フランス語から英語への借用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フランス語から英語への借用とは、フランス語から英語に入った借用語翻訳借用のことである。意味が変化したもある。全部で約一万語あるとされる。1066年ノルマン征服によって、ノルマン人の話していた中世フランス語(ノルマンフレンチ)がイングランドの貴族の公用語となり、その後13世紀が流入の絶頂期だった。その後も現代に至るまで流入が見られる。

主な借用語[編集]

  • please(どうぞ)
  • prince(王子
  • punishment(罰)
  • rendezvous(会う約束)
  • retire(リタイア)
  • river(
  • roast(ロースト
  • salad(サラダ
  • sport(スポーツ)語源は羅語のdeportareで仏語のdesport(気晴らしをする)がイギリスを経て変化した単語。
  • spy(スパイ
  • story(ストーリー)ラテン語historiaから
  • tennis(テニス) 
  • ticket(チケット
  • treaty(条約
  • try(トライ)
  • use(使う)
  • virgin(童貞・処女
  • vogue(流行
  • -ishで終わる動詞(finish、punish、perishなど:フランス語の接続法語尾-isseから)
  • -tion, -sionで終わる名詞の大部分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]