神田池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神田池
Jinden-Ike water reservoir Aerial photograph.1979.jpg
神田池付近の空中写真。画像中央茶褐色の部分が神田池である。1979年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
所在地 茨城県稲敷郡阿見町
位置
面積 2.3 km2
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

神田池(じんでんいけ)は、茨城県稲敷郡阿見町飯倉神田にあるため池である。

2010年(平成22年)3月25日農林水産省ため池百選に選定された[1]

1993年(平成5年)には阿見名所百選にも選定されている。

概要[編集]

成型は年は不明であるが地元の集落民が、14haの開墾のために灌漑用水のため堰堤を築き、湧水をためていた池を、元禄年間(1690年頃に、仙台藩により水田灌漑のため修復整備された池が神田池と伝わる。

現在も灌漑用水に利用されており、この用水路(弁天川)は、清明川に合流している[2]

明治から大正期にはコイ養殖場として利用しており、池の管理は長年にわたって保全されてきた。

自然・地域保全活動[編集]

神田池には、コイフナハヤ等の種類が多く、アヤメミクリ等の水生植物、初夏にはヘイケボタルが見られる。

2000年(平成12年)に「神田池を保全する会」が設立された、学校や子供会と連携し観察会や保全活動を行っている。

アクセス[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 神田池
  2. ^ 神田池【茨城県】 - 関東農政局

関連項目[編集]

外部リンク[編集]