プロヴァンス語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロヴァンス語(Lou prouvençau, Le provençal)は、フランス南部プロヴァンスで使用される、オック語の一方言プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏と、ラングドック=ルシヨン地域圏の一部で使用される。正書法は19世紀フレデリック・ミストラルによって確立されたが、多くの地方言語のようにいくつかのバリエーションもある。

フランス政府からは公用語として認められていないが、高校などいくつかの教育機関で選択科目として学習できる。現在の話者数は数十万人程度。

なお中世においては、吟遊詩人トルバドゥール等の記述の中で使われているように、「プロヴァンス語」はオック語全体を意味していた。

特徴[編集]

  • 否定文の際、標準フランス語では動詞の前にneを、後にpasを置くが、プロヴァンス語では標準フランス語のneに当たるnounはほとんど用いられず、動詞の後にpasを置くのみである。ただ、標準フランス語でも、会話文ではneの省略が見られる。

[編集]

  • 1 un(男), uno(女)
  • 2 dous(男), dosまたはdouas(女)
  • 3 tres
  • 4 quatre
  • 5 cinq
  • 6 sièis
  • 7 sèt
  • 8 vue
  • 9 nòu
  • 10 dès

関連事項[編集]

外部リンク[編集]