ラディン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラディン語
ドロミテ語
Ladin
話される国 イタリアの旗 イタリア
地域 ドロミテ
話者数 2万人(2007年)[1]
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
統制機関 The office for Ladin language planning
Ladin Cultural Centre Majon di Fascegn
Istitut Ladin Micurà de Rü
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 lld
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

ラディン語(ladin)は、イタリア北部のドロミテで話されている言語ドロミテ語とも呼ばれる。言語学的にはインド・ヨーロッパ語族ロマンス語派レト・ロマンス語群に属する。

同じレト・ロマンス語群に属するロマンシュ語のエンガディン方言もラディン語という場合がある。

ラディーノ語とも呼ばれるが、スペイン系ユダヤ人が話すラディーノ語(ユダヤ・スペイン語)とは異なるので、注意を要する。

ラディン語が話される地域[編集]

レト・ロマンス語群の分布。中央の青が、ラディン語の分布を示す

ラディン語は、ボルツァーノ自治県トレント自治県ベッルーノ県の3県がまたがるラディニアと呼ばれる地域(18の基礎自治体(コムーネ)が含まれる)で広く使われている。

このほか、トレント自治県北西部のヴァル・ディ・ノンイタリア語版にも分布がある。

ラディン語話者が多くを占める「ラディニア}」 
ボルツァーノ自治県の言語状況(2011年)。ラディン語は青。 
トレント自治県の少数言語状況(2011年)。ラディン語は青。 

参照[編集]

  1. ^ Ladin at Ethnologue (17th ed., 2013)

外部リンク[編集]