淡海湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
淡海湖 別名(処女湖)
Lake Tankai Aerial Photograph.jpg
淡海湖の空中写真。(1975年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
所在地 滋賀県高島市今津町深清水
位置
周囲長 910 km
最大水深 0.8 m
貯水量 163 km3
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

淡海湖(たんかいこ)は、滋賀県高島市今津町深清水にある人工の灌漑用ため池。別名「処女湖」。

貯水池として農林水産省ため池百選に選定されている[1]。また「滋賀のため池50選」にも選定されている[2]


概要[編集]

大正2年1913年淡海耕地整理組合により赤坂川上流の窪地に堰堤を着手、大正12年に1923年に完成したため池である[3]。現在は組織変更した淡海土地改良区が施設を管理している。

湖面12ha、貯水量132万トンで、1.2kmの隧道を掘って導水し下流の田畑に約100ヘクタールに用水を供給するため池である。

湖の周囲は家族旅行村ビラデスト今津や箱館山スキー場などが整備されている。湖の中央にある浮島には、弁財天が祀られている。タンカイザリガニの生息地でもある。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 淡海湖
  2. ^ 淡海湖
  3. ^ 全国水土里ネット淡海池地区

外部リンク[編集]