浜名郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
静岡県浜名郡の範囲(水色:後に他郡から編入した区域)

浜名郡(はまなぐん)は、静岡県遠江国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね湖西市の一部(白須賀・境宿)にあたる[1]

歴史[編集]

近代以降の沿革[編集]

1.白須賀町 11.浜松町 12.曳馬村 13.三方原村 14.天神町村 15.白脇村 16.浅場村 17.新津村 18.篠原村 19.舞阪町 20.新居町 21.吉津村 22.新所村 23.知波田村 24.入出村 27.村櫛村 28.南庄内村 29.北庄内村 30.和地村 31.吉野村 32.伊佐見村 33.神久呂村 34.雄踏村 35.入野村 36.富塚村 42.小野田村 43.平貴村 44.有玉村 45.中郡村 46.笠井町 47.美島村 48.市野村 49.天王村 50.蒲村 51.和田村 52.飯田村 53.芳川村 54.河輪村 55.五島村 61.赤佐村 62.中瀬村 63.竜池村 64.豊西村 65.中ノ町村(紫:浜松市 桃:湖西市 25・26は引佐郡 41は磐田郡)
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、白須賀宿・境宿村が合併して白須賀町(現・湖西市)が発足。(1町)
  • 1896年(明治29年)
  • 1904年(明治37年)12月14日 - 白脇村の一部(浜松寺島、浜松八幡地、龍禅寺)が浜松町に編入。
  • 1905年(明治38年)3月18日 - 吉津村の一部(中ノ郷)が新居町に編入。
  • 1908年(明治41年)
    • 1月1日(5町37村)
      • 有玉村・中郡村および小野田村の一部(半田)が合併して積志村が発足。
      • 小野田村の一部(小松・内野)と平貴村(平口)が合併して小野口村が発足。
      • 美島村および平貴村(貴布祢・沼・道本・小林)が合併して北浜村が発足。
    • 10月1日 - 浅場村の一部(浅田・伊場・海老塚・東鴨江)が浜松町に編入。
  • 1909年(明治42年)12月28日 - 吉野村の一部(段子川)が富塚村に編入。
  • 1910年(明治43年)3月28日 - 入野村の一部(高塚)が浅場村に編入。
  • 1911年(明治44年)7月1日 - 浜松町が市制施行して浜松市が発足し、郡より離脱。(4町37村)
  • 1912年大正元年)10月1日 - 富塚村の一部(両追分・和地山・浜松沢)が浜松市に編入。
  • 1914年(大正3年)3月10日 - 浅場村が可美村に改称。
  • 1916年(大正5年)5月1日 - 曳馬村、天神町村の各一部が浜松市に編入。
  • 1921年(大正10年)4月1日 - 天神町村が浜松市に編入。(4町36村)
  • 1923年(大正12年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 1925年(大正14年)2月11日 - 雄踏村が町制施行して雄踏町となる。(5町35村)
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1927年昭和2年)2月1日 - 天王村・市野村が合併して長上村が発足。(5町34村)
  • 1929年(昭和4年)4月1日 - 吉津村が町制施行・改称して鷲津町が発足。(6町33村)
  • 1934年(昭和9年)2月11日 - 曳馬村が町制施行して曳馬町となる。(7町32村)
  • 1936年(昭和11年)2月11日 - 曳馬町・富塚村が浜松市に編入。(6町31村)
  • 1939年(昭和14年)7月1日 - 白脇村・蒲村が浜松市に編入。(6町29村)
  • 1949年(昭和24年)
    • 4月1日 - 可美村の一部(明神野・東明神野)が浜松市に編入。
    • 8月1日 - 入野村の一部が浜松市に編入。
  • 1951年(昭和26年)
    • 3月23日 - 新津村・河輪村・五島村が浜松市に編入。(6町26村)
    • 4月1日
      • 豊西村と笠井町が合併し、改めて笠井町を新設。(6町25村)
      • 竜池村が北浜村に編入。(6町24村)
    • 11月3日 - 小野口村が町制施行・改称して浜名町となる。(7町23村)
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 神久呂村の一部(志都呂)が入野村に編入。
  • 1954年(昭和29年)
    • 3月31日 - 笠井町・長上村・和田村・中ノ町村が浜松市に編入。(6町20村)
    • 7月1日 - 芳川村・飯田村・吉野村・三方原村が浜松市に編入。(6町16村)
  • 1955年(昭和30年)
    • 3月31日 - 神久呂村が浜松市に編入。(6町15村)
    • 4月1日
      • 白須賀町・鷲津町・新所村・入出村・知波田村が合併して湖西町が発足。(5町14村)
      • 村櫛村・南庄内村・北庄内村が合併して庄内村が発足。(5町10村)
  • 1956年(昭和31年)
  • 1957年(昭和32年)
    • 3月31日 - 入野村および湖東村の一部が浜松市に編入。(5町5村)
    • 10月1日 - 積志村が浜松市に編入。(5町4村)
  • 1960年(昭和35年)10月1日 - 湖東村が浜松市に編入。(5町3村)
  • 1961年(昭和36年)6月20日 - 篠原村が浜松市に編入。(5町2村)
  • 1963年(昭和38年)7月1日 - 浜北町が市制施行して浜北市となり、郡より離脱。(4町2村)
  • 1965年(昭和40年)7月1日 - 庄内村が浜松市に編入。(4町1村)
  • 1972年(昭和47年)1月1日 - 湖西町が市制施行して湖西市となり、郡より離脱。(3町1村)
  • 1991年平成3年)5月1日 - 可美村が浜松市に編入。(3町)
  • 2005年(平成17年)7月1日 - 舞阪町・雄踏町が浜松市に編入。(1町)
  • 2010年(平成22年)3月23日 - 新居町が湖西市に編入。同日浜名郡消滅。

変遷表[編集]

行政[編集]

歴代郡長[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新所原駅周辺の住居表示実施地区の境界は不詳。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
浜名郡および敷知郡
長上郡豊田郡の一部
行政区の変遷
1896年 - 2010年
次代:
(消滅)