ハヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オイカワの若魚
静岡県産ヌマムツ(カワムツA型)。婚姻色が出たオス
婚姻色が残るウグイ
アブラハヤ

ハヤ(鮠, 鯈, 芳養)は、日本産のコイ科淡水魚のうち、中型で細長い体型をもつものの総称である。ハエハヨとも呼ばれる。

釣り用語や各地での方言呼称に用いられ、標準和名に「ハヤ」が組みこまれた種もある。呼称は動きが速いことに由来するという説がある[要出典]。主な魚としては以下のようなものがいる。

餌はサシパンミミズ練り餌川虫赤虫毛鉤など。

泳がせ釣り用の活き餌として釣られることもある。