大正池 (井手町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大正池ダム
大正池ダム
所在地 京都府綴喜郡井手町多賀字一ノ谷20-1
位置
河川 淀川水系玉川
ダム湖 大正池(ため池百選
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 26.5 m
堤頂長 89 m
堤体積 16,000
流域面積 2.8 km²
湛水面積 4 ha
総貯水容量 230,000 m³
有効貯水容量 22,000 m³
利用目的 灌漑
事業主体 京都府
着手年/竣工年 1996年/1999年
出典 「ダム便覧」大正池(再)
テンプレートを表示

大正池(たいしょういけ)は京都府綴喜郡井手町多賀字一ノ谷20-1、淀川水系玉川に建設された灌漑用の重力式コンクリートダム湖である。2010年(平成22年)3月25日農林水産省ため池百選に選定された[1]。また、平成の名水百選[2]日本六玉川[3] の一つの井手の玉川の源流にあり、「井手町大正池 癒しと交流の空間」として[4]京都府景観資産にも選定されている。

造成[編集]

池は昭和28年台風第13号直前の南山城水害により決壊した旧大正池と旧二の谷池の2つの池跡地を「淀川水系改修基本計画」により再構築したもので1960年(昭和35年)に完成した。また、1994年(平成6年)「地域用水環境整備事業」等により周辺整備が行われ、2004年(平成16年)には林業経営構造対策事業によってバンガローキャンプ場が整備され、井手町野外活動センター「大正池グリーンパーク」としてオープンした[5]

京都府内の農業用ため池としては唯一のコンクリートダムであり、ため池として最大のものである。

自然[編集]

2006年(平成18年)に井手町野外活動センターがオープンし、自然観察やため池の管理等にも利用されていて、センターを管理するNPO法人が周囲の環境整備等を行っており、ボランティアや企業が協力して周囲の山林の整備を行っている。[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]