ゲルマン語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲルマン語派
話される地域: ヨーロッパ
言語系統: インド・ヨーロッパ語族
 ゲルマン語派
下位言語:
ISO 639-2639-5: gem

ゲルマン語派(ゲルマンごは、: Germanic languages, : Germanische Sprachen, : Germanska språk)はインド・ヨーロッパ語族のうちの一語派。ドイツ語、オランダ語、英語などが含まれる。共通のゲルマン祖語から分化したとされる。

現代のゲルマン語派の分布

分類[編集]

ヨーロッパのゲルマン語派

東、北、西の三つに分類されるが、東ゲルマン語は死語となっている。

以下に概略を示す。

情報源:Ethnologue report for Germanic

東ゲルマン語群[編集]

北ゲルマン語群[編集]

西ゲルマン語群[編集]

細分化された分類についてはまだ確定されたものではない事に注意。

特徴[編集]

紀元前500年ごろのインド・ヨーロッパ語族の諸語および他のいくつかの言語の分布の境界。
*: ケントゥム語派の諸語(ケルト語派ギリシャ語派イタリック語派、および東方のトカラ語派、など)
*: サテム語派の諸語(バルト語派スラヴ語派イラン語派アルメニア語派インド語派、など)
*オレンジ: 接頭母音字を用いる諸語(ギリシャ語派、イラン語派、アルメニア語派、インド語派、など)
*: インド・ヨーロッパ語族のうち*-tt- > -ss-の転訛をした諸語(ケルト語派、イタリック語派、ゲルマン語派)
*黄褐色: インド・ヨーロッパ語族のうち*-tt- > -st-の転訛をした諸語(ギリシャ語派、イラン語派、スラヴ語派、バルト語派、アルメニア語派)
*ピンク: 助格与格および奪格複数形、さらに単数形双数形のいくつかにおいて、*-bh-でなく-m-で始まる語尾を用いる諸語(ゲルマン語派、スラヴ語派、バルト語派)
  • グリムの法則という法則にそって語音が変化した。
  • かつては語幹(多くは第1音節)に強勢が来た。しかし一部の言語ではこの特徴は失われ、ほかの言語でも借用語にはこの法則は適用されないことが多い。現在もつねに第1音節に強勢があるのはアイスランド語のみである。

近縁の語派[編集]

スラヴ語派バルト語派はどちらもその音声的特徴からサテム語派に属するものの、同時にケントゥム語派の特徴も残しており(スラヴ語派はバルト語派よりもケントゥム語派の名残が強い)、またこのスラヴ語派とバルト語派は文法的にはゲルマン語派(ケントゥム語派に属する)との間で明確な共通性があり、そのいっぽうサテム語派の他の言語に共通する文法的特徴(接頭母音)を持たないため、スラヴ語派、バルト語派、ゲルマン語派の3つの言語の共通祖語(インド・ヨーロッパ祖語の北西語群)を想定する学説も有力となってきている。この共通祖語はその地域(右図のピンクの範囲)の東部で東方からやってきたサテム語派の古代イラン語群の東群(おそらくスキタイ語)の話し手の集団と接触、その社会的影響を受けて言語がサテム語派への音声的な変化をし、その過程でスラヴ祖語やバルト祖語とゲルマン祖語との間で文法的特徴の共通性を残しながらも音声的な隔絶が広がっていったと考えられている。[1][2]

近年の系統樹では、イタリック語派と近縁であるという結果も出ている。(インド・ヨーロッパ語族#系統樹と年代を参照)

歴史[編集]

ゲルマン民族の大移動の推移;紀元前750年-1年(ペンギン世界歴史地図帳1988から引用):
  • :移動前 紀元前750年
  • :紀元前500年
  • :紀元前250年
  • :1年

ゲルマン人は血統的には非印欧語系スカンジナビア原住民、球状アンフォラ文化の担い手など様々な混血である。ゲルマン語をもたらした集団はヤムナ文化より分化し、バルカン半島、中央ヨーロッパを経由してスカンジナビア半島南部にやってきた集団(ケルト語イタリック語の担い手と近縁)と言う説と、戦斧文化の担い手でありバルト・スラブ語派に近縁という説、あるいはその混合であるとの説がある。ゲルマン人は紀元前750年ごろから移動を始め、紀元前5世紀にゲルマン祖語が成立、その語西ゲルマン語群東ゲルマン語群北ゲルマン語群に分化した。

後にゲルマン語派がその内から発生したインド・ヨーロッパ語族の北西語群はその存在と起源を非常に古い時代にまで求めることができるが、ゲルマン祖語自体はそれほど古いものであり得ない。ゲルマン祖語は、北部ドイツヤストルフ文化前7世紀-前1世紀)にて、 ゲルマン語派のみに特徴的な音声変化(訛り)とされるものが前5世紀から発生したことにより成立したと推定される[3]。その後このヤストルフ文化が周囲に伝播していく過程でこの音声変化の流行も共に伝播していくことで、ゲルマン語派の各地の言語が成立したものと考えられる。北西語群のうちこの音声変化の伝播から外れたも諸言語もあり、たとえばスラヴ語派バルト語派の諸言語がそれと考えられている。スラヴ語派やバルト語派はイラン語群の音声的特徴の影響を強く受け、サテム化している。

ラテン文字以前はルーン文字を使って書き記された。フランス語に多大な影響を与え、他のロマンス語にもゲルマン起源の語彙が見られる。

参照[編集]

  1. ^ Renfrew, Colin Archaeology and language (1990), pg 107
  2. ^ Baldi, Philip The Foundations of Latin (1999), pg 39
  3. ^ J. P. Mallory and D. Q. Adams, Encyclopedia of Indo-European Culture, Fitzroy Dearborn Publishers, London and Chicago, 1997, "Jastorf culture"

関連項目[編集]

外部リンク[編集]