フランス語アルファベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランス語アルファベット: Alphabet français; 「アルファベ」)は、フランス語を書き表すために使われる字母で、ラテンアルファベット26文字であるが、3種のアクセント符号(「´」=アクサンテギュ、「`」=アクサングラーヴ、「^」=アクサンシルコンフレクス)、トレマ(¨)、セディーユ(ç)、合字(Œ)を用いる。また、ラテン語からの借用語でÆを用いることがある。

  • a,e,i,o,uに加え、yも母音字として扱われる。
  • oとeは合体してœとなる。固有名詞や学術用語などではæが用いられることもある。
  • kとwは外来語のみで用いられる。逆に言えばkとwが用いられている単語は外来語由来である。
  • 辞書では、アクセント符号や、トレマ、セディーユはないものとして配列する。また、œはoeの位置に配列する。
  • 特に大文字では、アクセント符号を省略して良いとされている。
  • 印刷タイプの都合でœはoeと書いても良いとされる。