方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

方言(ほうげん)とは、ある一定の地域で使われる口頭言語音声言語)のこと。文字言語がほぼ共通している地域内で、文法は同じであっても単語発音アクセントイントネーションが異なる地方の言語を言う。地域人口の集中程度により同一方言が形成されるが、隣接地域に人の交流が多い場合は方言に明確な区分はない。また、離れた地域間ではほとんど会話が通じないことがある。その場合は共通語が使用されることがある。

方言と言語の関係[編集]

日本においては、既に820年頃成立の『東大寺諷誦文稿』には「此当国方言、毛人方言、飛騨方言、東国方言」という記述が見え、これが国内文献で用いられた「方言」という語の最古例とされる。当時、既に方言という概念が存在していたことを物語っている。

言語は変化しやすいものなので、地域ごと、話者の集団ごとに必然的に多様化していく傾向があり、発音や語彙、文法に相違が生じる。そのために、差異の程度が別の言語までには広がっておらず同じ言語の変種と認められるものの、部分的に他の地域の言葉と異なった特徴を持つようになったものを方言と呼ぶ。また、同一地域内にあっても、社会階層やエスニック・グループの違いなどによって異なる変種も方言と呼ばれることがある[1]

なお、方言同士が時を経てそれぞれ異なる方向に変化し、やがては意思の疎通ができなくなるが、このような過程のある段階で各々の方言は別言語だと看做されるようになる。同じ語族に属する言語とは、理論上、そもそも同じ言語(祖語)の方言がさらに変化して別言語に枝分かれしたものである。

一般的な感覚ではしばしば「お互いに意思の疎通が可能」であることが方言か別言語かの基準とされるが、言語学的には「同語族・同語派・同語群の同系統の別の言語」と「同一言語の中の方言」を区別する明確な基準はなく、言語と方言の違いは曖昧である。中には、隣接する地域同士ではそれぞれ意思疎通が可能でも、数地域隔たると全く意思疎通ができなくなる場合もある。国境の有無や、友好国同士か敵対国同士かというような政治的・歴史的な条件、正書法の有無・差異などを根拠に両者の区別が議論されることもあり、例外は多々存在する。そのため、「世界にいくつの言語が存在するか」という質問への明確な答も存在しない。

「言語」と「方言」に境界線を引くための指標としてしばしば引用される警句に「言語とは、陸軍海軍を持つ方言のことである」(イディッシュ語: "אַ שפּראַך איז אַ דיאַלעקט מיט אַן אַרמיי און פֿלאָט" "a shprakh iz a dialekt mit an armey un flot", 英語: A language is a dialect with an army and navy)というものがある。これは、自分たちが話す言葉がはたして「方言」であるか、それとも独立した「言語」であるかについての認識には、その言葉を使う共同体が独立国家を持つか否かといった政治的・軍事的要因に左右される面があることを示す。この警句はユダヤ人言語学者のマックス・ヴァインライヒの発言としてよく引用されるが、実際の発言者が誰なのかは不明である。

方言話者同士が会話する場合は、ある特定の方言そのもの、あるいはその方言を元にして新しく作られた標準語[2]を使用してきた。

各国での方言の実例[編集]

「言語」と「方言」の境界が曖昧な事例は、世界中で見られる。

近代(国民)国家と標準語政策[編集]

近代に至ってフランス型の標準語政策は国民形成、国民統合と国民国家建設に欠かせない要件として世界中の国々に受け入れられていく(後述する日本の標準語化政策も例外ではない)。

日本の方言政策[編集]

明治時代以降、一個の政府のもとに統一された日本では、中央集権国家を目指したため、学校教育の中で標準語を押し進めた。1888年に設立された国語伝習所の趣旨には次のように論じれれている。「国語は、国体を鞏固にするものなり、何となれば、国語は、邦語と共に存亡し、邦語と共に盛蓑するものなればなり」[3]特に軍では、異なる地方の者同士では、方言の差異のために命令の取り違えすら発生しかねない有様であり、死活問題でもあった。このことから、方言および日本で話されていた他の言語を廃する政策がとられた。方言を話す者が劣等感を持たされたり、または差別されるようになり、それまで当たり前であった方言の使用がはばかられる事になった。ただし、方言追放を徹底できたとは言い難く、軍・政府の重鎮でありながら終生南部弁が抜けなかった米内光政のような例もある。

現在では、テレビ・ラジオにおける標準語[2]使用の影響などにより、ほぼ標準語が日本全国に浸透し、各地の方言は衰退や変容を余儀なくされた。各地のアクセントは多くの地域で保持されているが、語彙は世代を下るに従って失われやすいとされる。現在では、積極的に方言を守るための動きが起こっており、各地に方言の保存会が作られている。また、各種テレビ番組などでも地方の方言を持ち上げる演出が多くなっている。

フランスの方言政策[編集]

絶対王政期のフランスでは、国家によってオイル語系の北フランスの方言を基にした標準語が定められ、それまで南部オクシタニアで話されるオック語系のプロヴァンス語などや、ロマンス語イタリック語派)には属さない島嶼ケルト語系統のブルターニュ語ドイツ語の方言に属すアレマン語系統のアルザス語など、標準フランス語とは系統の異なる地方言語を標準フランス語に対する方言と定義付けて、方言より標準語を優越させる政策が始められた。

例えば、学校教育において、方言を話した生徒に方言札を付けさせて見せしめにするということが行なわれた。この制度は日本にも取り入れられた。現在でも、フランスではフランス語を優越する政策が続いている。

イタリアの方言政策[編集]

長い間、統一政府が作られずに分裂状態であり、さらに多くの都市が外国に支配されていたイタリアでは、様々な方言が存在する。

方言が様々で争いさえ起きたイタリアでは、ラジオ・テレビ放送が始まった当初多くの人々が驚いたと言われている。それは、「放送局RAIが、標準語を定義した」というイタリアで初めての試みであったからである。「テレビ放送が始まってから、初めて標準語を知った」農村地方の老人も多かったと言われている。

標準語と方言[編集]

広く通用し標準的と見なされる言語を標準語[2]と呼ぶ。標準語[2]の勢力が強い国では、それ以外の方言は衰退する傾向がある。

生物の名[編集]

生物の名は、各地で古くから使われた地方ごとの名があることが多く、方言名と呼ばれることがある。日本の場合、生物学では学名とともにそれに対応する標準和名をつけることが多く、これと方言名との間で標準語と方言のような対立を生む場合がある。

方言名が生まれるためにはその生物がその地域の人間に特定的に認識され、親しまれる必要がある。そのため、たとえばごく小さな昆虫には害虫でない限りそれがないことが多い。他方、よく親しまれていても、それが他地域との間で流通する場合には、統一されることが多い。アユはその例である。従って、親しまれていて、なおかつ流通しないものに方言名が多く、メダカはその例で日本中で5000もの別名がある。カブトムシクワガタムシもよく親しまれ、ごく最近までは流通しなかったものであり、多くの地方名があったようだが、昆虫採集少年たちが標準和名を広めたため、消失した。

なお、ごく限られた地域にしかいない生物の場合、方言名がそのまま和名として採用される例もある。アカマタガラスヒバァなどはこの例である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 英語圏の言語学者が「dialect」と言う場合、一般的に認識されている「方言」だけでなく、職業・趣味などが一致する者同士の間でのみ通じる表現方法(専門用語業界用語ジャーゴン)を含むことがある。
  2. ^ a b c d e f 「標準語」と「共通語」について、ここでは次の意味で使用する。
    標準語:ある言語の中で、方言の差異による不便を解消するために、標準のことばを定め、コミュニケーションの基準としたもの。
    共通語:異なる言語の話者同士で、両者が共通して理解できる第3の言語。
    (これらの用語は、日本の国語学では次のような意味で定義されているので混乱されやすい。
    標準語:ある言語の中で、方言の差異による不便を解消するために、人為的に標準のことばを定め、コミュニケーションの基準としたもの。
    共通語:ある言語の中で、方言の差異による不便を解消するために、現実に使用されていることばで、コミュニケーションの基準となっているもの。
    この定義によれば「現在の日本には「共通語」はあるが「標準語」はない」となる)
  3. ^ 江仁傑 「日本の言語政策と言語使用」 樋口謙一郎編著 『北東アジアのことばと人々』 (ASシリーズ 第 9巻) 大学教育出版 2013年(ISBN978-4-86429-214-6 C3080)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]