三島池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三島池
Pond Mishima and Mount Ibuki.jpg
三島池と伊吹山
所在地 日本の旗 日本
滋賀県米原市池下
位置
面積 0.039 km2
周囲長 0.78 km
最大水深 1.2 m
成因 灌漑
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

三島池(みしまいけ)は滋賀県米原市池下にある貯水池姉川の伏流水を利用して灌漑用に作られた。別名、比夜叉池2010年(平成22年)3月25日農林水産省ため池百選に選定された[1]。また「滋賀のため池50選」にも選定されている[2]

概要[編集]

築造年は不詳であるが、1200年(正治2年)年代には造られたと言われ、現在も農地20haを灌漑している。

伊吹山が湖面に映え、散策路も整備され、池の北東に「女滞」が近接し水路でつながっており、周辺は「グリーンパーク山東」の公園として整備されていて[3]池の南に「蛍の川」が流れ、6月上旬頃にはホタルが見られ、近隣の住民の親水空間として活用されている[4]

また、1959年(昭和34年)に滋賀県の天然記念物「マガモ自然繁殖の南限地」に指定され[5]。 一部のマガモが、この池に滞まり繁殖していて[6]1964年(昭和39年)に周辺は、鳥獣保護区に指定された。

伝説[編集]

佐々木秀義が領主をしていたとき、旱魃に見舞われた。佐々木秀義が人柱を立てろというお告げを聞くと、その乳母である比夜叉御前が自ら進んで池に身を投げた。以来、水が枯れることはないという。彼女は身を沈める直前に機織をしていたといわれ、今でも小雨降る夜は機織の音が聞こえるという。[7]

動物[編集]

生息する魚類
三島池に飛来する水鳥(ほぼ一年中見られる水鳥)
三島池に飛来する水鳥(冬に見られる水鳥)

グリーンパーク山東[編集]

伊吹山から見下ろすグリーンパーク山東と三島池

三島池周辺のグリーンパーク山東には以下の施設が整備されている[3]

  • 三島池ビジターセンター(マガモの展示施設)
  • 宿泊研修棟(鴨池荘)
  • グリーンドーム(屋内運動施設)
  • 三島池ゴルフガーデン(ショートコース)
  • 林間キャンプ場
  • ゲートボール
  • フィールドアスレチック

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三島池 - 農林水産省 - ため池百選
  2. ^ 滋賀のため池50選三島池
  3. ^ a b グリーンパーク山東”. グリーンパーク山東. 2011年4月22日閲覧。
  4. ^ 三島池”. 社団法人びわこビジターズビューロー (2011年4月11日). 2011年4月22日閲覧。
  5. ^ a b 三島池周辺〜マガモの親子が見られる鳥獣特別保護地区〜”. 琵琶湖環境部 自然環境保全課. 2011年4月22日閲覧。
  6. ^ ラムサール条約と琵琶湖”. 琵琶湖ラムサール条約連絡協議会事務局. 2011年4月22日閲覧。
  7. ^ 三島池の伝説

外部リンク[編集]

参考文献[編集]