ルイジアナ・クレオール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイジアナ・クレオール語
Kréyol La Lwizyàn
話される国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
地域 ルイジアナ州(特にアケイディアナ地域)、イリノイ州テキサス州東部、カリフォルニア州北部
話者数 250,000人
言語系統
フランス語系クレオール語
  • ルイジアナ・クレオール語
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 lou
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

ルイジアナ・クレオール語: Louisiana Creole French、ルイジアナ・クレオール語: Kreyol Lwiziyen)は、ルイジアナ州で話される、フランス語をベースにしたクレオール言語である。それは、カリブ諸国の他のクレオール語と多くの類似点を持つ。ケイジャン・フランス語とルイジアナのクレオールは互いに重大な影響を与えてはいるが、両者は無関係である。ケイジャンの言葉は基本的に、標準的なフランス語と同様の文法を持つフランス語方言であるが、ルイジアナのクレオール語は、フランス語文法からは全く異なった文法と統語論に当たる。

文法[編集]

一般に、ルイジアナ・クレオール語の文法は、ハイチ語のそれに非常に似ている。ルイジアナ・クレオール語の定冠詞は、単数ではala、複数形ではとなる。フランス語と異なり、クレオール語では定冠詞を名詞の後に置く。男性名詞、女性名詞といった名詞性のシステムが全くないので、冠詞は発音の評価基準で異なるのみである。aは母音で終わる単語の終わりに付き、laは子音で終わる単語の後に付ける。

ルイジアナ・クレオール語のもうひとつのフランス語と異なる側面は、動詞の語形変化の不足である。動詞が人や数に基づいて変化せず、時制に基づいても変化しない。動詞の時制は、分詞とのセットにおいて、もしくは単に文脈によって明らかにされる。

語彙[編集]

[編集]

ルイジアナ・クレオール語 フランス語
1 en un
2 de deux
3 trwa trois
4 katr quatre
5 senk cinq
6 sis six
7 set sept
8 wit huit
9 nèf neuf
10 dis dix

関連項目[編集]

外部リンク[編集]