新所原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新所原駅
JR Shinjohara sta 001.jpg
JR東海北口と天竜浜名湖鉄道の駅舎
(2017年1月6日)
しんじょはら
Shinjohara
所在地 静岡県湖西市新所原三丁目
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海・駅詳細
天竜浜名湖鉄道駅詳細
テンプレートを表示

新所原駅(しんじょはらえき)は、静岡県湖西市新所原三丁目に所在する、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線および天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線である。JR東海の駅番号CA40

JR東海の運行形態の詳細は「東海道線 (静岡地区)」を参照。

概要[編集]

静岡県最西端の駅で、JR東海東海道本線においては起点の静岡県最東端の駅になる熱海駅までの営業キロは177.8kmに及ぶ。

JR東海の境界駅にあたり、当駅以東浜松方面は静岡支社の管轄となり、上り場内信号機から豊橋方面が東海鉄道事業本部直轄エリアとなる。

天竜浜名湖線の前身は日本国有鉄道(国鉄)二俣線で、1987年3月14日までの間、二俣線の一部列車(末期はキハ20形気動車)が豊橋駅まで直通運転を行っていた。

構内に静岡県と愛知県の境があり、以前はホームに「県境の駅」と記された看板があった。県境はホーム西端よりさらに豊橋側を横切っている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

かつては3面5線だったが、二俣線の経営移管に伴い天竜浜名湖鉄道天浜線駅舎が分離新設され[3]、旧1番線が天浜線となり、旧2番線は廃止(東側は保線車両の留置線、西側は撤去)されフェンスが設置されている。天浜線の西端には、JR東海東海道本線への渡り線が設けられている。 2015年2月7日まで、西側のJR東海東海道本線の駅舎は青基調の平屋建てで、天浜線との連絡改札(TOICA対応簡易型自動改札)もあった。東側の天浜線は白基調の2階建てである。駅改良工事に伴いJR東海の駅舎は解体されており、その西側に設けられた仮設駅舎が2015年2月8日から2016年11月26日まで、利用し、これにより、JR東海と天竜浜名湖鉄道の駅舎が別々となった。

JR東海は北口のみであったことから[1]、2012年から橋上駅舎・南北自由通路の建設、駅前広場の整備などが一体となった「新所原駅周辺整備事業」が開始された[2]。この事業により2016年11月27日よりに橋上駅舎が完成、南北自由通路の供用を開始した[1][2]

二俣線からの直通列車が東海道本線を跨いでいたガーダー橋橋脚と築堤が残されている。但し東海道本線上を跨いでいた橋は撤去されている。

JR東海[編集]

JR東海 新所原駅
しんじょはら
Shinjohara
CA39 鷲津 (5.8km)
(4.3km) 二川* CA41
所在地 静岡県湖西市新所原三丁目4番1号
駅番号 CA  40 
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CA 東海道本線静岡地区
キロ程 177.8km(熱海起点)
電報略号 シハ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
4,086人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1936年12月1日
備考 業務委託駅
JR全線きっぷうりば
* この間に静岡支社東海鉄道事業本部直轄エリアの境界あり(当駅以東は静岡支社管内)
テンプレートを表示

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅。南側の3番線はほとんど使用されておらず、現在は18:54発豊橋行のみが3番線を着発している[4]。ホームには発車標はなく、ベンチと自動販売機が設置されている。以前は待合室や植え込みがあったが、撤去された。互いのホームは跨線橋で連絡している。

東海交通事業社員が業務を担当する業務委託駅で、鷲津駅が当駅を管理している。昼間でも窓口を休止する時間帯がある。JR全線きっぷうりば自動改札機設置駅。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 CA 東海道本線 上り 浜松静岡方面[注釈 1]
2・3 下り 豊橋名古屋方面[注釈 1]


天竜浜名湖鉄道[編集]

天竜浜名湖鉄道 新所原駅
しんじょはら
SHINJOHARA
アスモ前(1.0km)
所在地 静岡県湖西市新所原三丁目4番1号
所属事業者 天竜浜名湖鉄道
所属路線 天竜浜名湖線
キロ程 67.7km(掛川起点)
電報略号 シハ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
333人/日(降車客含まず)
-2018年-
乗降人員
-統計年度-
670人/日
-2018年-
開業年月日 1987年3月15日
備考 直営駅
テンプレートを表示

単式ホーム1面1線を有する地上駅直営駅である。自動券売機が1台設置されている。

駅舎内でうなぎ屋が日中に営業しており、待合室とホーム側の窓口で駅弁(うな丼)を販売している(昼食時間帯以外は、注文を受けてから調理する)。また、改札口隣にイートインスペースがある[5]


利用状況[編集]

「静岡県統計年鑑」によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 JR東海 天竜浜名湖
鉄道
1993年 4,127
1994年 4,193
1995年 3,752
1996年 3,855
1997年 3,717
1998年 3,621
1999年 3,562
2000年 3,518
2001年 3,439
2002年 3,328
2003年 3,383
2004年 3,492
2005年 3,487 594
2006年 3,636 557
2007年 3,631 495
2008年 3,656 521
2009年 3,448 492
2010年 3,464 480
2011年 3,425 380
2012年 3,549 378
2013年 3,649 408
2014年 3,704 349
2015年 3,788 345
2016年 3,819 354
2017年 3,975 375
2018年 4,086 333

駅周辺[編集]

駅ができるまでは、旧新所村の入会地の原野で駅名の由来になる。ほとんど開発されなかったが、1980年代後半以降、駅周辺は住宅地や商業地の開発が進み、隣接駅の二川駅周辺よりも賑やかである。

駅南側は土地区画整理事業が行われ、また併せて橋上駅舎が完成、駅の南北間は自由通路が開設されたことで往来がしやすくなった。

愛知県道・静岡県道3号豊橋湖西線は駅前から200mほどで愛知県豊橋市に至り、利用圏に含まれる。

バス[編集]

湖西市コミュニティバス「こーちゃんバス」[6]

  • 白須賀岡崎線:JA白須賀支店・おんやど白須賀・湖西病院方面
  • 岡崎循環線:岡崎小学校東・大森駅・神座・湖西病院方面
  • 岡崎鷲津線:浜名病院・アメニティプラザ・鷲津駅・湖西病院方面

かつては遠鉄バス新所原線が駅周辺を通っていた。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CA 東海道本線
特別快速・新快速・快速・区間快速・普通(快速は上りのみ、区間快速は下りのみ運転)
鷲津駅 (CA39) - 新所原駅 (CA40) - 二川駅 (CA41)
天竜浜名湖鉄道
天竜浜名湖線
アスモ前駅 - 新所原駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 駅構内の案内表記で、 駅掲示用時刻表のPDFが使われているJR東海公式サイトで参照可能(2015年1月現在)[広報 1]

出典[編集]

  1. ^ a b c “南北自由通路と橋上駅舎が完成 湖西・JR新所原駅”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 三河版 14. (2016年11月28日) 
  2. ^ a b c “湖西・新所原新駅舎、南北自由通路が完成 JR東海道線”. 静岡新聞. (静岡新聞社). http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/305340.html?news=262133 2016年11月27日閲覧。 
  3. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第12号、鉄道ジャーナル社、1987年10月、 67頁。
  4. ^ https://railway.jr-central.co.jp/time-schedule/srch/_pdf/data/202003/tokaido_Shinjohara_B_wh_d.pdf
  5. ^ 新所原駅
  6. ^ コーちゃんバスについて(2016年10月改正) - 湖西市 2018年1月5日閲覧

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ JR東海公式サイトの各駅の時刻表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]