ミクリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミクリ
Sparganium erectum microcarpum – väikeseviljane jõgitakjas Keilas.jpg
ミクリ(Sparganium erectum
保全状況評価
準絶滅危惧環境省レッドリスト
Status jenv NT.svg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ガマ目 Typhales
: ガマ科 Typhaceae
: ミクリ属 Sparganium
: ミクリ S. erectum[1]
学名
Sparganium erectum
L., 1753
和名
ミクリ(実栗)

ミクリ(実栗、三稜草、Sparganium erectum)は単子葉植物ガマ科APG II以前ではミクリ科)ミクリ属の植物。ヤガラという別名で呼ばれることもある[2]

分布[編集]

北半球の各地域とオーストラリア湖沼河川などに広く分布[3]日本でも全国に分布するが、数は減少している。

形態、生態[編集]

果実

多年生抽水植物地下茎を伸ばして株を増やし、そこからを直立させる。葉は線形で、草高は最大2mになる[3]

花期は6-9月、棘のある球状の頭状花序を形成する。花には雄性花と雌性花があり、枝分かれした花序にそれぞれ数個ずつ形成する。その花序の様子がのイガに似るため、ミクリ(実栗)の名がある。果実を形成する頃には、花序の直径は2-3cmになる[3]

利用[編集]

観賞用の水草として利用されることがある。

脚注[編集]

  1. ^ "Sparganium erectum". Natural Resources Conservation Service PLANTS Database. USDA. 2022年6月15日閲覧
  2. ^ 大滝末男、石戸忠 『日本水生植物図鑑』北隆館、1980年。  p.253
  3. ^ a b c 角野康郎 『日本水草図鑑』文一総合出版、1994年。  p.77