町アパートメント「ポン助先生」(2010年)- 山崎ポン助役
  • 戯伝写楽(2010年)- 蔦谷重三郎役
  • M・クンツェ&S・リーヴァイの世界(2010年)- ボーマルシェ役
  • 戦争にはいきたくない ~あるネジ工場の景色~(2011年)- 相島役
  • 奥様お尻をどうぞ(2011年)- 首相、魔女、魔物役
  • ピアフ(2011年)- ブルーノ役
  • ハムレット(2012年)- ポローニアス役
  • 灰色のカナリア(2012年)- 三浦伸介役
  • Woo!!man(2012年)- 浩介、麗子役
  • ブラック メリーポピンズ(2014年) ※声の出演
  • 三文オペラ(2014年)- ジョナサン・ジェルマイヤー・ピーチャム役
  • 鑪-たたら(2015年)- 今西康平、ハナ役
  • 東憲司版「戯作者銘々伝」(2015年)- 山東京山、朋誠堂喜三二、烏亭焉馬、小林善八郎、母親役
  • 二人だけのお葬式 〜かの子と一平〜(2015年)- 岡本一平役
  • 天一坊十六番(2016年)- 大岡越前守役
  • かもめ(2016年) - ドールン 役[17]

出演作品(声優)[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1996年

1997年

  • 名探偵コナン(谷口昇)

1998年

2001年

2002年

  • 名探偵コナン(北浦京吾)

2003年

2005年

2006年

2007年

2008年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

OVA[編集]

1995年

1997年

1998年

2000年

2005年

劇場アニメ[編集]

1995年

1997年

2002年

2004年

2015年

2016年

ゲーム[編集]

1999年

2001年

2003年

2004年

  • XIII 大統領を殺した男(XIII)※PS2※XBOX
  • ペット探偵 Y's(鞍浜吉平)

2005年

2006年

2007年

  • ローグギャラクシー ディレクターズカット(ゼグラム・ガート

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

吹き替え[編集]

俳優[編集]

洋画・海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

特撮[編集]

2007年

人形劇[編集]

2016年

ラジオドラマ[編集]

2016年

ナレーター[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 山路和弘”. 劇団青年座. 2016年7月22日閲覧。
  2. ^ 山路和弘:吹き替えの“名手”は「声にコンプレックス」”. まんたんウェブ (2016年4月17日). 2016年7月22日閲覧。
  3. ^ STAFFインタビュー”. 最終回放送記念CASTインタビュー. 2016年7月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e f #5 声優:山路和弘”. 吹替王国. 2016年7月22日閲覧。
  5. ^ 父を想う”. 山路和弘ブログ 108. 2016年7月22日閲覧。
  6. ^ ジェイソン・ステイサム”. 山路和弘ブログ 108. 2010年12月14日閲覧。
  7. ^ 名優・山路和弘が語るジェイソン・ステイサムの魅力”. ぴあ映画生活. 2014年8月8日閲覧。
  8. ^ ステイサムの声といえばこの人! 山路和弘さんにインタビュー”. コタク・ジャパン (2014年8月6日). 2016年7月22日閲覧。
  9. ^ trumpetクラブ”. 山路和弘ブログ 108 (2010年10月28日). 2016年7月22日閲覧。
  10. ^ コメント求む!”. 山路和弘ブログ 108. 2010年10月14日閲覧。
  11. ^ 爺宣言す”. 山路和弘ブログ 108. 2010年10月15日閲覧。
  12. ^ a b STAFFインタビュー”. 2011年1月19日閲覧。
  13. ^ プリキュア|山路和弘ブログ 108”. 2013年3月12日閲覧。
  14. ^ a b c d 吹替王国#5声優:山路和弘 SPインタビュー”. 吹替王国 (2016年4月21日). 2016年7月22日閲覧。
  15. ^ a b 「『ONE PIECE FILM GOLD』公開記念!宮元宏彰監督&脚本担当黒岩勉さんのスペシャルインタビュー!」の巻”. ONE PIECE.com. 2016年7月22日閲覧。
  16. ^ http://ddnavi.com/anime-bu/217558/a/
  17. ^ “熊林弘高演出「かもめ」に、満島ひかり×田中圭×坂口健太郎×渡辺大知”. ステージナタリー. (2016年4月4日). http://natalie.mu/stage/news/181761 2016年4月5日閲覧。 
  18. ^ http://www.bakemono-no-ko.jp/character/index.html
  19. ^ 第13話までにご出演のゲストキャスト発表!”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2013年12月27日閲覧。
  20. ^ 新着情報”. テレビ東京・あにてれ 遊☆戯☆王ARC-V. 2014年2月21日閲覧。
  21. ^ セニョール・ピンク”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  22. ^ TVアニメ「ワンパンマン」公式サイト”. 2015年7月22日閲覧。
  23. ^ ヒット”. ドラゴンボール超公式サイト. 2016年7月22日閲覧。
  24. ^ CAST&STAFF”. 91Days. 2016年5月19日閲覧。
  25. ^ キャラクター”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦. 2016年6月10日閲覧。
  26. ^ 1月9日公開の『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』より、最新場面カット&主要登場キャラクター解禁! 12月27日には、シリーズの主要スタッフによるニコ生トーク特番が放送決定!”. アニメイトTV. 2014年12月20日閲覧。
  27. ^ http://www.bakemono-no-ko.jp/character/index.html
  28. ^ http://www.onepiece-film2016.com/staffcast.html
  29. ^ 7/23公開「ONE PIECE FILM GOLD」ギルド・テゾーロ役は山路和弘さん、劇中曲は小島麻由美さんに決定!”. ONE PIECE.com (2016年4月4日). 2016年6月4日閲覧。
  30. ^ コール オブ デューティ ゴースト[吹き替え版 主要キャスト]”. コール オブ デューティ ゴースト オフィシャルサイト. 2013年12月6日閲覧。
  31. ^ 『真・女神転生IV』荒廃した東京で出会う3名の人間”. ファミ通.com. 2013年4月10日閲覧。
  32. ^ 『ウォッチドッグス』主人公役・森川智之さんの他にも出演声優が公開。初回特典アートブックの日本限定企画にはコザキユースケさんらが参加”. 電撃オンライン. 2014年4月21日閲覧。
  33. ^ 『龍が如く 維新!』キャラクター配役を大公開!”. 『龍が如く 維新!』公式サイト. 2013年9月9日閲覧。
  34. ^ CHARACTER”. ウィッチャー3 ワイルドハント. 2014年9月29日閲覧。
  35. ^ EVENT”. ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン. バンダイナムコエンターテインメント. 2015年12月23日閲覧。
  36. ^ 『LEGO マーベル スーパー・ヒーローズ ザ・ゲーム』の豪華声優陣が発表 日本語吹き替えトレーラーも公開【動画あり】”. ファミ通.com. 2014年10月27日閲覧。
  37. ^ レジェンドガチャ更新・Wスターレジェンド10連ガチャ開催のお知らせ”. グランブルーファンタジー 公式サイト. 2016年7月16日閲覧。
  38. ^ 横山昌義のTwitter”. 2015年12月14日閲覧。
  39. ^ CAST”. 龍が如く6 命の詩。. セガ. 2016年7月28日閲覧。
  40. ^ スパイダーマン”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  41. ^ トリプルX ネクスト・レベル”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  42. ^ 「ターザン:REBORN」吹き替え版、桐谷健太の相手役に井上麻里奈!山路和弘、手塚秀彰らベテラン勢も参戦”. 映画.com. 2016年7月6日閲覧。
  43. ^ 『エクスペンダブルズ3』最強日本語吹替え声優陣が発表!”. ぴあ映画生活. 2015年2月21日閲覧。
  44. ^ ルフィ×ゾロ×峰不二子「キング・オブ・エジプト」に超豪華声優陣が集結!”. 映画.com. 2016年6月23日閲覧。
  45. ^ 刑事フォイル 〔登場人物〕”. NHK. 2015年7月8日閲覧。
  46. ^ 恋におちたシェイクスピア”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月27日閲覧。
  47. ^ タイタンの戦い”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  48. ^ 特攻野郎Aチーム THE MOVIE”. 日曜洋画劇場. 2016年7月24日閲覧。
  49. ^ ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月16日閲覧。
  50. ^ バイオハザード”. 日曜洋画劇場. 2016年7月21日閲覧。
  51. ^ HAWAII FIVE-0 - ダニー・ウィリアムズ”. AXN. 2014年7月31日閲覧。
  52. ^ PLANET OF THE APES/猿の惑星”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月27日閲覧。
  53. ^ “『ホビット 決戦のゆくえ』レジェンド級の声優集う!! 「こんな吹替版は二度と作れない」”. http://dramanavi.net/news/2014/11/post-3255.php 2014年11月18日閲覧。 
  54. ^ http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1462168397

外部リンク[編集]