美幌温水溜池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
美幌温水溜池
Bihoro Warm water reservoir Aerial Photograph.jpg
画像中央の短冊状の長方形が美幌温水溜池である。この撮影時にはほとんど渇水している。(1977年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
所在地 北海道
位置
成因 灌漑用人造湖
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

美幌温水溜池(びほろおんすいためいけ)は、北海道網走郡美幌町にある貯水池である。農林水産省ため池百選に選定されている[1]

歴史[編集]

1970年(昭和45年)、網走支庁耕地部(現オホーツク総合振興局産業振興部整備課)により竣工された。現在は網走川土地改良区(水土里ネット網走川)で管理されている。

美幌地区の稲作に必要な農業用水美幌川等から取水していたが、農繁期の水温は13℃と低温なため、太陽熱を利用し溜池にて16℃近くに温めて稲作の増産を図るために作られた[2]

保全運動[編集]

オホーツク総合振興局東部耕地出張所や地域の自然保護団体、高等学校が中心となり多数の活動を行っている。

交通[編集]

飛行機 
女満別空港から北海道北見バス美幌駅乗り換えタクシーまたは斜里バス利用
鉄道 
石北本線美幌駅からタクシー
車 
美幌国道北海道道995号東藻琴豊富線の交差点より1km

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]