大沼 (小山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大沼
O-numa water reservoir in Oyama-city Aerial photograph.1974.jpg
大沼付近の空中写真。沼の西側(画像左)を斜めに走る白い直線部は、建設中の東北新幹線である。1974年撮影の2枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
所在地 栃木県小山市羽川
位置
周囲長 1.4 km
貯水量 110,000 km3
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

大沼(おおぬま)は、栃木県小山市羽川にあるため池である。

2010年(平成22年)3月25日農林水産省ため池百選に選定された[1]

概要[編集]

堰堤の構築時期は明らかでないが、その形状により「イモガラ溜」と呼ばれ、周辺にあった大小の溜池とともに農業用水に利用されていた。

1919年(大正8年)1月耕地整理に伴い灌漑施設の整備とため池の再整備が起工された。その後幾多の改修工事を経て、1994年(平成6年)、県営水環境整備事業により、周辺の環境整備及びため池の施設整備が進められ、2002年(平成14年)3月に完成した。[2]

自然・地域保全活動[編集]

ハナショウブや、思川桜の散策路が湖畔にあり、冬季にはハクチョウカモが飛来する。

羽川大沼地区地域用水対策協議会が中心となり、ため池の保全活動を行っている。

アクセス[編集]

道路[編集]

路線バス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大沼
  2. ^ 羽川大沼-小山市観光協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]