田畑政治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たばた まさじ
田畑 政治
TABATA Masaji.png
田畑政治(1936年以前/30代)
生誕 (1898-12-01) 1898年12月1日
日本の旗 日本 静岡県 浜松町(現・浜松市 成子[1]
死没 (1984-08-25) 1984年8月25日(85歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 新聞記者水泳指導者
時代 大正 - 昭和
雇用者 朝日新聞社(1924年 - 1952年)
団体 日本水泳連盟
東京オリンピック大会組織委員会
日本オリンピック委員会など
著名な実績 日本の水泳競技の向上
1964年東京オリンピックの招致
活動拠点 日本
肩書き 日本水泳連盟会長
東京オリンピック大会組織委員会事務総長
日本オリンピック委員会会長など
栄誉 勲二等瑞宝章(1964年)
勲二等旭日重光章(1984年)

田畑 政治(たばた まさじ、1898年12月1日 - 1984年8月25日)は、日本の教育家、新聞記者水泳指導者。静岡県浜名郡浜松町成子(現・浜松市中区成子町)出身[2]

長きに渡り日本水泳連盟会長を務めた他、1964年東京オリンピックの招致活動におけるキーマンの一人として知られる[3]

略歴[編集]

1898年明治31年)12月1日、静岡県浜名郡浜松町成子(現・浜松市中区成子町)にて生まれる。実家は造り酒屋であったという[4]。実家の跡地は現在国道257号線に面したセブンイレブン浜松成子町店となっている。

旧制静岡縣立浜松中学校(現・静岡県立浜松北高等学校)第一高等学校(現・東京大学教養学部)を経て、東京帝国大学法学部政治学科を卒業後[1]1924年大正13年)に朝日新聞社東京朝日新聞)に入社する。その後は政治経済部長などを務め、1949年昭和24年)に常務に就任した。新聞記者としては二・二六事件を体当たり取材し、朝日新聞社が右翼の襲撃を受けるような記事を書いた[5]。この時、多額の過勤料を支給されたが、実家が裕福で給与に無関心であったため、初めて朝日新聞社に過勤料という制度があることを知った[5]

一方で田畑は水泳指導者としても活動し、1932年(昭和7年)のロサンゼルスオリンピックなどの大きな大会で日本代表の監督を務めた。新聞記者でありながら水泳に全力を尽くせたのは、上司の緒方竹虎の理解があったからである[6]

1939年(昭和14年)には日本水泳連盟(当時の名称は大日本水上競技連盟)会長の末弘厳太郎が大日本体育会(後の日本体育協会)理事長に就任したことから、田畑も末弘を支えるべく新たに設けられた理事長に就任した[7]

戦後の1948年(昭和23年)には日本水泳連盟の会長に就任、同年のロンドンオリンピック参加を断られた当時の日本代表(古橋廣之進橋爪四郎ら)の実力を見せつけるべく、日本選手権の決勝をロンドン五輪と同日開催とする[8]などの策士ぶりを発揮、翌1949年(昭和24年)の国際水泳連盟(FINA)復帰につなげるなど大胆な組織運営を行った。

その後も田畑は1952年(昭和27年)のヘルシンキオリンピック1956年(昭和31年)のメルボルンオリンピックと二大会連続で日本選手団の団長を務めた。

戦後間もない時期から東京へのオリンピック招致を訴えており、五輪招致活動においては中心人物の一人として以前から親交のあったフレッド・イサム・ワダなどの人物を招致委員に引き込むなど活躍する。

1959年(昭和34年)に1964年(昭和39年)の東京開催が決定すると[9]、田畑もその組織委員会の事務総長に就任し開催に向けて活動した。正式種目に女子バレーボールを加えるロビー活動の陣頭指揮にも立ったという[10]

しかし、1962年(昭和37年)の第4回アジア競技大会でホスト国のインドネシア台湾イスラエルの参加を拒否し、それに対して国際オリンピック委員会(IOC)がこの大会を正規な競技大会と認めないという姿勢を打ち出したことで日本選手を出場させるべきかという問題に巻き込まれることになった[11]。最終的に日本選手団は(競技自体が中止された)重量挙げを除いて出場したものの、この問題の責任を取る形で田畑はJOC会長で組織委員会会長の津島寿一とともに辞任することとなった[11]

1973年(昭和48年)には青木半治の後を受けて第10代日本オリンピック委員会(JOC)委員長[注 1]に就任した( - 1977年(昭和52年))。

1984年(昭和59年)、85歳で死去。

河野一郎との関係[編集]

河野一郎とは朝日新聞社の同僚であったが、田畑は政治部、河野は経済部(農政担当)に所属し、スポーツでは田畑が水泳、河野が陸上競技と対抗する場面が多かったため、世間からは「犬猿の仲」と思われていた[12]。しかし実際には朝日新聞社時代の河野とほとんど会話する機会がなく、一緒に食事をしたこともなかったといい、不仲説は世間が作り出したイメージであった[12]

田畑と河野の深い関係が始まるのは、公職追放が解除された河野が、弟の河野謙三との間で国政選挙出馬をめぐって調整が必要になった時に田畑が仲介を行ってからである[13]。(田畑は河野謙三と親しかった[14]。)これ以降、田畑は河野の日本陸上競技連盟会長就任時に祝辞を述べたり、2人で日本スポーツ界の改革のために競馬法を改正しようと画策したりした[15]。競馬法改正のもくろみは、河野の死によって実現できなかった[16]

関連作品[編集]

映画
テレビドラマ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本オリンピック委員会は1911年の創立時に嘉納治五郎が初代委員長に就任して以後、1989年に文部大臣より財団法人認可を受けて日本体育協会(現・日本スポーツ協会)から独立した組織になるまでは委員長が最高責任者であった。

出典[編集]

  1. ^ a b 水泳ニッポンの父 田畑政治(たばた まさじ)/浜松市”. www.city.hamamatsu.shizuoka.jp. 2019年3月4日閲覧。
  2. ^ 田畑政治 - コトバンク
  3. ^ 杢代哲雄『評伝 田畑政治』(国書刊行会、1988年、新装版2018年)に詳しい。
  4. ^ “浜松の酒蔵が大河主人公「田畑政治」にちなんだ日本酒販売へ”. 浜松経済新聞. (2019年2月5日). https://hamamatsu.keizai.biz/headline/2212/ 2019年7月10日閲覧。 
  5. ^ a b 杢代 2018, p. 20.
  6. ^ 杢代 2018, p. 131.
  7. ^ 立教大学体育会水泳部の歴史-3
  8. ^ 古橋広之進 - 国際留学生協会
  9. ^ Stefan Huebner, Pan-Asian Sports and the Emergence of Modern Asia, 1913-1974. Singapore: NUS Press, 2016, 147-173ページ所収.
  10. ^ 【オリンピズム】五輪旗と組織委員会(4)スポーツ界自立に人生捧ぐ - 産経ニュース 2013.10.29
  11. ^ a b 紛糾したアジア競技大会とGANEFO。そしてインドネシアと北朝鮮の引き揚げ - 日本オリンピック委員会(コラム「東京オリンピック開催へ」 Vol.3)
  12. ^ a b 杢代 2018, p. 237.
  13. ^ 杢代 2018, pp. 237-238.
  14. ^ 杢代 2018, p. 238.
  15. ^ 杢代 2018, pp. 238-239.
  16. ^ 杢代 2018, pp. 239-240.

参考文献[編集]

  • 杢代哲雄『評伝 田畑政治 オリンピックに生涯をささげた男』国書刊行会〈新装版〉、2018年6月25日、289頁。ISBN 978-4-336-06267-3

外部リンク[編集]

先代:
青木半治
日本オリンピック委員会委員長
10代:1973年 - 1977年
次代:
柴田勝治