近江長岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
近江長岡駅
JR Central Ōmi-nagaoka Station building.jpg
駅舎(2022年11月)
おうみながおか
Ōmi-Nagaoka
CA80 柏原 (4.3 km)
(4.6 km) 醒ケ井 CA82
所在地 滋賀県米原市長岡1700-2
北緯35度21分33秒 東経136度22分26.2秒 / 北緯35.35917度 東経136.373944度 / 35.35917; 136.373944
駅番号 CA  81 
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 CA 東海道本線名古屋地区
キロ程 435.2 km(東京起点)
電報略号 ウナ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
829人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1889年明治22年)7月1日
備考 有人駅(夜間無人駅
JR全線きっぷうりば
テンプレートを表示
長岡駅
ながおか
NAGAOKA
深谷 (2.9 km)
所属事業者 逓信省鉄道作業局
所属路線 東海道線(旧線)
キロ程 434.0 km(東京起点)
廃止年月日 1899年(明治32年)12月28日
備考 線路切り替えに伴う
テンプレートを表示

近江長岡駅(おうみながおかえき)は、滋賀県米原市長岡にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)東海道本線である。駅番号CA81

JR東海の駅で唯一、駅名に「近江」を冠した駅である。運行形態の詳細は「東海道線 (名古屋地区)」を参照。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する地上駅。駅舎は構内西側にあり、2つのホームとは地下通路で連絡している。

有人駅で、JR全線きっぷうりばが設置されている。

もともと、現在の国道365号に沿った旧線から米原駅方面へ分岐されたルート上に設置された駅であるため、関ケ原駅 - 米原駅において当駅付近のみ北側へ迂回しているような線形となっている(国道21号東海道新幹線名神高速道路等は直進している)。このため、当駅から関ケ原駅まで半径402mのカーブが多数あり、制限速度80km/hの区間が頻発する。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1・2 CA 東海道本線 上り 大垣名古屋方面[注釈 1] 1番線は一部列車のみ使用
3・4 下り 米原京都方面[注釈 1] 4番線は事実上予備ホーム
各のりばに関して
  • 1番線 - 上り待避線。貨物列車などの待避と、一部の旅客列車のみ使用。
  • 2番線 - 上り本線。
  • 3番線 - 下り本線。
  • 4番線 - 下り待避線。貨物列車などの待避に使われるが、定期旅客列車の発着はない。

貨物取扱・専用線[編集]

現在は臨時車扱貨物のみを取り扱っており、貨物列車の発着はない。

かつては駅北側へ分岐し、住友大阪セメント(旧・大阪セメント)伊吹工場へと続く専用線が存在した。専用線は、かつての東海道本線の廃線跡を一部流用する形で敷設された全長3.7kmで1952年に開通。当初非電化で大井川鉄道から蒸気機関車(15・16)を購入し、1954年に三岐鉄道より102を購入した(15・16は101・103へ改番)。1955年に東海道本線稲沢-米原間が電化され、1956年に電気機関車(いぶき500形)を新製して蒸気機関車101は東洋レーヨンに、103は櫻島埠頭へ売却。102は保管されていたがのちに三岐鉄道へもどり保存されている。運転は1日6往復平日のみ(1993年当時)自社所有のタキ19000形や秩父セメントホキ5700形などが専用線に入線していた[4]。同線の廃止後、いぶき500形は大井川鉄道(現・大井川鐵道)へ転じている。駅構内には貨車のためのヤードも存在したが専用線と共に廃止された。一部の線路のみ残存し、保線機械の留置に使われることがある。

また1980年代まで、近江鉱業長岡工場へ続く専用線もあり、砕石も扱われていた。同社社屋前から駅方向に向かって伸びている築堤に痕跡が残る(一部残された線路上に白い二軸貨車が置かれている)。

1985年当時の常備貨車[編集]

  • タキ1900形(セメント専用)32両、大阪セメント所有
  • タキ7300形(セメント専用)21両、大阪セメント所有
  • タキ12200形(セメント専用)11両、大阪セメント所有
  • タキ19000形(セメント専用)113両、大阪セメント所有
  • ホキ3500形(セメント専用)6両、大阪セメント所有
  • ホキ7200形(石灰石専用)5両、大阪セメント所有

(出典:「昭和60年版私有貨車番号表」『トワイライトゾーンMANUAL13』ネコ・パブリッシング、2004年)

ダイヤ[編集]

普通はすべて大垣発着であるが、快速系統の各列車は岐阜・名古屋方面へ直通する。

日中時間帯
  • 大垣発着の普通が上下線とも1時間あたり2本停車する。
朝と夕方以降
  • 特別快速・新快速・快速の運行があり、晩は米原行きの区間快速も運行される。
※土曜・休日ダイヤとなる日は、米原行きの区間快速が朝に1本だけ追加で運行される。

利用状況[編集]

「滋賀県統計書」によると、1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度 1日平均
乗車人員
出典
1992年 923 [統計 1]
1993年 935 [統計 2]
1994年 939 [統計 3]
1995年 921 [統計 4]
1996年 920 [統計 5]
1997年 897 [統計 6]
1998年 891 [統計 7]
1999年 870 [統計 8]
2000年 858 [統計 9]
2001年 828 [統計 10]
2002年 804 [統計 11]
2003年 808 [統計 12]
2004年 不明
2005年
2006年
2007年 840 [統計 13]
2008年 862 [統計 14]
2009年 842 [統計 15]
2010年 835 [統計 16]
2011年 825 [統計 17]
2012年 833 [統計 18]
2013年 857 [統計 19]
2014年 840 [統計 20]
2015年 843 [統計 21]
2016年 846 [統計 22]
2017年 824 [統計 23]
2018年 845 [統計 24]
貨物
年度 発送貨物(トン) 到着貨物(トン)
1992 547,322 205,252
1993 576,101 202,755
1994 597,867 211,849
1995 514,193 151,029
1996 336,559 38,125
1997 298,565 33,589
1998 204,778 23,558
1999 29,234 3,428
2000
  • 滋賀県統計書各年度版

駅周辺[編集]

表側にロータリーがある。付近は民家が多く、商店も点在する。市役所支所や市民交流プラザは天野川の向こう岸にあるが、シルバー人材センターや三島池は駅からやや離れた所にある。裏側は田畑が広がるが、民家が点在する。近江鉱業の本社や工場はこちら側にある。

接続交通機関[編集]

「近江長岡駅」停留所から、湖国バス長浜営業所)の路線バスとまいちゃんバス(米原市)の乗合タクシーが発着する。

バス路線[編集]

湖国バス

タクシー路線[編集]

まいちゃんバス
  • 甲津原
平日(※お盆8月14日 - 8月16日)・年末年始12月29日 - 翌年1月3日)を除く)に1日3便のみ運行。予約不要[5]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)
CA 東海道本線
特別快速・新快速・快速・区間快速・普通(区間快速は米原方面行きのみ運転)
柏原駅 (CA80) - 近江長岡駅 (CA81) - 醒ケ井駅 (CA82)

かつて存在した路線[編集]

逓信省鉄道作業局
東海道線(旧線)
関ケ原駅 - (貨)深谷駅 - 長岡駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2015年1月現在)。

出典[編集]

本文中の出典[編集]

  1. ^ 渡利正彦「住友大阪セメント伊吹工場専用線運転終了」『鉄道ピクトリアル』、電気車研究会、1999年9月、 78頁。
  2. ^ “「TOICA」のサービス拡充について 〜2019年3月2日(土)からご利用エリアを拡大します!〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2018年12月12日), オリジナルの2020年12月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201219170453/https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000039002.pdf 2020年12月19日閲覧。 
  3. ^ “【社長会見】東海道本線(名古屋駅~米原駅間)・中央本線(勝川駅)へのお客様サポートサービス(旧「集中旅客サービスシステム」)の導入について” (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2023年1月18日), オリジナルの2023年1月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20230118061742/https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000042492.pdf 2023年1月18日閲覧。 
  4. ^ 前里孝「伊吹の麓にデッキ付電機が走る」『とれいん』No.221、48-53頁
  5. ^ まいちゃんバスの運行について”. 米原市 (2022年11月30日). 2023年1月20日閲覧。

利用状況の出典[編集]

関連項目[編集]